業績(平成27年度)

トップページ > 業績 > 平成27年度

論文(英文)

Novel Strategy for Colorectal Liver Metastases -Estimated by the Concept for Hepatocyte Growth Factor.
Shinji Osada, et al.: Archives in Cancer Research 3(4)37, 2015
Prediction of macrometastasis in axillary lymph nodes of patients with invasive breast cancer and the utility of the SUV lymph node/tumor ratio using FDG-PET/CT.
Manabu Futamura, et al.: World Journal of Surgical Oncology 13:49, 2015
A Single Case of Single-Port Access Laparoscopic Appendectomy During the Puerperium.
Nobuhisa Matsuhashi, et al.: International Surgery 100:101-104, 2015
Transvaginal resection of a rectal leiomyoma: A case report.
Nobuhisa Matsuhashi, et al.: Oncology Letters 10: 3785-3788, 2015
Evaluation of the Clinical Factors Included with Anal Function After Laparoscopic Intershincteric Resection for Lower Rectal Cancer.
Nobuhisa Matsuhashi, et al.: Surgical Endoscopy 29:S168, 2015
The efficacy of "Abound TM," a natritional supplement containing L-glutamine, L-arginine, citric acid, and calcium HMB, for skin disorders that developed as adverse drug reactions to anti-EGFR antibody preparation administration:pilot study.
Nobuhisa Matsuhashi, et al.: Int J Colorectal Dis. 31(5):1055-7,2016 Epub 2015 Sep 16.
Elemental diet plus glutamine for the prevention of mucositis in esophageal cancer patients receiving chemotherapy: a feasibility study.
Yoshihiro Tanaka, et al.: Support Care Cancer DOI 10.1007/s00520-015-2864-9, 2015
Preoperative Chemotherapy Can Change the Surgical Procedure for Hepatectomy in Patients with Liver Metastasis of Colorectal Cancer.
Yoshiyuki Sasaki, et al: Anticancer Research 35:5485-5490, 2015
Expression of Beclin-1 in the Microenvironment of Invasive Ductal Carcinoma of the Breast: Correlation with Prognosis and the Cancer-Stromal Interaction.
Akemi Morikawa, et al.: Plos One DOI: 10.1371/journal.pone.0125762, 2015
P-glycoprotein plays an important role in the cross-resistance to taxanes in 5FU-resistant gastric cancer cells.
Ryutaro Mori, et al.: Transl Gastrointest Cancer 2015 4(2):123-130, 2015
Novel therapy for locally advanced triple-negative breast cancer.
Atsuko Yamada, et al.: International Journal of Oncology 47:1266-1272, 2015
Clinical significance of glycoprotein nonmetastatic B and its association with HER2 in breast cancer.
Masako Kanematsu, et al.: Cancer Medicine 4(9):1344-1355, 2015
Acute Liver Failure Associated with Diffuse Hepatic Infiltration of Malignant Melanoma of Unknown Primary Origin.
Kaori Tanaka, et al.: Intern Med. 2015;54(11):1361-1364, 2015
ALDH1A1-overexpressing cells are differentiated cells but not cancer stem or progenitor cells in human hepatocellular carcinoma.
Kaori Tanaka, et al.: Oncotarget 6(28): 24722-24732, 2015
Significance of histopathological evaluation of pancreatic fibrosis to predict postoperative course after pancreatic surgery.
Kaori Tanaka, et al.; Anticancer Res. 35(3):1749-1756, 2015

論文・著書(邦文)

1.大腸がん薬物治療における予測因子研究の最前線 3) ETS (early tumor shrinkage)を用いた薬物治療の効果予測について
高橋孝夫、他: 臨床腫瘍プラクティス 11(2):109-118, 2015
1.各がん腫における Conversion therapy と Neoadjuvant therapy 3)胃がん治療においてConversion Therapy はあり得るのか?
奥村直樹、他: 臨床腫瘍プラクティス 11(1):15-19, 2015
Upper G.I. Cancer 食道・胃癌 IV. 胃癌における Conversion Therapy は可能か.
