寄付講座(がん先端医療開発学講座)

トップページ > 寄付講座(がん先端医療開発学講座)

がん先端医療開発学講座

はじめに

岐阜大学大学院腫瘍制御学講座、吉田和弘教授により平成24年4月よりがん先端医療開発学講座が開設されることになりました。主に講座では消化器 外科(食道、胃、大腸、肝臓、胆嚢、膵臓)、さらには乳腺外科を中心として、岐阜県はもとより日本においても有数な症例数の治療実績および研究を行ってお ります。また日本より世界に新たな治療を開発するため多くの臨床試験にも参加し、全国トップレベルの登録数を誇っています。そのため当科における臨床治療 の成績(各種臓器別の手術成績、腹腔鏡手術成績および新たな手術手技の開拓、抗癌剤治療成績、栄養療法など)をまとめることで現在の標準治療の評価を行 い、世界的学会誌に評価されるよう試みることが大切と考えます。本講座においては、岐阜県から世界に発信できる臨床試験の取り組み、地域および関連病院を 含めた臨床試験の推進、更には市民公開講座など含めた癌予防医学の県民への普及に努力していきたいと考えております。

職員

松橋先生.jpg 松橋 延壽 (平成8年卒)

[資格]
日本外科学会 指導医
日本消化器外科学会 指導医
消化器がん外科治療認定医
日本内視鏡外科学会技術認定医
日本癌治療推進機構 がん治療認定医 暫定教育医
日本消化管学会 胃腸科専門医・指導医
日本食道学会 食道認定医
日本救急医学会 救急専門医  など
IMG_0998-thumb-autox173-1603.jpg 浅野 好美 (平成19年卒)

[資格]
日本外科学会専門医
日本乳癌学会認定医
マンモグラフィー検診精度管理中央委員会読影認定医
乳房超音波読影認定医

現在まで行ってきた推進治療実績・研究と今後の課題

1.岐阜大学病院において外来化学療法室の充実を図る

 吉田和弘教授が平成19年8月より就任されて以来、術後補助療法はもとより、進行・再発癌に対して積極的な抗癌剤治療を推進して参りましたが、治 療の進歩により、入院治療から多くの患者様が外来で治療が可能となっており外来化学療法を推進してきました。そのため外来化学療法室の併設を2008年よ り13ベッドで行ってきましたが、平成25年6月より新病棟開設に伴い外来化学療法室も新たに移転し、総ベッド数32に増床し行うことになりました。

out patients number 1
out patients number 2

さらに分子標的剤など新たな抗癌剤の出現もあり、それが原因による外来治療時間の延長などベッド利用ニーズが増えたこともあり、平成25年6月より新病棟開設に伴い外来化学療法室も新たに移転し、総ベッド数32に増床し行うことになりました。

新病棟開設による新しい化学療法室
shin-kitatou 2f
北新棟2階
staff station
広くなったスタッフステーション
chemo therapy room 2 chemo therapy room 3
全32ベッドが同時に使用できるようになりました。 各ベッドにはテレビが常設されています。
chemo therapy room 4 chemo therapy room 1
景観も良いです。 快適に化学療法が受けられるよう配慮します。

2.臨床試験、治験の参加実績を踏まえて、新たな治療を地域医療に広め、さらには岐阜大学腫瘍制御学講座関連病院に推進する

2008年以降、2013年4月末現在まで全国レベルの臨床試験に参加しており、総数は96試験になります。

3.当科での手術成績および基礎研究から新たながん先端医療を開発する

 がん先端医療開発学講座が開設されて以来、20194月で7年目になる。これまでに当講座において松橋延壽准教授は継続的に研究しており、今後の癌治療において更なる貢献をしようとしている。現在大腸癌集学的治療を積極的に行っており、紹介します。

大腸内視鏡手術
岐阜県内において数少ない内視鏡技術認定資格(大腸)を取得し、岐阜大学医学部附属病院で腹腔鏡手術の多くを執刀しています。

1.jpg
手術時風景:松橋延壽准教授:左

また多くの若手外科医に技術に伝達を行っており、若手大腸外科の模範となり指導教育しています。特に腹腔鏡における直腸癌手術においては海外の外科学会、内視鏡外科学会で多くの報告しており、その評価もされています。さらに誌上報告も多く国内外から多くの評価を得ています。

2.jpg 3.jpg
手術時画像
4.jpg
腹腔鏡低位前方切除術における5年生存率は90%を超える成績あり、Stage別においては極めて再発率の低い手術成績を誇っています。
5.jpg
赤い□部分に腫瘍を認めるときに行う手術(内括約筋切除術)
6.jpg
腹腔鏡下内括約筋切除術においても5年無再発生存率は93%と極めて再発率が低い成績を誇ります。
7.jpg
若手医師と海外学会報告(松橋延壽准教授:中央)

