教室紹介

トップページ > 教室紹介

腫瘍外科とは

岐阜大学腫瘍外科は、食道・胃・十二指腸・小腸・大腸・肝臓・膵臓を中心とした消化器癌と乳癌の外科手術のみならず、化学療法を含めた癌の集学的治療を行う癌治療・研究・専門分野です。
特に腹腔鏡、胸腔鏡を用いた低侵襲外科の実現と切除不能がんに対し抗癌剤治療施行した後積極的に切除を行っています。

ページメニューへ戻る

腫瘍外科理念

当科では最新の医学的知識と深い経験に基づいた最善の医療を患者様に提供するだけでなく、新たに癌の先進的治療を開発することを目標としています。

スタッフ一同、岐阜大学病院の基本理念にそって、患者様やそのご家族に「大学病院に来てよかった」と言っていただけるよう、最新・最善の医療の提供のため努力してまいります。

ページメニューへ戻る

教室のあゆみ

岐阜大学自体は、昭和24年に、岐阜師範学校から岐阜大学となりました。医学部は昭和19年岐阜県立女子医学専門学校から始まり、昭和22年岐阜県立医科大学となり、昭和39年国立大学移管。
腫瘍外科(旧第二外科)は、昭和31年第一外科から独立し、腫瘍外科は、消化管、肝胆膵を含めたすべての消化器疾患および、乳腺疾患、小児外科(現在長良医療センターで行っています)を担当し癌を中心とした外科治療、化学療法さらに救急医療にも関与し、また院内のほとんどの緊急手術(急性腹症)を行っている。

初代教授は昭和31年に竹友隆雄教授(京都大学)、2代目は昭和50年より坂田一記教授(京都大学)、昭和55年に脳外科が分離(山田弘教授)、3代目が昭和63年に佐治重豊教授(岐阜大学)4代目は平成15年、安達洋祐教授(九州大学)、そして平成19年8月より5代目吉田和弘教授(広島大学)となる。

岐阜大学腫瘍外科教室の伝統を引き継ぎ、また発展させること、さらには岐阜県、中部東海地区の医療の中心的役割を果たすべく先進的治療開発と地域医療の発展も貢献すること心に誓っている次第であります。

ページメニューへ戻る

週間業務

手術枠は火曜、木曜は朝夕2列で、水曜日は午後から1列あります。泌尿器や、婦人科との手術協力やそのた数件緊急手術が入り活気に満ちています。
月曜日の夕方は内科、放射線科、外科での消化器カンファレンスをおこない治療方針の決定や、術後症例の検討を行ってます。

教授回診は月曜日、朝7時30分からテレビモニターを使ったカルテ回診と、病棟回診、水曜日、金曜日は重症回診をおこない、若い医師のpresentationの厳しいトレーニングを行っています。