教室日記

トップページ > 教室日記 > GI CANCER FORUM IN GIFUが開催されました

GI CANCER FORUM IN GIFUが開催されました

投稿日:2018年10月11日 (木)

jpg125.jpg

2018年10月11日に国立がん研究センター中央病院 消化管内科医長 加藤 健先生をお招きし、GI CANCER FORUM IN GIFUが行われました。

基調講演では、岐阜大学大学院 低侵襲がん集学的治療講座 教授 山口和弘先生が司会をされ、当科の助教 棚橋利行先生と講師 田中善宏先生に講演いただきました。

IMG_9653.JPG

基調講演 司会

岐阜大学大学院 低侵襲がん集学的治療講座 山口和弘 教授

IMG_9657.JPG

基調講演 演者①

『当科におけるアブラキサンの使用経験』

岐阜大学大学院 腫瘍外科 助教 棚橋利行 先生

IMG_9665.JPG

基調講演 演者②

『当科での食道癌治療の過去10年の成績』

岐阜大学大学院 腫瘍外科 講師 田中善宏 先生

棚橋利行先生は『当科におけるアブラキサンの使用経験』のテーマで、胃癌治療ガイドラインにおけるアブラキサンの位置づけや治療効果のエビデンス、そして当科での使用状況について症例提示を含めて話されました

田中善宏先生は『当科での食道癌治療の過去10年の成績』のテーマで、10年間構築してきた食道癌治療の成果を、栄養管理・DVT対策・周術期管理の観点から話されました。

特別講演では、岐阜大学医学部附属病院長・腫瘍外科 吉田和弘教授が司会をされ、国立がん研究センター中央病院 消化管内科医長 加藤 健先生に御講演いただきました。

IMG_9668.JPG

特別講演 司会

岐阜大学医学部附属病院長・腫瘍外科 吉田和弘 教授

IMG_9675.JPG

特別講演

国立がん研究センター中央病院 消化管内科医長 加藤 健先生

加藤 健先生には『胃癌食道癌化学療法の最近のトピックス』のテーマで御講演いただきました。食道癌の化学療法のトピックスとして、臨床試験を紹介いただき免疫療法の1次治療や2次治療のみならず、NACとしての可能性をお話しされました。また、NACやCRTなど術前治療の工夫や根治的CRT、化学療法時の制吐剤の使用についてもお話しいただきました。胃癌については、進行再発胃癌の化学療法のトピックスとして、免疫療法を中心に、現在進行中の臨床試験や治療効果予測因子、Cancer immunity cycleといった話題について説明いただきました。また、胃癌術後補助化学療法のトピックスとしてSTART-2試験の結果をお示しいただきました。最近のトピックスについて大変わかりやすくお話しいただき、今後は上部消化管癌に対して免疫チェックポイント阻害剤が中心とした治療の検討が進むと思われ、またTAS102をはじめとした薬剤の可能性も感じました。

謝辞

加藤 健先生には、平日の夜にも関わらず、御多忙のなか岐阜の地で御講演していただき誠にありがとうございました。医局一同、心より感謝申し上げます。