業績(平成28年度)

トップページ > 業績 > 平成28年度

論文(英文)

Is conversion therapy possible in stage IV gastric cancer: the proposal of new biological categories of classification.
Kazuhiro Yoshida, et al.: Gastric Cancer 19(2):329-338, 2016
The Significance of Histopathological Evaluation of Pancreatic Fibrosis to Estimate Pancreas Cancer Progression.
Shinji Osada, et al.: Journal of the Pancreas 17(1): 241-247, 2016
Conversion therapy for stage IV gastric cancer -the present and future.
Kazuya Yamaguchi, et al.: Translational Gastroenterology and Hepatology 1:50, 2016
Multicenter phase II study of combination therapy with cetuximab and S-1 in patients with KRAS exon 2 wild-type unresectable colorectal cancer previously treated with irinotecan, oxaliplatin, and fluoropyrimidines (KSCC 0901 study).
Takao Takahashi, et al.: Cancer Chemother Pharmacol 78:585-593, 2016
Computed tomograpy evaluation of morphological changes, clinical response and survival in colorectal cancer liver metastasis treated by regorafenib: A case report.
Nobuhisa Matsuhashi, et al.: Molecular and Clinical Oncology 5:807-810, 2016 DOI:10.3892/mco.2016.1045
The efficacy of "Abound TM," a natritional supplement containing L-glutamine, L-arginine, citric acid, and calcium HMB, for skin disorders that developed as adverse drug reactions to anti-EGFR antibody preparation administration:pilot study.
Nobuhisa Matsuhashi, et al.: Int J Colorectal Dis 31:1055-1057,2016
Phase II trial of neoadjuvant chemotherapy with docetaxel, nedaplatin, and S1 for advanced esophageal squamous cell carcinoma.
Yoshihiro Tanaka, et al.: Cancer Science 107(6):764-772, 2016
Phase II trial of biweekly docetaxel, cisplatin, and 5-fluorouracil chemotherapy for advanced esophageal squamous cell carcinoma. Cancer Chemotherapy and Pharmacology
Yoshihiro Tanaka, et al.: 77(6):1143-1152, 2016
Elemental diet plus glutamine for the prevention of mucositis in esophageal cancer patients receiving chemotherapy: a feasibility study.
Yoshihiro Tanaka, et al.: Support Care Cancer 24:933-941, 2016
The Significant Role of Cyclin D1 in the Synergistic Growth-inhibitory Effect of Combined Therapy of Vandetanib with 5-Fluorouracil for Gastric Cancer.
Kazunori Yawata, et al.: Anticancer Research 36: 5215-5226, 2016
Effective Hormone Therapy Reduces the Efficacy of Subsequent Chemotherapy in Hormone-Receptor-Positive Metastatic Breast Cancer.
Ryutaro Mori, et al.: Chemotherapy 5(3): DOI:10.4172/2167-7700.1000210, 2016
Appendicitis caused by the metastasis of HER2-positive breast cancer.
Ryutaro Mori, et al.: Surgical Case Reports 2:104 DOI 10.1186/s40792-016-1235-5, 2016
Combination therapy with zoledronic acid and cetuximab effectively suppresses growth of colorectal cancer cells regardless of KRAS status.
Junko Kato, et al.: Int. J. Cancer 138:1516-1527, 2016
Expression of TMEM207 in Colorectal Cancer: Relation between TMEM207 and Intelectin-1.
Kenichi Maeda, et al.: Journal of Cancer 7(2):207-213, 2016
MiR-133b inhibits growth of human gastric cancer cells by silencing PKM-splicer PTBP.
Taro Sugiyama, et al.: Cancer Science 107(12):1767-1775, 2016
Overexpression of KIF11 in Gastric Cancer with Intestinal Mucin Phenotype.
Takeharu Imai, et al.; Pathobiology 84(1):16-24, 2016
Russell body gastritis concurrent with eosinophilia: a case report.
Takeharu Imai, et al.: Hiroshima Journal of Medical Sciences 65(3-4):69-72, 2016

論文・著書(邦文)

上部消化器癌治療の現状と展望 ―Multidisciplinary treatment―
吉田和弘: 岐阜県内科医会雑誌29:1-9, 2016
胃管再建術のコツと要点
吉田和弘、他:臨床外科 71(9):1087-1091, 2016
消化器がん患者への経腸栄養の実際 周術期の栄養管理としての経腸栄養
山口和也、他:消化器の臨床 19(4):318-322, 2016
特集 外科医がしっておきたい癌化学療法と副作用対策 有害事象のグレード評価;CTCAE
高橋孝夫、他:消化器外科 39(3):285-294, 2016
特集4 GISTの化学療法
松橋延壽、他:消化器外科NURSING 21(8):701-708, 2016
がん患者の栄養管理―コンプライアンス向上のための方策―
田中善宏、他:臨床腫瘍プラクティス 12(1):100-104, 2016
消化器の手術&臓器のはたらき 10章 腔 I主な体腔の特徴など
田中善宏、他:消化器外科NURSING 2016秋季増刊:244-247, 2016
胆嚢炎症例におけるラパコレ―早期LCと待機的LC
今井寿、他:臨床外科 71(13):1530-1536,2016
文献紹介「進行胃癌患者の全生存期間におけるHER2, EGFR, c-MET 発現状況での予後への影響」
棚橋利行、他:胃癌 perspective 8(4):62-64, 2016
単孔式腹腔鏡手術で行ったMeckel憩室出血の2例
杉山太郎、他:日本外科系連合学会誌41(4):629-634, 2016
大腸Crohn病の後腹膜穿通により骨盤腔から下肢に至る広範囲膿瘍を形成した1例
館 正仁、他:日本救急医学会雑誌 27:130-136, 2016
直腸神経鞘腫に対して腹腔鏡下低位前方切除術を施行した1例
田中秀治、他:日本外科系連合学会誌 41(4):658-663, 2016
孤立性脳転移で発症した盲腸癌の1例
篠田智仁、他:日本臨床外科学会雑誌 77(8):1994-1999, 2016

発表(国際学会)

12th International Conference of the ACOS (2016.4.8-10, New Delhi, India)
Kazuhiro Yoshida:【Panel discussion】Multidisciplinary management of oesophageal cancer
Kazuhiro Yoshida:【Master Video Presentation】VATS esophagectomy and lymph node dissection
Kazuhiro Yoshida:【Master Video Presentation】D2 Gastrectomy
Manabu Futamura, ,et al.:Possible role of GPNMB in patients with breast cancer
Takao Takahashi, et al.:Short term results of laparoscopic Intersphincteric resection for lower rectal cancer
Nobuhisa Matsuhashi, et al.:Short and long-outcomes of Laparoscopic Gastrectomy: A Single-Center Safety and Feasibility Study
Satoshi Matsui, et al.:The clinical feature of c-Met high expression Hepatocellular carcinoma
KINGCA week 2016 & 6th APGCC (2016.4..21, Seoul, Korea)
Kazuhiro Yoshida:Oral Paper 1: Staging and Diagnosis.