奥村直樹、他: 癌と化学療法(Jpn J Cancer Chemother)42(9):1064-1067, 2015
【わかりやすい消化器癌治療のコンセンサス】 胃癌の診断と治療 胃癌の化学療法 胃癌のconversion therapy
奥村直樹、他: 消化器外科 38(5):599-602, 2015
差分解析 外科:消化管 胃癌における conversion therapy の課題
奥村直樹、他: 週刊日本医事新報 No.4769 日本医事新報社、56, 2015年
がん薬物療法のマネジメントと副作用対策
松橋延壽、他: 臨床外科 70(5):526-531, 2015
特集 大腸癌イレウスの治療と問題点 7.左側大腸癌イレウスに対する化学療法
松橋延壽、他: 外科 77(13): 1540-1545, 2015
6.消化管間質腫瘍(GIST)
松橋延壽、他: 消化器疾患最新の治療2015-2016 南江堂 287-290, 2015年
差分解説 外科:消化管 直腸癌における究極的肛門温存術
松橋延壽、他:週刊日本医事新報 No.4760 7月3週号 日本医事新報社、55, 2015年
差分解説 外科:消化管 ここまできた大腸癌化学療法
松橋延壽、他: 週刊日本医事新報 No.4775 日本医事新報社、56, 2015年
13.集中治療 a) 集中治療管理の原則
田中善宏、他: 外科 77(12):1460-1464, 2015
差分解説 外科:消化管 進行食道癌へのchallenge:3剤併用化学療法+手術で究極のがん征圧をめざして
田中善宏、他: 週刊日本医事新報 No.4763 8月2週号 日本医事新報社、51, 2015年
脾摘を先行し術前化学療法を行った肝硬変を有する炎症性乳癌の1例
森川あけみ、他: 日本臨床外科学会雑誌 76(5):970-974, 2015
Anastrozoleにより進展制御が可能であった乳癌後腹膜転移の1例
兼松昌子、他: 日外科系連会誌40(1):128-132, 2015

発表(国際学会)

10th Japan-China-Korea Laparoscopic Gastrectomy Joint Seminar(2015.2.14, Beppu, Japan)
Kazuhiro Yoshida:Session II: Advanced techniques of lymph node dissection 1. (Chairperson)
AACR Annual Meeting 2015 (2015.4..21, Philadelphia, USA)
Manabu Futamura, et al.: Clinical significance and possible role of GPNMB in patients with breast cancer
132. DGCH Kongress Deutsche Gesellschaft fur Chirurgie (2015. 4. 30, Munchen, Germany)
Kazuhiro Yoshida: Extent of lymphadenectomy
11th International Gastric Cancer Congress (2015.6.4-5, Sao Paulo, Brazil)
Kazuhiro Yoshida:【Symposium】 Liver metastasectomy for gastric cancer. Is it time already?
Kazuhiro Yoshida:【Satelite Symposium】 Adjuvant chemotherapy for locally advanced gastric cancer in Clinical Practice
Naoki Okumura, et al.: Chemotherapy after conversion therapy for Stage IV gastric cancer patients
Toshiyuki Tanahashi, et al.: Study of adjuvant chemotherapy after gastrectomy in the patients aged over 80
International Association of surgeons, Gastroenterologists and Oncologists Continuing Medical Education: Advanced Post-Graduate Course in Tokyo 2015 (2015.6.13, Tokyo, Japan)
Kazuhiro Yoshida: Oral Presentation 2: GI (Chairperson)
Satoshi Matsui, et al.: The evaluation of chemo-radiation therapy for the boarderline resectable pancreatic cancer
Hideharu Tanaka, et al.: Evaluation of treatment for rectal neuroendocrine tumors of less than 20mm in comparison with the WHO 2010 guidelines
The 41st Annual Meeting of Korean Cancer Association with International Cancer Conference (2015.6.18, Seoul, Korea)
Kazuhiro Yoshida: 【Symposium 1】 Gastric cancer (Chairperson)
25th IASGO World Congress of the International Association of Surgeons, Gastroenterologists, and Oncologists (2015.9.4, Fuzhou, China)
Kazuhiro Yoshida et al.: 【Lecture】The role of conversion therapy for stage IV gastric cancer

発表(全国)

第12回 Needlescopic Surgery Meeting (平成27年1月31日, 福岡)
松橋延壽: 当科における大腸疾患のTANKOおよびReduced port surgery の取り組み
第30回日本静脈経腸栄養学会学術集会 (平成27年2月13日, 神戸)
田中善宏: 【ランチョンセミナー10】がん集学的治療の最前線~栄養管理の観点から~
第11回日本消化管学会総会学術集会 (平成27年2月13-14日, 東京)
深田真宏: 外腸骨リンパ節に孤立性に跳躍転移をきたした上行結腸癌の一例
田中善宏: 食道癌術後亜全胃再建のコツとQLQ-OES18スコア
第32回日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会総会 (平成27年2月27日, 東京)
高橋孝夫: 【教育セミナー】 ストーマを造設した患者のスムーズな社会復帰を支援する-あなたもなれるストーマ認定し- 3.ストーマ早期合併症の予防を考慮したストーマ造設法と総管理
第87回日本胃癌学会総会 (平成27年3月4-6日, 広島)
Kazuhiro Yoshida: 【International Session 5】 Operative Management. (Chairperson)
吉田和弘: 【ランチョンセミナー13】 日本発創薬イリノテカンの胃癌治療における clinical position. (司会)
吉田和弘: 【パネルディスカッション5】 conversion therapy の現状と将来展望 ~定義、適応と手術の時期~ (司会)
吉田和弘: 【Plenary Session 2】 Up date of phase III randomized clinical trial of adjuvant paclitaxel followed by oral fluorinated pyrimidines for locally advanced gastric cancer -SAMIT Study-
吉田和弘: 【ランチョンセミナー7】 胃癌周術期化学療法の現状
山口和也: 【ビデオ2】 腹腔鏡下噴門側胃切除術の再建手技2. (座長)
山口和也: Stage IV 胃癌に対するConversion surgery 後の術後化学療法の検討. (発表)
奥村直樹: 【パネルディスカッション5】 StageIV 胃癌における新たなカテゴリー分類~Conversion therapy 対象症例の定義~
棚橋利行: 【パネルディスカッション7】 80歳以上高齢者における胃癌術後補助化学療法への評価方法
森龍太郎: 5FU耐性胃癌細胞株におけるP-glycoprotein の発現とタキサン交叉耐性について
山田敦子: 【ビデオ1】 完全鏡視下噴門側胃切除術における食道残胃吻合の工夫
櫻谷卓司: 抗TMEM207抗体による胃印環細胞癌進行抑制の試み
第48回制癌剤適応研究会 (平成27年3月20日, 浜松)
吉田和弘: 【ランチョンセミナー1】 外科教室における臨床・研究の推進~個別化医療を拓く消化器癌研究の最前線~. (司会)
森川あけみ:浸潤性乳管癌におけるbeclin-1 発現異常の検討.
