業績(平成25年度)

トップページ > 業績 > 平成25年度

論文(英文)

Oncologic outcomes of laparoscopic gastrectomy: a single-center safety and feasibility study.
Nobuhisa Matsuhashi, et al.: Surgical Endoscopy 27(6) 1973-9, 2013
Laparoscopic technique and safety experience with barbed suture closure for pelvic cavity after abdominoperineal resection.
Nobuhisa Matsuhashi, et al.: World Journal of Surgical Oncology 11:115, 2013
Novel navigation surgery using image fusion of PET/CT and sonography for axillary neoplasm: First experience.
Manabu Futamura, et al.: International Journal of Surgery Case Reports 4: 719-722, 2013
Multicenter phase II study of modified FOLFOX6 as neoadjuvant chemotherapy for patients with unresectable liver-only metastases from colorectal cancer in Japan: ROOF study.
Takahashi T, , et al.: International Journal of Oncology18(2):335-42, 2013
Decreased FANCJ caused by 5FU contributes to the increased sensitivity to oxaliplatin in gastric cancer cells.
Ryutaro Mori, et al.: Gastric Cancer 16:345-354, 2013
Determining Timing of Hepatectomy for Colorectal Cancer with Distant Metastasis According to Imaging-Based Tumor Shrinkage Ratio.
Yoshiyuki Sasaki, et al.: International Journal of Medical Sciences 10(9): 1231-1241, 2013
Clinical efficacy of daikenchuto for colon cancer patients having colectomy: 1-year follow-up of a randomized, double-blind, multicenter, placebo-controlled trial (JFMC39-0902).
N. Matsuhashi, et al.: Colorectal Disease 15(3):90, 2013
Long-term Outcomes of Treatment of Gastric Gastrointestinal Stromal Tumor by Laparoscopic Surgery: Review of the Literature and Our Experience.
Matsuhashi N, et al.: Hepatogastroenterology 2013; 60: 2011-2013, 2013
ページメニューへ戻る

論文(邦文)

肝内胆管拡張が先行した大腸癌肝転移の1例
加藤順子、他: 臨床外科学会 74(1):163-167,2013 1月
外来抗癌薬治療の実際 大腸癌に対するチーム医療で行う外来化学療法-術後補助化学療法を中心に-
高橋孝夫、他:  外来癌化学療法 4(1):31-37, 2013 2月
TS1膵癌切除症例の検討
徳山泰治、他: 臨床外科 68(2):210-214, 2013 2月
早期癌に対する腹腔鏡下幽門側胃切除術
山口和也、他: 消化器外科 36(5):581-590, 2013 4月
Corynebacterium kroppenstedtii感染が確認された肉芽腫性乳腺炎の1例
森光華澄、他:  日本臨床外科学会雑誌 74(10):2679-2684, 2013 10月
膵管内進展をきたしたTS1膵癌の1例
福田賢也 : 日本外科系連合学会誌 38(4):887-890, 2013 3月
特集:外科医が知っておくべき癌治療の薬物療法 II.抗癌薬各論 6. Gastrointestinal stromal tumorの薬物療法
松橋延壽、他: 外科 75(12):1356-1361, 2013 11月
当院における腹腔鏡下胆嚢摘出術施行後に診断された胆嚢癌の検討
松橋延壽、他: 日本内視鏡外科学会雑誌 18(2):199-204, 2013 3月
腹腔鏡下に切除した胃癌に併発した後腹膜神経鞘腫の1例
松橋延壽、他:  日本外科系連合学会誌 38(2):382-386, 2013 4月
大腸癌肝転移の至適手術時期 化学療法による腫瘍縮小速度からの評価
佐々木義之、他: 日本外科系連合学会誌 38(4):746-752, 2013 8月
中咽頭癌肝手にの1切除例
山田敦子、他:  日本外科系連合学会誌 38(2):356-360, 2013 4月
広範な漿膜下リンパ管侵襲を呈し追加切除を要した小型O-Ⅱc型上行結腸癌の1例
野中健一、他:  日本消化器外科学会雑誌 46(10):777-783, 2013
奥村直樹、他:  消化器外科Nursing 18(4): 27-35, 2013
消化器疾患 最新の治療 2013-2014  9.胃癌 c.切除不能胃癌の治療
山口和也 吉田和弘 : 南江堂 167-170,2013  
消化器外科学レビュー 2013-14  3.胃癌
奥村直樹、吉田和弘 : 総合医学社、14-19、2013 
Medicament News 胃がん~胃癌術後補助化学療法の現状と最新の知見~
奥村直樹 : ライフ・サイエンス、5-6、2013  
ページメニューへ戻る

発表(全国)