Kazuhiro Yoshida:【Symposium 4】Conversion Therapy on Stage IV Gastric Cancer.
The 42nd Annual Meeting of Korean Cancer Association with International Cancer Conference (2016.6.17, Seoul, Korea)
Kazuhiro Yoshida:【Symposium 19】Oncology leadership in Asia.
24th International congress of the european Association for Endoscopic Surgery (E.A.E.S.) (2016.6.17, Am sterdam, Netherlands)
N.Matsuhashi, et al.:Oncologic outcomes of laparoscopic intersphincteric resection for very low rectal tumor: a single-center safety and feasibility study.
Second Triangle Symposium of the Poland-Hungary-Japan Surgical Society (2016.6.19, Lublin, Poland)
Nobuhisa Matsuhashi, et al.:Short and long-outcomes of laparoscopic intersphincteric resection for very low rectal tumor: a single-center safety and feasibility study.
Singapore Gastric Cancer Consortium 9th Annual Scientific Meeting (National University Hospital of Singapore) (2016.7.20, Singapore)
Kazuhiro Yoshida:Session II: The Role of miRNA in Gastric Cancer.
IASGO Continuing Medical Education: Advanced Post-Graduate Course in Sendai 2016 (2016.8.3, Sendai, Japan)
Kazuhiro Yoshida:Research Session.
Kenichi Maeda, et al.:Relation between TMEM207 and intelectin-1 in Colorectal Cancer.
Chika Shinoda, Toshiyuki Tanahashi, Kazuya Yamaguchi, Kazuhiro Yoshida:Adjuvant chemotherapy after gastrectomy for the elderly over 80.
IASGO 2016 (26th World Congress of IASGO) (2016.9.10, Seoul, Korea)
Kazuhiro Yoshida:Conversion Surgery: Proper Extent of Lymph Node Dissection in Conversion Surgery.
19th Annual Meeting of Chinese Society of Clinical Oncology (CSCO) (2016.9.22, Xiamen, China)
Kazuhiro Yoshida:Opening Remarks. (Co-Chair)
Kazuhiro Yoshida:Subject 4:Gastric Cancer. (Moderator)
Ryutaro Mori, et al.:P-glycoprotein plays an important role in cross-resistance to taxanes in 5FU-resistant gastric cancer cells.
Kenichi Maeda, et al.:Interaction between intelectin-1 and TMEM207 in Colorectal Cancer.
Takuji Sakuratani, et al.:Pathobiological property of TMEM207 in gastric signet-ring cell carcinoma; Effect of anti-TMEM207 antibody on gastric signet-ring cell carcinoma.
Jesse Y Tajima, et al.:Expression of GPNMB and its clinical significance in the breast cancer.
Toshihiro Tajirika, et al.:MiR-133b regulates the Warburg effect in gastric cancer cells, by silencing PKM-splicer PTBP1.
Chika Takao, et al.:Aberrant expression of LRP1B in invasive breast cancer.
40th World Congress of the International college of Surgeons (2016.10.24-25, Kyoto, Japan)
Kazuhiro Yoshida:Oral 23 Stomach 3. (Chair)
Nobuhisa Matsuhashi, et al.:Oncologic-outcomes of laparoscopic Intersphincteric resection for very low rectal tumor.
Ryutaro Mori, et al.:Effective hormone therapy reduces the efficacy of subsequent chemotherapy in hormone-receptor-positive metastatic breast cancer.
Hitoya Sano, et al.:Clinical Outcomes of Laparoscopic Gastrectomy: A Single-Center Study.
Yoshimi Asano, et al.:The diagnosis of a metastatic breast tumor from ovarian cancer by the succession of a p53 mutation.
Yoshihisa Tokumaru, et al.:Evaluation of therapy for rectal neuroendocrine tumor.
Chika Mizutani, et al.:A single-center study of the technical outcomes of delta-shaped anastomosis in laparoscopic distal gastrectomy.
Keita Matsumoto, et al.:The Virtue of "Abound.", A Nutritional Supplement Containing L-Glutamine, L-Arginine, Citric Acid and Calcium HMB, for Skin Disorders (including Acneiform Dermatitis) that Developed as Adverse Drug Reactions to Anti-EGFR Antibody Preparation (Panitumumab/Cetuximab) Administration:Pilot Study.
Tomonari Suetsugu, et al.:Identifying Treatment Response of Regorafenib for Colorectal Liver Metastases by Conforming Morphologic Changes in Computed Tomography Imaging: a Case Report.
APDW 2016 (2016.11.3-5, Kobe, Japan)
Kazuhiro Yoshida:Luncheon Seminar 13
Kazuhiro Yoshida:【Symposia】Surgical treatment of Gastric Cancer in Japan.
Hitoya Sano, et al.:Clinical Outcomes after Laparoscopic Gastrectomy at Gifu University: a Single-Center Study.
Yoshihisa Tokumaru, et al.:Evaluation of treatment for rectal neuroendocrine tumor.
