業績(平成21年度)

トップページ > 業績 > 平成21年度

論文(英文)

Invasive ductal carcinoma of the pancreas showing exophytic growth.
Sanada Y, et al:  Hepatobiliary-Pancreat Dis Int. 15: 97-102, 2009.
A case report of intraductal papillary-mucinous neoplasm of the pancreas showing morphologic transformation during followup periods.
Sanada Y, et al.:  J Oncol. 373465: 1-6, 2009.
Successful surgical resection for peritoneal implantation of hepatocellular carcinoma at the paracardial portion.
Sanada Y, et al.:  J Oncol. 231854: 1-5, 2009.
Hepatic fibrosis influences the growth of hepatocellular carcinoma.
Osada S, et al:  Hepatogastroenterology  56: 184-187, 2009.
Clinical evaluation of a modified reconstruction method after pancreatoduodenectomy.
Osada S, et al:  Hepatogastroenterology, 56: 619-623, 2009.
A Novel strategy for advanced pancreas cancer-progression of molecular targeting therapy- (review).
Osada S, et al:  Anti-Cancer Agents in Medicinal Chemistry 9: 877-881, 2009
A novel strategy by cryoablation for advanced hepatoma (review).
Osada S, et al: Anticancer Research, 29: 5203-5209, 2009.
Application of biological study for cMet expression to cancer therapy (review).
Osada S, et al:  9: 1201-1210, 2009.
Complete laparoscopic distal gastrectomy (LDG) with Billroth I reconstruction.
Yoshida K, et al:  MEDIMOND 137-140, 2009.
ページメニューへ戻る

論文(邦文)

腹腔内遊離ガス像を契機に診断された強皮症に伴う腸管嚢腫様気腫症の1例
太和田昌宏、他:
日本外科系連合学会誌 34(5): 860-866, 2009
食道多発扁平上皮癌に癌肉腫を合併した1例
太和田昌宏、他:
日本外科系連合学会誌 34(5): 860-866, 2009
腹腔鏡下胆嚢摘出術の開腹移行症例の検討
徳山泰治、他
日本外科系連合学会誌 34: 562-565, 2009
成人の肛門部に発生した奇形腫の一例
細野芳樹、他:
日本外科系連合学会雑誌 32(2):1072~1075,2009
経カテーテル的動脈塞栓術(TAE)など集学的治療が奏功した局所進行乳癌の一例
細野芳樹、他
日本外科系連合学会雑誌 34(5):765~770,2009
ストーマは後腹膜経路が標準か
高橋孝夫:
chapter 11.4 177-179 外科の「常識」―素朴な疑問50 医学書院 2009
早期胃癌における自律神経温存完全腹腔鏡下胃切除術
吉田和弘、他:
消化器外科 32: 1-11,2009
胃癌手術における超音波凝固切開装置を用いた郭清
吉田和弘、他:
手術 63: 361-367, 2009
消化器癌の分子標的治療の最前線
吉田和弘:
岐阜県医師会医学雑誌 22: 59-64, 2009
進行胃癌に対する個別的化学療法の効果判定
吉田和弘、他:
消化器内視鏡 21: 779-787, 2009
上部消化器癌治療の最前線
吉田和弘:
岐阜県内科医会雑誌 23: 1-21,2009
がん治療認定医機構のセミナーで、もう少し時間をかけて欲しかった領域を学ぶ-がん治療における患者への対応長期合併症とその対策-
吉田和弘:
日本癌治療学会学術集会Educational Book 44(3):1331-1344,2009
男性乳房顆粒細胞腫の1例
名和正人、他:
乳癌の臨床 24(3): 109-112,2009
プロテインCおよびプロテインS低下を認めた門脈・上腸間膜静脈血栓症の1例
田中秀典、他:
手術 63(8): 1233-1238,2009
大腸癌同時性卵巣転移の3例.
太和田昌宏、 他:
日本外科系連合学会誌 34(6): 1079-1086,2009
ページメニューへ戻る

発表(全国)