第78回大腸癌研究会 (平成25年1月18日 東京 )
・ 野中健一、他: 局所進行直腸癌に対して化学放射線療法(mFOLFOX6+Pmab+RT)を施行し、根治切除し得た1例
Breast Cancer Overview Map meeting 2013 (平成25年1月19日 東京)
・ 二村学 : 術前化学療法におけるpCRは予後因子となり得るか?
第9回日本消化管学会総会 (平成25年1月26日 東京 )
・ 高橋孝夫、他: 【ワークショップ12】切除不能・進行再発大腸癌に対するAdjuvant Surgeryは本当に有効か?
第85回日本胃癌学会総会 (平成25年2月28日~3月1日 大阪 )
・ 奥村直樹、他: 早期胃がんにおけるリンパ節転移の検討
・ 櫻谷卓司、他: 胃癌患者の術前大腸スクリーニングにおけるCT colonography (CTC)の有用性
・ 山口和也、他: 【シンポジウム3】StageIV胃癌に対する外科的治療への条件
・ 松橋延壽、他: 完全鏡視下胃切除術のおける再建の工夫
第46回制癌剤適応研究会 (平成25年3月8日 軽井沢 )
・ 八幡和憲、他: Vandetanibと5-FUの相乗効果発現機序
・ 加藤順子、他: 大腸癌細胞Kras変異型に対するゾレドロン酸とセツキシマブ併用効果
・ 山田敦子、他: Vitamin K3による分子標的治療
第113回日本外科学会定期学術集会 (平成25年4月11日~13日 福岡 )
・ 高橋孝夫、他: 【ディベート(3)】進行下部直腸癌における側方リンパ節郭清の意義<リンパ節郭清vs.化学放射線療法>
・ 今井寿、他: 腹腔鏡下肝切除術患者の術後栄養状態と消化管機能評価
・ 八幡和憲、他: 新規治療戦略としてVandetanibの5-FUの相乗効果に関するメカニズムの解明
・ 加藤順子、他: 大腸癌Kras変異に対するRasをターゲットにした分子標的治療
・ 山田敦子、他: Triple Negative 乳癌に対するVitamin K3による分子標的治療
・ 森光華澄、他: 乳癌におけるGlycoprotein Nonmetastatic B(GPNMB) の転移への関与
・ 福田賢也、他: EMT発現機構と化学療法の関連
・ 二村学 : ポスターセッション(4) 乳腺 基礎-1、司会 
・ 奥村直樹 : ポスターセッション(45) 胃 化学療法-1、司会 
・ 松橋延壽 : ポスターセッション(71) 大腸 浸潤・転移04、司会 
・ 山口和也、他: 【ビデオシンポジウム7】完全鏡視下幽門側胃切除術のリンパ節郭清と再建の定型化
・ 松橋延壽、他: 当科における腹腔鏡下内肛門括約筋切除術(LAP-ISR)の検討
・ 田中善宏、他: DCF/DGSの3剤併用レジメン食道癌術前化学療法
・ 佐々木義之、他: 【シンポジウム11】大腸癌肝転移に対する化学療法施行時の腫瘍縮小方向についての検討
・ 田中香織、他: 膵硬度の術前予測
・ 山口和也 : ポスターセッション(171) 胃 肝転移-1、司会 
・ 二村学、他: 乳癌におけるGPNMB蛋白発現と血清GPNMB測定の臨床的意義
・ 長田真二、他: 進行肝腫瘍に対する近未来型低侵襲治療戦略
・ 奥村直樹、他: 化学療法が奏効したStageIV胃癌の外科的治療戦略
・ 櫻谷卓司、他: 胃癌手術症例に対する術前下部消化管内視鏡検査に関する検討
・ 長田真二 : ビデオフォーラム(97) 肝 手術手技-3、司会 
・ 野中健一 : ポスターセッション(317) 大腸 高齢者-6、司会 
・ 田中善宏 : ポスターセッション(291) 食道 基礎-4、司会 
第34回癌免疫外科研究会 (平成25年5月16日~17日 岡山 )
・ 福田賢也、他: 大腸癌肝転移におけるHGF, TGF-βの影響
・ 山田敦子、他: 肝腫瘍に対する凍結治療の有用性-抗腫瘍免疫発現のメカニズム解明-
第35回日本癌局所療法研究会 (平成25年5月31日 神戸 )
・ 八幡和憲、他: Trastuzumab + XP 療法後 adjuvant surgery 施行したstage4胃癌の1例
・ 山田敦子、他: 【奨励賞】肝腫瘍に対する凍結治療の有用性
第38回日本外科系連合学会学術集会 (平成25年6月6日~7日 東京 )
・ 山口和也、他: 【ビデオシンポジウム4】リニアステイプラーのみ使用した完全鏡視下胃切除術の再建法
・ 高橋孝夫、他: 【ワークショップ6】大腸癌に対するチーム医療で行う外来化学療法
・ 松橋延壽、他: 【ビデオシンポジウム3】下部直腸がんにおける腹腔鏡下手術の定型化及び手術器具選択の工夫
第25回日本肝胆膵外科学会・学術集会 (平成25年6月12日~14日 栃木 )
・ 長田真二、他: 【ミニシンポジウム1】多発性肝転移に対する治療戦略
・ 八幡和憲、他: EUS-FNAが治療計画に影響した非機能性グルカゴン産生膵腫瘍の1例
・ 加納寛悠、他: 主膵管拡張を伴った膵神経内分泌主要の1例
・ 今井寿、他: ss以深胆嚢癌手術における胆管非切除症例の治療成績
・ 佐々木義之、他: 腫瘍縮小速度から見た術前化学療法による術式変更についての検討
・ 山田敦子、他: 【ミニシンポジウム18】進行肝腫瘍に対する抗腫瘍免疫賦活による治療戦略
・ 福田賢也、他: 大腸癌肝転移に関するEMT
・ 浅井竜一、他: 肝外発育型巨大肝細胞癌の一例
・ 田中香織、他: PanINおよびBillN類似病変形成におけるFibroblast growth factor 10(Fgf10) の関与
