教室日記

トップページ > 教室日記 > ACOS(アジア臨床腫瘍学会)を岐阜で開催しました。

ACOS(アジア臨床腫瘍学会)を岐阜で開催しました。

投稿日:2010年8月25日 (水)

ACOSにおける胃癌治療のトピックス 岐阜大学腫瘍外科 吉田 和弘 先生

胃癌perspective ,4(1):58-63,2011にも掲載されております。(PDF

総参加者数
開会式 350名
全員懇親会 600名
市民参加型セッション 150名
閉会式 120名
合計参会者(受付) 1136名
同門会、招待者、ボランティア 400名
総参加者 1500名


参加国別演題数(企画演題含む)
Japan 475 HongKong 5
Korea 85 Philippines 5
Taiwan 34 United Kingdom 2
China 27 Pakistan 2
India 12 Thailand 1
Indonesia 12 France 1
Viet Nam 11 Iran 1
USA 12 Germany 1
Singapore 8 Australia 1
Nepal 8 Malaysia 1
Total 704 subjects from 20 countries

8/24 Business meeting


広い会場でのmeeting。いよいよ明日から開始です。

弦楽四重奏。素敵な音色でした。

鵜匠さんが鵜飼について説明してくださいました。

明日からよろしくお願いいたします。精一杯がんばります。

狂言師:和泉元彌さんとともに。
明日のopening ceremonyにて狂言を紹介していただきました。

8/25


Opening ceremonyにて。様々な国が参加してくださいました。

受付開始です。

ワイン&チーズと共にポスター会場での発表。

Also, 9th ACOS have special symposium as

On time Symposium 1 (August 25 Room 3 :15:00-17:30) 

The present and the future of cancer managements in Asian countires (with the commemorative book of the 9th ACOS 2010 in Gifu)
Chairmen:Kazuo Tajima,  Antonio H Villalon (Philippine)
Commentator:Tetsuichiro MUTO

  1. The present and the future in Japan: Tadao Kakizoe
  2. The present and the future in China: Yua-Kai Shi 
  3. Recent advance and prospects in Singapore ; Chang Alex Yuang-Chi
  4. Present and future of cancer management in India: Sajeev Misra
  5. The present and future of cancer managements in Korea:Yeul Hong Kim
  6. The present and the future in Philippine: Antonio H Villalon
  7. The present and the future in Taiwan : Tsang-Wu Liu
  8. The present and the future in Pakistan :

8/26


ダヴィンチの体験も行えました。

色々な発表で大忙しでした。

3D映像によるビデオセッションもあり、飛び出す画像に釘付けです。

Open conference with citizen
がん集学的治療研究財団支援事業 (150名以上参加)

W6.(August 26 Room 5 :13:30-16:00)
The present status and future look in Team Oncology in Japan and Korea
W7.(August 26 Room 5 :16:00-18:00)
Education systems of specialists for nurses and pharmacists in oncology


同時通訳を付け、市民参加型に。
9月7日、TBSアサズバで放送「「患者中心の医療」、市民に学会を開放」 News i - TBSの動画ニュースサイト.アサズバ

Also, 9th ACOS have special symposium as

S4. (August 26, Room 1, 9:30-12:00)
The present status and the future perspectives of Inter Group Study in Asian countries Chairmen :Hiroya TAKIUCHI、Yoon-Koo Kang (Korea) Sponsored by DAIICHI SANKYO CO, LTD
Key note lecture: Future directions of clinical trials in Asia Atsushi OHTSU (Japan)

  1. S-1 and Taxotere for advanced gastric cancer randomized Phase III trial : JACCRO GC-03(START) Hoon Kyo Kim ( Korea)
  2. Development of clinical trial to gastric cancer surgery Toshimasa TSUJINAKA
  3. SOS study: S-1 optimal schedule 3 weekly vs. 5 weekly Yoon-Koo Kang (Korea)
  4. The goal of Intergroup Study in Asia: West Japan Oncology Group (WJOG) Kazuhiko NAKAGAWA
    Collaboration between data centers of Korean and Japan in the intergroup trial JCOG0705/KGCA01 Haruhiko FUKUDA
Satellite Symposium 1(August 26 Room1 :17:30-19:00)
The new strategy of advanced gastric cancer treatment
Chairmen:Hiroshi Furukawa, Hideo Baba
Commentator:Yung‐Jue Bang(Korea)

Satellite Symposium 2(August 26 Room 2 :16:30-19:00)
Minimally invasive surgery for gastric and colorectal cancer -What experts do and where we go? -"

Chairmen:Kazuhiro Yoshida, Seon Hahn Kin (Korea)
Commentator:Masaki Kitajima

S3 (August 25 Room 4 13:30-16:30)
Novel treatment for NSCLC
Chairmen: Norihiko Ikeda, Sanghoon Jheon (Korea)
Key Note Lecture : Harufumi Katou

夜は野外で櫓を組んでのGeneral assembly.
花火もきれいでした。

岐阜の良さ、日本の良さを伝えられたら嬉しいです。

屋形船に乗って鵜飼鑑賞

8/27


Closing ceremonyにて。次の開催国は韓国です。

とても貴重な体験ができ、勉強になりました。みなさん本当にお疲れ様でした。