第5回 日本消化管学会 (平成21年2月12・13日、東京)
山田順子、他:ステロイド投与中に発症した小腸潰瘍穿孔の3例
高橋孝夫、他:大腸癌における癌抑制遺伝子のDNA プロモーター領域異常メチル化プロファイル
第81回 胃癌学会総会 (平成21年3月4-6日、東京)
坂下文夫、他:切除不能進行胃癌に対する不完全胃離断胃空腸バイパス術の検討
山田順子、他:治療開始から3年以上の生存が得られたStageⅣ胃癌6例の検討
奥村直樹、他:完全鏡視下胃癌手術へ向けての体内吻合法
山口和也、他:腹腔鏡下噴門側胃切除術における膵上縁リンパ節郭清の工夫
山田順子、他: 当科におけるBorrmann4型胃癌の治療成績
吉田和弘:ポスター43 GIST1、座長
第45回 日本腹部救急学会総会  (平成21年3月12・13日、東京)
井川愛子、他:Second look operationが有用であった重症閉塞性腸炎の1例
第109回 日本外科学会定期学術集会 (平成21年4月2-4日、福岡)
小森充嗣、他:The correlation between expression of 5FU metabolic enzymes, OPRT, TS and DPD, and chemotherapies for pancreatic cancer.
松井 聡、他:大腸癌肝転移の過程におけるc-Metの意義について
徳山泰治、他:大腸癌における癌関連遺伝子のDNAプロモーター領域異常メチル化の検討
奥村直樹、他:大腸癌におけるK-ras、EGFR、BRAF、PIK3CA、HER2の遺伝子変異・増幅の検討
細野芳樹、他:超音波乳腺エラストグラフィを用いた乳癌超音波診断での組織型の考察
野中健一、他:腫瘍内浸潤単核食細胞の成熟抑制の癌治療への応用
山田順子、他: 胃癌腹膜播種に対するパクリタキセル腹腔内投与の検討
小森充嗣、他:膵癌における5FU代謝酸素OPRT,TS,DPDの発現と化学療法の関係
高橋孝夫、他:進行再発大腸癌における分子標的薬bevacizumab抗癌剤治療成績
長田真二:教育セッション「スペシャリストに学ぶ日常診療」、司会
吉田和弘:食道(化学療法)、座長
第31回 日本癌局所療法研究会(平成21年6月5日、山口)
小森充嗣、他:局所進行膵癌に対する新たな試み
吉田和弘:一般演題 胃3、座長
第21回 日本肝胆膵外科学会 (平成21年6月10-12日、名古屋)
松井 聡、 他:c-Metの発現から評価した大腸癌肝転移に対する肝切除術
山田順子、他:小児胆嚢捻転症の1例
森龍太郎、他:術後17年で発生した腎細胞癌膵転移の1例
小森充嗣、他:5-FU代謝酵素 (OPRT, TS, DPD) の発現からみた膵癌化学療法の選択基準
真田雄市、他:幽門型膵管内腫瘍の1例-免疫染色からその進展様式に関する考察を加えて-
井川愛子、他:良性肝内胆管狭窄の1例 ―手術療法の是非に関する文献的考察を加え―
徳山泰治、他:TS1膵癌の特徴
長田真二、他:転移性肝癌の治療戦略-外科切除に時期と術式に関する考察-.(シンポジウム)
長田真二:ポスターセッション「膵腫瘍」、座長
第18回日本癌病態治療研究会 (平成21年6月19日、福島)
川口順敬、他: 進行・再発乳癌に対する凍結免疫療法の有用性
第63回 日本食道学会総会 (平成21年6月25・26日、横浜)
田中善宏、他:食道癌T4症例に対するTXT/5FU併用化学放射線治療の有効性の免疫組織化学的検討
田中善宏、他:食道癌周術期管理における動脈圧波形解析(SVV値)は術後合併症の予測に重要である
田中善宏、他:食道癌浸潤による気道閉塞に対し気管挿管チューブの側孔を活用し治療を乗り切った1例
第17回日本乳癌学会 (平成21年7月3日、東京)
川口順敬、他: 乳癌センチネルリンパ節生検における、リンパ節シンチ・CT Fusion画像の有用性
細野芳樹、他:トラスツズマブ初回使用時におけるinfusion reactionの検討
名和正人、他: 腋窩センチネルリンパ節転移陰性であったが乳房内リンパ節転移陽性であった乳癌の1例
第64回 日本消化器外科学会総会(平成21年7月16-18日、大阪)
山田順子、他:術当日予防的抗菌薬投与による胃悪性腫瘍手術SSIの検討
森龍太郎、他:大腸癌手術検体におけるRNF8発現量の検討
小森充嗣、他:大腸癌における5FU代謝酵素OPRT,TS,DPDの発現と病態の検討
井川愛子、他:初期治療としてメシル酸イマチニブを使用した直腸GISTの3例
田中善宏、他:動脈圧心拍出量/中心静脈オキシメトリーモニターを用いた食道癌周術期管理
徳山泰治、他:胸骨正中開胸・開腹下に摘出し得た肝外再発肝細胞癌
奥村直樹、他:切除不能・再発大腸癌におけるmFOLFOX6,アバスチン療法の医療経済学的見地からの検討
高橋孝夫、他:大腸手術における手術部位感染(SSI)サーベイランスとSSI対策
山口和也、他:腹腔鏡下噴門側胃切除術の当科における標準化
長田真二、他:同時性両葉多発転移性肝癌の治療戦略.(シンポジウム)
吉田和弘:StageⅣ胃癌におけるadjuvant surgeryの有用性
吉田和弘:消化管GISTに対する診断と治療3、座長
第45回 肝臓学会定期学術集会 (平成21年6月4・5日、神戸)
長田真二、他:肝細胞癌の発育における血管新生
第68回 日本癌学会学術総会  (平成21年10月1-3日、横浜)
