教室日記

トップページ > 教室日記 > ブルーリボンキャラバン もっと知ってほしい 大腸がんのこと2018 in Gifuを開催しました

ブルーリボンキャラバン もっと知ってほしい 大腸がんのこと2018 in Gifuを開催しました

投稿日:2018年10月14日 (日)

チラシ.jpg

2018年10月14日、岐阜県図書館にてブルーリボンキャラバン もっと知ってほしい 大腸がんのこと2018 in Gifu (岐阜大学病院 県民公開講座)を開催しました。

ブルーリボンキャンペーンは、大腸がんの予防・検診から診断方法と、その後の、内視鏡治療、外科的治療、そして薬物治療についての正確な情報を広く皆様に知っていただくことを目的としております。NPO法人キャンサーネットジャパンが、大腸がん疾患啓発活動として全国で開催されております。今回は、岐阜大学病院が中心となり、岐阜県民公開講座として開催しました。

本会は、大腸癌研究会会長 杉原健一先生とアナウンサーの中井美穂さんをお招きいたしました。

当日は多目的ホール、サテライト室が入りきれなくなるほどで、610名を超える大変多くの県民のみなさんに参加していただくことができました。

IMG_9742.JPG
IMG_9744.JPG

総合司会 中井美穂さん

IMG_9748.JPG

開会挨拶 NPO法人キャンサーネットジャパン 濱島明美さん

IMG_9704.JPG

「がん」ってなに?

岐阜大学医学部附属病院長・腫瘍外科 吉田和弘 教授

IMG_9719.JPG

大腸がんってどんな病気?

大腸癌研究会 会長 杉原健一 先生

IMG_9725.JPG

大腸がんの予防・診断・検査(内視鏡治療について)

岐阜大学消化器内科 荒木寛司 先生

IMG_9731.JPG

大腸がんの外科的治療‐最近のトピックスを含めて‐

岐阜大学腫瘍外科 高橋孝夫 先生

IMG_9739 (2).JPG

ここまですすんだ大腸がん化学療法

岐阜大学腫瘍外科 松橋延壽 先生

IMG_9748 (2).JPG

緩和ケア‐痛みや不安を我慢しない‐

岐北厚生病院緩和ケア科 西村幸祐 先生

IMG_9753 (2).JPG

悩みや不安、一人で抱え込まないための相談方法

岐阜大学病院 看護師長 苅谷三月 先生

IMG_9765 (2).JPG

ストーマ(人工肛門)との上手なお付き合い

岐阜大学腫瘍外科非常勤講師 ETナース ストマ外来担当 作間久美 先生

IMG_9770 (2).JPG

総合討論では、パネリストの先生方が会場の皆様からの質問に丁寧に答えられました。

IMG_9684.JPG

ロビーでは、大腸がんの検査機器や治療機器の展示や操作体験、また患者さんの会や支援団体のブース出展をしていただきました。

岐阜大学腫瘍外科は、がん治療において、岐阜大学病院の全診療科と共に、今後も岐阜県民の皆さんにお役立てできる、がん啓発活動を継続して行って参ります。

IMG_9824.JPG

今回の県民公開講座が、大腸がんについて広く皆様に知っていただくきっかけとなりましたら幸いです。ご参加いただきました県民の皆様、本当にありがとうございました。

文責 ブルーリボンキャンペーンアンバサダー 高橋孝夫

ホームページ係 今井健晴