福田賢也:胃癌・食道癌におけるVandetanibと5-FUの相乗効果とそのメカニズムの検討.
第115回日本外科学会定期学術集会 (平成27年4月16-18日, 名古屋)
吉田和弘:【パネルディスカッション(17)】 胃癌の周術期化学療法. (司会)
長田真二:一般演題(80) 肝 転移性肝癌-2 (司会)
松橋延壽:一般演題(232) 虫垂 鏡視下手術 (司会)
二村学:乳癌におけるミトコンドリア品質管理にかかわるMieap 発現とその意義について
山口和也:【パネルディスカッション17】 Conversion surgery が行われた Stage IV胃癌に対する術後化学療法の検討
長田真二:膵切除術後経過及び長期予後を評価する組織線維化の指標
田中善宏:Near T4 食道癌症例に Biweekly-DCF/DGS を投与すれば手術で切れるか
佐々木義之:局所進行膵癌に対する安全性と予後向上を目指した術前化学放射線療法
森川あけみ:浸潤性乳管癌における beclin-1 発現異常と予後、IL-1 との関連
棚橋利行:75歳以上高齢者胃癌患者に対する腹腔鏡下胃切除術の短期成績
兼松昌子:乳癌における Glycoprotein Nonmetastatic B 発現の ERK pathway を介した HER2 signaling への関与の検討
山田敦子:75歳以上高齢者食道癌患者にも Biweekly DCF/DGS によるNACは施行可能である
田島ジェシー雄:当科における肝切除術前の肝動脈塞栓術の有用性に関する検討
第27回日本肝胆膵外科学会・学術集会 (平成27年6月11-13日, 東京)
長田真二:ポスター51 胆道・胆嚢癌2. (司会)
長田真二:膵臓癌術後長期生存の条件
佐々木義之:膵頭十二指腸術後膵ろう発生時の栄養管理に関する検討
森川あけみ:非B非C肝細胞癌の特徴
松井聡:【ビデオシンポジウム】迷わない確実な膵吻合術を目指して(PD後のbinding method と separated loop methodによる再建)
山田敦子:尾側膵切除の術式と成績
福田賢也:HGFによるEMT誘導時の抗がん剤感受性
田中香織:肝細胞癌におけるALDH1A1発現
杉山太郎:術前胆道ドレナージ:その方法と是非
櫻谷卓司:肝切除後の高ビリルビン血症の発現予測
田島ジェシー雄:膵頭十二指腸術後に脾膿瘍にて発症したIPMC再発例
館 正仁:膵癌進展に関する線維化の評価
深田真宏:関嚢胞性悪性腫瘍が疑われた1例
田中秀治:長期化学療法後の多発転移性肝癌切除の1例
後藤亜也奈:中下部胆管がんと十二指腸乳頭部癌の同時性重複癌の1例
第69回日本食道学会学術集会 (平成27年7月3日, 横浜)
吉田和弘:一般演題 ポスター75 基礎3 (司会)
田中善宏:Bi-weekly DCF 療法とDGS 療法
田中善宏:縫合不全率1%を切るための工夫
棚橋利行:小脳転移を契機に発見された食道胃接合部癌の1例
田中秀治:食道癌再発後、DGS療法にて三年間CRを維持している一例
後藤亜也奈:DGSが著効した術後6年半で判明したT1aMM食道癌転移再発の1例
第23回日本乳癌学会学術総会 (平成27年7月2-4日, 東京)
二村学:PET/CTによる乳癌腋窩リンパ節転移のNT-ratio を用いた質的診断について
石原和浩:乳癌術前化学療法としての nab-Paclitaxel followed by EC 療法
森光華澄:MRI/CT/US 各モダリティによる腫瘍長径および体積での術前化学療法効果判定の比較検討
森川あけみ:乳がんにおけるARID1A発現異常についての検討
森龍太郎:ホルモン陽性進行再発乳癌治療におけるホルモン療法が後続する化学療法の効果に与える影響
兼松昌子:乳癌における Glycoprotein non-metastatic B の臨床的意義とHER2との関連
日本外科代謝栄養学会第52回学術集会 (平成27年7月4日, 東京)
吉田和弘:【ランチョンセミナー3】. (司会)
第70回日本消化器外科学会総会 (平成27年7月15-17日, 浜松)
吉田和弘:【シンポジウム8】Bench to Bedside, Bedside to Bench -Application of Basic Research to Clinical Settings- (基礎研究から臨床への応用)
吉田和弘:【ランチョンセミナー31】胃上部がんに対する腹腔鏡下手術のUP-TO-DATE. (司会)
吉田和弘、田中善宏、山口和也、奥村直樹、棚橋利行:食道癌における再建の工夫-縫合不全ゼロをめざして-