Mori R, et al: P-glycoprotein plays a critical role in cross-resistance of 5-Fu and Paclitaxel
Komori S, et al: Relationship between Thymidylate Synthase (TS) Expression and Effect of Gemcitabine (GEM) on Pancreatic Cancer
Okumura N, et al: Oncogene mutations, copy number gains and mutant allele specific imbalance occur in human colorectal cancer.
吉田和弘:一般演題(口演)「感受性規定因子(1)」、座長
第47回 日本癌治療学会総会  (平成21年10月22-24日、横浜)
小森充嗣、他:膵癌へのGemcitabine(GEM)効果発現におけるThymidylate Synthase(TS)の重要性
真田雄市、他:膵IPMNと浸潤性膵管癌の分子病態の比較
井川愛子、他:腹腔鏡補助下噴門側胃切除術の再建法の評価
田中善宏、他:再発食道癌に対するTS1・TXT・CDGP3剤併用療法の経験
徳山泰治、他:大腸癌患者における肝転移巣・大腸洗浄液・ドレナージ静脈血における3-OST-2遺伝子異常メチル化の検討
野中健一、他:肝臓・結腸・胃十二指腸浸潤を伴った胆嚢癌との鑑別を要した黄色肉芽腫性胆嚢炎の一例
高橋孝夫、他:切除不能進行再発大腸癌における分子標的薬Cetuximabの三次治療以降での治療経験
山口和也、他:切除不能胃癌の化学療法奏効例に対する胃切除術の評価
長田真二、他:大腸癌化学療法―両葉多発転移性肝癌の治療戦略を中心に-
長田真二、他:凍結治療にて誘導される抗腫瘍免疫
川口順敬、他: 再発乳癌に対するカペシタビン治療の経験
長田真二:ポスターセッション「膵癌」、座長
吉田和弘:術後補助化学療法の現況と展望(イブニングセミナー)
吉田和弘:がん治療認定医機構のセミナーで、もう少し時間をかけて欲しかった領域を学ぶ:がん治療における患者への対応 長期合併症とのその対策(教育セミナー)
第64回 日本大腸肛門病学会学術集会 (平成21年11月6・7日、福岡)
井川愛子、他:当科における大腸低分化腺癌の臨床病理学的検討
奥村直樹、他:化学療法(FOLFOX)によりPETで陰性となった進行再発大腸癌の3例
野中健一、他:化学療法施行後腸穿孔に対する手術後、重篤な偽膜性腸炎を来たした回盲部悪性リンパ腫の1例
高橋孝夫、他:進行再発大腸癌における1次治療としてのFOLFOX+bevacizumab治療成績―FOLFOXとの比較―
第71回 日本臨床外科学会総会 (平成21年11月19日‐21日、京都)
眞田雄市、他: 膵いPMNと浸潤性膵管癌の分子病態の比較検討
佐野仁哉、他: 胃穿孔を契機に診断された胃癌の3例
岩田至紀、他: 消化性潰瘍による穿通で膿瘍を形成した早期胃癌の1例
山田順子、他:腹腔鏡下幽門側胃切除術の手技定型化に向けて
森龍太郎、他:発熱を契機に発見された巨大肝血管腫の1例
棚橋利行、他:出産後に発見された巨大肝細胞癌の1例
井川愛子、他:腹膜播種を伴った径15mmの横行結腸低分化腺癌の1例
徳山泰治、他:肝胆膵手術におけるSSI対策とサーベイランス
徳山泰治、他:男性患者における膵粘液性嚢胞腺腫と考えられた1例
奥村直樹、他:7年後に後腹膜再発を来した隆起性皮膚繊維肉腫の1例
細野芳樹、他:術後13年目に広範な消化管転移で再発した乳腺浸潤性小葉癌の1例
名和正人、他:センチネルリンパ節と同定されなかった乳房内リンパ節転移の3例
川口順敬、他:再発乳癌に対するビノレルビン治療の経験
高橋孝夫、他:切除不能進行再発大腸癌における外科医が行う癌化学療法
山口和也、他:腹腔鏡下噴門側胃切除術におけるリンパ節郭清
長田真二、他:安全で確実な膵頭十二指腸切除術後の膵吻合法
吉田和弘、他:胃癌開腹手術における超音波凝固切開装置(LCS)の有用性
吉田和弘:ワークショップ8 「外科医が行う癌化学療法はどのようにあるべきか」、座長
第22回 日本バイオセラピィ学会学術集会総会 (平成21年11月26日、大阪)
吉田和弘:ワークショップ1-1 免疫・化学併用療法:その意義と根拠-1、座長
第20回 消化器癌発生学会 (平成21年11月26・27、広島)
森龍太郎、他:大腸癌におけるRNF8発現量の検討
小森充嗣、他:大腸・直腸癌における5FU代謝酵素OPRT,TS,DPDの発現と病態の検討
真田雄市、他:膵IPMNおよび通常膵癌における蛋白発現の比較検討
奥村直樹、他:大腸癌細胞株におけるK-ras変異型アレルの不均衡発現と遺伝子コピー数との関係
高橋孝夫、他:大腸癌における癌関連遺伝子のDNAプロモーター領域異常メチル化プロファイルと臨床応用
第22回 日本内視鏡外科学会 (平成21年12月4日、東京)
山田順子、他:腹腔鏡下幽門側胃切除が行われた進行胃癌の検討
井川愛子、他:腹腔鏡下幽門側胃切除術後、挙上空腸を軸とした小腸捻転の1例
山口和也、他:腹腔鏡下胃切除術における再建のコツ
第22回 日本外科感染症学会 (平成21年12月10日、宇部)
徳山泰治、他: 肝胆膵疾患手術における手術部位感染対策とサーベイランス
ページメニューへ戻る

