教室日記

トップページ > 教室日記 > 第11回アジア臨床腫瘍学会 ACOS2014 レポート

第11回アジア臨床腫瘍学会 ACOS2014 レポート

投稿日:2014年5月 2日 (金)

アジア臨床腫瘍学会 ACOS2014

2014年5月2日から4日まで台北市で開催された第11回アジア臨床腫瘍学会(Asia Clinical Oncology Society)学術集会に、当科より吉田教授、高橋先生、松橋先生、奥村先生が参加しました。

今回、学会の様子など奥村先生のレポートをお伝えします。

第11回アジア臨床腫瘍学会に参加して   

岐阜大学腫瘍外科 奥村直樹

第11回アジア臨床腫瘍学会(Asia Clinical Oncology Society)学術集会が2014年5月2日から4日まで台北市で開催されました.Taiwan Joint Cancer Conferenceと並行開催され,3000人が参加されたとの事です(http://www.acos2014.org/album.php). 

0 1

The 11th ACOS Opening Ceremony

2

佐治岐阜大学名誉教授のOpening Remarks

当科から下記の演題が発表されました.吉田教授は,消化器癌における低侵襲手術のワークショップで腹腔鏡下幽門側胃切除術完全2群リンパ節郭清術を発表され,森川先生はMerit Awardを受賞しました.

3 4

吉田教授のpresentation

1. Kazuhiro Yoshida, 【Minimal Invasive Surgey for GI Cancer Workshop】Standard procedures for complete laparoscopic distal gastrectomy with D2 lymphadenectomy.

2. Nobuhisa Matsuhashi, Takao Takahashi, Kengo Ichikawa, Atsuko Yamada, Kazunori Yawata, Toshiyuki Tanahashi, Hisashi Imai, Yoshiyuki Sasaki, Yoshihiro Tanaka, Naoki Okumura, Kazuya Yamaguchi, Shinji Osada, Kazuhiro Yoshida

Evaluation of Treatment for Rectal Neuroendocrine Tumor (NET).

3. Naoki Okumura, Kazuya Yamaguchi, Toshiyuki Tanahashi, Hisashi Imai, Yoshiyuki Sasaki, Yoshihiro Tanaka, Nobuhisa Matsuhashi, Takao Takahashi, Shinji Osada, Kazuhiro Yoshida

Treatment Results with S-1 Based Chemotherapy Combined with Adjuvant Surgery for Stage IV Gastric Cancer.

4. Akemi Morikawa, Tamotsu Takeuchi, Takuji Sakuratani, Masako Kanematsu, Kasumi Morimitsu, Masahito Nawa, Manabu Futamura, Kazuhiro Ishihara, Kazuhiro Yoshida

Beclin-1 Expresion in Breast Cancer. ※Merit Award 受賞

5. Kazunori Yawata, Shinji Osada, Kenya Fukuta, Masako Kanematsu, Atsuko Yamada, Yoshihiro Tanaka, Naoki Okumura, Nobuhisa Matsuhashi, Takao Takahashi, Kazuya Yamaguchi, Manabu Futamura, Kazuhiro Yoshida

The Synergistic Effect of Vandetanib with 5-FU for Gastric Cancer Cells.

6. Masako Kanematsu, Manabu Futamura, Masahiro Nawa, Kasumi Morimitsu, Akemi Morikawa, Kazuhiro Ishihara, Kazuhiro Yoshida

The Role of GPNMB in Breast Cancer.

7. Kenya Fukuta, Shinji Osada, Toshiyuki Tanahashi, Hisashi Imai, Yoshiyuki Sasaki, Naoki Okumura, Takao Takahashi, Manabu Futamura, Kazuhiro Yoshida

Growth inhibitory Effect by Chemotherapeutic Drug in the Progress of EMT (Epitherial-Messencymal Transition).

8. Kaori Tanaka, Shinji Osada, Hiroyuki Tomita, Hisashi Imai, Yoshiyuki Sasaki, Nobuhisa Matsuhashi, Naoki Okumura, Takao Takahashi, Akira Hara, Kazuhiro Yoshida

Apparent Diffusion Coefficient Values As a New Parameter of Pancreatic Fibrosis.

9. Takuji Sakuratani, Tamotsu Takeuchi, Naoki Okumura, Kazuya Yamaguchi, Kazuhiro Yoshida

Pathobiological Property of TMRM207 in Gastric Signet-Ring Cell Carcinoma; Effect of Anti-TMEM207 Antibody on Gastric Signet-Ring Cell Carcinoma.

5     6

台北101と展望台からの台北市

また,評議員会で,現ACOS Presidentである佐治重豊岐阜大学名誉教授が再任され,引き続き当科で事務局を運営する事になり,責任の重さを感じております.

7
8

ア ジアは,多くの人口を抱えており,経済成長にともない各国の平均寿命が延びるにつれて,癌による死亡数が増加の一途をだどる宿命にあると同時に,経済的な 格差と医療レベルの不均衡が著しく,多くの難題を抱えています.しかしながら,患者数の多さは,臨床試験を行う上では非常に大きなadvantageであり,各国が連携して新たなevidenceを創出すことが期待されます.医療レベルの向上や医療不均衡の改善には,アジアの国々が交流を深め,最新情報を 共有する事が必要不可欠であり.今後ACOSの役割はますます重要になってくるという,佐治名誉教授の熱いメッセージが非常に強く心に残りました.