業績(平成31年度)

トップページ >  業績 >  平成31年度

論文(英文)

Addition of Docetaxel to Oral Fluoropyrimidine Improves Efficacy in Patients With Stage III Gastric Cancer: Interim Analysis of JACCRO GC-07, a Randomized Controlled Trial.
Yoshida K, Kodera Y, Kochi M, Ichikawa W, Kakeji Y, Sano T, Nagao N, Takahashi M, Takagane A, Watanabe T, Kaji M, Okitsu H, Nomura T, Matsui T, Yoshikawa T, Matsuyama J, Yamada M, Ito S, Takeuchi M, Fujii M:Journal of Clinical Oncology 37(15):1296-1304, 2019"
Effect of hospital and surgeon volume on postoperative outcomes after distal gastrectomy for gastric cancer based on data from 145,523 Japanese patients collected from a nationwide web-based data entry system.
Iwatsuki M, Yamamoto H, Miyata H, Kakeji Y, Yoshida K, Konno H, Seto Y, Baba H:Gastric Cancer 22(1):190-201, 2019(他施設共著)
Introducing laparoscopic total gastrectomy for gastric cancer in general practice: a retrospective cohort study based on a nationwide registry database in Japan.
Kodera Y, Yoshida K, Kumamaru H, Kakeji Y, Hiki N, Etoh T, Honda M, Miyata H, Yamashita Y, Seto Y, Kitano S, Konno H:Gastric Cancer 22(1):202-213, 2019(他施設共著)
A multicenter single‑arm Phase II clinical trial of second‑line FOLFIRI plus panitumumab after first‑line treatment with FOLFOX plus panitumumab for initial RAS wild‑type colorectal cancer with evaluation of circulating tumor DNA: A protocol study.
Maeda H, Nagata N, Nagasaka T, Oba K, Mishima H, Kato T, Yoshida K, Muro K, Sakamoto J:Oncology letters 17(2):1980-1985, 2019(他施設共著)
Survival Outcomes of Two Phase 2 Studies of Adjuvant Chemotherapy with S-1 Plus Oxaliplatin or Capecitabine Plus Oxaliplatin for Patients with Gastric Cancer After D2 Gastrectomy.
Nakamura Y, Yamanaka T, Chin K, Cho H, Katai H, Terashima M, Misawa K, Hirao M, Yoshida K, Oki E, Sasako M, Emi Y, Bando H, Kawashima Y, Fukunaga T, Gotoh M, Ishibashi T, Shitara K:Ann Surg Oncol 26(2):465-472, 2019(他施設共著)
Dose adjustment of irinotecan based on UGT1A1 polymorphisms in patients with colorectal cancer.
Fujii H, Yamada Y, Watanabe D, Matsuhashi N, Takahashi T, Yoshida K, Suzuki A:Cancer Chemotherapy and Pharmacology 83(1):123-129, 2019(他施設共著)
A subanalysis of Japanese patients in a randomized, double-blind, placebo-controlled, phase 3 trial of nivolumab for patients with advanced gastric or gastro-esophageal junction cancer refractory to, or intolerant of, at least two previous chemotherapy regimens (ONO-4538-12, ATTRACTION-2).
Kato K, Satoh T, Muro K, Yoshikawa T, Tamura T, Hamamoto Y, Chin K, Minashi K, Tsuda M, Yamaguchi K, Machida N, Esaki T, Goto M, Komatsu Y, Eguchi Nakajima T, Sugimoto N, Yoshida K, Oki E, Nishina T, Tsuji A, Fujii H, Kunieda K, Saitoh S, Omuro Y, Azuma M, Iwamoto Y, Taku K, Fushida S, Chen LT, Kang YK, Boku N:Gastric Cancer 22(2):344-354, 2019(他施設共著)
Prophylactic effect of scopolamine butylbromide, a competitive antagonist of muscarinic acetylcholine receptor, on irinotecan-related cholinergic syndrome.
Iihara H, Fujii H, Yoshimi C, Kobayashi R, Matsuhashi N, Takahashi T, Yoshida K, Suzuki A:Cancer Chemotherapy and Pharmacology 83(3):393-398, 2019(他施設共著)
Four courses versus eight courses of adjuvant S-1 for patients with stage II gastric cancer (JCOG1104 [OPAS-1]): an open-label, phase 3, non-inferiority, randomised trial.
Yoshikawa T, Terashima M, Mizusawa J, Nunobe S, Nishida Y, Yamada T, Kaji M, Fukushima N, Hato S, Choda Y, Yabusaki H, Yoshida K, Ito S, Takeno A, Yasuda T, Kawachi Y, Katayama H, Fukuda H, Boku N, Sano T, Sasako M:Lancet Gastroenterology & Hepatology 4(3):208-216, 2019(他施設共著)
Development and Validation of Grade-Based Prediction Models for Postoperative Morbidity in Gastric Cancer Resection using a Japanese web-based nationwide registry.
Haga Y, Miyata H, Tsuburaya A, Gotoh M, Yoshida K, Konno H, Seto Y, Fujiwara Y, Baba H:Annals of Gastroenterological Surgery 3:544-551, 2019(他施設共著)
Effect of First-line S-1 Plus Oxaliplatin With or Without Ramucirumab Followed by Paclitaxel Plus Ramucirumab on Advanced Gastric Cancer in East Asia The Phase 2 RAINSTORM Randomized Clinical Trial.
Yoshikawa T, Muro K, Shitara K, Oh DY, Kang YK, Chung HC, Kudo T, Chin K, Kadowaki S, Hamamoto Y, Hironaka S, Yoshida K, Yen CJ, Omuro Y, Bai LY, Maeda K, Ozeki A, Yoshikawa R, Kitagawa Y:JAMA Network Open 2(8):e198243, 2019 doi:10.1001/jamanetworkopen.2019.8243 (他施設共著)"
Mapping of lymph node metastasis from esophagogastric junction tumours: a prospective nationwide multi-centre study.
Kurokawa Y, Takeuchi H, Doki Y, Mine S, Terashima M, Yasuda T, Yoshida K, Daiko H, Sakuramoto S, Yoshikawa T, Kunisaki C, Seto Y, Tamura S, Shimokawa T, Sano T, Kitagawa Y:Annals of Surgery, DOI: 10.1097/SLA.0000000000003499 Epub ahead of print](他施設共著)
High total bilirubin level is a significant risk factor for severe neutropenia in patients receiving irinotecan-based chemotherapy.
Yamada Y, Fujii H, Ohata K, Kato-Hayashi H, Watanabe D, Ishihara T, Uemura S, Iwashita T, Imai H, Matsuhashi N, Takahashi T, Sugiyama T, Shimizu M, Yoshida K, Suzuki A:Medical Oncology 36(7):63, 2019 (他施設共著)
Bevacizumab in Combination with TAS-102 Improves Clinical Outcomes in Patients with Refractory Metastatic Colorectal Cancer: A Retrospective Study.
Fujii H, Matsuhashi N, Kitahora M, Takahashi T, Hirose C, Iihara H, Yamada Y, Watanabe D, Ishihara T, Suzuki A, Yoshida K:The Oncologist 24:1-8, 2019(他施設共著)
Therapeutic drug monitoring of regorafenib and its metabolite M5 can predict treatment efcacy and the occurrence of skin toxicities. 
Taguchi D, Inoue M, Fukuda K, Yoshida T, Shimazu K, Fujita K, Okuyama H, Matsuhashi N, Tsuji A, Yoshida K, Miura M, Shibata H:International Journal of Clinical Oncology Published online:05 December,2019 (他施設共著)"
Detection of atypical data in multicenter clinical trials using unsupervised statistical monitoring.
Trotta L, Kabeya Y, Buyse M, Doffagne E, Venet D, Desmet L, Burzykowski T, Tsuburaya A, Yoshida K, Miyashita Y, Morita S, Sakamoto J, Praveen P, Oba K:Clinical trials 16(5):512-522,2019 (他施設共著)"
Questionnaire survey on adjuvant chemotherapy for elderly patients after gastrectomy indicates their vulnelabilities. 
Tanahashi T, Yoshida K, Yamaguchi K, Okumura N, Takeno A, Fujitani K, Fukushima N, Takiguchi N, Nishida Y, Boku N, Yoshikawa T, Terashima M:Gastric Cancer 22(1):130-137, 2019
Preventive Effect and Safety of Pregabalin for FOLFOX-Related Peripheral Neurotoxicity in Patients with Advanced and Recurrent Colorectal Cancer: The Perpetual Study Estimated by United Sections in Gifu for Colorectal Cancer (Perseus CRC-01 Study).
Matsuhashi N, Takahashi T, Fujii H, Iihara H, Suetsugu T, Iwata Y, Tajima JY, Imai T, Mori R, Tanahashi T, Matsui S, Imai H, Tanaka Y, Yamaguchi K, Yoshida K:Clinics of Oncology 1(6):1-6, 2019
Efficacy and Safety of enoxaparin for Prophylaxis of Postoperative Venous Thromboembolism After Esophagectomy: A Single-center Prospective Randomized Controlled Phase II Study.
Tanaka Y, Yamada A, Hirata S, Tanaka H, Sakuratani T, Matsuhashi N, Yamaguchi K, Shimokawa T, Yoshida K:Anticancer Research 39(5):2615-2625, 2019
Examination of the Efficacy of Fulvestrant 500 mg Targeting Estrogen Receptor-Positive Postmenopausal Metastatic Breast Cancer: Prospective Observational Study (PerSeUS BC03 Study). 
Futamura M, Nakada T, Kawaguchi Y, Nawa M, Takeuchi M, Ishihara K, Nagao Y, Morimitsu K, Ogiso A, Matsuki T, Kato J, Asano Y, Tokumaru Y, Shimokawa T, Yoshida K:Clinics in Oncology 2019 Volume 4: Article 1633, 2019
Efficacy of combination therapy with zoledronic acid and cetuximab for unresectable rectal cancer with bone metastases: A case report. 
Tokumaru Y, Matsuhashi N, Takahashi T, Tanahashi T, Matsui S, Imai H, Tanaka Y, Yamaguchi K, Yoshida K:Molecular and Clinical Oncology 10(6) 571-574, 2019
Diabetic ketoacidosis caused by fulminant type 1 diabetes during adjuvant chemotherapy for colon cancer: A case report. 
Iwata Y, Matsuhashi N, Takahashi T, Suetsugu T, Fukada M, Yasufuku I, Imai T, Tanahashi T, Matsui S, Imai H, Tanaka Y, Yamaguchi K, Yoshida K:Molecular and Clinical Oncology 11(2) 189-191, 2019
Combination chemotherapy with TAS‑102 plus bevacizumab in salvage‑line treatment of metastatic colorectal cancer: A single‑center, retrospective study examining the prognostic value of the modified Glasgow Prognostic Score in salvage‑line therapy of metastatic colorectal cancer.
Matsuhashi N, Takahashi T, Fujii H, Suetsugu T, Fukada M, Iwata Y, Tokumaru Y, Imai T, Mori R, Tanahashi T, Matsui S, Imai H, Tanaka Y, Yamaguchi K, Futamura M, Yoshida K:Molecular and Clinical Oncology 11(4):390-396, DOI: 10.3892/mco.2019.1899,2019
Theracoscopic subtotal esophagectomy via a right thoracic cavity approach to treat an intractable fistula after 20 months from onset of an idiopathic esophageal rupture: A case report.
Imai T, Tanaka Y, Adachi T, Suetsugu T, Fukada M, Tanahashi T, Matsui S, Imai H, Kato T, Matsuhashi N, Takahashi T, Yamaguchi K, Shiroko T, Yoshida K:Asian Journal of Endoscopic Surgery, 2019 doi: 10.1111/ases.12736.
SAPPHIRE: a randomised phase II study of planned discontinuation or continuous treatment of oxaliplatin after six cycles of modified FOLFOX6 plus panitumumab in patients with colorectal cancer.
Munemoto Y, Nakamura M, Takahashi M, Kotaka M, Kuroda H, Kato T, Minagawa N, Noura S, Fukunaga M, Kuramochi H, Touyama T, Takahashi T, Miwa K, Satake H, Kurosawa S, Miura T, Mishima H, Sakamoto J, Oba K, Nagata N:European Journal of Cancer 119: 158-167, 2019 (他施設共著)
Human Colorectal Infrastructure Constructed by the Glycocalyx.
Tachi M, Okada H, Matsuhashi N, Takemura G, Suzuki K, Fukuda H, Niwa A, Tanaka T, Mori H, Hara A, Yoshida K, Ogura S, Tomita H:Journal of Clinical Medicine 8, 1270, 2019
Nuclear localization of LDL receptor-related protein 1B in mammary gland carcinogenesis. 
Asano Y, Takeuchi T, Okubo H, Saigo C, Kito Y, Iwata Y, Futamura M, Yoshida K:Journal of Molecular Medicine 97(2): 257-268, 2019
Synthetic miR-143 Inhibits Growth of HER2-Positive Gastric Cancer Cells by Suppressing KRAS Networks Including DDX6 RNA Helicase. 
Tokumaru Y, Tajirika T, Sugito N, Kuranaga Y, Shinohara H, Tsujino T, Matsuhashi N, Futamura M, Akao Y, Yoshida K:International Journal of Molecular Sciences 20(7): 1697, 2019
The inhibition of thymidine phosphorylase can reverse acquired 5FU-resistance in gastric cancer cells. 
Mori R, Yoshida K, Futamura M, Suetsugu T, Shizu K, Tanahashi T, Tanaka Y, Matsuhashi N, Yamaguchi K:Gastric Cancer 22(3):497-505, 2019 DOI:10.1007/s10120-018-0881-3
Is Oral Mucositis Occurring During Chemotherapy for Esophageal Cancer Patients Correctly Judged? EPOC Observational Cohort Study. 
Tanaka Y, Ueno T, Yoshida N, Akutsu Y, Takeuchi H, Baba H, Matsubara H, Kitagawa Y, Yoshida K.:Anticancer Research 39(8): 4441-4448, 2019
Risk and early predictive factors of anastomotic leakage in laparoscopic low anterior resection for rectal cancer. 
Fukada M, Matsuhashi N, Takahashi T, Imai H, Tanaka Y, Yamaguchi K, Yoshida K:World Journal of Surgical Oncology 17(1):178,2019
Single-incision laparoscopic ileocecal resection in a 10-year-old child with appendiceal neuroendocrine tumor.
Goto A, Matsuhashi N, Takahashi T, Sato Y, Hirata S, Tanahashi T, Matsui S, Imai H, Tanaka Y, Yamaguchi K, Yoshida K:World Journal of Surgical Oncology 17, Article number: 197,2019