また年に2回の岐阜大学腫瘍外科関連施設の若手外科医と腹腔鏡手術の技術のコツなど含めてビデオクリニックを開催し指導しています。

8.jpg
手術指導をする松橋延壽准教授

201812月に行われた第32回日本内視鏡外科学会では学会ブースビデオ(J&J)で岐阜大学における腹腔鏡下大腸癌手術の手術手技を紹介し大変好評でした。

9.jpg

排便障害(排便障害)

便失禁において現在いろいろな治療が行われています。生活習慣の改善、薬剤治療、骨盤底筋体操、バイオフィードバックなど行いそれでも改善の見込みがないような患者さんにおいて仙骨神経刺激療法(SNM)を行っています。直腸がんの手術を行った患者さんにおいても効果があるとされており、積極的に行っています。松橋延壽准教授が岐阜大学医学部附属病院では行っていますが、岐阜県では唯一の施設であり排便障害(便失禁)が術後も継続している患者さんにおいて適応をしっかり見極めて治療しています。脳深部刺激、脊髄刺激、仙骨刺激療法の3領域をすべて網羅して治療できるのは、全国2施設のみで大学病院は唯一の施設です。

10.jpg 11.jpg

閉塞性大腸がんの新たな治療(術前ステント治療および姑息的ステント治療)

転移巣は取り切れないが大腸癌が原因で出血、穿孔、腸閉塞などの危険性があれば大腸癌のみを取り除く手術をします。その際に閉塞症例などは大腸ステントを術前に挿入し、人工肛門造設を回避し1期的に腫瘍切除を行っています。また切除不能・再発大腸がんにおいてもステント治療で減圧し開腹手術することなく食事摂取が可能になります

17.jpg

化学療法を含めて集学的治療

現在岐阜大学腫瘍制御学講座では吉田和弘教授のもとで、Conversion therapyを推奨しています。Conversion therapyとは、化学療法は長期投与に伴う耐性獲得が不可避で、また有害事象により継続投与ができなくなる可能性も高いことから、早期から外科的な介入を行い,現存する腫瘍を消滅させる治療です。これまでに胃癌および大腸癌においては良好な成績を得ており、この治療を広めていくためにも国際学会での発表および世界トップ レベルの学会誌に報告しています。

14.jpg

特に抗EGFR抗体薬を一次治療に使用したRas 変異無しの症例において、手術可能になると極めて外科手術が有用であることを報告した。

15.jpg
26か月経過し無再発生存であり、機能温存術可能であった。
16.jpg

内視鏡手術における誌上報告

1Nobuhisa Matsuhashi,Shinji Osada,Kazuya Yamaguchi,,Shiro Saito,Naoki Okumura ,Yoshihiro Tanaka,Kenichi Nonaka,,Takao Takahashi,Kazuhiro Yoshida
Oncologic Outcomes of Laparoscopic Gastrectomy: A Single-Center Safety and Feasibility Study
Surgical Endoscopy 2013 Jun;27(6):1973-9. Epub 2013 Mar 7

2..Matsuhashi N, Takahashi T, Nonaka K, Tanahashi T, Imai H, Sasaki Y, Tanaka Y, Okumura N, Yamaguchi K, Osada S, Yoshida K.
Laroscopic technique and safety experience with barbed suture closure for pelvic cavity after abdominoperineal resection.
World J Surg Oncol. 2013 May 27;11:115

3.Matsuhashi N, Osada S, Yamaguchi K, Okumura N, Tanaka Y, Imai H, Sasaki Y, Nonaka RN, Takahashi T, Futamura M, Yoshida K.
Long-term Outcomes of Treatment of Gastric Gastrointestinal Stromal Tumor by Laparoscopic Surgery.
Hepatogastroenterology. 2013 Sep 20. [Epub ahead of print]

4.Matsuhashi N,Maeda K,,Kunieda K et al.
Clinical efficacy of daikenchuto for colon cancer patients having colectomy:1year follow-up a randomized,double-blind,multicenter,placebo-controlled trial(JFMC37)
Colorectal Disease 2013 15 Supp3 Oct.90

5.Matsuhashi N, Takahashi T, Ichikawa K, Yawata K, Tanahashi T, Imai H, Sasaki Y, Tanaka Y, Okumura N, Yamaguchi K, Osada S, Yoshida K.
A single case of single-port access laparoscopic appendectomy during the puerperium.
Int Surg. 2015 Jan;100(1):101-4

24.Watanabe Y, Kurashima Y, Madani A, Feldman LS, Ishida M, Oshita A, Naitoh T, Noma K, Yasumasa K, Nagata H, Nakamura F, Ono K, Suzuki Y, Matsuhashi N, Shichinohe T, Hirano S.
Surgeons have knowledge gaps in the safe use of energy devices: a multicenter cross-sectional study.
Surg Endosc. 2016 Feb;30(2):588-92