・ 長田真二 : 要望ビデオセッション21 腹腔鏡下膵切除、司会 
第67回日本食道学会学術集会 (平成25年6月13日~14日 大阪 )
・ 田中善宏、他: Stage II/III/Iva食道癌症例に対するDCF/DGS療法
・ 棚橋利行、他: 安全を確保した亜全胃再建の工夫と術後漢方薬投与によるQOLの改善
日本消化器病学会東海支部第118回例会 (平成25年6月15日 浜松 )
・ 舘正仁、他: NBIシステム併用拡大観察とEUSの深達度診断の有用性について、食道癌根治手術を行った表層型食道癌13例を対象とした比較検討
・ 久野真史、他: 当科における肛門扁平上皮癌に対する化学放射線療法の経験
・ 奥村直樹 : 胃・十二指腸①、座長 
第21回日本乳癌学会学術総会 (平成25年6月27日~28日 浜松 )
・ 二村学、他: PET/CT融合超音波画像を用いた navigation surgeryの試み
・ 森光華澄、他: USによる3Dボリュームデータを用いた乳癌化学療法早期での効果予測に関する検討
・ 名和正人、他: ホルモン陽性転移再発乳癌に化学療法後維持内分泌療法を施行した症例の検討
・ 兼松昌子、他: 乳癌におけるGlycoprotein Nonmetastatic Bの転移への関与とサブタイプの検討
第22回日本癌病態治療研究会 (平成25年6月28日 東京 )
・ 山田敦子、他: 肝腫瘍に対する凍結治療による抗腫瘍免疫賦活活性化
第31回日本肥満症治療学会学術集会 (平成25年6月28日 東京 )
・ 田中善宏 : 食道癌手術においてBMI高値は循環器系合併症の頻度を増す 
第68回日本消化器外科学会総会 (平成25年7月17日~19日 宮崎 )
・ 山口和也、他: 【要望ビデオ6】腹腔鏡下胃切除術におけるリンパ節郭清の定型化とその意義
・ 兼松昌子、他: 妊娠中に腫瘤を自覚した肝細胞癌の1切除例:腫瘤増大要因に関する提言
・ 浅井竜一、他: 肝外発育型巨大肝細胞癌の一例:腫瘤増大要因の評価
・ 長田真二、他: 切除可能およびborderline resectable 膵癌の予後向上を目指した治療戦略の新たな展開
・ 松橋延壽、他: 【要望ビデオ23】当科における腹腔鏡下低位前方切除術における定型化の工夫
・ 今井寿、他: 肝切除術患者の術前栄養状態が周術期経過に及ぼす影響
・ 佐々木義之、他: 腫瘤縮小速度と縮小方向についての検討
・ 棚橋利行、他: 重度肺機能低下食道癌患者における周術期呼吸器合併症への対策
・ 田中香織、他: 胆膵系癌化過程におけるFibroblast growth factor 10(Fgf10)の影響
・ 高橋孝夫、他: 当科における直腸癌に対する腹腔鏡下手術の治療成績
・ 八幡和憲、他: Vandetanibと5-FUの相乗効果のメカニズム解析とそのバイオマーカーの検討
・ 山田敦子、他: 臨床応用可能な消化器外科領域の基礎研究:進行肝癌
・ 福田賢也、他: HGFによるEMT発現時の抗癌剤感受性について
・ 長田真二 : ミニオーラル175 消化器全般 予後、座長 
第44回日本膵臓学会大会 (平成25年7月25日~26日 仙台 )
・ 田中香織、他: 胆膵系癌化過程におけるFibroblast growth factor 10(Fgf10)の関与
・ 長田真二、他: 膵消化管吻合の手術手技
第11回日本臨床腫瘍学会学術集会 (平成25年8月29日 仙台 )
・ 高橋孝夫、他: 【International Session3】A phase III trial of SOX+Bev versus mFOLFOX6+Bev in patients with metastatic colorectal cancer: the SOFT study.
第24回日本消化器癌発生学会総会 (平成25年9月5日~6日 石川 )
・ 山田敦子、他: 進行肝腫瘍に対する生物学的特徴に基づく治療戦略
・ 兼松昌子、他: 【ワークショップ1】膵胆管合流異常に発生した胆嚢癌症例の検討
・ 福田賢也、他: 大腸癌肝転移過程におけるEMT状態での抗がん剤効果
第31回日本乳腺甲状腺超音波医学会 (平成25年9月22日~23日 神戸 )
・ 森光華澄、他: USによる3Dボリュームデータを用いた乳癌化学療法の効果予測に関する検討
・ 二村学 : 【バーチャルソノグラフィ研究部会企画】PET/Vnavをnavigationとした腋窩手術の試み 
第1回日本神経内分泌腫瘍研究会学術集会 (平成25年9月28日 京都 )
・ 棚橋利行、他: 十二指腸ガストリノーマリンパ節転移の1例
第72回日本癌学会学術総会 (平成25年10月4日~5日 横浜 )
・ 山田敦子、他: 肝腫瘍に対する凍結治療の有用性―抗腫瘍免疫のメカニズム解明―
・ 福田賢也、他: 大腸癌肝転移、EMT状態における抗癌剤の影響.EMT状態における抗癌剤の影響
・ 二村学、他: 乳癌における血清GPNMB測定の臨床的意義
第11回日本消化器外科学会大会 (平成25年10月11日 東京 )
・ 今井寿、他: 胆道癌根治切除術後無再発症例の臨床病理学的特徴
第8回膵癌術前治療研究会 (平成25年10月13日 東京 )
・ 佐々木義之、他: Stage IVa 膵癌の予後向上を目指した術前放射線化学療法
第51回日本癌治療学会学術集会 (平成25年10月24日~26日 京都 )
・ 高橋孝夫、他: 【イブニングセミナー06】 大腸がん化学療法の過去から未来―わが国から世界に向けたメッセージ―