論文(邦文)

岐阜大学医学部附属病院 Report20 ‛がん'に2人に1人がなる時代-私たちは何をすべきか-.
吉田和弘、田中善宏:経済月報 Economic Monthly Report2019 765(5):22-23,2019
TS-1の特徴と胃がん治療における役割 第4回胃がん周術期におけるTS-1の位置づけ.
吉田和弘:胃癌 perspective 10(2):76-81,2019"
連載:外科医を育てる!(第19回) 岐阜大学腫瘍外科の若手外科医の勧誘と指導法の取り組み.
松橋延壽、今井寿、吉田和弘:外科 81(1):64-67, 2019
経会陰アプローチで切除した下部直腸GISTの1例.
水谷千佳、松橋延壽、高橋孝夫、高野仁、山口和也、吉田和弘:日本臨床外科学会雑誌 80(2):379-385, 2019
特集 食道癌手術の最前線-合併症ゼロを目指した私の秘訣 縫合不全ゼロを目指す亜全胃を用いた再建術.
今井健晴、吉田和弘、田中善宏、末次智成、深田真宏、山口和也:手術 73(6) :877-884, 2019
"岐阜大学医学部附属病院 Report21 女性にとって最も身近ながん、それが"乳がん".
二村学:経済月報 Economic Monthly Report2019 766(6):22-23, 2019"
臨床医が研究をするということは. 
二村学:W'Waves日本癌病態治療研究会誌 25(1):43-47,2019
Conversion surgeryの考え方─Precision medicineからPrecision surgeryへの幕開け.
松橋延壽、吉田和弘:別冊・医学のあゆみ 1(1):95-102,2019
[ユーザ使用体験]GOD VISION を使用して.
松橋延壽、吉田和弘:映像情報メディカル 51(4):20-21, 2019
腹腔鏡下幽門側胃切除術における助手・スコピストの役割.
安福至、吉田和弘、山口和也、棚橋利行、今井健晴、末次智成:手術 73(5):669-680, 2019
胃癌治療の現状と課題(5)開腹手術.
安福至、吉田和弘、山口和也、棚橋利行、今井健晴、末次智成:臨牀消化器内科 34(11):1384-1389, 2019
経直腸EUS-FNAと血管造影検査が治療に有用であった巨大小腸 gastrointestinal stromal tumor の1例. 
深田真宏、松橋延壽、高橋孝夫、棚橋利行、松井聡、今井寿、田中善宏、二村学、山口和也、吉田和弘:日本消化器外科学会雑誌 52(8):475-483, 2019
進行食道癌に対するdocetaxel・5-fluorouracil 併用術前補助化学放射線療法の有効性と安全性についての検討.
深田真宏、田中善宏、今井健晴、松井聡、今井寿、松橋延壽、高橋孝夫、二村学、山口和也、吉田和弘:日本消化器外科学会雑誌 52(12):753-763,2019
ニボルマブの使用によりリウマチ性多発筋痛症を発症した直腸肛門部悪性黒色腫術後再発の1例.
末次智成、松橋延壽、高橋孝夫、棚橋利行、松井聡、今井寿、田中善宏、山口和也、宮崎龍彦、吉田和弘:日本消化器外科学会雑誌 52(6):327-335, 2019
肺癌に対する免疫チェックポイント阻害薬使用による直腸S状部穿孔の1例.
近石和花菜、松橋延壽、高橋孝夫、田中善宏、山口和也、吉田和弘:日本臨床外科学会雑誌 80(9):123-128, 2019

著書

大腸癌に対するレゴラフェニブ治療 レゴラフェニブの使用経験-当院経口薬剤における多職種連携によるCDTM-. 
松橋延壽、高橋孝夫、吉田和弘:株式会社アークメディア、124-129、2019年
月刊 新医療 レポート未読事故防止における医療情報システムの役割.
森龍太郎、紀ノ定保臣:株式会社エム・イー振興協会、62-65、2019
胃がんperspective 症例から考える エキスパートの治療法 症例提供・設問提示.
山口和也:メディカルレビュー社、36-37、2019
胃がんperspective 症例から考える エキスパートの治療法 実際の処置と注意点について.
田中善宏、吉田和弘、末次智成、今井健晴、安福至、棚橋利行、山口和也:メディカルレビュー社、41、2019

メディア

新年のご挨拶.
吉田和弘:岐阜大学医学部記念会館だより 第118号, 1月1日, 2019
GIFU LEADER'S VOICE:大学病院の使命胸に改革着々.
吉田和弘:岐阜新聞 8面 1月1日, 2019
胃がんperspective 座談会 高齢者胃癌に対する標準治療.
山口和也:メディカルレビュー社、93-101 1月1日,2019
年頭所感.
吉田和弘:東海・関東医事新報 4面 1月20日,2019
治験や臨床研究で4病院協定.
吉田和弘:中日新聞 16面 1月31日, 2019
岐阜4病院, 医療コンソーシアム編成.
吉田和弘:岐阜新聞 22面 1月31日, 2019
岐阜地域4病院が連携 岐阜大病院など 治験や研修 共同で.
吉田和弘:読売新聞 12面 2月1日, 2019
「岐大」など4病院参加 岐阜医療圏 地域コンソーシアム発足.
吉田和弘:中部経済新聞 7面 2月1日, 2019
岐阜の健康を考える 食道がん特集 もっと知ろうがんのこと「4月は食道がん啓発月間」「胃がん検診とともに食道のチェックを!」.
吉田和弘:岐阜新聞 23面 4月7日, 2019
岐阜の健康を考える 食道がん特集 最先端の治療法を研究.
田中善宏:岐阜新聞 23面 4月7日,2019
今秋2学会発展統合「アジア腫瘍学会」設立 がんの国際連携さらに推進へ.
吉田和弘:東海・関東医事新報 1面 8月20日,2019
コンソーシアム開設で第一歩を踏み出す.
吉田和弘:東海・関東医事新報 20面 8月20日,2019
日本癌治療学会座談会:進化するがん治療の未来と課題.
吉田和弘:朝日新聞 広告特集 12面 9月15日,2019
岐阜大病院長会長企画のシンポ.
吉田和弘:中日新聞 10面 9月15日, 2019
検診と自己チェックの重要性正しい情報を知り、適切な治療を.
二村学:中日新聞 30面 9月28日,2019
日本癌治療学会座談会:進化するがん治療の未来と課題.
吉田和弘:岐阜新聞 広告特集 5面 9月30日,2019"
日本癌治療学会座談会:進化するがん治療の未来と課題.
吉田和弘:週刊朝日 表紙の次のページ見開き面 10月11日号(10月1日発売), 2019

発表(国際学会)

ASCO-GI 2019 Gastrointestinal Cancers Symposium(2019年1月17-19日, San Francisco, USA)
  1. Yoshihiro Mise, Kiyoshi Hasegawa, Masaru Oba, Kensei Yamaguchi, Hiroyuki Uetake, Takayuki Yoshino, Satoshi Morita, Keiichi Takahashi, Michiaki Unno, Yasuhiro Shimada, Kei Muro, Kazuhiro Yoshida:EXPERT study: Randomized phase III trial of radical surgery and postoperative mFOLFOX6 versus perioperative mFOLFOX6 plus cetuximab in patients with KRAS wild-type resectable colorectal liver metastases (CLMs).(他施設共著)
  2. Takao Takahashi, Eiji Sunami, Tetsuya Kusumoto, Mitsuyoshi Ota, Yoshiyuki Sakamoto, Naohiro Tomita, Atsuyuki Maeda, Jin Tejima, Michio Okabe, Chihiro Tanaka, Junichiro Yamauchi, Michio Itabashi, Kenjiro Kotake, Keiichi Takahashi, Hideo Baba, Narikazu Boku, Keisuke Aiba, Megumi Ishiguro, Satoshi Morita, Kenichi Sugihara, ACTS-CC 02 Study Group:A randomized phase III trial of S-1/oxaliplatin (SOX) versus UFT/leucovorin as adjuvant chemotherapy for high-risk stage III colon cancer: The ACTS-CC 02 trial.(演者)
KINGCA Week 2019 Korean International Gastric Cancer(2019年4月11-13日,Incheon, Korea)
  1. Kazuhiro Yoshida:【Symposium 11】Neoadjuvant Treatment for Gastric Cancer.(Chair)
  2. Kazuhiro Yoshida:【Symposium14】Conversion surgery for metastatic gastric carcinoma.(演者)
  3. 3 Toshiyuki Tanahashi, Kazuya Yamaguchi, Itaru Yasufuku, Takeharu Imai, Satoshi Matsui, Hisashi Imai, Yoshihiro Tanaka, Nobuhisa Matsuhashi, Takao Takahashi, Kazuhiro Yoshida:Laparoscopic Gastrectomy for gastric cancer patients aged 80 years or older.(演者)
  4. 4 Itaru Yasufuku, Kazuya Yamaguchi, Toshiyuki Tanahashi, Kazuhiro Yoshida:An analysis of preoperative risk factor for reflux esophagitis after laparoscopic distal gastrectomy reconstructed with billroth I method.(演者)
IGCC 2019 International Gastric Cancer Congress(2019年5月8-11日,Prague, Czech )
  1. Kazuhiro Yoshida:【Lunch Symposium】Conversion surgery and neoadjuvant chemotherapy for GC - How much have we achieved?(演者)
  2. K Yoshida, M Terashima, S Young Rha, J Moon Bae, G Li, T Kinoshita, Y Seto, S Hoon Noh, H Kwan-Yang, J Ji, H Baba, Y Kitagawa, S Morita:Liver metastasis: is there a role for surgery ?(演者)
  3. 3 T Etoh, T Tsuji, SW Lee, S Sakuramoto, K Yoshida, N Kubo, M Nishizaki, H Noshiro, O Ikeda, R Shibata, K Ohuchida, S Kuwabara, T Yoshida, Y Kakeji, S Kitano, G Japanese Laparoscopic Surgery Study:Phase III study of laparoscopic distal gastrectomy for advanced gastric cancer in Japan (JLSSG0901): results of short term outcomes.(他施設共著)
  4. 4 H Baba, M Iwatsuki, Y Kakeji, K Yoshida, H Konno, Y Seto:Effect of hospital and surgeon volume on postoperative outcomes after total gastrectomy for gastric cancer based on Japanese nationwide database.(他施設共著)
  5. T Tanahashi, K Yamaguchi, I Yasufuku, T Imai, K Yoshida:The Overlap Method of Esophagojejunostomy in Total Gastrectomy is Safe and Useful.(演者)
  6. 6 T Imai, K Yamaguchi, A Goto, I Yasuhuku, T Tanahashi, S Matsui, H Imai, Y Tanaka, N Matsuhashi, T Takahashi, M Futamura, K Yoshida:Conversion therapy for stage IV gastric cancer.(演者)
  7. 7 I Yasufuku:Conversion therapy for advanced gastric cancer with paraaortic lymph node metastasis or distant lymph node metastasis.(演者)
Chinese Conference on Oncology (CCO2019)(2019年8月16-19日,Chongqing, China)
  1. Kazuhiro Yoshida:【Case studies on Integrated Cancer Control in Belt & Road Countries】Current topics of perioperative treatment strategy of gastric cancer.(演者)
CLASSIC 2019 (Chinese Laparoscopic Gastrointestinal Surgery Study Group International Conference)(2019年9月20-22日,Guangzhou, China)
  1. Kazuhiro Yoshida:Treatment strategy for adenocarcinoma of EGJ.(演者)
ESMO 2019(2019年9月27日-10月1日,Barcelona, Spain)
  1. K.Kazama, M.Nakamura, R.Tanaka, H.Ojima, A.Makiyama, N.Matsuhashi, Y.Kagawa, H.Okuda, M.Asayama, Y.Yuasa, Y.Negoro, H.Mushiake, D.Manaka, K.Oba, T.Yoshino, K.Yoshida, Y.Maehara, K.Yamazaki, E.Oki, T.Takahashi:JFMC51-1702-C7: Phase II study investigating efficacy and safety of trifluridine/tipiracil (FTD/TPI) plus bevacizumab (BEV) in patients (pts) with metastatic colorectal cancer (mCRC) refractory or intolerant to standard chemotherapies.(他施設共著)
7th International Conference of Federation of Asian Clinical Oncology (2019年12月6日,Shanghai, China)
  1. Manabu Futamura:Breast Cancer Session.(Moderator)
  2. Manabu Futamura:【Keynote Speech】Precision medicine or breast cancer in Japan.(演者)
  3. 3 Yoshimi Asano, Manabu futamura, Tamotsu Takeuchi, Kazuhiro Yoshida:【Travel Grant 受賞】Nuclear localization of LDL receptor-related protein 1B in mammary gland carcinogenesis.(演者)
  4. 4 Shinya Banno, Manabu Futamura, Nobuhisa Matsuhashi, Takao Takahash, Yoshinori Iwata, Hisashi Imai, Yoshihiro Tanaka, Kazuya Yamaguchi, Kazuhiro Yoshida:【Travel Grant 受賞】Antitumor effect and clinical application of combination therapy with zoledronic acid and cetuximab for colorectal cancer.(演者)
San Antonio Breast Cancer Symposium (SABCS2019)(2019年12月10-14,Texas, USA)
  1. Futamura M, Oba M, Masuda N, Bando H, Yamamoto Y, Kin T, Saeki T, Nagashima T, Kuwayama T, Toh U, Hirano A, Inokuchi M, Yamagami K, Mizuno Y, Kojima Y, Nakayama T, Yasojima H, Okada M, Ohno S:Meta-analysis of nanoparticle albumin-bound paclitaxel (Nab-PTX) used as a neoadjuvant chemotherapy for operable breast cancer based on individual patient data (JBCRG-S01).(演者)
  2. Tokumaru Y, Oshi M, Asaoka M, Takeshita T, Katsuta E, Futamura M, Yoshida K, Takabe K:High expression MicroRNA-143 is associated with favorable tumor immune microenvironment and better survival of ER positive breast cancer patients. (演者)
  3. 3 Masuda H, Iwasa T, Mukohara T, Tokunaga S, Matsumoto K, Niikura N, Sagara Y, Miyoshi Y, Shimomura A, Takahashi M, Nagashima T, Doi M, Futamura M, Yoshimura K, Takano T, Tsurutani J:Phase II study of trimebutine maleate and probiotics for abemaciclib-induced diarrhea in patients with ER-positive and HER2-negative advanced breast cancer (MERMAID) WJOG11318B.(他施設共著)
  4. 4 Masuda J, Tsurutani J, Masuda N, Futamura M, Matsumoto K, Aogi K, Takahashi M, Iwata H, Iwasa T, Mukohara T, Yoshimura K, Ueno T, Takano T:Phase II study of nivolumab in combination with abemaciclib plus endocrine therapy in patients with hormone receptor-positive, human epidermal growth factor receptor-2 negative metastatic breast cancer (WJOG11418B, NEWFLAME trial). (他施設共著)
  5. Ozaki Y, Mukohara T, Tsurutani J, Takahashi M, Matsumoto K, Futamura M, Masuda N, Kitano S, Yoshimura K, Minami H, Takano T:A multicenter phase II study evaluating the efficacy of nivolumab plus paclitaxel plus bevacizumab triple-combination therapy as a first-line treatment in patients with HER2-negative metastatic breast cancer: WJOG9917B NEWBEAT trial. (他施設共著)
2019 Chinese Gastrointestinal Cancer Workshop(2019年12月27-28日,Shanghai, China)
  1. Kazuhiro Yoshida:Opening Remarks by Japanese guest.(挨拶)
  2. Kazuhiro Yoshida:Japanese experience of perioperative treatment for advanced gastric cancer.(演者)