28.N. Matsuhashi, T. Takahashi, K. Ichikawa, T. Tanahashi, K. Yawata, H. Imai, Y. Sasaki, Y. Tanaka, N. Okumura, K. Yamaguchi, S. Osada, Y. Kazuhiro
Evaluation of the Clinical Factors Included with Anal Function After Laparoscopic Intersphincteric Resection for Lower Rectal Cancer
Surg Endosc (2015) 29:S75-S252

34.Matsuhashi N, Takahashi T, Ichikawa K, Tanahashi T, Sasaki Y, Tanaka Y, Okumura N, Yamaguchi K, Osada S, Yoshida K.
Transvaginal resection of a rectal leiomyoma: A case report.
Oncol Lett. 2015 Dec;10(6):3785-3788

39.Matsuhashi N, Yamaguchi K, Okumura N, Tanahashi T, Matsui S, Imai H, Tanaka Y, Takahashi T, Osada S, Yoshida K.
The technical outcomes of delta-shaped anastomosis in laparoscopic distal gastrectomy: a single-center safety and feasibility study.
Surg Endosc. 2017 Mar;31(3):1257-1263.

45.Matsuhashi N, Takahashi T, Tomita H, Araki H, Ibuka T, Tanaka K, Tanahashi T, Matsui S, Sasaki Y, Tanaka Y, Okumura N, Yamaguchi K, Osada S, Yoshida K.
Evaluation of treatment for rectal neuroendocrine tumors sized under 20 mm in comparison with the WHO 2010 guidelines.
Mol Clin Oncol. 2017 Sep;7(3):476-480

46.Matsuhashi N, Takahashi T, Tanahashi T, Matsui S, Imai H, Tanaka Y, Yamaguchi K, Osada S, Yoshida K.
Safety and feasibility of laparoscopic intersphincteric resection for a lower rectal tumor.
Oncol Lett. 2017 Oct;14(4):4142-

47. N. Matsuhashi, T. Takahashi, T. Tanahashi, S. Matsui, H. Imai,Y. Sasaki, Y. Tanaka, N. Okumura, K. Yamaguchi, S. Osada,K. Yoshida
Oncologic Outcomes of Laparoscopic Intersphincteric Resection for Very Low Rectal Tumor: A Single-Center Safety and Feasibility Study
Surg Endosc (2017) 31:S312-S461 S323

50. Nobuhisa Matsuhashi, Takao Takahashi, Toshiyuki Tanahashi, Satoshi Matsui, Hisashi Imai, Yoshihiro Tanaka, Kazuya Yamaguchi and Kazuhiro Yoshida
Laparoscopic Technique and Safety Experience with Barbed Suture Closure in Permanent Stoma through the Abdominal Wall Route.
Clinics in Oncology.2017 25 Sep, 2017

54. Matsuhashi N, Takahashi T, Matsui S, Tanahashi T, Imai H, Tanaka Y, Yamaguchi K, Yoshida K
A novel therapeutic strategy of personalized medicine based on anti-epidermal growth factor receptor monoclonal antibodies in patients with metastatic colorectal cancer.
Int J Oncol. 2018 Mar 16. doi: 10.

55.Kenichi Maeda, Nobuhisa Matsuhashi*, Takao Takahashi, Tomonari Suetsugu, Yoshinori Iwata, Takeharu Imai, Toshiyuki Tanahashi, Satoshi Matsui, Hisashi Imai, Yoshihiro Tanaka, Kazuya Yamaguchi, Shinji Osada, Kazuhiro Yoshida
Sarcoidosis as Hepatic, Splenic, and Para-aortic Lymph Nodules, Mimicking Colon Cancer Metastases: A Case Report
J Dig Dis Hepatol: JDDH-148. DOI: 10.29011/2574-3511. 000048

61.Matsumoto K, Matsuhashi N, Takahashi T, Tanahashi T, Matsui S, Suetsugu T, Tajima JY, Imai T, Imai H, Tanaka Y, Yamaguchi K, Suzui N, Miyazaki T, Yoshida K.
Local recurrence of T1a rectal cancer following radical endoscopic mucosal resection: A case report.
Mol Clin Oncol. 2018 Sep;9(3):305-309

62. Suetsugu T, Matsuhashi N, Takahashi T, Tanahashi T, Matsui S, Imai H, Tanaka Y, Yamaguchi K, Yoshida K.
Pathological complete response to mFOLFOX6 plus cetuximab therapy for unresectable colon cancer with multiple paraaortic lymph node metastases.
Mol Clin Oncol. 2018 Dec;9(6):587-591.

(文責 松橋延壽)