Keita Matsumoto, et al.:The Efficacy of "Abound.", A Nutritional Supplement containing L-Glutamine, L-Arginine, Citric Acid and Calcium HMB, for skin Disorders (including Acneiform Dermatitis) that Developed as Adverse Drug Reactions to anti-EGFR Antibody Preparation (Panitumumab/cetuximab) administration: Pilot study.
38th KLASS Workshop Seoul International Gastri Cancer Forum 2016 (2016.12.3, Seoul, Korea)
Kazuhiro Yoshida:Lower mediastinal LN dissection of GEJ carcinoma on prone position.
13th International Conference of Society of Surgeons of Nepal (2016.12.23-24, Kathmandu, Nepal)
Kazuhiro Yoshida: Late Prof.AK Sharma Oration: Great milestones and perspectives of ACOS.
Kazuhiro Yoshida: 【Guest Lecture】New strategy of oncosurgical approach on stage IV gastric cancer.
Kazuhiro Yoshida: 【Video Presentation】VATS esophagectomy.

発表(全国)

第34回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 (平成28年1月21日, 横浜)
田中善宏:【アフタヌーンセミナー】がん患者にはなぜ栄養療法が必要か
第33回日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会総会 (平成28年2月19-20日, 甲府)
高橋孝夫:【教育セミナー】あなたは大丈夫?抗がん剤の曝露!適切なストーマケアを考えよう!!(司会)
高橋孝夫、松橋延壽、加藤順子、奥村直樹、石川りえ、作間久美、山口和也、吉田和弘:肛門温存術における Covering ileostomy に関する合併症の検討.
第12回日本消化管学会総会学術集会 (平成28年2月26-27日, 東京)
前田健一:早期胃癌におけるリンパ節転移の検討
平田伸也、:当院における20mm以下の直腸 Neuroendocrine tumor に対する手術症例の検討
篠田智仁:盲腸癌同時性脳転移の1例
第52回日本腹部救急医学会総会 (平成28年3月4日, 東京)
松井 聡:ERCP後膵炎および消化管穿孔による重度腹膜炎の1例.
篠田智久:移動盲腸に伴う盲腸軸捻転の一例.
土屋博、佐々木義之、長田真二、松井聡、今井寿、棚橋利行、田中善宏、松橋延壽、奥村直樹、高橋孝夫、山口和也、吉田和弘:膵頭十二指腸切除後出欠の早期予測について.
第88回日本胃癌学会総会 (平成28年3月18-19日, 別府)
吉田和弘:ポスター Conversion therapy 2(座長)
吉田和弘:【ランチョンセミナー10】食道胃接合部癌における郭清と再建.(発表)
Kazuhiro Yoshida, Kazuya Yamaguchi, Naoki Okumura, Toshiyuki Tanahashi:【シンポジウム3】International clinical trial of conversion therapy for stage IV gastric cancer.
山口和也:ポスター1-50 フォローアップ3. (座長)
山口和也:【パネルディスカッション2】Vulnerableな高齢者に対する胃癌術後補助化学療法.
棚橋利行:80歳以上高齢者に術後補助化学療法は必要か?
山口和也:stageIV胃癌に対する外科的治療介入の利点と欠点.
奥村直樹:当科におけるP0CY1胃癌の検討.
第49回制癌剤適応研究会 (平成28年3月25日, 会津若松)
吉田和弘:一般演題3「食道」(座長)
森龍太郎:5FU 耐性胃癌細胞株に認められたFdUMP の解毒による5FU耐性.
加藤順子:大腸癌KRAS・BRAF変異型へのゾレドロン酸とセツキシマブ併用治療.
田島ジェシー雄:乳癌、胃癌におけるGlycoprotein nonmetastatic Bの耐性メカニズムへの関与と治療標的の可能性.
第116回日本外科学会定期学術集会 (平成28年4月14-16日, 大阪)
吉田和弘:【ランチョンセミナー29】私が実践する腹腔鏡下胃切除と最新胃癌化学療法.(司会)
吉田和弘:【パネルディスカッション15】進行胃癌に対する集学的治療の現状と展望.(司会)
二村学、石原和浩、中田琢己、竹内賢、川口順敬、浅野雅嘉、長尾育子、森光華澄、森龍太郎、吉田和弘:乳癌術前化学療法におけるSPARCの発現とnab-PTX (Abraxan) の抗腫瘍効果の検討.
山口和也:ポスターセッション(46)胃 術後病態(司会)
長田真二:化学療法と外科治療:転移性肝癌.
松橋延壽:当科における腹腔鏡下内括約筋切除術の短期および長期治療成績 ―理学療法を加えた新たな肛門機能回復を目指して―.
佐々木義之:膵頭十二指腸切除術後の高喜合併症としての胆管炎.
今井 寿:肝細胞癌切除例における病理組織学的肝線維化と術前非侵襲的線維化マーカーの相関.
松井 聡:茵陳蒿湯がもたらす肝切除術後上昇ビリルビン値の正常化速度の向上.
森龍太郎:5FU耐性胃癌細胞株に対するdUMPの耐性減弱作用
棚橋利行:腹腔鏡下幽門側切除術におけるデルタ吻合の短期成績.
第59回岐阜県内科医会 (平成28年4月20日, 岐阜)
吉田和弘:【ランチョンセミナー】上部消化器癌治療の現状と展望 ―Multidisciplinary treatment―.
第37回癌免疫外科研究会 (平成28年5月12-13日, 川越)
吉田和弘:一般演題(口演)化学・免疫化学療法(司会)
前田健一:結腸癌におけるTMEM207と intelectin-1 の関連.
田尻下敏弘:大腸癌分泌膜小胞によるT細胞に対する利プログラミング.
第36回日本乳腺甲状腺超音波医学会 (平成28年5月29日, 京都)
二村学:【シンポジウム2】Vnav(PET-CT/CT 融合超音波画像)を併用した腋窩 navigation surgery の試み
第28回日本肝胆膵外科学会・学術集会 (平成28年6月2-4日, 大阪)
長田真二:一般ポスター演題40 膵臓・悪性・症例報告8(座長)
長田真二:【ビデオセッション06】膵切除における再建法の工夫.
今井 寿:大腸癌肝転移に対する適切な術前 Oxaliplatin 投与法の検討.