発表(全国)

第90回大腸癌研究会(2019年1月25日, 京都)
  1. 松橋延壽:【アフタヌーンセミナーC】進行・再発大腸癌二次治療における治療戦略.(演者)
第15回日本消化管学会総会学術集会(2019年2月1-3日,佐賀)
  1. 岩田至紀、松橋延壽、末次智成、深田真宏、安福至、今井健晴、棚橋利行、松井聡、今井寿、田中善宏、高橋孝夫、山口和也、吉田和弘:孤立性右外腸骨リンパ節転移を伴った上行結腸癌の1切除例.(演者)
  2. 安福至、山口和也、棚橋利行、末次智成、深田真宏、岩田至紀、今井健晴、松井聡、今井寿、田中善宏、松橋延壽、高橋孝夫、吉田和弘:胃中上部の胃癌に対する腹腔鏡下幽門側胃切除術・デルタ法によるBillroth I法再建の安全性と術後栄養状態の検討.(演者)
第9回日本がん・生殖医療学会学術集会(2019年2月9-10日,岐阜)
  1. 二村学:【ワークショップ】がん・生殖医療に関するがん治療現場の期待と懸念.(座長)
第34回日本静脈経腸栄養学会学術集会(2019年2月14-15日,東京)
  1. 安福至、山口和也、棚橋利行、末次智成、深田真宏、岩田至紀、今井健晴、松井聡、田中善宏、松橋延壽、高橋孝夫、吉田和弘:胃癌に対するLDG・デルタ吻合によるBillroth I法再建の術後栄養状態と逆流性食道炎の検討.(演者)
第36回日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会総会(2019年2月22-23日,大阪)
  1. 高橋孝夫:教育セミナー 目指せQOL向上! 緩和ストーマ管理.(司会)
  2. 高橋孝夫:一般口演12 ストーマ傍ヘルニア1.(司会)
  3. 高橋孝夫、松橋延壽、吉田和弘:【ランチョンセミナー1】大腸癌治療のUp to Date ~ストーマ造設から最新の化学療法まで~.(演者)
第91回日本胃癌学会総会(2019年2月27-3月1日, 沼津)
  1. Kazuhiro Yoshida:【Symposium 6】The role of conversion surgery.(Chair)
  2. 吉田和弘:【ランチョンセミナー5】ロボット胃切除術の定型化 ~実施体制と手術手技~.(座長)
  3. 吉田和弘:【ランチョンセミナー9】進行・再発胃癌治療の変遷.(座長)
  4. 吉田和弘、寺島雅典、片井均、渡邊昌彦、瀬戸泰之、馬場秀夫、北川雄光 、森田智視、西山正彦:Stage IV 胃癌におけるConversion Therapyに関する国際共同観察研究 (CONVO-GC-1).(演者)
  5. Yukinori Kurokawa, Hiroya Takeuchi, Yuichiro Doki, Shinji Mine, Masanori Terashima, Takushi Yasuda, Kazuhiro Yoshida, Hiroyuki Daiko, Takeshi Sano, Yuko Kitagawa:【Symposium2】Optimal lymph node dissection for esophagogastric junction cancer: a multicenter prospective study.(他施設共著)
  6. 芳賀克夫、比企直樹、木下敬弘、尾島敏康、鍋谷圭宏、桑原史郎、瀬戸康之、矢島和人、竹内裕也、吉田和弘、藤原義之、小寺泰弘、馬場秀夫:【ワークショップ8】胃癌による胃出口狭窄症に対する姑息的治療法の全国調査.(他施設共著)
  7. 芳賀克夫、比企直樹、木下敬弘、尾島敏康、鍋谷圭宏、桑原史郎、瀬戸康之、矢島和人、竹内裕也、吉田和弘、藤原義之、小寺泰弘、馬場秀夫:胃癌による胃出口狭窄症に対する治療法の実態調査.(他施設共著)
  8. 岩槻政晃、掛地吉弘、吉田和弘、今野弘之、瀬戸泰之、馬場秀夫:NCDデータベースを用いた胃切除術後合併症に与えるhospital and surgeon volumeの影響.(他施設共著)
  9. 掛地吉弘、吉田和弘、小寺泰弘、本多通孝、隈丸拓、今野弘之、比企直樹、衛藤剛 、宮田裕章、後藤満一、瀬戸泰之:本邦における胃癌に対する腹腔鏡下手術成績に関する後ろ向き調査研究.(他施設共著)
  10. Tsuyoshi Etoh, Michitaka Honda, Hiraku Kumamaru, Hiroaki Miyata, Kazuhiro Yoshida, Yasuhiro Kodera, Yoshiriho Kakeji, Masafumi Inomata, Hiroyuki Konno, Yasuyuki Seto, Naoki Hiki:Short-term outcome of laparoscopic total gastrectomy in NCD prospective cohort study.(他施設共著)
  11. 1 Yuji Yamamoto, Naohide Oue, Takeharu Imai, Ryuichi Asai, Kazuaki Tanabe, Naoya Sakamoto, Kazuhiro Sentani, Kazuhiro Yoshida, Wataru Yasui:Expression and function analysis of Desmoglein1(DSG1) in gastric cancer.(他施設共著)
  12. 山口和也、吉田和弘、棚橋利行、今井健晴、安福至、水澤純基、佐藤雄哉、水谷友紀、片山宏、福田治彦、朴成和、吉川貴己、寺島雅典:【パネルディスカッション4】Stage II/III胃癌の術後補助化学療法に関する臨床試験.(演者)
  13. Kazuya Yamaguchi, Itaru Yasufuku, Toshiyuki Tanahashi, Masahiro Fukada, Satoshi Matsui, Hisashi Imai, Yoshihiro Tanaka, Nobuhisa Matsuhashi, Takao Takahashi, Kazuhiro Yoshida:Adjuvant chemotherapy after conversion therapy for Stage IV gastric cancer.(演者)
  14. Toshiyuki Tanahashi, Kazuya Yamaguchi, Itaru Yasufuku, Takeharu Imai, Satoshi Matsui, Hisashi Imai, Yoshihiro Tanaka, Takazumi Kato, Nobuhisa Matsuhashi, Takao Takahashi, Kazuhiro Yoshida:Esophagojejunostomy with Linear Stapler in Total Gastrectomy is Safe.(演者)
  15. Itaru Yasufuku, Kazuya Yamaguchi, Toshiyuki Tanahashi, Takeharu Imai, Satoshi Matsui, Hisashi Imai, Yoshihiro Tanaka, Nobuhisa Matsuhashi, Takao Takahashi, Kazuhiro Yoshida:【Symposium 6】An analysis of conversion therapy for advanced gastric cancer in Gifu university hospital.(演者)
  16. Itaru Yasufuku, Kazuya Yamaguchi, Toshiyuki Tanahashi, Hisashi Imai, Yoshihiro Tanaka, Nobuhisa Matsuhashi, Takao Takahashi, Kazuhiro Yoshida:Clinical outcome of our treatment for gastric cancer patients with paraaortic lymph node metastasis.(演者)
第52回制癌剤適応研究会(2019年3月15日, 神戸)
  1. 吉田和弘:【ランチョンセミナー1】胃癌治療の新戦略.(演者)
  2. 松橋延壽:一般口演・大腸 1.(座長)
  3. 松橋延壽、富田弘之、岡田英志、舘正仁、小倉真治、原明、吉田和弘:【シンポジウム3】ヒト大腸癌の立体的構造形態はグリコカリックスによって修飾される.(演者)
  4. 森龍太郎、二村学、中神光、北澤舞、徳丸剛久、浅野好美、吉田和弘:Thymidine phosphorylase阻害薬による乳癌5FU耐性の解除.(演者)
  5. 徳丸剛久、松橋延壽、二村学、山口和也、吉田和弘:HER2陽性胃癌における合成miR-143の細胞増殖抑制効果.(演者)
  6. 岩田至紀、浅野好美、松井聡、今井寿、田中善宏、松橋延壽、高橋孝夫、山口和也、二村学、竹内保、吉田和弘:大腸癌におけるMind bombの発現.(演者)
第119回日本外科学会定期学術集会(2019年4月18-20日, 大阪)
  1. 吉田和弘:【ランチョンセミナー15】(司会)
  2. 吉田和弘:サージカルフォーラム55 胃-集学的治療.(司会)
  3. 吉田和弘、安福至、今井健晴、山口和也、棚橋利行、田中善宏、松橋延壽、高橋孝夫:【パネルディスカッション5】Conversion therapy for stage IV gastric cancer―When and how to operate―.(演者)
  4. 石榑清、長谷川潔、齋浦明夫、大場大、山口研成、植竹宏之、吉野孝之、森田智視、高橋慶一、海野倫明、島田安博、室圭、吉田和弘、森正樹、馬場秀夫、島田光生、三瀬祥弘、松村優、當山鉄男、杉原健一、國土典宏:【シンポジウム8】EXPERT試験:KRAS野生型切除可能大腸癌肝転移に対する術後補助化学療法mFOLFOX6と周術期化学療法mFOLFOX6+セツキシマブの第III相ランダム化比較試験.(他施設共著)
  5. 二村学:サージカルフォーラム59 乳腺-全般-2.(司会)
  6. 山口和也:ポスター102 胃-周術期管理・手術適応.(司会)
  7. 田中善宏:ポスター188 消化管-全般-4.(司会)
  8. 二村学、森龍太郎、浅野好美、徳丸剛久、北澤舞、中神光、荒川博文、吉田和弘:p53下流遺伝子Mieapの乳腺腫瘍における発現異常とその意義.(演者)
  9. 高橋孝夫:【ランチョンセミナー2】切除不能進行再発大腸癌化学療法の最前線.(演者)
  10. 高橋孝夫、松橋延壽、近石和花菜、畑中勇治、後藤亜也菜、深田真宏、松井聡、今井寿、田中善宏、山口和也、吉田和弘:下部直腸悪性腫瘍に対する腹腔鏡下括約筋間直腸切除術の治療成績.(演者)
  11. 1 松橋延壽、高橋孝夫、深田真宏、安福至、今井健晴、棚橋利行、松井聡、今井寿、田中善宏、山口和也、吉田和弘:当科における腹腔鏡下大腸切除術の教育の取り組み.(演者)
  12. 田中善宏、末次智成、今井健晴、後藤亜也奈、坂野慎哉、松井聡、今井寿、松橋延壽、高橋孝夫、山口和也、吉田和弘:食道癌手術における亜全胃再建の有用性の検討.(演者)
  13. 今井寿、松井聡、坂野慎哉、今井健晴、森龍太郎、棚橋利行、加藤充純、田中善宏、松橋延壽、高橋孝夫、山口和也、二村学、吉田和弘:新規化学療法による膵癌術後再発治療の変化.(演者)
  14. 棚橋利行、山口和也、安福至、今井健晴、松井聡、今井寿、加藤充純、田中善宏、松橋延壽、高橋孝夫、吉田和弘:胃全摘術におけるリニアステープラーを用いた食道空腸吻合の短期成績.(演者)
  15. 森龍太郎、二村学、北澤舞、徳丸剛久、浅野好美、吉田和弘:乳癌における5FU作用機序の違いによる耐性機序の違い.(演者)
  16. 今井健晴、田中善宏、末次智成、棚橋利行、松井聡、今井寿、松橋延壽、高橋孝夫、山口和也、二村学、吉田和弘:当科における食道癌stageIVに対するconversion surgeryの現状と課題.(演者)
  17. 安福至、山口和也、棚橋利行、岩田至紀、今井健晴、松井聡、今井寿、田中善宏、松橋延壽、高橋孝夫、吉田和弘:Stage IV 胃癌患者に対するconversion therapyにおける栄養状態の推移の検討.(演者)
第40回癌免疫外科研究会(2019年5月16-17日, 金沢)
  1. 吉田和弘:【教育講演(ランチョンセミナー2)】 胃癌治療のこれから.(演者)
  2. 二村学、スチンゴア、森龍太郎、浅野好美、中神光、荒川博文、吉田和弘:p53下流遺伝子Mieapの乳癌における発現制御とその意義について.(演者)
  3. 松橋延壽、高橋孝夫、深田真宏、安福至、岩田至紀、今井健晴、棚橋利行、松井聡、今井寿、田中善宏、山口和也、吉田和弘:切除不能大腸癌における2次治療Aflibercept+FOLFIRI療法のmGPSの意義.(演者)
  4. 森龍太郎、二村学、中神光、北澤舞、徳丸剛久、浅野好美、吉田和弘:乳癌における5FU代謝と獲得耐性.(演者)
  5. 後藤亜也奈、棚橋利行、安福至、今井健晴、松井聡、今井寿、田中善宏、松橋延壽、高橋孝夫、山口和也、吉田和弘:当科における進行・再発胃癌に対するニボルマブの使用経験.(演者)
第56回日本小児外科学会学術集会(2019年5月23-25日, 久留米)
  1. 坂野慎哉、加藤充純、吉田和弘:十二指腸狭窄を呈した後腹膜線維症の一例.(演者)
第17回日本ヘルニア学会学術集会(2019年5月24-25日, 四日市)
  1. 末次智成、田中善宏、深田真宏、安福至、今井健晴、棚橋利行、松井聡、今井寿、松橋延壽、高橋孝夫、山口和也、吉田和弘:悲観血的整復術後待機的に腹腔鏡下修復術を施行した両側閉鎖孔ヘルニアの1例.(演者)