・ 奥村直樹、他: 高度進行胃癌に対するDCS療法の治療成績
・ 名和正人、他: 乳癌の転移・再発病巣におけるバイオマーカーの変化の検討
・ 今井 寿、他: 術前胆道ドレナージ方法による膵頭十二指腸切除術の手術成績の比較
・ 佐々木義之、他: 大腸癌肝転移に対する術前化学療法による腫瘍縮小速度と術後再発
・ 八幡和憲、他: 食道癌術前化学療法中のフェリチン値の動向と奏功度との関連
・ 山田敦子、他: 抗腫瘍免疫賦活を目的とした凍結治療
・ 兼松昌子、他: 乳癌における Glycoprotein Nonmetastatic B(GPNMB)のリンパ節転移への関与
・ 福田賢也、他: EMT発現状況における化学療法の影響
・ 二村 学 、他: 乳癌におけるGPNMB発現と血清GPNMB測定の意義
・ 高橋孝夫、他: 高齢者進行再発大腸癌に対するS-1/BV併用第2相試験(BASIC):追加解析
・ 高橋孝夫、他: 【臓器別シンポジウム14】 医師からの要望と期待―CDTMに繋がる当院での試み―
・ 松橋延壽、他: 当科における直腸GISTの長期予後の検討
・ 田中善宏、他: アミノ酸が抗癌剤による粘膜障害に及ぼす影響
・ 森光華澄、他: USによる3Dボリュームデータを用いた乳癌化学療法効果判定に関する検討
・ 棚橋利行、他: 80歳以上高齢者における胃癌手術症例に対する術後補助化学療法の検討
・ 市川賢吾、他: 潰瘍性大腸炎に対する結腸全摘ごの回腸嚢へ浸潤をきたした肛門管扁平上皮癌の1例
・ 野中健一、他: 低位前方切除術における左結腸動脈温存の意義
・ 長田真二、他: 地域がん診療ネットワークとその実践―院内キャンサーボードの地域連携への発展―
・ 山口和也、他: 化学療法奏功後 Stage IV 胃癌症例に対する Volume Reduction Surgery の臨床第II相試験
・ 高橋孝夫 : 【スポンサードシンポ07】Treating mCRC patients with biologic agents and future for personalized treatments. 
第68回日本大腸肛門病学会学術集会 (平成25年11月15日~16日 東京 )
・ 高橋孝夫、他: 当科における肛門管扁平上皮癌に対する化学放射線治療の延期・長期成績
・ 松橋延壽、他: 当科における80歳以上の大腸癌症例についての検討~栄養面の観点から~
・ 棚橋利行、他: 腹腔鏡下大腸切除術における開腹移行例の検討
・ 野中健一、他: 人工肛門閉鎖術における通常皮膚縫合と環状皮膚縫合との比較
第75回日本臨床外科学会総会 (平成25年11月21日~23日 名古屋 )
・ 高橋孝夫、他: 【パネルディスカッション07】進行再発大腸癌に対するAdjuvant surgery施行後の長期予後
・ 田中善宏、他: 【ワークショップ09】静脈血栓塞栓症予防におけるエノキサパリンの有効性と発症予測因子の検討
・ 佐々木義之、他: 【ワークショップ03】膵頭十二指腸切除術後grade B/C膵ろうの危険因子について
・ 棚橋利行、他: 【シンポジウム2】80歳以上の胃癌患者における手術・化学療法の検討
・ 山口和也 : 一般口演 胃:悪性疾患1、司会 
・ 野中健一、他: 腹腔鏡低位前方切除術におけるさ結腸動脈温存について
・ 二村学、他: PET/CT融合超音波画像を用いた腋窩リンパ節に対する navigation surgery
・ 長田真二、他: 【パネルディスカッション23】病診連携の現状と今後の課題―院内キャンサーボード(CB)会議の発展―
・ 山口和也、他: 完全鏡視下胃切除術における各再建法の定型化
・ 松橋延壽、他: 下部直腸癌における腹腔鏡下手術の手術器具選択の工夫
・ 山田敦子、他: 膵頭十二指腸切除術合併症の検討
・ 兼松昌子、他: 膵線維化から評価した膵切除術後経過予測について
・ 福田賢也、他: 膵頭十二指腸切除周術期におけるドレーン・チューブ管理
・ 櫻谷卓司、他: 肝再発切除を経て初回術後10年生存の肛門部胆嚢癌の1例
・ 久野真史、他: 胆嚢癌膵転移の1例
・ 高橋孝夫 : 一般口演 結腸:悪性疾患12、司会 
第26回日本内視鏡外科学会総会 (平成25年11月28日~30日 福岡 )
・ 山口和也、他: 腹腔鏡下胃切除術における当科の工夫
・ 奥村直樹、他: 当科における腹腔鏡下胃全摘除術の検討
・ 今井寿、他: 導入初期における腹腔鏡下肝切除術の問題点
・ 棚橋利行、他: 十二指腸腫瘍に対して腹腔鏡・内視鏡合同手術(LECS)を施行した1例
・ 野中健一、他: 腹腔鏡下手術における左結腸動脈温存の意義
・ 松橋延壽、他: 腹腔鏡下大腸切除における術前ステント治療の有用性
・ 高橋孝夫、他: 当科における腹腔鏡下大腸全摘術の治療経験
第26回日本バイオセラピィ学会学術集会総会 (平成25年12月5日~6日 岩手 )
・ 山田敦子、他: 【ワークショップ1】進行肝腫瘍に対する凍結治療の検討
・ 兼松昌子、他: 膵線維化の評価と膵切除術後経過予測の検討
・ 福田賢也、他: 【ワークショップ3】EMT発現機構へのHGFの関与について
日本消化器病学会東海支部119回例会 (平成25年12月7日 名古屋 )
・ 八幡和憲、他: 食道閉塞・気道狭窄を伴う頚部食道癌に対しDGS療法が著効し根治切除を施行し得た2例
・ 久野真史、他: 多発性巨大肝血管腫の1例
・ 三ツ田翔平、他: 転移性胃腫瘍の2例
・ 高橋孝夫 : 小腸①、座長 
ページメニューへ戻る

