トップページ > 教授挨拶

教授挨拶

清水 雅仁
Masahito Shimizu

1995年3月 岐阜大学医学部医学科 卒業
1995年4月 岐阜大学医学部附属病院 第一内科 入局
2001年3月 岐阜大学大学院医学系研究科(内科系専攻) 修了
2002年4月 米国Columbia University Medical Center 留学
2006年10月 岐阜大学医学部附属病院 第一内科 助教
2013年4月 同 講師・副科長(併任)
2015年2月 岐阜大学大学院医学系研究科消化器病態学 教授
岐阜大学医学部附属病院 第一内科 科長
同 肝疾患診療支援センター センター長

岐阜大学医学部第一内科ホームページに御来訪いただきありがとうございます。  

私どもの正式名称は、岐阜大学大学院医学系研究科腫瘍制御学講座消化器病態学分野・血液病態学分野・臨床腫瘍学分野であり、附属病院の診療科名が第一内科です。第一内科は、昭和28年(1953年)に乾成美教授がご就任され、その後、高橋善彌太教授、武藤泰敏教授、森脇久隆教授のご尽力によって発展してきた歴史と伝統ある教室です。平成16年(2004年)、現在の恵まれた環境に大学病院が新築移転してからは、ハード・ソフト両面において全国最良レベルと評価される施設で、日夜、質の高い教育・研究・診療を実践すべく努力しています。

さて、少し私どもの概要に触れますと、「消化器病態学・血液病態学分野」は胃腸の病気、肝臓や膵臓の病気、血液の病気について教育・研究・診療を担当しています。これらの病気のうち、現在の日本では特に「がん=悪性腫瘍」が重きをなしているため、「臨床腫瘍学分野」も併せて担当しています。また診療施設は、大学病院を中心に岐阜県下の大規模総合病院から中小診療所まで広くカバーし、地域医療にも大きく貢献しています。特に高い研究実績、診療実績を誇りにしていますが、具体的な内容は毎年アップして参ります。

昨今、医療の細分化が進み、同じ消化器病や血液病の領域内においても、各臓器・各疾患で「specialist」が求められています。第一内科はこのような人材を多数育成・配置することで、他病院では治療困難な症例や高度な技術を必要とされる症例に対して、責任ある診療を行っています。また大学病院の大切な機能である光学医療診療部、肝疾患診療支援センター、がんセンター、生体支援センター等とも密な連携を図り、様々な先端医療を行っています。

私どもはこれからも、教育・研究・診療の三領域を高いレベルで融合することで、社会、地域医療、医学研究の発展に貢献していきます。新しい第一内科に、どうぞご期待ください。

消化器病態学・血液病態学・臨床腫瘍学 教授
第一内科 科長
清水 雅仁