佐々木義之:胃切除後膵頭十二指腸切除術.
第25回日本癌病態治療研究会 (平成28年6月8-9日, 千葉)
二村学:Vnav(PET-CT/CT融合超音波画像)を用いた腋窩 navigation surgery の試み.
森龍太郎:再発乳癌薬物治療における病勢進行様式の違いによる予後の検討.
森光華澄:MRI/CT/US 各モダリティによる腫瘍長径および体積での術前化学療法効果判定の比較検討
森龍太郎:【プレジデンシャルシンポジウム2】若い力が拓く明日の乳がん治療.(ディスカッサント)
日本消化器病学会東海支部第124回例会 (平成28年6月18日, 浜松)
篠田智仁:当科における閉塞性大腸癌の短期成績およびカテゴリー別治療戦略.
土屋 博:【若手奨励賞受賞】度重なる穿孔を繰り返し治療に難渋した大腸型クローン病の1例.
第85回大腸癌研究会 (平成28年7月1日, 大阪)
松橋延壽:DPC時代における医療経済の視点から考えた腹腔鏡下大腸切除術の利点.
第70回日本食道学会学術集会 (平成28年7月5-6日, 東京)
吉田和弘:一般演題ポスター27(司会)
田中善宏:【ワークショップ4】食道癌術後縫合不全発症率0.8%を達成して.
平田伸也:CPT-11+CDDP 併用療法が奏功し根治切除しえた食道 Neuroendocrine carcinoma の1例.
篠田智仁:頚部食道切開で摘出した義歯による食道異物の1例.
高野 仁:食道癌治療中に門脈ガス血症をきたした2例.
第71回日本消化器外科学会総会 (平成28年7月14-16日, 徳島)
吉田和弘:【ワークショップ5】消化器外科領域における最新のトランスレーショナルリサーチ.(司会)
吉田和弘:【特別企画5】消化器外科における男女参画プログラム.(司会)
吉田和弘:【ランチョンセミナー15】胃癌治療における術後補助化学療法の役割.(司会)
長田真二:一般演題 大腸:肝転移(モデュレーター)
長田真二:大腸癌肝転移に対する集学的治療.
山口和也:胃癌Conversion therapy後の補助化学療法.
高橋孝夫:下部直腸癌に対する腹腔鏡下括約筋間直腸切除術による治療成績―腫瘍学的および肛門機能を中心に―.
奥村直樹:【ワークショップ13】腹部大動脈周囲リンパ節転移陽性胃癌に対するNAC+3D郭清を伴う胃切除術の治療成績.
松橋延壽:当科における閉塞性大腸癌の短期成績およびカテゴリー別治療戦略.
田中善宏:進行食道癌に対するDGS療法の第2相試験.
佐々木義之:【ワークショップ21】Favorite management to postoperative cholangitis after pancreatectomy.
今井 寿:大腸癌肝転移症例に対するOxaliplatinベースの術前化学療法において分子標的治療薬併用の影響.
松井 聡:肝切除後ビリルビン値の正常化を促進する茵陳蒿湯内服による術前介入.
森龍太郎:5FU耐性胃癌細胞株に対するdUMPの耐性減弱作用.
棚橋利行:当科における腹腔鏡下胃切除術における短期成績
加藤順子:ゾレドロン酸とセツキシマブ併用療法.
館正仁:一般演題 大腸:術後合併症2(若手座長)
平田伸也:食道癌術後難治性吻合部狭窄に対しradial incision and cutting method (RIC法)を用いて改善した1例.
篠田智仁:子宮体癌、大腸癌合同腹腔鏡下手術の試み(婦人科とのコラボレーション).
土屋博:大腸癌全身転移と鑑別を要したサルコイドーシスの1例.
第2回日本医薬品安全性学会学術大会 (平成28年7月23日, 岐阜)
高橋孝夫:【ランチョンセミナー4】 大腸癌に対する化学療法-特にチーム医療での副作用マネジメントについて-
第47回日本膵臓学会大会・第20回国際膵臓学会・第6回アジアオセアニア膵臓学会 (平成28年8月4-5日, 仙台)
Hisashi Imai, Shinji Osada, Satoshi Matsui, Yoshiyuki Sasaki, Nobuhisa Matsuhashi, Takao Takahashi, Kazuya Yamaguchi, Kazuhiro Yoshida:Gastric varices with splenic vein occlusion due to autoimmune pancreatitis treated by splenic arterial embolization followed by splenectomy : case report
第27回日本消化器癌発生学会総会 (平成28年9月15-16日, 鹿児島)
吉田和弘:【シンポジウム5】消化器癌の免疫-基礎から臨床へ-.(司会)
森龍太郎:FdUMPの解毒による5FU耐性.
前田健一:大腸がん細胞内におけるintelectin-1 とTMEM207の相互作用について.
今井健晴:胃癌におけるKIF11の機能および発現意義.
田島ジェシー雄:消化器癌におけるGlycoprotein nonmetastatic BとEGFRとのcross talkの可能性とその臨床的意義.
櫻谷卓司:胃癌におけるARID1Aの発現に関する臨床病理学的検討.
田尻下敏弘:PTBP1関連miR-133bによるWarburg効果を介した胃癌細胞株増殖の調整.
第36回日本分子腫瘍マーカー研究会 (平成28年10月5日, 横浜)
鷹尾千佳、森川あけみ、竹内保、二村学、吉田和弘:浸潤性乳癌におけるARID1A発現と予後との関連性
今井健晴:KIF C1とKIF11の胃がんにおける分子腫瘍マーカーとしての意義.
第75回日本癌学会学術総会 (平成28年10月6-8日, 横浜)
二村学:ポスターセッション 胃癌(1)(座長代理)
鷹尾千佳:乳癌におけるLRP18遺伝子発現異常.
スチンゴワ:Mieap の乳腺腫瘍における発現とその意義について.
田尻下敏弘:Warburg effectに関わるPTBP1関連miR-133bによる胃癌増殖の調整.
今井健晴:KIF11は腸型胃癌の発生に関与する.