発表(地方)

第19回岐阜東洋医学研究会 (平成25年1月17日 岐阜 )
・ 田中善宏 : 食道癌周術期における六君子湯の使用例 
・ 、他: 
第285回東海外科学会 (平成25年4月7日 名古屋 )
・ 櫻谷卓司、他: 潰瘍性大腸炎サーベイランス中に進行大腸癌を合併したColitic Cancerの1例
・ 浅野元尋、他: fulvestrantが有効であった既存内分泌・化学療法体制転移性乳癌の1例
第220回岐阜外科集談会 (平成25年5月25日 岐阜 )
・ 八幡和憲、他: 食道癌に対するBiweekly DCF療法のPhaseII study
・ 福田賢也 : 一般演題、司会 
第29回東海大腸外科治療研究会 (平成25年7月12日 名古屋 )
・ 松橋延壽 : 安全に行うための左側結腸癌に対する工夫~脾彎曲授動におけるデバイスの使い分け~ 
第45回胃病態機能研究会 (平成25年8月3日 名古屋 )
・ 棚橋利行、他: 80歳以上高齢者における胃癌術後補助化学療法の検討
・ 八幡和憲、他: Vandetanibと5-FUの相乗効果とそのバイオマーカーの検討
第10回日本乳癌学会中部地方会 (平成25年9月8日 名古屋 )
・ 二村学 : 【ランチョンセミナー4】乳癌術前化学療法例における使用経験 
第18回岐阜乳腺セミナー (平成25年9月27日 岐阜 )
・ 森川あけみ、他: 乳癌癌性髄膜症症例の検討
第286回東海外科学会 (平成25年10月20日 岐阜 )
・ 高橋孝夫 : 【ランチョンセミナー】進行再発大腸癌治療における新展開―Adjvant Surgeryを含めた最近のエビデンス― 
・ 棚橋利行、他: 乳癌胃転移骨転移の1例
・ 久野真史、他: 診断に苦慮して痔瘻癌の一例
・ 奥村直樹 : 若手奨励賞(消化器1)、司会
第221回岐阜外科集談会 (平成25年11月16日 岐阜 )
・ 久野真史、他: 多発性肝巨大血管腫の1例
・ 市川賢吾 : 一般演題、司会 
・ 兼松昌子 : 一般演題、司会 
第19回岐阜内視鏡外科研究会 (平成25年12月14日 岐阜 )
・ 松橋延壽、他: 大腸癌イレウス対して術前ステント治療後における腹腔鏡大腸切除術の有用性
・ 棚橋利行、他: 腹腔鏡下胃切除術における当科の工夫
・ 山口和也 : 上部消化管、司会 
ページメニューへ戻る