長田真二:一般演題(ミニオーラル)115:肝胆膵:基礎3 (座長)
長田真二:基礎研究から臨床への応用:両葉多発大腸癌肝転移に対する治療戦略
山口和也:進行胃癌に対する腹腔鏡下胃切除術の手術成績と予後
奥村直樹:Stage IV胃癌における新たなカテゴリー分類
松橋延壽:腹腔鏡下直腸癌手術における局所再発・合併症ゼロを目指した工夫
田中善宏:【ランチョンセミナー19】 癌治療におけるサポーティブケアの最前線 ―治療侵襲と栄養管理―
田中善宏:食道癌への次世代の化学療法 ―Bi-weekly DCF療法とDGS療法という選択―
森川あけみ:いわゆる非B 非C肝細胞癌の肝切除症例における検討
棚橋利行:腹腔鏡下幽門側胃切除術における小彎・膵上緑リンパ節郭清手技
山田敦子:InBodyRによる対組成評価と食道がん術後QOL向上への取り組み
福田賢也:HGFによるEMT誘導時の抗がん剤感受性に関する検討
田中香織:肝細胞癌におけるALDH1A1発現と臨床病理学的所見の関係
杉山太郎:膵頭十二指腸切除における術前胆道ドレナージを要する病態
田島ジェシー雄:当科における肝切除術後合併症発現の早期予測因子の検討
第13回日本臨床腫瘍学会学術集会 (平成27年7月16日, 札幌)
森川あけみ:当科におけるRegorafenib の使用経験
第51回日本胆道学会学術集会 (平成27年9月18日, 栃木)
佐々木義之:胆管癌における胆管断端陰性の意義
第74回日本癌学会学術総会 (平成27年10月8-10日, 名古屋)
森川あけみ:乳癌におけるARID1A発現異常についての検討
森龍太郎:5FU 耐性胃癌細胞株に対する dUMP の耐性減弱作用
杉山太郎:胃癌におけるWarbug効果を調節するPTB1関連miR-133b.
今井健晴:食道扁平上皮癌におけるPCDHB9の機能解析
第60回日本口腔外科学会総会・学術大会 (平成27年10月17日, 名古屋)
田中善宏:【ランチョンセミナー4】 われわれの目指すべき癌治療‐免疫と口腔と腸管の話‐
第53回日本癌治療学会学術集会 (平成27年10月29-31日, 京都)
吉田和弘:【Keynote Lecture8】The Role of FACO in the Collaboration of Asian International Clinical Trial -Protocol for Asian Collaborative Study for Gastric Cancer-.
吉田和弘:【FACO Symposium1】New category classification and conversion therapy for stag IV gastric cancer
吉田和弘:【スポンサードシンポジウム03】 特別発言:癌サポーティブケアの最前線 -積極的栄養管理は癌治療に何をもたらすか-
二村学:【ワークショップ22】乳がんトランスレーショナル・リサーチ(1) (座長)
Manabu Futamura:【FACO International Workshop】 Clinical significance of GPNMB and its association with HER2 in breast cancer
山口和也:StageIV 胃癌におけるConversion therapy と周術期化学療法の安全性と効果
松橋延壽:抗EGFR抗体薬投与による皮膚障害に対し栄養補助食品アバンドTMの有効性について
奥村直樹:StageIV胃癌における長期生存例の検討
田中善宏:水分が糸状にしか通過しない食道癌に遭遇したら
田中善宏:【スポンサードシンポジウム03】 これまでの口内炎への挑戦
田中善宏【支援研究成果発表会】食道癌患者へのDCF療法時における成分栄養剤の口腔粘膜炎抑制効果の検討
佐々木義之:【ワークショップ102】当科におけるP-NETの検討―術前診断による適切な手術選択について
今井寿:肝門部領域胆管癌症例の術前肝機能評価における非侵略的線維化マーカの意義
森川あけみ:浸潤性乳管癌におけるbecline-1の発現
Satoshi Matsui:The impact of HGF elevation towards c-Met expressed HCC after hepatectomy
松井聡:‐FACO International Poster‐ Liver:Hepatobiliary and Pancreatic Cancer.