第54回日本癌治療学会学術集会 (平成28年10月20-22日, 横浜)
吉田和弘:【学術セミナー04】胃癌補助化学療法の新たなる展開.(司会)
Kazuhiro Yoshida:ASCO/JSCO Fellowship Program 2016 Fellow Reports.(Chair)
Kazuhiro Yoshida:UICC-Japan/JSCO-Joint International Symposium on Global Cancer Control.(Chair)
吉田和弘:第3回消化器癌栄養療法研究会(座長)
Kazuhiro Yoshida:【FACO/JSCO Joint Symposium】 FACO first clinical trial - Update of international retrospective cohort study of conversion therapy for Stage IV gastric cancer (CONVO-GC)-1.
中川昇典、吉田和弘:胃癌の二次治療における nab-PTX(weekly/q3)とweekly PTX との第3相比較試験(ABSOLUTE).(共著)
二村学:【ワークショップ20】乳腺5:その他(座長)
二村学:【ワークショップ19】p53下流遺伝子Mieapの乳腺腫瘍における発現とその意義について
山口和也:【ミニシンポジウム52】Conversion therapyを見据えたStage IV胃がんのカテゴリー分類.
高橋孝夫:【ミニシンポジウム17】Stage II/III 肛門管扁平上皮癌に対する化学放射線療法の治療成績.
松橋延壽:【ワークショップ49】抗EGFR抗体薬を中心とした大腸癌個別化医療にむけた治療戦略.
田中善宏:【ワークショップ71】M1Ln食道癌の治療成績.
田中善宏:【ワークショップ75】食道癌患者の体重を減らさない工夫.
田中善宏:【支援研究成果発表会】食道癌患者へのDCF療法時における成分栄養剤の口腔粘膜炎抑制効果の検討.
今井寿:ポスター14 膵臓2:新規治療/症例報告.(モデレーター)
今井 寿:膵管内乳頭粘液性腺癌再発症例の臨床病理学的特徴.
松井 聡:破裂肝細胞癌に対して肝切除を施行した4例.
棚橋利行:【ワークショップ46】当科における腹腔鏡下胃全摘術の短期・長期成績.(発表)
森龍太郎:【ミニシンポジウム38】FdUMPの解毒による5FU耐性とdeoxyuridineによる耐性解除.
櫻谷卓司:術後5年以後に再発し癌死した食道癌の2例.
田島ジェシー雄:ポスター34 大腸4:Bench to Bed.(モデレーター)
田島ジェシー雄:消化器癌におけるGPNMBとEGFR cross talkの可能性.
佐野仁哉:ポスター5 胃1:化学療法(1)(モデレーター)
佐野仁哉:高齢胃癌患者におけるS-1術後補助化学療法の工夫.
浅井竜一:ポスター9 大腸1:手術療法-症例報告に学ぶ-.(モデレーター)
浅井竜一:Crohn病に合併した前立腺浸潤を伴う痔瘻癌の一例.
平田伸也:DCF療法が奏功した骨盤内原発不明癌の2例.
高野 仁:直腸GISTに対して経会陰的に切除しえた1例.
篠田千佳:当科での進行・再発胃癌に対するCapeOX療法の使用経験.
松本圭太:甲状腺癌肝転移に対して腹腔鏡下肝部分切除術を施行した1例.
土屋 博:腹腔内巨大腫瘤を形成したGCFS産生悪性腹膜中皮腫の一例(剖検結果も含めて).
第46回胃外科・術後障害研究会 (平成28年10月27日, 米子)
吉田和弘:主題1高齢者進行胃癌に対する治療戦略(定型か縮小か)(座長)
山口和也:要望演題1-2 高齢者に対する腹腔鏡手術の短期・長期治療成績2(座長)
棚橋利行:当科での80歳以上高齢者胃癌患者に対する腹腔鏡下胃切除術の短期・長期成績.
JDDW2016 第24回日本消化器関連学会週間 (平成28年11月3-5日, 神戸)
吉田和弘:【シンポジウム2】腹腔鏡下胃切除術(司会)
長田真二:デジタルポスターセッション 膵臓・その他(座長)
松橋延壽:当科における直腸GISTの治療成績.
田中善宏:表層拡大型食道癌の予後.
今井寿:大腸癌肝転移に対する肝切除術における術後補助化学療法の意義.
棚橋利行:当科での80歳以上高齢者における胃癌術後補助化学療法
第71回日本大腸肛門病学会学術集会 (平成28年11月18-19日, 伊勢)
高橋孝夫:一般演題ポスター51 小腸 悪性腫瘍(座長)
高橋孝夫:【ランチタイムセミナー】RAS野生型切除不能進行再発大腸癌に対して抗EGFR抗体薬を使うメリット~外科医の視点から~.
高橋孝夫:切除可能局所進行直腸癌に対する術前化学放射線療法による臨床的・組織学的効果.
松橋延壽:直腸NET(20mm以下)の治療指針.
土屋博:3度の穿孔後に根治的手術を施行し得た大腸型クローン病の1例.
日本消化器病学会東海支部第125回例会 (平成28年11月19日, 名古屋)
水谷千佳:当科での進行再発胃癌に対する Ramucirumab の使用経験.
松本圭太:膵管癒合不全の存在が疑われた、閉塞性黄疸で発症したIPMN由来浸潤癌の1例.
第78回日本臨床外科学会総会 (平成28年11月24-26日, 東京)
吉田和弘:【ワークショップ07】 超高齢者に対する癌治療―その適応と限界(食道・胃)(司会)
長田真二:大腸癌両葉多発肝転移の治療戦略.
山口和也:一般口演 食道:悪性疾患(化学療法あり)3(司会)
山口和也:腹腔鏡下噴門側胃切除術におけるリンパ節郭清と再建の工夫.
高橋孝夫:一般口演 大腸:悪性疾患(補助療法 術前)(司会)
高橋孝夫:根治切除不能・困難な局所進行結腸・直腸癌に対するConversion Therapy 症例の検討.