発表(国際)

ASCO Special Round Table Discussion  (2013.6.3 Chicago, USA )
・ Takao Takahashi : Discussion of first-line treatment of Metastatic Colorectal Cancer. 
IGCC 2013 10th International Gastric Cancer Congress  (2013.6.20-22 Verona, Italy )
・ N.Okumura , et al.: Oncologic outcomes of laparoscopic gastrectomy.
・ K.Yawata , et al.:  Novel Strategy by synergistic effect of vandetanib with 5-FU for gastric cancer cells.
・ N.Okumura , et al.:  Laparoscopic proximal gastrectomy for early gastric cancer.
European Society of Coloproctology  (2013.9.25 Belgrade, Serbia )
・ Nobuhisa Matsuhashi , et al.:  Clinical efficacy of daikenchuto for colon cancer patients having colectomy: 1-year follow-up of a randomized, double-blind, multicenter, placebo-controlled trial (JFMC39-0902).
1st International conference of FACO, 16th Annual Meeting of CSCO 
(2013.9.26 Xiamen, China )
・ Manabu Furamura , et al.:  Clinical significance of PET/CT in patients with operable invansive breast cancer.
・ Naoki Okumura , et al.:  Clinicopathological study of gastric cancer in elderly patients.
European Society for Medical Oncology 2013  (2013.9.28 Am sterdam, Netherlands )
・ S. Osada , et al.:  Strategy for synchronous and multiple liver metastasis.
・ S. Osada , et al.:  The progression mechanism of hepatocellular carcinoma.
The 4th JCA-AACR Special Joint Conference  (2013.12.17 東京 )
・ Kazunori Yawata , et al.:  Novel Strategy by Synergistic Effect of Vandetanib with 5-FU for Gastric Cancer Cells.
・ Ryutaro Mori, et al.: Decreased FANCJ Caused by 5FU Contributes to the Increased Sensitivity to Oxaliplatin in Gastric Cancer Cells.
ページメニューへ戻る

発表(研究会)