  2. 近石和花菜、松橋延壽、高橋孝夫、北澤舞、畑中勇治、安福至、深田真宏、田中秀治、今井健晴、棚橋利行、松井聡、今井寿、田中善宏、山口和也、吉田和弘:腹腔鏡下S状結腸切除術後に5mmポートサイトヘルニアを発症した1例.(演者)
第42回日本乳腺甲状腺超音波医学会学術集会(2019年5月25-26,東京)
  1. 二村学:研究部会報告 バーチャルソノグラフィー研究部会「FUSION02試験キックオフ紹介」.(座長)
第73回日本食道学会学術集会(2019年6月6-7日, 福岡)
  1. 田中善宏:一般演題 ポスター162 症例 他6.(座長)
  2. 田中善宏、後藤亜也奈、坂野慎哉、末次智成、深田真宏、棚橋利行、松橋延壽、高橋孝夫、山口和也、吉田和弘:食道癌に対する当科でのBiweekly DCFレジメンの実際.(演者)
  3. 今井健晴、田中善宏、末次智成、深田真宏、棚橋利行、今井寿、松橋延壽、高橋孝夫、山口和也、吉田和弘:当科における食道癌手術後の合併症と予後との関連.(演者)
  4. 深田真宏、田中善宏、末次智成、今井健晴、棚橋利行、今井寿、松橋延壽、高橋孝夫、山口和也、吉田和弘:当科におけるDocetaxel・5FU併用術前補助放射線化学療法の治療効果の検討.(演者)
  5. 末次智成、田中善宏、深田真宏、安福至、今井健晴、棚橋利行、松橋延壽、高橋孝夫、山口和也、吉田和弘:Biweekly-DCF療法後の胸腔鏡下食道亜全摘術は安全か?.(演者)
  6. 坂野慎哉、田中善宏、今井健晴、深田真宏、末次智成、松橋延壽、高橋孝夫、山口和也、吉田和弘:特発性食道破裂に対する保存的治療後の難治性瘻孔に胸腔鏡下食道亜全摘を施行した1例.(演者)
  7. 後藤亜也奈、田中善宏、末次智成、深田真宏、今井健晴、棚橋利行、松橋延壽、高橋孝夫、山口和也、吉田和弘:食道癌化学療法中に発症した門脈ガス血症の4例.(演者)
  8. 畑中勇治、田中善宏、今井健晴、末次智成、深田真宏、今井寿、松橋延壽、高橋孝夫、山口和也、吉田和弘:著明な腹腔内遊離ガスを伴った食道癌術後の自然気胸の1例.(演者)
第31回日本肝胆膵外科学会学術集会(2019年6月13-15日, 高松)
  1. Hisashi Imai, Satoshi Matsui, Shinya Banno, Hideharu Tanaka, Nobuhisa Matsuhashi, Takao Takahashi, Kazuya Yamaguchi, Kazuhiro Yoshida:Comparison of surgical outcomes between invagination and duct to mucosa pancreaticojejunostomy after pancreaticoduodenectomy: a single-institute retrospective analysis.(演者)
  2. Satoshi Matsui, Hisashi Imai, Hideharu Tanaka, Shinya Banno, Kazuhiro Yoshida:Impact of preoperative waiting time on the prognosis of operable pancreas head carcinoma.(演者)
第44回日本外科系連合学会学術集会(2019年6月19-21日, 金沢)
  1. 高橋孝夫:【パネルディスカッション10】 患者ファーストのストーマ作成と管理.(座長)
  2. 山口和也、田中秀治、深田真宏、岩田至紀、安福至、今井健晴、森龍太郎、棚橋利行、松井聡、今井寿、田中善宏、松橋延壽、高橋孝夫、二村学、吉田和弘:【ワークショップ10】 Stage Ⅳ 胃癌に対する外科的治療戦略.(演者)
  3. 高橋孝夫、松橋延壽、近石和花菜、北澤舞、畑中勇治、後藤亜也奈、深田真宏、安福至、今井健晴、棚橋利行、松井聡、今井寿、田中善宏、山口和也、吉田和弘:【パネルディスカッション10】 ストーマ合併症予防を念頭においたストーマ造設術とストーマ閉鎖術.(演者)
  4. 松橋延壽、高橋孝夫、安福至、深田真宏、棚橋利行、松井聡、今井寿、田中善宏、山口和也、吉田和弘:【ビデオシンポジウム6】 TaTMEにおけるヒト工夫~ENDOPATH PROBE PLUS IIによるmist軽減対策~.(演者)
  5. 棚橋利行、山口和也、後藤亜也奈、安福至、今井健晴、松井聡、今井寿、田中善宏、松橋延壽、高橋孝夫、吉田和弘:透析患者でニボルマブ投与中に大腸炎・下痢を発症した1例.(演者)
  6. 今井健晴、田中善宏、末次智成、深田真宏、今井寿、松橋延壽、高橋孝夫、山口和也、吉田和弘:【パネルディスカッション1】 術前IVRと術中ICG蛍光法により救命・良好なQOLを維持できた上腸間膜動脈血栓症の1名.(演者)
  7. 館正仁、柿野圭紀、楠澤佳悟、市橋雅大、大岩秀明、三宅喬人、鈴木浩大、岡本遥、吉山直政、名知祥、吉田隆浩、熊田恵介、吉田省造、吉田和弘、小倉真治:外傷性胸管損傷により大量乳糜胸を生じ救命困難であった1例.(演者)
  8. 8深田真宏、田中香織、小島則昭、西科琢雄、間瀬隆弘、吉田和弘:全結腸型憩室に生じた難治性出血に対して結腸亜全摘術を施行した1例.(演者)
  9. 安福至、山口和也、棚橋利行、末次智成、田中秀治、深田真宏、岩田至紀、今井健晴、松井聡、今井寿、田中善宏、松橋延壽、高橋孝夫、吉田和弘:岐阜大学における肝転移を伴う胃癌に対する conversion therapy の治療成績.(演者)
  10. 坂野慎哉、今井寿、松井聡、田中秀治、棚橋利行、加藤充純、田中善宏、松橋延壽、高橋孝夫、山口和也、二村学、吉田和弘:右三区域切除術を施行した巨大な混合型肝癌の1例.(演者)
  11. 1 北澤舞、二村学、森龍太郎、浅野好美、中神光、吉田和弘:【ワークショップ4】 転移巣にてHER2陽転化を認め、抗HER2療法がくりかえし奏効した転移性乳癌の1例.(演者)
  12. 近石和花菜、松橋延壽、高橋孝夫、深田真宏、安福至、松井聡、今井寿、田中善宏、山口和也、吉田和弘:コレステロール結晶塞栓症により小腸潰瘍狭窄をきたした 1 例.(演者)
  13. 林弘賢、畑中勇治、小塩英典、服部公博、三井範基、川尻真菜、佐藤悠太、前田健一、小森充嗣、杉本琢哉、田中千弘、仁田豊生、長尾成敏、河合雅彦、国枝克行:腹腔鏡下折り鶴トレーニングによる技術習得の有用性の検討.(他施設共著)
第28回日本癌病態治療研究会(2019年6月27-28日, 川越)
  1. 安福至、山口和也、棚橋利行、岩田至紀、今井健晴、松井聡、今井寿、田中善宏、松橋延壽、高橋孝夫、吉田和弘:【ワークショップ5】Stage IV 胃癌に対するConversion therapyにおける腫瘍再燃に関する検討.(演者)
第55回日本肝癌研究会(2019年7月4-5日,東京)
  1. 今井寿、松井聡、田中秀治、坂野慎哉、棚橋利行、加藤充純、田中善宏、松橋延壽、高橋孝夫、山口和也、吉田和弘:病的肥満に対する術前治療後に肝切除術を施行した門脈腫瘍栓を伴う肝細胞癌症例.(演者)
  2. 田中秀治、今井寿、松井聡、坂野慎哉、棚橋利行、加藤充純、田中善宏、松橋延壽、高橋孝夫、山口和也、二村学、吉田和弘:【ワークショップ6】大腸癌同時性肝限局転移に対する肝切除治療成績の検討.(演者)
日本外科代謝栄養学会第56回学術集会(2019年7月4-6日,神戸)
  1. 田中善宏、坂野慎哉、末次智成、今井健晴、松橋延壽、高橋孝夫、山口和也、吉田和弘:長期食道破裂後縦隔膿瘍形成症例への栄養学観点からみた手術例.(演者)
  2. 安福至、山口和也、棚橋利行、岩田至紀、今井健晴、松井聡、今井寿、田中善宏、松橋延壽、高橋孝夫、吉田和弘:当院における早期胃癌に対する腹腔鏡下噴門側胃切除術後の食道残胃吻合・噴門形成の治療成績の検討.(演者)
第91回大腸癌研究会(2019年7月5日,東京)
  1. 田中秀治、東敏弥、松井聡、今井寿、木山茂、松橋延壽、高橋孝夫、吉田和弘:当科の大腸癌同時性肝限局転移に対する肝切除治療成績の検討.(演者)
第27回日本乳癌学会学術総会(2019年7月11-13日,東京)
  1. 二村学:一般口演5 基礎.(座長)
  2. 二村学、松本光史、味八木寿子、岩朝勤、土井美帆子、井本滋、徳永伸也、青儀健二郎、西村明子、尾崎由記範、吉村健一、高野利実:【厳選口演4】HER2陰性乳癌に対する周術期化学療法dose dense AC療法およびdose dense PTX療法の第二相試験(WJOG9016B).(演者)
  3. 森龍太郎、二村学、中神光、北澤舞、徳丸剛久、浅野好美、吉田和弘:Thymidine phosphorylase阻害薬による5FU耐性解除.(演者)
  4. 浅野好美、二村学、森龍太郎、竹内保、吉田和弘:浸潤性乳管癌におけるLRP1B細胞内領域核移行と臨床病理学的意義の検討.(演者)
  5. 北澤舞:【ワークショップ2】乳癌化学療法におけるDose-dense療法の貧血の副作用出現の検討.(演者)
  6. 中神光、竹内賢、森川あけみ、坂下文夫、松永研吾、山田鉄矢、杉山誠治、二村学、吉田和弘:診断・治療方針決定に苦慮した乳癌、甲状腺癌の合併例1例.(演者)
  7. 井本滋、二村学、戸井雅和、上野貴之:【シンポジウム18】希少転移乳癌の局所及び全身療法に関する国際共同後向きコホート研究「OLIGO-BC1」.(他施設共著)
  8. 谷野裕一、鈴木正人、海瀬博史、宮下勝、千島隆司、林光弘、三好康雄、二村学、大谷彰一郎、永橋昌幸、太田智彦、小坂愉賢、石川孝、長谷川善枝、窪田智行、三階貴史、岩谷胤生、山田顕光、赤澤宏平、河野範男:【ワークショップ2】トリプルネガティブ乳癌治療のコンパニオン診断薬開発とカルボプラチンの再発抑制効果の第3相臨床試験.(他施設共著)
  9. 武鹿良規、鷹尾千佳、日下部光彦、森龍太郎:ハイリスク高齢者のホルモン受容体陽性原発性乳癌に対する治療の検討.(他施設共著)
  10. 五藤知美、武鹿良規、福﨑美代子、竹尾恵理子、森龍太郎:パルボシクリブ+内分泌療法における当院の支援体制の現状.(他施設共著)
  11. 1 間瀬隆弘、篠田智仁、田中香織、森秀樹、滝哲郎、天岡望、能美昌子、浅野好美、乗富智明、飛永純一、和田応樹:肺転移を来した乳腺悪性腺筋上皮腫の1例.(他施設共著)
第74回日本消化器外科学会総会(2019年7月17-19日, 東京)
  1. Kazuhiro Yoshida:【Symposium 2】Treatment Strategies for gastric cancer in the era of molecular targeting therapy.(Chair)
  2. 吉田和弘:【ランチョンセミナー4】消化器癌に対する免疫治療~MSI-Highとキイトルーダ~.(座長)
  3. 吉田和弘:【ランチョンセミナー33】今さら聞けないCVポート合併症のすべて ~令和元年、合併症ゼロを目指して~.(座長)
  4. Naoki Hiki, Michitaka Honda, Hikaku Kumamaru, Hiroaki Miyata, Kazuhiro Yoshida, Yasuyuki Kodera, Yoshihiro Kakeji, Masafumi Inomata, Yasuyuki Seto:【Symposium7】Safety of laparoscopic gastrectomy for gastric cancer in prospective cohort study using NCD registry.(他施設共著)
  5. 山口和也:デジタルポスター39 胃・十二指腸:腹腔鏡下幽門側胃切除 吻合法及びその他の工夫.(座長)
  6. 高橋孝夫:デジタルポスター115 大腸:虫垂3.(座長)
  7. 山口和也、安福至、今井健晴、棚橋利行、松井聡、今井寿、田中善宏、松橋延壽、高橋孝夫、吉田和弘:【パネルディスカッション2】StageⅣ胃癌のカテゴリー分類からみた腹膜播種例に対するConversion therapy.(演者)
  8. 高橋孝夫、松橋延壽、深田真宏、安福至、棚橋利行、松井聡、今井寿、田中善宏、山口和也、吉田和弘:切除不能・困難大腸癌に対するConversion Surgeryの意義.(演者)
  9. 松橋延壽、高橋孝夫、安福至、深田真宏、今井健晴、松井聡、今井寿、田中善宏、山口和也、吉田和弘:TaTMEにおけるMist対策の工夫.(演者)
  10. 田中善宏、末次智成、今井健晴、後藤亜也奈、深田真宏、今井寿、松橋延壽、高橋孝夫、山口和也、吉田和弘:ICG蛍光法でみる食道癌亜全胃再建の実際.(演者)
  11. 1 今井寿、松井聡、坂野慎哉、田中秀治、棚橋利行、田中善宏、松橋延壽、高橋孝夫、山口和也、吉田和弘:膵頭十二指腸切除術後の臨床的膵液瘻症例の特徴:Biochemical leak症例との比較.(演者)
  12. 松井聡、今井寿、田中秀治、棚橋利行、加藤充純、田中善宏、松橋延壽、高橋孝夫、山口和也、吉田和弘:術前データから解析した膵頭部癌術後早期再発危険因子.(演者)
  13. 棚橋利行、山口和也、後藤亜也奈、安福至、今井健晴、今井寿、田中善宏、松橋延壽、高橋孝夫、吉田和弘:当科におけるロボット支援腹腔鏡下胃切除術の導入と現状.(演者)
  14. 今井健晴、田中善宏、末次智成、深田真宏、棚橋利行、今井寿、松橋延壽、高橋孝夫、山口和也、吉田和弘:当科における80歳以上の高齢者食道癌治療の現状と課題.(演者)
  15. 岩田至紀、棚橋利行、松井聡、今井寿、田中善宏、松橋延壽、高橋孝夫、山口和也、竹内保、吉田和弘:大腸癌におけるNotch ligands細胞内ユビキチン化酵素;Mib-1,2の発現.(演者)