松橋延壽:一般示説 大腸:良性疾患(脾腫瘍)7(司会)
松橋延壽:膜の解剖(腫瘍学・機能温存)を意識した腹腔鏡下直腸間全切除術(TME/TSME)の手術手技.
田中善宏:一般示説 食道:悪性疾患(化学療法あり)1(司会)
田中善宏:【ランチョンセミナー07】癌患者と歩む臨床栄養.
田中善宏:食道癌周術期管理の工夫.
森龍太郎:画像所見を伴った潜在性乳癌の1例.
櫻谷卓司:食道癌術後5年以後の遅発性再発の2例.
佐野仁哉:当科におけるStageIV 胃癌長期生存例の検討.
今井健晴:【総会特別企画2】地域外科医療の問題点とその対策 大学医局関連病院との連携による僻地・過疎地域でのモチベーションの向上の工夫.(共著)
鷹尾千佳:乳癌を合併したCarney complex の一例.
浅井竜一:根治切除後に側方リンパ節転移再発を来した直腸神経内分泌腫瘍の一例.
平田伸也:食道癌術後難治性吻合部狭窄の2例.
高野仁:レゴラフェニブ投与中に重傷の多型紅斑を呈した1例.
水谷千佳:幽門狭窄を伴い胃癌と鑑別を要したIgG4関連後腹膜線維症の1例.
土屋博:直腸GIST 8例における治療成績の検討.
第29回日本内視鏡外科学会総会 (平成28年12月8-10日, 横浜)
吉田和弘:【パネルディスカッション5】腹腔鏡下胃全摘後の再建法とD2郭清手技.(司会)
吉田和弘:【Educational Lecture 25】個別化が進む大腸癌治療の現状~高齢者における外科的治療と化学療法のEvidence~.(司会)
山口和也:一般演題 胃 高齢者手術2(司会)
山口和也:助手からみた腹腔鏡下幽門側胃切除術のリンパ節郭清と再建.
高橋孝夫:腹腔鏡下 Covering stoma 造設例における合併症の検討.
松橋延壽:早くて安くて上手い大腸内視鏡外科を目指して.
今井寿:当科における腹腔鏡下肝切除術の変遷と手術成績.
棚橋利行:当科における内視鏡外科技術認定医取得への取り組み.

発表(地方会・研究会)

第84回大腸癌研究会 (平成28年1月15日, 熊本)
松橋延壽:当科における肛門機能も含めた腹腔鏡下内括約筋切除術の短期および長期治療成績.
第14回岐阜膵臓外科研究会 (平成28年1月15日, 岐阜)
吉田和弘:(司会)
みんなで考えよう骨転移 in 岐阜 (平成28年1月22日, 岐阜)
二村学:パネルディスカッション 骨転移キャンサーボード.(座長)
第20回愛知内視鏡外科研究会 (平成28年1月23日, 名古屋)
松橋延壽:当科の腹腔鏡下内括約筋切除術(ISR)における工夫.
Chugai Colorectal Cancer Seminar 2016 in Gifu~Final Announcement~ (平成28年2月4日, 岐阜)
吉田和弘:特別講演(司会)
地域包括ケア体制に向けたがん連携パスの病院専門医・診療所意思による検討会 (平成28年2月6日, 岐阜)
二村学:テーマ がん連携パスの今後の方向性について.(パネリスト)
Gastric Cancer Symposium in Nagoya (平成28年2月10日, 名古屋)
吉田和弘:Session Ⅰ(司会)
第28回静岡県病院薬剤師会学術大会 (平成28年2月14日, 静岡)
松橋延壽:【ランチョンセミナー】大腸がん患者における多職種チーム医療(医薬中心)の在り方.
第8回岐阜DIF研究会 (平成28年3月4日, 岐阜)
吉田和弘:Special LectureⅡ(閉会の辞)
第5回Translational Research Conference (平成28年3月7日, 岐阜)
吉田和弘:(総合司会)
第3回遺伝性腫瘍研究会 (平成28年3月19日, 名古屋)
二村学:第二部一般演題(座長)
第226回岐阜外科集談会 (平成28年5月14日, 岐阜)
吉田和弘:特別講演 心疾患患者における一般外科手術(座長)
浅野好美:一般演題(座長)
土屋博:切除不能大腸癌多発転移との鑑別診断を要したサルコイドーシスの1例.
第70回手術手技研究会 (平成28年5月21日, 品川)
吉田和弘:上部消化管3(座長)
松橋延壽:膜の解剖を意識した腹腔鏡下直腸間膜全切除術(TME)の手術手技.
Chugai Gastric Cancer Seminar in Gifu (平成28年5月26日, 岐阜)
吉田和弘:特別講演(座長)
第65回東海ストーマ・排泄リハビリテーション研究会 (平成28年6月4日, 静岡)
高橋孝夫:一般演題(座長)
実例に学ぶホルモン耐性の克服. (平成28年6月24日, 岐阜)
二村学:(総合司会)
大腸手術手技勉強会~Video Camps~ (平成28年7月2日)
高橋孝夫:講演「術前診断に対応した右側結腸切除」(座長)
高橋孝夫:Video Conference(講師)
高野仁:若手外科医(卒後6年目)が行う腹腔鏡下低位前方切除術~技術認定医を目指して~.(症例提示)
第1回早期乳がんラジオ波熱焼灼療法研究会 (平成28年7月16日, 東京)
二村学:研究の進捗状況(全症例呈示と問題点).
第五期乳がんTV講座第2回 (平成28年7月22日, 岐阜)
二村学:実臨床におけるLuminal HER2 乳がんの治療の実際.(司会)
森龍太郎:実臨床におけるLuminal HER2 乳がんの治療の実際.(討論・症例提示)
TAKEDA Colorectal Cancer Seminar (平成28年7月25日, 名古屋)
吉田和弘:パネルディスカッション(座長)
JBCRG-MO6試験 TR検討会議 (平成28年8月20日, 東京)
二村学:バイオマーカー検討会プレゼンテーション
Chugai Anti-VEGF Therapy Seminar (平成28年9月1日, 岐阜)
吉田和弘:Session 2(座長)
第13回日本乳癌学会中部地方会 (平成28年9月10-11日, 名古屋)
北澤舞:若年性巨大線維腺腫の切除およびエキスパンダー挿入を行った1例.