松井聡:c-Met高発現肝細胞癌の臨床像
棚橋利行:‐FACO International Poster‐ Colon: Cololectal Cancer.
Toshiyuki Tanahashi:Extracellular signal-regulated kinase and AKT activation play a critical role in the process of hepatocyte growth factor-induced epithelial-mesenchymal transition.
棚橋利行:【ワークショップ37】80歳以上高齢者における胃癌術後補助化学療法の現状
森龍太郎:【ワークショップ82】5FU耐性胃癌細胞株に対するdUMPの耐性減弱作用
加藤順子:‐FACO International Poster‐ Colon: Cololectal Cancer
Junko Kato:Targeted therapy for Ras in colorectal cancer with Kras mutation
杉山太郎:‐FACO International Poster‐ Stomach: Esophageal and Gastric Cancer
Tarou Sugiyama:PTB1-associated miR-133b regulates the Warburg effect in gastric cancer.
櫻谷卓司:肝切除後の高ビリルビン血症の発現予測に関する検討
田島ジェシー雄:膵頭十二指腸術後に脾腫瘍にて発症したIPMC再発の1例
平田伸也:【ワークショップ102】10才の虫垂NETに対して単孔式腹腔鏡下回盲部切除を施行した1例
高野仁:【ワークショップ3-5】食道癌手術における亜全胃再建法
篠田智仁:孤立性脳転移で発症した盲腸癌の1例
後藤亜也奈:食道癌化学療法中に発症した門脈血ガス血症を伴う小腸血流障害の一例
第70回日本大腸肛門病学会学術集会 (平成27年11月13-14日, 名古屋)
高橋孝夫:一般演題 高齢者・肛門疾患. (司会)
松橋延壽:大腸癌化学療法におけるチーム医療の実践
前田健一:経腟的に摘出しえた直腸平滑筋腫の1例
平田伸也:大腸癌切除不能肝転移に対し Capecitabine + Bevacizumab 併用療法を行い根治切除しえた1例
土屋博:術前診断し得た悪性黒色腫多発小腸転移の1例
第26回日本消化器癌発生学会総会 (平成27年11月20日, 米子)
森龍太郎:5FU 耐性胃癌細胞株に対する dUMP の耐性減弱作用
加藤順子:大腸癌細胞株Kras変異型やBRAF変異型に対するゾレドロン酸とセツキシマブ併用効果
杉山太郎:胃癌におけるmiRNA のWarburg効果への関与
第77回日本臨床外科学会総会 (平成27年11月26-28日, 福岡)
吉田和弘:【総会特別企画03】若手外科医増加を目指して 1.若手消化器外科医が求めるもの
吉田和弘:【総会特別企画10】外科医のための教育セッション 15.外科医に必要な胃の解剖.
二村学:研修医セッション 乳腺1 (座長)
二村学:PET-CT/CT融合超音波画像を用いた腋窩 navigation surgery の試み
長田真二:合併症ゼロを目指した再建、吻合手術手技
山口和也:一般口演 胃:悪性疾患(化学療法あり)2. (座長)
山口和也:自動縫合器のみ使用した完全鏡視下胃切除術の再建
奥村直樹:腹部大動脈周囲リンパ節転移陽性胃癌に対する治療成績
松橋延壽:研修医セッション 結腸4 (座長)
松橋延壽:【パネルディスカッション29】当科における更なる治療成績の向上を目指した閉塞性大腸癌の治療戦略
田中善宏:研修医セッション 食道3 (座長)
田中善宏:食道癌術後縫合不全・肺炎で悩まないために
佐々木義之:【パネルディスカッション6】膵頭十二指腸切除術後の適切な経腸栄養とは?