発表(地方)

第212回 岐阜外科集談会 (平成21年5月23日、岐阜)
真田雄市、他:膵IPMNの悪性度評価に対する検討
山口和也 : 研修医向けのミニレクチャー:腹腔鏡下胃切除術における再建法
徳山泰治:一般演題、座長
第53回 修道医会総会 (平成21年7月18日、広島)
吉田和弘:今、腫瘍外科医に求められるもの(特別講演)
第6回日本乳癌学会中部地方会(平成21年9月12日、静岡)
川口順敬、: 症例から学ぶSt.Gallen 2009
第278回 東海外科学会 (平成21年10月4日、浜松)
岩田至紀、他:腹会陰式直腸切断術後に下腸間膜動脈が十二指腸に穿通出血を来した 1例(真田指導)
大畑えりか、他:直腸癌経過観察中に発見された乳腺血管肉腫の1例.(名和指導)
佐野仁哉、他:化学療法後に根治度B手術が可能となった閉塞性黄疸を契機に診断された進行胃癌の1例
山口和也:口演「胃2」、座長
第262回 各務原医師会勉強会 (平成21年10月21日、岐阜)
吉田和弘:低侵襲外科治療の現状と展望.(特別講演)
第213回 岐阜外科集談会 (平成21年11月14日、岐阜)
山田順子、他:Hemi-prone positionによる鏡視下食道癌手術の経験
第15回 岐阜内視鏡外科研究会 (平成21年12月12日、岐阜)
山田順子、他:腹腔鏡下胃切除が行われた進行胃癌の検討
田中善宏、他:Hemi-prone positionにおける胸部鏡視下手術にHALSによる胃管再建を行った食道癌の1例
眞田雄市、他:腹腔鏡下結腸切除術の標準化をめざして
ページメニューへ戻る