二村学:【スポンサードシンポジウム】Luminal/HER2乳癌:分子標的薬をうまく使いこなす.
Scientific Exchange Meeting (平成28年9月15日, 岐阜)
二村学:Latest clinical update 1(座長)
Colorectal Cancer Treatment Forum in Gifu ~2nd circular~. (平成28年9月28日, 岐阜)
吉田和弘:特別講演②(閉会の辞)
第21回岐阜乳腺セミナー (平成28年9月30日, 岐阜)
吉田和弘:特別講演(座長)
KGPS-京都岐阜小児外科カンファレンス-. (平成28年10月14日, 京都)
吉田和弘:(閉会の挨拶)
第292回東海外科学会 (平成28年10月16日, 岐阜)
吉田和弘:特別講演(座長)
森龍太郎:Pertuzumab+Herceptin maintenance+ホルモン療法で長期病勢コントロールされた1例.
平田伸也:食道癌術後難治性吻合部狭窄の1例.
松本圭太:甲状腺低分化癌肝転移に対して腹腔鏡下肝部分切除術を施行した1例.
末次智成:潰瘍性大腸炎による colitic cancer 術後の吻合部近傍に瘻孔形成をきたした1例.
岐阜県大腸癌Meeting (平成28年10月28日, 岐阜)
吉田和弘:特別講演(閉会の辞)
高橋孝夫:ディスカッション(座長)
松橋延壽:テーマ 進行再発大腸癌後方ライン治療 ロンサーフの意義.(ディスカッサント)
第15回岐阜膵臓外科研究会 (平成28年11月11日, 岐阜)
吉田和弘:(総合司会)
第121回東海食道疾患症例検討会 (平成28年11月11日, 名古屋)
田中善宏:(司会)
第227回岐阜外科集談会 (平成28年11月12日, 岐阜)
吉田和弘:共催セッション(座長)
田中善宏:【ショートレクチャー】悪性腫瘍患者における静脈血栓症のリスクマネジメント.
館正仁:一般演題 (座長)
徳丸剛久:一般演題 (座長)
末次智成:【若手奨励賞受賞】化学放射線療法が著効した原発性不明癌と診断された左後腹膜腫瘍の一例.
第14回日本乳癌学会近畿地方会 (平成28年12月3日, 大阪)
二村学:【ランチョンセミナー】アブラキサン術前化学療法から見えてきたもの.

講演会

プレゼンテーションスキルから学ぶ最新の大腸癌治療 (平成28年1月14日, 熊本)
高橋孝夫:大腸癌術後補助化学療法の適切な選択 ―最近のエビデンスより考える―.
第12回老化と生活習慣病を考える会 (平成28年1月21日, 岐阜)
高橋孝夫:今増えている大腸癌 ~治療の最前線~.
岐阜市社会福祉協議会鷺山支部 健康講座 (平成28年1月23日, 岐阜)
高橋孝夫:今増えている大腸癌の勉強を一緒にしましょう ~ここまですすんだ大腸癌治療~.
Clinical Cancer Symposium (平成28年1月28日, 博多)
吉田和弘:胃癌周術期化学療法の最前線.
平成27年度第3回筑後ブロック胃がん検診講習会兼第284回筑後地区胃研究会特別講演会 (平成28年2月19日, 久留米)
吉田和弘:上部消化器癌治療の最前線.
第三回岡崎がん化学療法セミナー (平成28年2月24日, 岡崎)
田中善宏:治療侵襲と栄養管理.
第5回岐阜診療連携セミナー -がん領域における最近の知見(大腸癌診療)- (平成28年2月25日, 岐阜)
吉田和弘:(司会)
松橋延壽:講演1(司会)
高橋孝夫:当科の目指す大腸癌外科治療-根治性と機能温存の追求-.
がん検診従事者研修会 (平成28年3月4日, 岐阜)
吉田和弘:胃がん検診の課題と精度管理について.
第170回飛騨臨床医会 (平成28年3月4日, 高山)
二村学:乳癌診療の今、そしてこれから.
地域がん診療連携拠点病院特別講演かい (平成28年3月11日, 唐津)
高橋孝夫:チーム医療で挑む大腸癌治療~更なる治療成績向上に向けて~.
かかりつけ医健康増進啓発推進事業 (平成28年3月19日, 岐阜)
高橋孝夫:専門医(外科)の立場から:大腸癌治療の最前線 ~根治性と機能温存の追及~.
第6回岐阜ストーマリハビリテーション講習会 (平成28年3月19日, 岐阜)
高橋孝夫:直腸がん手術の実際.
松橋延壽:消化管ストーマ造設法と外科的合併症.
第6回岐阜診療連携セミナー (平成28年3月24日, 岐阜)
松橋延壽:講演(司会)
田中善宏:食道癌への集学的治療.
山口和也:胃癌外科治療のオーバービュー.
第31回城南消化器疾患懇話会 (平成28年3月25日, 東京)
吉田和弘:上部消化器癌治療の最前線.
かかりつけ医健康増進啓発推進事業 (平成28年3月26日, 岐阜)
吉田和弘:今なぜ胃がん治療が注目されるか.
平成28年度岐阜産科婦人科研究会 (平成28年4月16日, 岐阜)
高橋孝夫:産婦人科医と消化器外科医との協調~産科婦人科関連の消化器疾患やコラボレーション手術~.
がん化学療法・栄養支持療法勉強会 (平成28年4月24日, 山形)
田中善宏:癌治療におけるサポーティブケアの最前線―治療侵襲と栄養管理―.
TAIHO Web Lecture for Gastric Cancer (平成28年4月25日, 岐阜)
吉田和弘:本那における胃癌周術期化学療法を考える.
Clinical Cancer Symposium in IZUMO (平成28年4月28日, 出雲)
吉田和弘:上部消化器癌治療の最前線.
西日本がん免疫栄養療法 Network Meeting (平成28年5月7日, 岡山)
田中善宏:がん患者への栄養療法の実践とコンプライアンス向上の工夫.