  16. 安福至、山口和也、棚橋利行、今井健晴、松井聡、今井寿、田中善宏、松橋延壽、高橋孝夫、吉田和弘:【ワークショップ3】胃癌に対するConversion therapyの治療成績の検討.(演者)
  17. 田中秀治、今井寿、松井聡、坂野慎哉、棚橋利行、田中善宏、松橋延壽、高橋孝夫、山口和也、吉田和弘:大腸癌肝転移に対する再肝切除治療成績の検討.(演者)
  18. 深田真宏、松橋延壽、高橋孝夫、棚橋利行、松井聡、今井寿、田中善宏、二村学、山口和也、吉田和弘:当科における腹腔鏡下低位前方切除術後縫合不全に対するリスク因子の検討.(演者)
  19. 末次智成、田中善宏、深田真宏、今井健晴、棚橋利行、今井寿、松橋延壽、高橋孝夫、山口和也、吉田和弘:進行食道癌に対するBiweekly-DCF療法後の胸腔鏡下食道亜全摘術に関する検討.(演者)
第17回日本臨床腫瘍学会学術集会(2019年7月18-20日, 京都)
  1. 中村将人、砂川優、奥山浩之、松浦正徒、根来裕二、薮野太一、高橋孝夫、田村孝雄、竹内信道、佐竹悠良、宮本裕士、片岡政人、塩澤学、牧山明資、小林和真、久保田祐太郎、関川高志、竹内正弘、市川度、藤井雅志:【Mini-Oral Abstract Session1-16】Update on JACCRO CC-11 trial of 1st-line modified-FOLFOXIRI plus bevacizumab for RAS mutant metastatic colorectal cancer.(他施設共著)
第46回日本膵切研究会(2019年8月23-24日,下呂)
  1. 今井寿、松井聡、田中秀治、田中善宏、松橋延壽、高橋孝夫、山口和也、吉田和弘:尾側膵切除術における自動縫合機による膵切断の安全性評価.(演者)
  2. 東敏弥、村瀬勝俊、今井寿、松井聡、田中秀治、吉田和弘:MENIを伴わない多発性膵神経内分泌腫瘍の1例.(他施設共著)
  3. 東敏弥、村瀬勝俊、今井寿、松井聡、田中秀治、吉田和弘:膵頭十二指腸切除術後の難治性乳び腹水に対しオクトレオチド・エチレフリン併用療法が奏効した1例.(他施設共著)
第2回日本腫瘍循環器学会学術集会(2019年9月21-22日,旭川)
  1. 田中善宏、今井健晴、畑中勇治、佐藤悠太、棚橋利行、松井聡、今井寿、松橋延壽、高橋孝夫、山口和也、吉田和弘:KEEPing Anti-Cancer Therapy and Anti-Coagulation Therapy (KEEP-ACT²)の概念.(演者)
第78回日本癌学会学術総会(2019年9月26-28,京都)
  1. 吉田和弘、北川雄光、井本滋、古瀬純司、馬場秀夫、西山正彦:【特別シンポジウム3】がん臨床研究のアジアへの展開.(演者)
  2. 井本滋、二村学、戸井雅和、藤原康弘、吉田和弘、北川雄光、西山正彦、馬場秀夫:【特別シンポジウム3】希少転移乳癌の局所及び全身療法に関する国際共同後向きコホート研究(OLIGO-BC1).(他施設共著)
第55回日本胆道学会学術集会(2019年10月3-4日,名古屋)
  1. 今井寿、松井聡、田中秀治、棚橋利行、加藤充純、田中善宏、松橋延壽、高橋孝夫、山口和也、吉田和弘:R1切除となった肝外胆管癌症例の後方視的検討.(演者)
  2. 村瀬勝俊、木山茂、荒川信一郎、東敏弥、土井潔、今井寿、松井聡、田中秀治、吉田和弘:肝転移を伴う胆管癌に対し、GEM+CDDP療法後にConversion surgeryを行った1例.(他施設共著)
第74回日本大腸肛門病学会学術(2019年10月11-12日,東京)
  1. 高橋孝夫、松橋延壽、深田真宏、安福至、棚橋利行、松井聡、今井寿、田中善宏、山口和也、吉田和弘:切除不能・困難大腸癌に対するFOLFOXIRI療法の安全性と治療効果に関する検討.(演者)
  2. 松橋延壽、高橋孝夫、岩田至紀、安福至、深田真宏、今井健晴、棚橋利行、松井聡、今井寿、田中善宏、山口和也、吉田和弘:安全な切離・吻合をするための腹腔鏡下直腸間膜全切除術の標準化.(演者)
第57回日本癌治療学会学術集会(2019年10月24-26日, 福岡)
  1. 吉田和弘:【開会式】
  2. 吉田和弘:【クロストーク】患者さんに向けた"解像度の高い"言葉とは?~〈レジリエンス〉を引き出すために~.(開会挨拶)
  3. 吉田和弘:【理事長講演】日本癌治療学会の未来をみつめて.(司会)
  4. 吉田和弘:【ジョイントシンポジウム1】ASCO/JSCO Joint Symposium:Precision Medicine.(司会)
  5. 吉田和弘:ACOS/ESMO Perspective.(司会)
  6. 吉田和弘:【会長企画シンポジウム16】希少がん診療の現状と課題.(挨拶)
  7. 吉田和弘:【閉会式】
  8. 吉田和弘:【会長講演】胃癌と私の研究.(演者)
  9. 吉田和弘:【会長企画シンポジウム9】アジア臨床腫瘍学会(ACOS)の歴史.(演者)
  10. 藤井宏典、山田友奈美、飯原大稔、松橋延壽、高橋孝夫、吉田和弘、鈴木昭夫:【ワークショップ4】UGT1A1遺伝子多型に基づくイリノテカンの有効性と安全性に関する検討.(他施設共著)
  11. 木下貴之、椎野翔、高橋將人、藤澤知巳、山本尚人、土井原博義、大谷彰一郎、高橋三奈、青儀健二郎、大西達也、二村学、吉田和弘、吉田正行、高山伸、首藤昭彦:【臓器別シンポジウム3】早期乳癌ラジオ波熱焼灼療法(RFA)の多施設臨床試験.(他施設共著)
  12. 中村路夫、塩澤学、田中吏佐、小澤大牾、牧山明資、松橋延壽、賀川義規、大庭幸治、吉野孝之、吉田和弘、、前原喜彦、山崎健太郎、沖英次、高橋孝夫:【臓器別シンポジウム9】JFMC51:切除不能大腸癌標準治療不応例に対するFTD/TPI+BEV併用療法の第II相試験.(他施設共著)
  13. 村瀬勝俊、木山茂、荒川信一郎、東敏弥、土井潔、今井寿、田中善宏、松橋延壽、高橋孝夫、山口和也、二村学、吉田和弘: 消化管癌手術における周術的ヘパリン投与による術後合併症の検討.(他施設共著)
  14. 長尾育子、二村学、中田琢己、川口順敬、石原和浩、名和正人、竹内賢、森光華澄、小木曽敦子、浅野好美、徳丸剛久、熊澤伊和生、森龍太郎、下川敏雄、吉田和弘:ER陽性進行再発乳癌へのフルベストラント500mgレジメンの有用性の検討(PerSeUS-BC03).(他施設共著)
  15. 馬場秀夫、吉田和弘、寺島雅典、Sun Young Rha,Jae Moon Bae,Guoxin Li、安福至、瀬戸泰之、Sung Hoon Noh,Jiafu Ji、北川雄光、森田智視、西山正彦、CONVO-GC-1 Study Group:【ジョイントシンポジウム5】 Peritoneal metastasis of gastric cancer:Is it feasible for conversion surgery?-Sub-analysis of CONVO-GC-1-.(他施設共著)
  16. 澤祥幸、杉山保幸、冨田栄一、吉田和弘:【会長企画シンポジウム18】 地域医療構想を見すえた圏域のがんチーム医療.(他施設共著)
  17. 大島貴、吉川貴己、森田智視、円谷彰、吉田和弘、木村弥生、利野靖、益田宗孝、宮城洋平、坂本純一:【臓器別シンポジウム19】 局所進行胃癌に対するバイオマーカーを用いた術前・術後補助化学療法の個別化治療.(他施設共著)
  18. 藤井宏典、松橋延壽、高橋孝夫、北洞美佳、飯原大稔、鈴木昭夫、吉田和弘:転移性大腸癌患者におけるTAS-102に対するBmab併用の有効性及び安全性に関する検討.(他施設共著)
  19. 松山かなこ、赤川舞、守屋智枝、周円、末次智成、松橋延壽、高橋孝夫、吉田和弘、清島真理子:岐阜大学における粘膜メラノーマの治療経験.(他施設共著)
  20. 北澤舞、松橋延壽、高橋孝夫、近石和花菜、畑中勇治、安福至、今井健晴、棚橋利行、松井聡、今井寿、山口和也、吉田和弘:腸間膜内に発生した神経節細胞腫に対し腹腔鏡を用いて切除した一例.(他施設共著)
  21. 棚橋利行:ポスター112 造血 症例報告.(座長)
  22. 松井聡:ポスター48 治療教育 その他.(座長)
  23. 二村学、Gaowa Siqin、森龍太郎、浅野好美、中神光、荒川博文、吉田和弘:P53下流遺伝子Mieapは乳癌細胞にカスパーゼ依存性アポトーシスを誘導する.(演者)
  24. 近藤千紘、市成陽子、森田一、陶山久司、吉井由美、江面美緒、藤澤陽子、飯原大稔、苅谷三月、中嶋早苗、大里洋一、寺崎史浩、二村学、佐治重衡、上野直人:チームオンコロジーワークショップの職種別課題.(他施設共著)
  25. 二村学:【教育シンポジウム】 "乳がん"~特に臨床上の課題、妊孕性温存の実践と問題点~.(演者)
  26. 二村学、森龍太郎、浅野好美、中神光、吉田和弘:FDG-PET/CTを用いたSUV lymph node/tumor ratioによる乳癌腋窩リンパ節転移予測.(演者)
  27. 井本滋、二村学、戸井雅和、藤原康弘、上野貴之、Young-Hyuck Im,Seock-Ah Im,Sung Gwe Ahn,Jeong Eon Lee,Yeon Hee Park,Kun Wang、北川雄光、西山正彦:【ジョイントシンポジウム5】 希少転移乳癌の局所及び全身療法に関する国際共同後向きコホート研究(OLIGO-BC1)進捗.(他施設共著)
  28. 山口和也、吉田和弘、棚橋利行、今井健晴、安福至、荒川信一郎、水澤純基、水谷友紀、片山宏、福田治彦、吉川貴己、朴成和、寺島雅典:【パネルディスカッション3】 高齢者StageII/III胃癌の術後補助化学療法に関する臨床試験.(演者)
  29. 高橋孝夫、松橋延壽、岩田至紀、深田真宏、安福至、棚橋利行、松井聡、今井寿、田中善宏、山口和也、二村学、吉田和弘:【臓器別シンポジウム9】 切除不能・困難大腸癌に対するConversion Surgeryの長期生存への影響.(演者)
  30. 高橋孝夫、松橋延壽、岩田至紀、深田真宏、安福至、棚橋利行、松井聡、今井寿、田中善宏、山口和也、吉田和弘:下部直腸悪性腫瘍に対する腹腔鏡下括約筋間直腸切除術:腫瘍学的・肛門機能的治療成績.(演者)
  31. 松橋延壽、高橋孝夫、末次智成、深田真宏、岩田至紀、安福至、今井健晴、棚橋利行、松井聡、今井寿、田中善宏、山口和也、吉田和弘:大腸癌Salvage lineにおけるBevacizmab+TFTDの使用経験.(演者)
  32. 松橋延壽、高橋孝夫、岩田至紀、今井健晴、棚橋利行、松井聡、今井寿、田中善宏、山口和也、吉田和弘:当科における切除不能大腸癌における2次治療Aflibercept+FOLFIRI療法の使用経験.(演者)
  33. 田中善宏:【学術セミナー14】 がん治療と栄養学を考える.(演者)
  34. 田中善宏、佐藤悠太、畑中勇治、今井健晴、棚橋利行、松井聡、今井寿、松橋延壽、高橋孝夫、山口和也、二村学、吉田和弘:Bi-CDFレジメンでの進行食道癌への術前化学療法の成績.(演者)
  35. 田中善宏:【学術セミナー25 講演1】 がん治療と血栓症治療のコンビネーション~KEEP-ACT²~.(演者)
  36. 田中善宏、今井健晴、佐藤悠太、畑中勇治、末次智成、松井聡、今井寿、松橋延壽、高橋孝夫、山口和也、吉田和弘:亜全胃を使用した食道再建で縫合不全を0.6%台にするには.(演者)
  37. 今井寿、松井聡、田中秀治、棚橋利行、森龍太郎、加藤充純、田中善宏、松橋延壽、高橋孝夫、山口和也、吉田和弘:肝外胆管癌に対する術後補助化学療法の意義.(演者)
  38. 今井寿、松井聡、坂野慎哉、田中秀治、棚橋利行、森龍太郎、加藤充純、田中善宏、松橋延壽、高橋孝夫、山口和也、二村学、吉田和弘:術前プレハビリテーション後に肝切除術を施行した病的肥満を伴う肝細胞癌症例.(演者)
  39. 松井聡、今井寿、村瀬勝俊、田中秀治、東敏弥、棚橋利行、森龍太郎、木山茂、加藤充純、田中善宏、松橋延壽、高橋孝夫、山口和也、二村学、吉田和弘:術前から把握しうる膵頭部癌術後早期再発リスク因子についての検討.(演者)
  40. 松井聡、田中秀治、東敏弥、今井寿、村瀬勝俊、吉田和弘:病診連携での治療が有効であった切除不能局所進行膵癌の1例.(演者)
  41. 棚橋利行、山口和也、今井健晴、森龍太郎、松井聡、今井寿、加藤充純、田中善宏、松橋延壽、高橋孝夫、二村学、吉田和弘:当科での食道胃接合部癌に対する手術治療戦略.(演者)
  42. 棚橋利行、山口和也、今井健晴、森龍太郎、松井聡、今井寿、加藤充純、田中善宏、松橋延壽、高橋孝夫、二村学、吉田和弘:胃癌術後補助化学療法早期再発症例への治療戦略.(演者)
  43. 森龍太郎、二村学、中神光、浅野好美、吉田和弘:乳癌における5FU代謝経路の相違による5FU獲得耐性メカニズムの相違.(演者)
  44. 森龍太郎、二村学、中神光、浅野好美、吉田和弘:再発乳癌薬物治療における病勢進行様式の違いによる予後の検討.(演者)
  45. 浅野好美、徳丸剛久、二村学、中神光、森龍太郎、山口和也、吉田和弘:HER2陽性胃癌に対する新規合成miR-143のKras network抑制による細胞増殖抑制効果.(演者)
  46. 浅野好美、二村学、中神光、岩田至紀、森龍太郎、竹内保、吉田和弘:乳腺発癌におけるLRP1Bの核移行について.(演者)
  47. 今井健晴、田中善宏、畑中勇治、佐藤悠太、棚橋利行、森龍太郎、松井聡、今井寿、加藤充純、松橋延壽、高橋孝夫、山口和也、二村学、吉田和弘:食道癌の周術期におけるhANPの投与と予後の関連.(演者)
  48. 今井健晴、田中善宏、畑中勇治、佐藤悠太、棚橋利行、森龍太郎、松井聡、今井寿、加藤充純、松橋延壽、高橋孝夫、山口和也、二村学、吉田和弘:当科におけるstage IV食道癌に対する治療.(演者)