ハラヴェン MEET THE EXPERT (平成25年1月28日 岐阜 )
・ 二村学 : 総合司会,乳腺・分子腫瘍学講座
・ 二村学 : ハラヴェンの使用経験とSABCS報告、司会
第8回岐阜大学大学院医学系研究科・医学部・付属病院 学術研究発表会
(平成25年3月8日 岐阜 )
・ 今井寿 : 腹腔鏡下肝切除の有用性に関する検討
・ 長田真二 : 平成24年度研究費重点配分課題.(9~、座長 
第3回大腸癌治療ガイドライン口座-実践編- (平成25年4月19日 岐阜 )
・ 高橋孝夫 : 【岐阜サイト特別企画】セッション3.Mini Lecture<分子標的約をどうマネジメントするか>、司会 
臨床研究推進支援経費 研究成果発表会 (平成25年7月1日 岐阜 )
・ 二村学 : 乳癌患者における可溶性膜蛋白(GPNMB/Osteoactivin)の予後因子・治療標的の可能性評価に関する研究 
TYけrbSmall Lecture Meeting in Gifu (平成25年7月30日 岐阜 )
・ 二村学 : HER2陽性乳癌治療におけるLapatinibの位置づけ、座長
岐阜県がん免疫栄養療法セミナー (平成25年10月17日 岐阜 )
・ 田中善宏 : 岐阜県におけるがん栄養管理の実際、司会 
岐阜大学大学院がん先端医療開発講座報告会 (平成25年12月12日 岐阜 )
・ 松橋延壽 : 寄付講座の過去2年間の業績と今後の展望 
・ 森川あけみ : 外来化学療法センターの現状と取り組み 
・ 高橋孝夫 : 司会 
ページメニューへ戻る