今井寿:大腸癌肝転移の残肝再発に対する再肝切除術の治療成績
松井聡:c-Met高発現肝細胞癌に対する肝切除と予後
棚橋利行:当科での80歳以上高齢者における胃癌術後補助化学療法の検討
加藤順子:早期ストーマ閉鎖術を余儀なく施行したカバーリングイレオストミーの2例
田尻下敏弘:当科における regorafenib 使用例の検討
深田真宏:膵頭部と十二指腸の同時性重複癌の1例
平田伸也:大腸癌皮膚転移の1例
高野仁:バレット食道癌術後肝転移に対して、化学療法後に治癒切除した1例
土屋博:十二指腸癌と膵体部癌同時性重複癌の1例
後藤亜也奈:咽頭癌遊離空腸再建術後の胸部食道癌への手術症例-吻合部残存食道への工夫-
第28回日本バイオセラピィ学会学術集会総会 (平成27年12月3-4日, 川越)
杉山太郎:胃癌における miRNA による Warburg 効果の破綻
田島ジェシー雄:乳癌・胃癌におけるGPNMBの発現とその臨床的意義
第28回日本内視鏡外科学会総会 (平成27年12月10-12日, 大阪)
山口和也:腹腔鏡下噴門側胃切除術における食道残胃吻合と噴門形成
奥村直樹:進行胃癌に対する腹腔鏡下胃切除術の検討
松橋延壽:腹腔鏡下下部直腸癌手術における腸管切離の工夫
今井寿:当科における腹腔鏡下肝切除術の手術成績
佐々木義之:他科とのコラボレートによる腹腔鏡手術
棚橋利行:【パネルディスカッション】腹腔鏡下幽門側胃切除術(D2リンパ節郭清)における小彎・膵上緑リンパ節郭清手技

発表(地方会・研究会)

第82回大腸癌研究会 (平成27年1月23日, 東京)
松橋延壽:当科におけるStageIV症例に対する腹腔鏡手術の検討
第36回癌免疫外科研究会 (平成27年5月14日, 奄美)
吉田和弘:主題2「免疫制御機構I」 (座長)
杉山太郎:胃癌における Warburg 効果と microRNA
第69回手術手技研究会 (平成27年5月15日, 高崎)
松橋延壽:腹腔鏡下下部直腸癌手術における腸管切離法、器材の使用法のこだわり
第224回岐阜外科集談会 (平成27年5月23日, 岐阜)
篠田智仁:子宮癌・大腸癌合同腹腔鏡手術の試み(婦人科とのコラボレーション)
第64回東海ストーマ・排泄リハビリテーション研究会 (平成27年6月13日, 岐阜)
加藤順子:早期閉鎖を余儀無くしたカバーリングイレオストミーの2例
第15回岐阜肝臓外科研究会 (平成27年6月18日, 岐阜)
土屋博:いわゆる非B非C肝細胞癌の肝切除症例における検討
第24回日本癌病態治療研究会 (平成27年6月26日, 日光)
吉田和弘:ポスター10 上部消化管の集学的治療. (司会)
森龍太郎、棚橋利行、奥村直樹、山口和也、二村学、吉田和弘:5FU 耐性胃癌細胞株に対する dUMP の耐性減弱作用
日本消化器病学会東海支部第122回例会第33回教育講演会 (平成27年6月27日, 津)
吉田和弘:【教育講演(4)】胃癌治療ガイドライン第4版について. (司会)
第83回大腸癌研究会 (平成27年7月3日, 久留米)
松橋延壽:示説II-4 主題II 切除可能な遠隔転移を有する大腸癌における外科治療の位置づけ. (司会)
松橋延壽:切除可能大腸癌肝転移に対する切除のタイミングはいつか?
第10回岐阜手術手技研究会 (平成27年7月8日, 岐阜)
田中善宏:当科での鏡視下食道切除術の実際
第37回日本癌局所療法研究会 (平成27年7月10日, 千葉)
吉田和弘:主題I-3 再発癌の治療 (座長)
第42回日本膵切研究会 (平成27年8月29日, 大阪)
佐々木義之:膵頭十二指腸切除後の経腸栄養の意義
第12回日本乳癌学会中部地方会 (平成27年9月5日, 福井)
二村学:病理1 (司会)
森龍太郎:【企画セッション3】HER2陽性転移性乳癌の治療戦略 ~HER2-enriched とluminal-HER2を区別して考える~. (ディスカッサント)
森龍太郎、森光華澄、二村学、吉田和弘:HER2陽性乳癌虫垂転移により虫垂炎を来した1例
第10回膵癌術前治療研究会 (平成27年9月19日, 大宮)
松井聡:遠隔転移合併進行膵体尾部癌に対し化学療法後 conversion therapy として尾側膵切除を施行した2例
第2回岐阜内視鏡外科塾 (平成27年10月10日, 岐阜)
平田伸也:症例提示
第45回胃外科・術後障害研究会 (平成27年11月6-7日, 名古屋)
奥村直樹:当科における腹腔鏡下胃全摘術後の再建法
棚橋利行:胃切除におけるドレーン留置について
第225回岐阜外科集談会 (平成27年11月14日, 岐阜)
高野仁:食道癌治療中に門脈ガス血症をきたした2例)
第118回東海食道疾患症例検討会 (平成27年11月13日, 名古屋)
田中善宏:治療方針に迷った進行食道癌の1例
日本消化器病学会東海支部第123回例会 (平成27年11月21日, 名古屋)
田中善宏:食道② (座長)
高野仁:食道癌手術における亜全胃再建法についての検討
土屋博:早期胃癌におけるリンパ節転移の検討
第21回岐阜内視鏡外科研究会 (平成27年12月19日, 岐阜)
松橋延壽:標準化を目指した腹腔鏡下直腸間膜全切除術(TME)の手術手技
高野仁:当科での反腹臥位胸腔鏡下食道亜全摘術の実際

講演会

第1回岐阜診療連携セミナー (平成27年1月15日, 岐阜)
二村学:乳癌の最近の話題 ~岐阜大学病院の行っている新たな取り組みについて~.