  49. 田尻下敏弘、後藤亜也奈、松本圭太、徳丸剛久、松橋延壽、二村学、吉田和弘:胃癌におけるRNA-helicase DDX6によるHER2、FGFR2の転写後制御.(演者)
  50. 岩田至紀、安福至、今井健晴、棚橋利行、松井聡、今井寿、田中善宏、松橋延壽、高橋孝夫、山口和也、竹内保、吉田和弘:低分化型胃癌におけるC1qTNF6の発現低下.(演者)
  51. 岩田至紀、松橋延壽、川尻真菜、上原万知、高橋孝夫、今井健晴、棚橋利行、松井聡、今井寿、田中善宏、山口和也、吉田和弘:大腸癌術後補助化学療法中に発症した劇症型1型糖尿病による糖尿病性ケトアシドーシス.(演者)
  52. 安福至、山口和也、棚橋利行、岩田至紀、今井健晴、松井聡、今井寿、田中善宏、松橋延壽、高橋孝夫、吉田和弘:【International Oral 2】 Relapse after conversion therapy for Stage IV gastric cancer.(演者)
  53. 安福至、山口和也、棚橋利行、岩田至紀、今井健晴、松井聡、今井寿、田中善宏、松橋延壽、高橋孝夫、吉田和弘:胃中上部の胃癌に対する腹腔鏡下幽門側胃切除術Billroth I法再建の長期成績の検討.(演者)
  54. 深田真宏、松橋延壽、高橋孝夫、岩田至紀、今井健晴、棚橋利行、松井聡、今井寿、田中善宏、山口和也、吉田和弘:腹腔鏡下直腸低位前方切除術における術後縫合不全に対する早期予測因子の検討.(演者)
  55. 深田真宏、松橋延壽、高橋孝夫、岩田至紀、今井健晴、棚橋利行、松井聡、今井寿、田中善宏、山口和也、吉田和弘:腹腔鏡下直腸低位前方切除術におけるDST吻合の術後縫合不全に対するリスク因子の検討.(演者)
  56. 田中秀治、東敏弥、松井聡、村瀬勝俊、棚橋利行、加藤充純、田中善宏、松橋延壽、高橋孝夫、山口和也、二村学、吉田和弘:切除可能な大腸癌異時性肝転移に対して、術前化学療法は有用か.(演者)
  57. 佐藤悠太、田中善宏、畑中勇治、今井健晴、棚橋利行、松井聡、今井寿、松橋延壽、高橋孝夫、山口和也、吉田和弘:化学療法により複数回の腸管嚢胞気腫症を繰り返した食道癌の一例.(演者)
  58. 末次智成、田中善宏、坂野慎哉、深田真宏、田中秀治、岩田至紀、安福至、今井健晴、棚橋利行、松井聡、今井寿、松橋延壽、高橋孝夫、山口和也、吉田和弘:当科における食道癌結腸再建に対する周術期の取り組み.(演者)
  59. 末次智成、田中善宏、坂野慎哉、深田真宏、田中秀治、安福至、岩田至紀、今井健晴、棚橋利行、松井聡、今井寿、松橋延壽、高橋孝夫、山口和也、吉田和弘:進行食道癌に対するBiweekly-DCF療法後の胸腔鏡手術の安全性と有用性に関する検討.(演者)
  60. 松本圭太、松橋延壽、高橋孝夫、末次智成、今井健晴、棚橋利行、松井聡、今井寿、田中善宏、山口和也、酒々井夏子、宮崎龍彦、吉田和弘:T1a直腸癌に対して根治的EMR施行後、局所再発した1例.(演者)
  61. 坂野慎哉、加藤充純、今井寿、田中善宏、松橋延壽、高橋孝夫、山口和也、二村学、安江志保、遠渡沙緒理、小関道夫、小池大我、深尾敏幸、森重健一郎、吉田和弘:腫瘍全摘後に多発遠隔転移を認めた小児卵巣未熟奇形腫の一例.(演者)
  62. 坂野慎哉、松橋延壽、高橋孝夫、川尻真菜、上原万知、岩田至紀、今井寿、田中善宏、山口和也、吉田和弘:集学的治療により長期生存しているStage IV大腸癌の1例.(演者)
  63. 後藤亜也奈、棚橋利行、畑中勇治、末次智成、田中秀治、深田真宏、安福至、今井健晴、松井聡、今井寿、田中善宏、松橋延壽、高橋孝夫、山口和也、吉田和弘:妊娠中に発見された4型進行胃癌の1例.(演者)
  64. 上原万知、松橋延壽、川尻真菜、岩田至紀、高橋孝夫、松井聡、今井寿、山口和也、吉田和弘:G-CFS産生腹膜悪性中皮腫の一例.(演者)
  65. 畑中勇治、松橋延壽、高橋孝夫、今井健晴、松井聡、今井寿、田中善宏、山口和也、吉田和弘:直腸絨毛腺腫内に腺癌および神経内分泌腫瘍の混在を認めた1例.(演者)
  66. 畑中勇治、田中善宏、佐藤悠太、今井健晴、棚橋利行、松井聡、今井寿、松橋延壽、高橋孝夫、山口和也、吉田和弘:食道癌治癒切除後の脳転移の1例.(演者)
  67. 川尻真菜、松橋延壽、上原万知、岩田至紀、高橋孝夫、松井聡、今井寿、田中善宏、山口和也、吉田和弘:孤立脳転移に対して手術加療を行い長期生存を得られた盲腸癌の一例.(演者)
  68. 前田健一、竹内保、齊郷智恵美、鬼頭勇輔、田中善宏、松橋延壽、高橋孝夫、山口和也、二村学、吉田和弘:大腸癌においてのintelectin-1とTMEM207の相互関連.(演者)
  69. 中神光、二村学、林祐一、野口慶、細野芳樹、森龍太郎、浅野好美、吉田和弘:筋ジストロフィーに合併した巨大葉状腫瘍の1例.(演者)
  70. 北澤舞、二村学、神山圭史、森龍太郎、浅野好美、中神光、加藤和久、吉田和弘:巨大線維腺腫切除後に組織拡張器を用いた一例.(演者)
  71. 近石和花菜、松橋延壽、高橋孝夫、今井健晴、棚橋利行、松井聡、今井寿、田中善宏、山口和也、吉田和弘:免疫チェックポイント阻害剤の治療中に大腸穿孔をきたした1例.(演者)
  72. 近石和花菜、松橋延壽、高橋孝夫、今井健晴、棚橋利行、松井聡、今井寿、田中善宏、山口和也、吉田和弘:直腸悪性黒色腫の1例.(演者)
  73. 中島拓哉、松橋延壽、畑中勇治、岩田至紀、今井健晴、棚橋利行、松井聡、今井寿、田中善宏、高橋孝夫、山口和也、吉田和弘:直腸癌術後吻合部完全狭窄に対し、内視鏡的拡張術を行った一例.(演者)
第49回胃外科・術後障害研究会(2019年10月31-11月1日, 鹿児島)
  1. 山口和也、荒川信一郎、安福至、今井健晴、棚橋利行、今井寿、田中善宏、松橋延壽、高橋孝夫、吉田和弘:腹膜播種を伴うStage IV胃癌に対するConversion therapyの治療成績.(演者)
  2. 棚橋利行、山口和也、荒川信一郎、安福至、今井健晴、田中善宏、松橋延壽、村瀬勝俊、高橋孝夫、吉田和弘:【シンポジウム1-1】 腹腔鏡下幽門側胃切除術におけるデルタ吻合の手技と短期成績.(演者)
  3. 安福至、山口和也、棚橋利行、今井健晴、松井聡、今井寿、田中善宏、松橋延壽、高橋孝夫、吉田和弘:【シンポジウム5】 Initially unresectableな肝転移を有するStage IV胃癌に対するConversion therapyの治療成績.(演者)
  4. 荒川信一郎、山口和也、安福至、棚橋利行、今井寿、田中善宏、松橋延壽、村瀬勝俊、高橋孝夫、吉田和弘:胃全摘後の食道裂孔ヘルニア修復後に裂孔部での通過障害を認めた1例.(他施設共著)
第30回日本消化器癌発生学会総会(2019年11月7-8日, 横浜)
  1. 吉田和弘:【シンポジウム4】ロボット技術と消化器癌の臨床.(司会)
  2. 高橋孝夫:ポスター6 大腸2.(司会)
  3. 松橋延壽:ポスター5 大腸1.(司会)
  4. 松橋延壽、富田弘之、岡田英志、館正仁、吉田和弘:【ワークショップ1】ヒト大腸癌の立体的構造形態においてグリコカリックスが及ぼす影響.(演者)
  5. 安福至、山口和也、棚橋利行、末次智成、田中秀治、深田真宏、岩田至紀、佐藤悠太、今井健晴、松井聡、今井寿、田中善宏、松橋延壽、高橋孝夫、吉田和弘:胃癌腹膜播種に対するConversion therapyの治療成績の検討.(演者)
  6. 大上直秀、藤木佑斗、山本悠司、浅井竜一、坂本直也、仙谷和弘、安井弥:食道扁平上皮癌おけるProtocadherin B9の発現と腫瘍の進行との関連.(他施設共著)
  7. 深田真宏、松橋延壽、高橋孝夫、岩田至紀、松井聡、今井寿、田中善宏、二村学、山口和也、吉田和弘:【シンポジウム4】当科における直腸癌に対するロボット支援下手術の導入時の取り組みと短期成績に対する検討.(演者)
  8. 末次智成、森龍太郎、二村学、深田真宏、安福至、今井健晴、棚橋利行、松井聡、今井寿、田中善宏、松橋延壽、高橋孝夫、山口和也、吉田和弘:大腸癌細胞株における5FU耐性メカニズム.(演者)
日本人類遺伝学会第64回大会(2019年11月6-9,長崎)
  1. 仲間美奈、二村学、浅野好美、深尾敏幸:遺伝性乳がん卵巣がんが疑われる患者に対する支援のための質問紙調査.(他施設共著)
第81回日本臨床外科学会総会(2019年11月14-16日, 高知)
  1. 吉田和弘:【学術セミナー5】進行胃癌に対する治療戦略-新たな選択肢の登場-.(司会)
  2. 吉田和弘:【総会特別企画06】新専門医制度 賛成vs.反対.(司会)
  3. 山口和也:【研修医セッション】胃・十二指腸.(座長)
  4. 高橋孝夫:一般示説 直腸:悪性疾患(化学療法あり)1.(座長)
  5. 松橋延壽:【研修医セッション】結腸1.(座長)
  6. 高橋孝夫、松橋延壽、岩田至紀、棚橋利行、松井聡、今井寿、田中善宏、山口和也、吉田和弘:当科における家族性大腸腺腫症に対する腹腔鏡下大腸全摘術の治療経験.(演者)
  7. 松橋延壽、高橋孝夫、岩田至紀、木山茂、上原万知、川尻真菜、今井健晴、棚橋利行、今井寿、田中善宏、山口和也、吉田和弘:術者に優しいTaTMEを行うための工夫.(演者)
  8. 棚橋利行、山口和也、安福至、今井健晴、松井聡、今井寿、加藤充純、田中善宏、松橋延壽、高橋孝夫、吉田和弘:当科でのナブパクリタキセルの使用経験.(演者)
  9. 浅野好美、二村学、森龍太郎、中神光、吉田和弘、酒々井夏子、宮崎龍彦:骨・軟膏成分を伴う悪性葉状腫瘍の1例.(演者)
  10. 今井健晴、田中善宏、畑中勇治、佐藤悠太、棚橋利行、森龍太郎、松井聡、今井寿、加藤充純、松橋延壽、高橋孝夫、山口和也、二村学、吉田和弘:【ワークショップ5】食道癌周術期に硬膜外麻酔を用いない当科の術後疼痛管理の工夫とその妥当性.(演者)
  11. 安福至、山口和也、棚橋利行、末次智成、田中秀治、深田真宏、岩田至紀、今井健晴、松井聡、今井寿、田中善宏、松橋延壽、高橋孝夫、吉田和弘:胃癌肝転移に対するConversion thrapyの治療成績.(演者)
  12. 田中秀治、村瀬勝俊、東敏弥、松井聡、今井寿、木山茂、田中善宏、松橋延壽、高橋孝夫、山口和也、吉田和弘:救命し得た、出血性ショックを呈した空腸Dieulafoy's lesionの1例.(演者)
JDDW2019 第27回日本消化器関連学会週間 (2019年11月21-24日,神戸)
  1. 吉田和弘:【パネルディスカッション12】消化器がんのconversion therapyの現状.(司会)
  2. 高橋孝夫:デジタルポスターセッション83 大腸27.(座長)
  3. 松橋延壽、富田弘之、岡田英志、館正仁、吉田和弘:ヒト大腸癌の立体的構造形態~グリコカリックスとの関係~.(演者)
  4. 田中秀治、今井寿、松井聡、坂野慎哉、畑中勇治、末次智成、深田真宏、安福至、岩田至紀、浅野好美、今井健晴、森龍太郎、棚橋利行、加藤充純、田中善宏、松橋延壽、高橋孝夫、山口和也、二村学、吉田和弘:大腸癌同時性肝限局転移に対する肝切除治療成績の検討.(演者)
第32回日本外科感染症学会総会(2019年11月29-30日,岐阜)
  1. 吉田和弘:【ワークショップ4】癌集学的治療と術後外科感染症.(座長)
第32回日本内視鏡外科学会総会(2019年12月5-7日, 横浜)
  1. 吉田和弘:【International Surgical Forum1】(司会)
  2. 吉田和弘:【教育セミナーⅡ】安全な腹腔鏡手術と合併症対策および管理(胃).(司会)
  3. 山口和也:ミニオーラル100 胃・十二指腸良性 症例2.(司会)
  4. 高橋孝夫:ミニオーラル146 大腸悪性 大腸閉塞.(司会)
  5. 高橋孝夫、松橋延壽、岩田至紀、棚橋利行、松井聡、今井寿、田中善宏、山口和也、吉田和弘:当科における直腸癌に対するロボット支援下手術の導入.(演者)
  6. 松橋延壽、高橋孝夫、岩田至紀、木山茂、上原万知、今井健晴、棚橋利行、今井寿、田中善宏、山口和也、吉田和弘:安全な切離・吻合を意識した腹腔鏡下低位前方切除術の手術手技.(演者)
  7. 田中善宏、今井健晴、棚橋利行、松橋延壽、高橋孝夫、山口和也、吉田和弘:進行食道癌に対し化学療法後鏡視下根治切除となるも早期に脳転移を起こした1例.(演者)
  8. 今井寿、東敏弥、田中秀治、棚橋利行、松井聡、田中善宏、松橋延壽、村瀬勝俊、高橋孝夫、山口和也、吉田和弘:当院における腹腔鏡下肝切除術の手術成績と外科統合後の展望.(演者)
  9. 棚橋利行、山口和也、安福至、今井健晴、松井聡、今井寿、田中善宏、松橋延壽、高橋孝夫、吉田和弘:80歳以上高齢者に対する腹腔鏡下胃切除術の短期成績-若年者と比較して-.(演者)
  10. 安福至、山口和也、棚橋利行、末次智成、田中秀治、深田真宏、岩田至紀、佐藤悠太、今井健晴、松井聡、今井寿、田中善宏、松橋延壽、高橋孝夫、吉田和弘:早期胃癌・食道胃接合部腺癌に対する腹腔鏡下噴門側胃切除術後の食道残胃吻合・噴門形成の治療成績の検討.(演者)
  11. 末次智成、田中善宏、坂野慎哉、今井健晴、深田真宏、安福至、棚橋利行、今井寿、松橋延壽、高橋孝夫、山口和也、吉田和弘:高齢者(75歳以上)に対する胸腔鏡下食道切除術に関する検討.(演者)
  12. 坂野慎哉、今井寿、松井聡、田中秀治、今井健晴、棚橋利行、田中善宏、松橋延壽、高橋孝夫、山口和也、吉田和弘:術中胆管損傷予防にインドシアニングリーン蛍光法を使用した多発肝嚢胞症例.(演者)
  13. 上原万知、松橋延壽、岩田至紀、木山茂、今井寿、田中善宏、高橋孝夫、山口和也、吉田和弘:大腸ステント挿入後に腹腔鏡手術を施行したStageⅡ/Ⅲ閉塞性大腸癌症例の検討.(演者)

