教室日記

トップページ > 教室日記 > 若林 剛先生をお招きし、腹腔鏡下肝部分切除術を施行しました。

若林 剛先生をお招きし、腹腔鏡下肝部分切除術を施行しました。

投稿日:2011年7月 5日 (火)

平成23年7月5日に腹腔鏡下肝切除術の世界的権威でいらっしゃる岩手医科大学外科学講座教授の若林 剛先生をお招きし、腹腔鏡下肝部分切除術を施行致しました。

当日は,岐阜県内から多くの外科医が見学に訪れ,最先端の技術を勉強させて頂きました。腫瘍は直径5cmと大きく,肝臓の背側にあたる後区域に存在したため,技術的に非常に困難な症例でしたが,完全腹腔鏡下で切除することができ,術後経過は問題なく退院されました。

p1010611

p1010616

腹腔鏡下肝切除術は,今後も更に発展していく領域ですが,すべての肝切除術が腹腔鏡で施行することができるわけではありません。我々も,安全性を第一に考え,一歩ずつ進化していくつもりでおります。

p1010594