教室日記

トップページ > 教室日記 > 県民公開講座に参加しました

県民公開講座に参加しました

投稿日:2013年10月12日 (土)

平成25年度 県民公開講座 がんを知り、がんと向き合う

講師  高杢 禎彦 氏  【胃がん患者・ミュージシャン】
テーマ 「がんが、教えてくれた大切なもの」
日時  平成25年10月12日(土) 午後1時~3時15分
場所  岐阜大学医学部記念会館2階ホール
kenmin koukaikouza 9

プログラム 

13:00 開会挨拶 吉田和弘先生 (岐阜大学医学部附属病院 副病院長・がんセンター長)

13:10 講演 高杢禎彦氏 (胃がん患者・ミュージシャン)

14:20 最新治療紹介 奥村直樹先生 (岐阜大学医学部附属病院 腫瘍外科)

14:40 トークセッション

15:10 閉会挨拶 岐阜県保健医療課課長

15:15 閉会

主催:岐阜県 共催:岐阜大学病院がんセンター 後援:東海がんプロフェッショナル養成基盤推進プログラム、岐阜県がん情報センター/岐阜市

事務局:特定非営利活動法人 がんサポートセンター

kenmin koukaikouza 1 kenmin koukaikouza 3
kenmin koukaikouza 4 kenmin koukaikouza 5
kenmin koukaikouza 8 kenmin koukaikouza 6
kenmin koukaikouza 7

その後、岐阜大学附属病院敷地内で開催されたリレー・フォー・ライフ ジャパン2013ぎふの開会式にも参加しました。

kenmin koukaikouza 10 kenmin koukaikouza 11
kenmin koukaikouza 12 kenmin koukaikouza 13

岐阜まで講演に来てくださった高杢さんはチェッカーズの元メンバーとして著名な方でありますが、2002年に胃がん治療を受けられたのち、がん患者のために自分ができることとして全国で講演活動を続けておられるとのことでした。胃がんの診断後手術を受けられ、術後の後遺症に悩み、そして自分の身近な人のがんによる死などの経験から、家族をキーワードに、とても心に染み入るご講演をしていただきました。ありがとうございました。

kenmin koukaikouza 14 kenmin koukaikouza 15