講演会・地方会

岐阜腫瘍外科ミーティング CRCC-GIFU(2019年1月11日, 岐阜)
  1. 吉田和弘:総合司会(司会)
  2. 高橋孝夫:大腸癌治療戦略~最善の治療を考える~.(司会)
  3. 松橋延壽:大腸癌治療戦略~最善の治療を考える~.(パネリスト)
Takeda Colorectal Cancer Seminar in Gifu(2019年1月17日, 岐阜)
  1. 吉田和弘:【特別講演】 大腸癌転移に対する外科治療の変遷と今後の展望.(座長)
  2. 松橋延壽:新たな大腸癌治療ガイドラインを考慮した治療戦略.(演者)
岐阜NET Expert Meeting(2019年1月18日, 岐阜)
  1. 吉田和弘:(Opening Remarks)
  2. 今井寿:NETに対する腹腔鏡下膵切除術.(演者)
あすと長町 Breast Cancer Seminar(2019年1月18日, 仙台)
  1. 二村学:【特別講演】アブラキサンの時代到来!.(演者)
川崎重工業株式会社 岐阜工場 従業員様セミナー がんセミナー(2019年1月18日, 岐阜)
  1. 松橋延壽:ここが重要、大腸がん治療の最前線.(演者)
第25回岐阜東洋医学研究会(2019年1月31日, 岐阜)
  1. 吉田和弘:一般演題(座長)
HALAVENクリニカルカンファレンスセミナー (2019年2月1日, 岐阜)
  1. 二村学:【パネルディスカッション】ホルモン耐性後のケモ治療について考える.(座長)
  2. 森龍太郎:(一般演題)(演者)
CRC Experts Meeting 2.0(2019年2月2日, 東京)
  1. 高橋孝夫:エキスパートの考える、ザルトラップの位置付け.(ディスカッサント)
Gastrointestinal Cancer Seminar in Koriyama(2019年2月8日, 福島)
  1. 吉田和弘:【特別講演Ⅱ】胃癌周術期治療に対する新戦略.(演者)
第128回東海食道疾患症例検討会(2019年2月8日, 名古屋)
  1. 深田真宏:巨大食道腫瘤の一例.(演者)
平成30年度レントゲン祭並びに講演会(2019年2月11日, 岐阜)
  1. 吉田和弘:上部消化器がん治療の最前線.(演者)
第51回愛知臨床外科学会(2019年2月11日, 名古屋)
  1. 山口和也:【ランチョンセミナー】胃癌治療の近未来を考える.(演者)
第57回糖尿病よろず相談会 ぎふ(2019年2月12日, 岐阜)
  1. 吉田和弘:肥満と癌.(演者)
CRC-WEB 2.0(2019年2月14日, 岐阜)
  1. 吉田和弘:(座長)
第17回日本癌治療学会 がん治療アップデート教育コース (2019年2月16日, 広島)
  1. 二村学:【最新がん治療シンポジウム:AYA世代がんと最近の進歩】乳がん.(演者)
第6回栃木消化器がんフォーラム(2019年2月19日,宇都宮)
  1. 山口和也:【特別講演】胃癌治療戦略のUp to Date.(演者)
  2. 山口和也:胃癌周術期治療について.(コメンテーター)
岐阜乳癌講演会(2019年2月21日, 岐阜)
  1. 吉田和弘:(Closing Remarks)
  2. 二村学:【特別講演】HR陽性HER陰性 再発乳癌治療におけるベージニオの意義.(座長)
第11回岐阜DIF研究会(2019年2月22日, 岐阜)
  1. 吉田和弘:【Special Lecture Ⅱ】(座長)
Sigapore-Gifu Univ. Joint Symposium on Precision Medicine.(2019年2月26日, 岐阜)
  1. 吉田和弘:Part1:Recent advances of Precision Medicine in Singapore.(Chairperson)
  2. 二村学:岐阜大学におけるPrecision Medicineの取り組みと岐阜地区での展開.(演者)
第40回東海大腸外科治療研究会(2019年3月1日, 名古屋)
  1. 松橋延壽:一般演題 直腸切除・切断術におけるロボット支援手術の現況と課題.(座長)
  2. 高橋孝夫:【特別講演】直腸癌に対する腹腔鏡手術 ~その手技の詳細とピットフォール~.(座長)
日本化薬医薬MR向け研修会(2019年3月6日, 岐阜)
  1. 吉田和弘:胃癌治療におけるDS療法の実際について.(演者)
岐阜大学青島大学煙台病院連携協定記念講演会(2019年3月7日, 岐阜)
  1. 吉田和弘:青島大学附属煙台毓璜頂病院との関係構築の経緯.(演者)
VTEマネジメントセミナー ~"がん"と"血栓"について考える~(2019年3月7日, 神戸)
  1. 田中善宏:腫瘍外科医がCATに遭遇したら.(演者)
da Vinci Seminar 第1回ロボット大腸切除術勉強会(2019年3月9日, 東京)
  1. 高橋孝夫:(事例紹介)(演者)
がん治療におけるBS活用を考える会(2019年3月11日, 岐阜)
  1. 吉田和弘:【特別講演】 胃癌化学療法のトピックスbiosimilarをふくめて.(座長)
  2. 二村学:乳癌診療における様々な課題.(演者)
北九州大腸がんカンファレンス~Treat to Target for mCRC~(2019年3月12日, 福岡)
  1. 高橋孝夫:【特別講演】進行・再発大腸癌に対する治療戦略~外科医の視点より~.(演者)
Gastric Cancer Expert Seminar(2019年3月13日, 名古屋)
  1. 山口和也:胃癌のTOTAL治療.(ディスカッサント)
株式会社トーカイ従業員様セミナー がんセミナー(2019年3月14日, 岐阜)
  1. 吉田和弘:ここが重要、胃がん治療の最前線.(演者)
第2回EGFT(Esophago Gastric Forum Tokai)(2019年3月16日,名古屋)
  1. 吉田和弘:(座長)
Rectal Cancer Forum NAGOYA 直腸癌と肝転移(2019年3月16日, 名古屋)
  1. 高橋孝夫:Oncology&治療戦略.(演者)
平成30年度岐阜地域がん連携パス合同会議(2019年3月19日, 岐阜)
  1. 二村学:【パネルディスカッション】(座長)
日本化薬 岐阜営業所(名古屋医薬支店)社内研修会(2019年3月25日, 岐阜)
  1. 山口和也:胃癌化学療法の現状.(演者)
第3回胃癌周術期治療講演会(2019年3月28日, 大阪)
  1. 吉田和弘:胃癌治療の新戦略.(演者)
第6回遺伝性腫瘍研究会(2019年3月30日, 岐阜)
  1. 二村学:当番世話人.(開会の挨拶)
  2. 高橋孝夫:一般演題.(座長)
Oncologist Conference in GIFU(2019年4月3日,岐阜)
  1. 吉田和弘:【特別講演】癌治療のこれから~Precision Medicineの幕開け~.(演者)
Gifu Colorectal Cancer Seminar(2019年4月5日, 岐阜)
  1. 吉田和弘:【基調講演】 私の骨盤外科手術.(座長)
  2. 高橋孝夫:【Discussion①】手術手技パート.(司会)
  3. 3 松橋延壽:【Discussion①】化学療法パート.(司会)
岐阜地域医療連携講演会(2019年4月6日, 岐阜)
  1. 吉田和弘:情報交換会の部 開会挨拶. (開会挨拶)
  2. 二村学:情報交換会の部 診療科紹介.(診療科紹介)
Tokai Young Doctors Summit for CRC(2019年4月6日, 名古屋)
  1. 松橋延壽:Keynote Lecture.(座長)
第27回日本外科学会生涯教育セミナー(中部地区)(2019年4月7日, 愛知)
  1. 吉田和弘:胃癌―ここがポイント胃癌治療ガイドライン―.(演者)
がん免疫療法セミナーin Gifu(2019年4月10日,岐阜)
  1. 吉田和弘:SessionⅡ【特別講演】.(座長)
第119回日本外科学会定期学術集会 ランチョンセミナー2(2019年4月18日, 大阪)
  1. 高橋孝夫:切除不能進行再発大腸癌化学療法の最前線.(演者)
Gifu IBD Symposium ~IBDにおける内科医と外科医の診療科連携~(2019年4月23日, 岐阜)
  1. 高橋孝夫:岐阜大学病院におけるIBDに対する外科治療の現況、特にColitic cancerに対する腹腔鏡手術.(演者)
Cancer VTEセミナーin岐阜(2019年4月25日,岐阜)
  1. 吉田和弘:(開会の辞)
  2. 田中善宏:腫瘍外科医がCATに遭遇した際の治療.(演者)
第73回手術手技研究会(2019年5月24-25日, 東京)
  1. 吉田和弘:サージカルフォーラム07 胃2.(司会)
  2. 松橋延壽、高橋孝夫、深田真宏、安福至、今井健晴、棚橋利行、松井聡、今井寿、田中善宏、山口和也、吉田和弘:【サージカルフォーラム6】当科における腹腔鏡下大腸切除術の新たな教育方法.(演者)
  3. 今井寿、松井聡、田中秀治、坂野慎哉、棚橋利行、加藤充純、田中善宏、松橋延壽、高橋孝夫、山口和也、二村学、吉田和弘:Ⅲb型肝損傷に対して待機的に肝切除術を施行した3症例.(演者)
  4. 安福至、山口和也、棚橋利行、岩田至紀、今井健晴、松井聡、今井寿、田中善宏、松橋延壽、高橋孝夫、吉田和弘:当科における胃中上部の胃癌に対するLDG・デルタ法によるBillroth I 法再建の安全性と術後栄養状態の検討.(演者)
第4回岐阜の連携を考える会(2019年5月27日,岐阜)
  1. 吉田和弘:(閉会の辞)
三岐乳がんサミット~ER陽性HER2陰性乳がんの再発治療について~(2019年5月31日, 四日市)
  1. 二村学:乳癌再発治療で心掛けていること.(演者)
  2. 浅野好美:【パネルディスカッション】分子標的薬を使う時・使わないとき、使うならいつ?.(パネリスト)
第2回名古屋南地区がんフォーラム(2019年6月3日, 名古屋)
  1. 山口和也:【特別講演】胃癌治療戦略のUp to Date.(演者)
CRCC奈良(2019年6月8日, 奈良)
  1. 吉田和弘:【特別講演】『腫瘍外科医の目指すもの』(演者)
第19回岐阜肝臓外科研究会(2019年6月20日, 岐阜)
  1. 今井寿:第1部 一般演題.(座長)
第232回岐阜外科集談会(2019年6月29日,岐阜)
  1. 吉田和弘:【特別講演】 消化管・肝胆膵手術の最新VR画像診断とXR手術支援.(座長)
  2. 岩田至紀:一般演題.(座長)
  3. 佐藤悠太:一般演題.(座長)
  4. 松橋延壽:【ショートレクチャー】癌治療に伴う疼痛supportive care.(演者)
  5. 中島拓哉、松橋延壽、中神光、川尻真菜、畑中勇治、上原万知、坂野慎哉、末次智成、田中秀治、深田真宏、安福至、岩田至紀、浅野好美、今井健晴、森龍太郎、棚橋利行、松井聡、今井寿、加藤充純、田中善宏、高橋孝夫、山口和也、二村学、吉田和弘:直腸癌術後の吻合部完全狭窄に対して口側・肛門側からのrendezvous内視鏡下拡張術が有効であった1例.(演者)