市民公開講座 5大がんを極めるパート1 (平成27年1月17日, 岐阜)
二村学:もしもあなたが"乳がん"になってしまったら!.
高橋孝夫:大腸がんを極める―ここまで進歩した大腸がん治療 手術から化学療法まで―.
田中善宏:胃癌・食道癌がみつかっても―あきらめないで ここまで進みました―.
平成26年度 厚生労働省委託事業 全国共通がん医科歯科連携講習会 (平成27年1月18日, 岐阜)
吉田和弘:ここまできた胃がん治療の最前線.
臨床実習・卒後研修における臨床教育の指導方法を考えるFD (平成27年1月19日, 岐阜)
松橋延壽:カナダ マギル大学の臨床教育をまなぶ研修の参加報告と概要.
第36回岐阜県医師会メディカルセミナー (平成27年1月25日, 岐阜)
吉田和弘:癌治療と妊孕性温存~がん・生殖医療について~.
第8回三重消化器癌治療セミナー (平成27年2月19日, 津)
高橋孝夫:外科医の視点から考える大腸癌治療戦略 -Adjuvant surgery の実践-.
第4回社会医療法人大雄会 地域医療連携推進懇話会 (平成27年2月21日, 岐阜)
吉田和弘:上部消化器がん治療の最前線.
京都がん化学療法の栄養支持療法を勉強する会 (平成27年2月21日, 京都)
田中善宏:化学療法で消化管粘膜に何が起こっているか?
第4回岐阜診療連携セミナー (平成27年2月26日, 岐阜)
田中善宏:食道癌治療-圧倒的な成績がもたらす患者さまへの恩恵-.
山口和也:早期胃癌に対する低侵襲手術と進行胃癌に対するConversion Surgery.
第3回神奈川胃癌セミナー (平成27年2月27日, 神奈川)
吉田和弘:胃がん周術期治療の新展開.
第29回日本がん看護学会学術集会平成27年度教育セミナー4 (平成27年2月28日, 横浜)
松橋延壽:大腸がん 更なる生存期間延長を目指して~抗EGFR抗体を用いたAdjuvant Surgeryの実践~.
mCRC Expert Meeting in Yokkaichi 2015 Challenges for the future of Colorectal Cancer (平成27年3月6日, 四日市)
高橋孝夫:エビデンスに基づいて大腸癌治療戦略を考える~外科医の視点より~.
第2回「胃がん」メディアラウンドテーブル (平成27年3月11日, 東京)
吉田和弘:進歩著しい胃がんの「切除術」~胃がん治療全体における「外科的切除」と「内視鏡的切除」の役割と今後の展望~.
mCRC Expert Meeting in Gifu -外科・内科の立場から考える- (平成27年3月12日, 岐阜)
高橋孝夫:「切除不能大腸癌化学療法に対する考え方」KRASからRASへ~実臨床はどう変わるのか?~ 腫瘍外科医の立場から.
大腸癌治療フロンティア2015 (平成27年3月18日, 山口)
松橋延壽:抗EGFR抗体を用いたAdjuvant Surgeryの実践.
第23回癌セミナー (平成27年3月27日, 大阪)
吉田和弘:上部消化器癌治療の最前線.
中日胃癌フォーラム (平成27年3月28日, 上海)
吉田和弘:胃癌コンバージョン治療の可能性と効果.
アボットジャパンWebセミナー (平成27年4月22日,web)
田中善宏:がん集学的治療の最前線~栄養管理の観点から~.
がん化学療法・栄養支持療法勉強会 日本海総合病院 (平成27年4月24日, 山形)
田中善宏:がん治療におけるサポーティブケアの最前線 ー治療侵襲と栄養管理-
第30回岐阜プライマリ・ケアカンファレンス (平成27年5月15日, 岐阜)
松橋延壽:ここまできた大腸癌治療.
岐阜大学シティカレッジプログラム (平成27年5月27日, 岐阜)
松橋延壽:大腸がん治療の最前線 腹腔鏡手術から究極的肛門温存術まで.
鳥取地区ベクティビックスweb講習会 (平成27年5月29日, 鳥取)
松橋延壽:抗EGFR抗体を用いたAdjuvant Surgeryの実践.
Scientific Exchange Meeting (平成27年6月12日, 名古屋)
二村学:最新情報から最適な内分泌治療を考える.
西日本がん免疫栄養療法 Network Meeting (平成27年6月13日, 横浜)
田中善宏:がん免疫栄養療法ONSの検討.
Gastric Cancer Symposium in South Kyushu (平成27年6月20日, 鹿児島)
吉田和弘:胃癌治療のパラダイムシフト.