発表(国際)

4th Annual Academic Surgical Congress (Feb/3-6, 2009, Fort Myers, USA)
Osada S, et al: Utility of a modified reconstruction method after pancreato- duodenectomy evaluated by postoperative patient condition.
2nd Asian Pacific Hepato-pancreato Biliary Association (Mar/25-27/2009, Bangkok, Thailand)
Osada S, et al: The utility of vitamin K3 against pancreatic cancer.
Osada S, et al: Favorite strategy for metastatic liver tumor.
8th International Gastric Cancer Congress (Jun/11-13/2009, Krakow, Poland)
Yoshida K, et al: Complete laparoscopic distal gastrectomy(LDG)with Billroth l reconstruction.
Yoshida K, et al: Adjuvant and neoadjuvant chemotherapy for gastric cancer point of view from East.
Yoshida K: SYMPOSIUM7 Endoscopic treatment, Chair man.
8th Congress of the European Hepato-Pancreato-Biliary Association (Jun/18-20/2009, Athens, Greece)
Osada S, et al: Is aggressive hepatectomy for metastasis of colorectal cancer available?
ページメニューへ戻る

発表(研究会)

第12回 七隈癌治療フォーラム (平成21年1月16日、福岡)
吉田和弘:今Surgical Oncologistに求められるもの(特別講演)
岐阜周術期short acting β1ブロッカー研究会 (平成21年1月17日、岐阜)
吉田和弘:セッションIII、司会
第70回 大腸癌研究会 (平成21年1月16日、東京)
奥村直樹、他:切除不能・再発大腸癌におけるmFOLFOX6 アバスチン併用療法の医療経済学見地からの検討
第4回 消化器癌研究会 (平成21年2月7日、岐阜)
吉田和弘:パネルディスカッション、司会
第6回 岐阜手術手技研究会 (平成21年2月28日、岐阜)
徳山泰治、他:当科における膵頭十二指腸切除術
長田真二:一般演題 司会
吉田和弘:特別講演 司会
第1回 岐阜DIF研究会 (平成21年3月13日、岐阜)
吉田和弘:セッションII 司会
岐阜癌治療研究会 (平成21年3月23日、岐阜)
吉田和弘:特別講演、司会
岐阜 地域医療連携・緩和ケア研究会 (平成21年3月27日、岐阜)
吉田和弘:セッション、司会
岐阜SIRS/ALI治療フォーラム (平成21年3月28日、岐阜)
吉田和弘:セッションI、司会
第6回岐阜地域医療連携研究会 (平成21年5月16日、岐阜)
吉田和弘:5大がん地域連携パスについて
第10回 岐阜肝臓外科研究会 (平成21年5月29日、岐阜)
徳山泰治、他:胸骨正中開胸・開腹下に摘出した肝外再発肝細胞癌
第10回 和み会-臨床内科フォーラム- (平成21年6月18日、岐阜)
吉田和弘:21世紀の腫瘍外科医がめざすもの-Laparoscopic Surgery と Adjuvant Surgery-.(特別講演)
第62回 日本食道色素研究会(平成21年6月27日、東京)
田中善宏、他:最近経験した表層拡大型食道癌手術症例11例のNBIシステムによる術前診断と病理結果についての考察
第77回 岐阜膵胆道研究会 (平成21年7月11日、岐阜)
徳山泰治、他:男性患者における膵粘液性嚢胞腺腫の1例
第97回 広島がん治療研究会 (平成21年9月12日、広島)
吉田和弘:上部消化管癌治療の潮流-私の診療と研究から-.(特別講演)
第5回 消化器癌研究会(平成21年9月19日、東京)
吉田和弘:「切除不能進行・再発胃癌における個別化医療の幕開け」 司会
第14回外科癌化学療法研究会 (平成21年10月8日、名古屋)
吉田和弘:これからのSurgical Oncologistがめざすもの.(特別講演)
第5回 関西がんチーム医療研究会 (平成21年10月、大阪)
野中健一、他:進行再発大腸癌に対するチーム医療を重視した外来化学療法-外科医の立場から-
第2回 食道治療困難症例検討会 (平成21年10月13日、横浜)
田中善宏、他:over surgeryを回避できた食道表在癌の一例
第17回 岐阜大腸疾患研究会 (平成21年11月、岐阜)
野中健一、他:切除不能・進行再発大腸癌に対する抗癌剤投与後根治術-Adjuvant Surgery-の有用性に関する検討
ページメニューへ戻る