2019大腸手術手技勉強会~Video CAMPS~(2019年6月29日,名古屋)
  1. 高橋孝夫:講演1『右側結腸癌手術~出血コントロールとトラブルシューティング』.(司会)
  2. 高橋孝夫:Video Conference1 腹腔鏡下直腸切除術.(演者)
浜松サイラムザ講演会(2019年7月9日,浜松)
  1. 吉田和弘:胃癌治療の最前線.(演者)
Tokai Professional Conference for CRC(2019年7月13日, 名古屋)
  1. 高橋孝夫:「ゲノム医療を活用した大腸癌個別化治療」.(演者)
岐阜鏡下食道手術カンファレンス(2019年7月22日,岐阜)
  1. 吉田和弘:(司会)
保険診療NCCオンコパネル運用説明会(2019年7月22日, 岐阜)
  1. 二村学:ゲノム医療について、岐阜大学の取り組み.(演者)
岐阜がんゲノム医療連携セミナー(2019年7月24日, 岐阜)
  1. 吉田和弘:【特別講演2】 2つのがんゲノム医療の実践に必要な知識.(座長)
  2. 二村学:【特別講演1】岐阜県において進めるがんゲノム医療.(座長)
Round Table Conference about Metastatic Breast Cancer(2019年8月1日, 岐阜)
  1. 二村学:(進行)
Gastric Cancer Cutting Edge in Gifu(2019年8月7日,岐阜)
  1. 吉田和弘:(開会の挨拶)
  2. 吉田和弘:【特別講演①】 胃がん周術期化学療法と低侵襲手術のコラボレーション.(座長)
  3. 山口和也:【基調講演】 胃がん二次治療~当科経験を踏まえて.(演者)
Oncology インターネット講演会(2019年8月21日,東京)
  1. 吉田和弘:講演2:外科医が解説するMSI-High大腸がんの治療戦略.(演者)
第110回岐阜県消化器疾患研究会(2019年8月24日, 岐阜)
  1. 吉田和弘:【特別講演2】 上部消化器癌治療の最前線.(演者)
第16回日本乳癌学会中部地方会(2019年8月31日-9月1日,名古屋)
  1. 二村学:【イブニングセミナー1】BRCA遺伝子変異に基づいたHER2陰性再発・進行乳がんの治療戦略.(司会)
  2. 二村学:【乳癌診療・ディベートセッション】『オリゴメタに対する治療アプローチ(手術vs.薬物療法)』.(演者)
  3. 浅野好美:【教育セミナー】造影乳房MRIのみで検出される病変の診断/初期治療における薬物療法(パネリスト).(演者)
  4. 中神光、二村学、森龍太郎、浅野好美、松本宗和、酒々井夏子、吉田和弘:症例4 授乳性腺腫に対する対応例.(演者)
岐阜外科感染症セミナー(2019年9月4日,岐阜)
  1. 吉田和弘:外科領域にも役立つ尿路感染症の診断・治療.(座長)
ファイザー インターネットシンポジウム JOIN(Join On IBRANCE New strategy)2019(2019年9月5日,岐阜)
  1. 吉田和弘:HE陽性HER2陰性進行再発乳がん治療の新時代.(座長)
第125回日本消化器病学会北海道支部例会 第119回日本消化器内視鏡学会北海道支部例会(消化器病・消化器内視鏡合同分科会)(2019年9月7-8日,札幌)
  1. 吉田和弘:【特別講演(消化器病)】胃癌治療の最前線.(演者)
第8回若鯱会~ビデオクリニック~(2019年9月7日, 名古屋)
  1. 松橋延壽:症例提示②.(司会)
第28回消化器疾患病態治療研究会(2019年9月7日,名古屋)
  1. 坂野慎哉、今井寿、松井聡、田中秀治、今井健晴、棚橋利行、加藤充純、田中善宏、松橋延壽、高橋孝夫、山口和也、吉田和弘:膵頭十二指腸切除術後の良性門脈狭窄に対して経回腸静脈門脈ステント留置が有効であった1例.(演者)
  2. 北澤舞、松橋延壽、高橋孝夫、近石和花菜、畑中勇治、安福至、今井健晴、棚橋利行、松井聡、今井寿、田中善宏、山口和也、吉田和弘:2度の上行結腸癌腹膜播種再発根治術後に発症した原発性小腸癌の一例.(演者)
第2弾健康講座(2019年9月14日, 岐阜)
  1. 二村学:がんと闘う、新時代のがん治療~一番増えている乳がんを中心にゲノム医療まで~.(演者)
がん薬物療法認定薬剤師研修生講義(2019年9月20日, 岐阜)
  1. 高橋孝夫:消化管がん(大腸がん治療).(演者)
第24回岐阜乳腺セミナー(2019年9月20日, 岐阜)
  1. 二村学:【特別講演】経口FU剤のこれまでとこれから.(座長)
  2. 森龍太郎:Object detectionによる乳房USのAI診断.(演者)
中部北陸ロボット直腸切除術ビデオクリニックセミナー(2019年9月21日,名古屋)
  1. 高橋孝夫:【ビデオクリニック③】骨盤深部操作と側方郭清.(演者)
第12回日本生命岐阜支社がんセミナー(2019年9月21日, 岐阜)
  1. 二村学:がんと遺伝子、そしてゲノム治療へ.(演者)
第70回岐阜県内科医会ランチョンセミナー(2019年9月22日, 岐阜)
  1. 二村学:地域のオンコロジーを支えていく上で重要なこと.(演者)
進行乳がん治療最新情報 Internet Symposium Joint Meeting in 岐阜(2019年10月1日,岐阜)
  1. 二村学:【特別講演2】バーチャル症例で考える進行乳がん治療.(演者)
あけぼの会全国大会in名古屋 医師への注文、患者への注文~乳がんを最大限、治すには何が大事か~(2019年10月5日, 名古屋)
  1. 二村学:乳がん治療 専門医から患者への注文.(演者)
第298回東海外科学会(2019年10月13日, 岐阜)
  1. 高橋孝夫:腹腔鏡手術の限界 大腸切除.(演者)
第57回日本癌治療学会学術集会 市民公開講座(2019年10月26日, 福岡)
  1. 吉田和弘:【市民公開講座 福岡】テーマ:社会と医療のニーズに応える-人生100年時代を迎えて- 第1部:医療のニーズ 第2部:社会のニーズ.(開会挨拶)
  2. 吉田和弘:【市民公開講座 福岡】テーマ:社会と医療のニーズに応える-人生100年時代を迎えて- 第1部:医療のニーズ 第3部:社会のニーズ.(閉会挨拶)
第18回岐阜膵臓外科研究会(2019年11月1日,岐阜)
  1. 吉田和弘:【特別講演】 膵臓外科の小さな一歩.(座長)
第57回日本癌治療学会学術集会 市民公開講座(2019年11月2日, 岐阜)
  1. 吉田和弘:【閉会挨拶】.(開会挨拶)
  2. 吉田和弘:【基調講演】.(演者)
  3. 二村学:がんと遺伝子、そしてゲノム医療へ.(演者)
  4. 高橋孝夫:癌治療におけるロボット手術-身体に優しい、これからの最先端手術-.(演者)
朝日大学病院 第15回臨床懇話会(2019年11月6日,岐阜)
  1. 吉田和弘:(座長)
WEB「大腸がん薬物療法を共に考える」カンファレンス2.0(2019年11月6日,岐阜)
  1. 松橋延壽:Expertの考える"Think Both"-国内データから-.(演者)
Breast Cancer Seminar in Gifu(2019年11月7日, 岐阜)
  1. 吉田和弘:Opening Remarks.(司会)
  2. 二村学:【特別講演】BRCA変異陽性乳癌に対するリムパーザの臨床的位置づけ.(座長)
大腸癌治療セミナーin大分(2019年11月12日, 大分)
  1. 高橋孝夫:【特別講演】進行・再発大腸癌に対する治療戦略~外科医の視点より~.(演者)
第6回京滋経口抗がん剤を考える会(2019年11月13日,京都)
  1. 吉田和弘:Commentator:総合討論:胃癌の周術期補助化学療法について.(Commentato)
  2. 吉田和弘:【特別講演】胃癌治療の新戦略.(演者)
岐阜薬科大学様主催 リカレント講座(2019年11月14日, 岐阜)
  1. 二村学:乳癌の薬物療法~最近の傾向について~.(演者)
第24回公益財団法人 がんの子どもを守る会 公開シンポジウム(2019年11月16日, 広島)
  1. 二村学:【シンポジスト】AYA世代がんの臨床上の課題:妊孕性温存の実践と問題.(演者)
北九州消化器癌フォーラム2019(2019年11月19日,北九州 小倉)
  1. 吉田和弘:【特別講演2】胃癌治療の新戦略.(演者)
第27回岐阜乳腺疾患カンファレンス(2019年11月22日, 岐阜)
  1. 二村学:【開会の挨拶】(司会)
  2. 二村学:【特別講演】乳癌治療におけるチーム医療(仮).(演者)
Gastric Cancer Forum in NAGOYA(2019年11月26日,名古屋)
  1. 吉田和弘:(Closing Remarks)
ベクティビックス全国web講演会.(2019年11月26日, Web)
  1. 高橋孝夫:【基調講演】大腸癌治療ガイドラインに基づく進行再発大腸癌の治療戦略.(演者)
Diabetes Next Decade Forum(2019年11月27日,岐阜)
  1. 吉田和弘:講演2:肥満2型糖尿病の統合的な治療戦略-内科療法と糖尿病手術療法-.(座長)
HALAVENクリニカルカンファレンスセミナー(2019年11月29日,岐阜)
  1. 二村学:【特別講演】仮説から考える乳がん治療-エリブリンの可能性.(座長)
第26回肺塞栓症研究会・学術集会(2019年11月30日, 東京)
  1. 田中善宏、今井健晴、畑中勇治、佐藤悠太、棚橋利行、松井聡、今井寿、松橋延壽、高橋孝夫、山口和也、吉田和弘:【スポンサードシンポジウム】KEEPing Anti-Cancer Therapy and Anti-Coagulation Therapy (KEEP-ACT²)の概念.(演者)
2019年度 看護研修会(2019年12月4日, 岐阜)
  1. 二村学:乳がん患者に寄り添う看護支援(基礎編)~チームで乳がん患者を受け止め、共感して支える~.(演者)
第13回肝臓内視鏡外科研究会、第11回膵臓内視鏡外科研究会(2019年12月4日, 横浜)
  1. 今井寿、東敏弥、田中秀治、棚橋利行、松井聡、田中善宏、松橋延壽、村瀬勝俊、高橋孝夫、山口和也、吉田和弘:IWATE criteriaによる腹腔鏡下肝切除術症例の再評価.(演者)
第9回東海乳癌化学療法研究会(2019年12月19日, 名古屋)
  1. 二村学:Session2 市立四日市病院で行っている術前化学療法の現状.(座長)
第233回岐阜外科集談会(2019年12月21日, 岐阜)
  1. 吉田和弘:【特別講演 】膵癌治療のパラダイムシフトと近未来~血栓塞栓症の薬物療法を含めて~.(座長)
  2. 田中秀治:一般演題.(座長)
  3. 中島拓哉、東敏弥、田中秀治、中神光、桐山俊弥、川尻真菜、畑中勇治、上原万知、坂野慎哉、荒川信一郎、佐藤悠太、岩田至紀、浅野好美、今井健晴、森龍太郎、松井聡、木山茂、今井寿、加藤充純、田中善宏、奥村直樹、松橋延壽、村瀬勝俊、高橋孝夫、山口和也、二村学、岩田尚、土井潔、吉田和弘:FOLFIRINOX療法により病理学的完全奏功が得られた局所進行切除不能膵癌の1例.(演者)