2015 大腸手術手技勉強会 ~Video CAMPS~ (平成27年6月20日, 名古屋)
松橋延壽:腹腔鏡下大腸切除術における基本手術手技及び工夫 第1部 Video Conference.
アボットジャパンWebセミナー (平成27年6月22日, Web)
松橋延壽:大腸がん、更なる生存期間延長を目指して~抗EGFR抗体を用いたAdjuvant Surgeryの実践~.
南予大腸がんセミナー (平成27年6月26日, 宇和島)
松橋延壽:抗EGFR抗体を用いたAdjuvant Surgeryの実践.
第8回ストーマケア研修会 (平成27年7月5日, 岐阜)
松橋延壽:外科手術を受けた人が気をつけるべき日常生活上の注意.
Gastric Cancer Symposium in 岡山 (平成27年7月22日, 岡山)
吉田和弘:胃癌治療のパラダイムシフト.
第1回がんセンター公開講座 (平成27年7月22日, 岐阜)
田中善宏:もしも「がん」と診断されたら.
大学院講義ADAMS (平成27年7月28日, 岐阜)
二村学:HER2 world in breast cancer.
東海がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン 市民公開講座がんの予防と早期発見、高度先進医療 (平成27年8月22日, 岐阜)
二村学:乳がん最前線"早期診断、さらに夜ごと生活の質の向上をめざした先進乳がん医療".
第15回がん患者サロン学習会 (平成27年8月25日, 岐阜)
二村学:「乳がん」のお話.
東北大学がん化学療法・栄養支持療法勉強会 (平成27年9月11日, 岩手)
田中善宏:治療侵襲と栄養管理
第9回最新医学セミナー (平成27年9月18日, 熊本)
吉田和弘:食道胃境界部癌治療の最前線.
平成27年度第6回看護部研修会 (平成27年10月9日, 岐阜)
松橋延壽:大腸癌治療の最前線.
第21回NPO法人 日本外科医会総会 (平成27年10月18日, 岐阜)
吉田和弘:今、なぜ上部消化器がん治療が注目されるのか?
第3回次世代岐阜内視鏡Labセミナー (平成27年10月24日, 神戸)
高橋孝夫:内視鏡外科学会技術認定を目指した腹腔鏡下結腸切除術のコツ.
奥村直樹:内視鏡外科学会技術認定を目指した腹腔鏡下幽門創胃切除術~術野展開とリンパ節郭清~.
棚橋利行:内視鏡外科学会技術認定を目指した腹腔鏡下幽門創胃切除術~デルタ吻合~.
第13回福岡外科セミナー (平成27年11月4日, 福岡)
高橋孝夫:直腸癌における治療戦略~低侵襲手術から術前化学放射線療法~.
北河内外科フォーラム2015 (平成27年11月7日, 大阪)
吉田和弘:上部消化器がん治療の最前線.
第3回岐阜県がん情報センター県民公開講座 がん医療の最前線 (平成27年11月7日, 岐阜)
山口和也:病状に沿った胃がん外科治療の実際.
がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン (平成27年11月9日, 岐阜)
二村学:臨床腫瘍学基礎Ⅱ 乳がん.
岐阜化学療法栄養支持療法学術講演会 (平成27年11月9日, 岐阜)
田中善宏:治療侵襲と栄養管理
愛知県がんセンターでの講演会(講演会名なし) (平成27年11月12日, 名古屋)
田中善宏:周術期栄養管理の重要性.
大鵬薬品工業 社内研修会 (平成27年11月16日, 岐阜)
松橋延壽:大腸癌術後補助療法からSalvageline まで.
中濃厚生病院NST講演会 (平成27年11月16日, 岐阜)
田中善宏:がん集学的治療の最前線―栄養管理の観点から.
平成27年度 副作用対応を含めた放射線療法・化学療法の推進に関する研修会 (平成27年11月17日, 岐阜)
松橋延壽:外科治療介入によって根治を目指す化学療法(大腸癌を中心に).
第4回先端医療・臨床研究推進センター 臨床試験講習会 (平成27年11月18日, 岐阜)
二村学:院内経験者の話とCRC業務の現状 ②被験者登録から治験薬投与まで.
TAIHO Web Lecture for Colorectal Cancer (平成27年11月24日, 岐阜)
高橋孝夫:直腸癌治療の今後は?整理して考えてみよう.
Gastric cancer Expert Meeting (平成27年12月2日, 佐賀)
吉田和弘:EGJ cancer surgery and conversion therapy of gastric cancer.
徳島大腸がん化学療法セミナー (平成27年12月9日, 徳島)
松橋延壽:抗EGFR抗体を用いたAdjuvant Surgeryの実践.
TAIHO Web Lecture for Colorectal Cancer (平成27年12月14日, 岐阜)
高橋孝夫:直腸癌治療の今後は?整理して考えてみよう.
GI web conference 胃がん専門医へおくる~3回限定の web conference~ (平成27年12月15日, Web)
吉田和弘:胃がんの最新情報.