講演

Brest Cancer Overview Map meeting 2013 (平成25年1月19日 東京 )
・二村学 : 術前化学療法におけるpCRは予後因子となり得るか?
アバスチン適正使用カンファレンス (平成25年2月5日 岐阜 )
・二村学 : 進行再発乳癌治療におけるアバスチンの有用性
化学療法研究会 (平成25年2月6日 高山 )
・田中善宏 : がん化学療法における支持療法
化療エキスパートMR育成研修会 (平成25年2月7日 奈良 )
・田中善宏 : がん化学療法時の栄養管理
岐阜周術期管理セミナー (平成25年2月8日 岐阜 )
・高橋孝夫 : 腹腔鏡下手術における術後癒着防止の意義とセプラフィルム貼付の方法
・田中善宏 : 胃癌大腸癌開腹手術後の静脈血栓塞栓症におけるエノキサパリンナトリウムの有効性および安全性の検討
医学生・研修医等をサポートする会 (平成25年2月9日 岐阜 )
・二村学 : 女性も支える岐阜の外科医療
化療エキスパートMR育成研修会 (平成25年2月13日 福岡 )
・田中善宏 : がん化学療法時の栄養管理
大腸癌治療を考える会2013 (平成25年2月20日 名古屋 )
・高橋孝夫 : 患者の病態を考慮したPanitumumabの治療戦略
化療エキスパートMR育成研修会 (平成25年2月28日 福岡 )
・田中善宏 : がん化学療法時の栄養管理
第3回大腸癌セミナーin お茶の水 (平成25年3月1日 東京 )
・高橋孝夫 : 進行再発大腸癌に対する新たな治療戦略―Adjuvant Surgeryを含めて―
平成24年度マンモグラフィ読影研修会 (平成25年3月2日 岐阜 )
・名和正人 : マンモグラフィの所見 ~その他の所見、特に構築の乱れについて~
・二村学、名和正人 : 実習 グループ実習、講師
Colorectal Cancer Meeting in GIFU (平成25年3月2日 岐阜 )
・高橋孝夫 : Aggressive approachとしての抗EGFR抗体薬をどう使いこなすか?
第73回中濃医学セミナー BLS(Basic Lecture Series)基本講義シリーズ 
(平成25年3月16日 岐阜 )
・二村学 : みんなでささえる乳癌治療
エストロゲン受容体陽性HER2陰性乳癌に対するS-1術後療法ランダム化比較第Ⅲ相試験(POTENT) 中部エリアミーティング (平成25年3月20日 名古屋 )
・二村学 : 各施設での登録症例報告 POTENT症例の対象、同意・登録手順等
2013 Japan-Korea Nagoya Regional Breast Cancer Consensus Symposium 
(平成25年3月30日 名古屋 )
・二村学 : Adjuvant Treatment for premenopausal breast cancer.
Gastric Cancer Symposium in Nagoya~新規タキサン製剤の新展開~ 
(平成25年5月21日 名古屋 )
・二村学 : 乳癌術前化学療法例における使用経験
胆振大腸がんセミナー (平成25年5月24日 室蘭 )
・高橋孝夫 : 進行再発大腸癌に対する新たな治療戦略-Adjuvant Surgeryを含めて-(仮)
第7回周術期栄養療法研究会 (平成25年5月31日 岡山 )
・田中善宏 : 積極的栄養管理は食道癌化学療法になにをもたらすか
東海・北陸大腸癌分子標的療法検討会 (平成25年6月8日 名古屋 )
・高橋孝夫 : Section II Discussion.
ネットワーク大学コンソーシアム岐阜共同プログラム感染症対策講座 
(平成25年6月18日 岐阜 )
・高橋孝夫 : 代表的な感染症と対策 部位・臓器別~その② 急性腹症
九州大腸がんセミナー (平成25年6月29日 福岡 )
・高橋孝夫 : 【パネルディスカッション】大腸癌化学療法の新たなる治療戦略~ASCO2013の話題をふまえて~
・高橋孝夫 : 進行再発大腸癌に対する治療戦略-Adjuvant Surgeryを目指して-
第12回岐阜平成消化管疾患研究会 (平成25年7月12日 岐阜 )
・高橋孝夫 : 進行再発大腸癌に対する治療戦略
岐阜胃癌化学療法講演会 (平成25年7月26日 岐阜 )
・二村学 : 新規タキサン製剤“アブラキサン”の使用経験―特に乳がん術前化学療法例において―
第4回富山県大腸がん化学療法セミナー (平成25年7月27日 富山 )
・高橋孝夫 : 進行再発大腸癌に対する新たな治療戦略―Adjuvant Surgeryを含めて―
第四回ベクティビックス適正使用勉強会 (平成25年8月23日 佐世保 )
・高橋孝夫 : 進行再発大腸癌に対する治療戦略―ASCO2013を踏まえて―
第24回日本消化器癌発生学会総会ランチョンセミナー1 (平成25年9月5日 石川 )
・高橋孝夫 : 進行再発大腸癌に対する治療戦略―Adjuvant Surgeryを含めた最近のエビデンスを踏まえて―
Novartis Workshop for Breast Cancer Treatment (平成25年9月6日 名古屋 )
・名和正人
星薬科大学認定薬剤師研修会 (平成25年9月8日 東京 )
・田中善宏 : 消化器癌に対する抗癌剤治療の支持療法・副作用対策としての成分栄養剤の有用性
第3回東海消化器がん若手懇話会 (平成25年9月13日 名古屋 )
・高橋孝夫 : 進行再発大腸癌に対する治療戦略―ASCO2013を踏まえて―
大腸癌治療 Expert Meeting (平成25年9月18日 岐阜 )
・高橋孝夫 : ASCO2013での注目演題について
・高橋孝夫 : フロントラインにおける分子標的薬の位置付け
・松橋延壽 : フロントラインにおける分子標的薬の位置付け
アービタックス大腸がんExpert Webセミナー「大腸がん治療の最新エビデンス~FIRE-3 updateを踏まえて~ (平成25年9月24日 Web )
・高橋孝夫 : 進行再発大腸癌に対する治療戦略~高くて早い腫瘍縮小効果をもとめて~
浜松大腸癌セミナー (平成25年9月27日 浜松 )
・高橋孝夫 : 進行再発大腸癌に対する治療戦略―ASCO2013を踏まえて―
第18回岐阜乳腺セミナー (平成25年9月27日 岐阜 )
・森川あけみ : 乳癌癌性髄膜症症例の検討
がん化学療法の支持療法を勉強する会 (平成25年9月28日 奈良 )
・田中善宏 : 積極的栄養管理は食道癌治療に何をもたらすか
焼津市立総合病院NST公開セミナー  (平成25年10月1日 奈良 )
・田中善宏 : がん患者の栄養管理
St.Gallen2013 Symposium in Nagoya (平成25年10月11日 名古屋 )
・二村学 : St.Gallen2013コンセンサス会議が日本の日常臨床にどのように影響しているか
第6回阪神外科3Kの会 (平成25年10月12日 大阪 )
・山口和也 : 腹腔鏡下胃切除術における定型化への実践と進行胃癌に対するAdjuvant Surgery.
岐阜県がん免疫栄養療法セミナー (平成25年10月17日 岐阜 )
・松橋延壽 : 抗EGFR抗体治療時のアバンドによる皮膚障害軽減の可能性
第51回日本癌治療学会イブニングセミナー6 (平成25年10月24日 京都 )
・高橋孝夫 : 大腸癌化学療法の過去から未来 わが国から世界に向けたメッセージ
平成25年度生体支援セミナー (平成25年11月12日 岐阜 )
・田中善宏 : がんと栄養
岐阜SIRS/ALI治療フォーラム (平成25年11月30日 岐阜 )
・二村学 : 好中球エラスターゼの腫瘍増殖への関与について
愛知大腸癌勉強会 (平成25年12月6日 名古屋 )
・高橋孝夫 : 進行再発大腸癌治療における新展開―Adjuvant Surgeryを含めた最新のエビデンス―
第3回Translational Research Conference (平成25年12月9日 岐阜 )
・森光華澄 : 乳癌診療における超音波融合画像の現状と今後の展望
・二村学 : 岐阜大学腫瘍外科における乳癌診療とTranslational Research への取り組みについて
外科疾患治療セミナー (平成25年12月13日 岐阜 )
・高橋孝夫 : 進行再発大腸癌において経口剤を考慮した治療戦略