講演

岐阜臨床腫瘍学セミナー (平成21年2月6日、岐阜)
高橋孝夫:大腸癌術後補助化学療法におけるゼローダ錠の副作用マネージメントについて
吉田和弘:セッション司会
岐阜アバスチン講演会 (平成21年2月21日、岐阜)
奥村直樹、他:進行再発大腸癌におけるベバシズマブの使用経験
吉田和弘:セッション3 特別講演、司会
第101回下呂市医師会学術講演会 (平成21年3月19日、岐阜)
吉田和弘:消化器癌治療におけるSurgical Oncologistの役割.特別講演
第2回 岐阜がん診療連携セミナー (平成21年3月26日、岐阜)
高橋孝夫:大腸がん治療に関する最近の話題
吉田和弘:セッション、司会
阪神上部消化器外科カンファレンス教育講演会 (平成21年4月10日、兵庫)
吉田和弘:消化器がんとサイトカイン(特別講演)
アービタックス適正使用セミナー (平成21年5月8日、岐阜)
吉田和弘:case discussion、司会
臨床腫瘍学 講義  (平成21年6月20日、岐阜)
高橋孝夫:大腸癌
千葉胃癌化学療法学術講演会 (平成21年6月23日、千葉)
吉田和弘:上部消化管癌治療の最近の話題.(特別講演)
BMKK胃がん治療セミナー (平成21年6月27日、東京)
吉田和弘:セッション、司会
第5回 岐阜がん患者のこころのケアを考える会学術講演会 (平成21年7月3日、岐阜)
吉田和弘:セッション、司会
第2回 臨床消化器セミナー (平成21年7月14日、広島)
吉田和弘:21世紀の腫瘍外科医がめざすもの-Laparoscopic Surgery と Adjuvant Surgery- (特別講演)
OGSG2009夏季セミナー (平成21年8月8日、大阪)
吉田和弘:胃がん標準化学療法と問題点
第2回岐阜がん医療従事者研修会 (平成21年10月4日、岐阜)
川口順敬、:乳がんについて
第14回岐阜乳腺セミナー (平成21年10月30日、岐阜)
川口順敬、: 乳癌検診 要精査症例の検討
高知県胃癌治療講演会 (平成21年10月16日、高知)
吉田和弘:上部消化管癌の最近の話題
第3回 大腸癌治療ガイドライン講座―実践編― (平成21年10月30日、岐阜)
高橋孝夫:XELOX+アバスチン療法はFOLFOX+アバスチン療法に置換え可能か?
東三河消化器病学術講演会 (平成21年10月31日、豊橋)
高橋孝夫:切除不能大腸癌に対する治療戦略-Adjuvant Surgeryを含めて-
Professional Education Seminar「Lap-GastrectomyⅣ」 (平成21年10月31日、福島)
吉田和弘:「実験動物の解剖について」
みわふるさと福祉村講演会 (平成21年11月21日、岐阜)
高橋孝夫:大腸癌なんて怖くないーできるだけ体に優しい手術を、できるだけ人工肛門をつくらずにー
多地点合同メディカル・カンファレンス (平成21年12月17日、名古屋)
高橋孝夫:切除不能進行再発大腸がんに対するAdjuvant Surgeryの実際-肝転移症例を中心に-