栃木県サイラムザ記念講演会 (平成28年5月16日, 宇都宮)
吉田和弘:上部消化器癌治療のトピックス.
GI Cancer Treatment Seminar in Oita City (平成28年5月23日, 大分)
吉田和弘:上部消化器癌治療の最前線.
第4回がんセンター公開講座 (平成28年5月25日, 岐阜)
吉田和弘:岐阜県の「がん対策」と岐阜大学病院のがん治療への取り組み.
消化器癌フォーラム (平成28年6月3日, 福山)
山口和也:胃癌外科治療の現状と今後~高齢者胃癌とStageIV胃癌~.
第24回日本外科学会生涯教育セミナー(中部地区) (平成28年6月5日, 岡谷)
山口和也:高齢者に対する化学療法の考え方.
第2回なでしこがんセミナー (平成28年6月10日, 広島)
吉田和弘:上部消化器がん治療の最前線.
Educational Seminar in GIFU (平成28年6月13日, 岐阜)
吉田和弘:(座長)
山口和也:胃癌外科治療のオーバービュー.
第10回周術期栄養療法研究会 (平成28年6月24日, 岡山)
吉田和弘:上部消化器治療とチーム医療.
地域連携カンファレンス 乳がんの診断と治療 (平成28年6月30日, 福井)
二村学:進化する乳癌治療と地域の役割.
Osaka Breast Cancer Meeting (平成28年7月2日, 大阪)
二村学:アブラキサンの使用経験から学んだこと.
第9回ストーマケア研修会 (平成28年7月18日, 岐阜)
高橋孝夫:ストーマ造設の手術を受けた人が術後の生活で気をつけること.
NUHS Oncology Grand Round (平成28年7月20日, Singapore)
Kazuhiro Yoshida:Management of Advanced Gastric Cancer in Japan-Recent Advances.
大腸癌化学療法の治療戦略を考える in 岐阜 (平成28年7月21日, 岐阜)
高橋孝夫:(総合座長)
松橋延壽:大腸癌化学療法における分子標的薬の使いどころ~抗EGFR抗体製剤と抗VEGF抗体製剤~.
Chugai Gastrric Cancer Seminar in KYOTO (平成28年7月22日, 京都)
吉田和弘:食道胃接合部癌の治療戦略.
Colorectal cancer seminar in 室蘭 (平成28年7月22日, 室蘭)
高橋孝夫:エビデンスに基づいて大腸癌治療戦略を考える~外科医の視点より~.
第20回愛知北部がん研究会 (平成28年7月28日, 小牧)
高橋孝夫:大腸癌診療と病診連携パス.
次世代の大腸がん治療セミナー (平成28年7月30日, 名古屋)
高橋孝夫:外科医の視点より大腸癌治療戦略を考える―現在の課題と今後―.
第13回日本癌治療学会市民公開講座 (平成28年7月31日, 岐阜)
吉田和弘:セッション1(開会の挨拶)
吉田和弘:なぜ岐阜県では女性の胃癌死亡率が高いのか?
二村学:女性を「乳がん」から救わないと大変なことになってしまう!
高橋孝夫:大腸がんに気を付けましょう-女性で死亡数が最も多く、将来最も罹患数が多くなる-.
大鵬薬品工業社内研修会 (平成28年8月3日, 岐阜)
二村学:乳癌治療におけるアブラキサンの役割.
第1回北日本胃がん集学的治療研究会 (平成28年8月20日, 札幌)
吉田和弘:上部消化器癌の治療の潮流.
平成28年度市民公開講座がん薬物療法の最前線 (平成28年8月27日, 岐阜)
高橋孝夫:ここまですすんだ大腸癌化学療法.
二村学:乳がん薬物療法のめざすところ.
ベクティビックス全国Web講演会 (平成28年8月30日, Web)
高橋孝夫:RAS野生型進行再発大腸癌に対する1次治療における抗EGFR抗体薬の役割.
第21回中日消化外科学術交流会 (平成28年9月2日, 中国・大連)
吉田和弘:食道・胃接合部癌の治療戦略
第22回静岡消化器癌セミナー (平成28年9月8日, 静岡)
吉田和弘:胃癌治療の最前線.
胃がん検診関係者向け第1回研修会 (平成28年10月1日, 岐阜)
吉田和弘
リレーフォーライフジャパン2016岐阜 (平成28年10月8日, 岐阜)
二村学:がんと遺伝について.
高橋孝夫:がんと遺伝について.
第9回アソシエ東京UGI (平成28年10月13日, 東京)
吉田和弘:上部消化器がん治療の新戦略.
第36回東海大腸外科治療研究会 (平成28年10月14日, 名古屋)
高橋孝夫:局所進行直腸癌に対する周術期化学療法.
健康増進セミナーin岐阜 (平成28年10月15日, 岐阜)
吉田和弘:ここまできた、胃がん治療の最前線.
三重中勢大腸がんセミナー (平成28年10月17日, 津)
松橋延壽:大腸癌化学療法における分子標的薬の使い分け.
第3回消化器癌栄養療法研究会 (平成28年10月21日, 横浜)
田中善宏:癌治療の栄養学的介入.
東海オンコロジー入門セミナー (平成28年10月22日, 岐阜)
高橋孝夫:大腸がん
第38回倉敷NST研究会 (平成28年10月25日, 倉敷)
田中善宏:がんと栄養.
周術期水分管理セミナー in Osaka. (平成28年10月29日, 大阪)
田中善宏:食道がん切除術における術前化学療法とFlo Trac を用いた循環管理.
第24回岐阜乳腺疾患カンファレンス (平成28年11月11日, 岐阜)
浅野好美:外科になるまでの足取り~そして乳腺外科を目指して~.
岐阜県看護協会教育研修 B-2専門職としての知識・技術・態度の向上を目指す教育 No.27生活と治療をつなぐ乳がん患者のセルフケア支援 (平成28年11月15日, 岐阜)
二村学:乳がんの最新治療について(手術療法・薬物療法・放射線療法).
第一回市民公開講座(岐阜大学遺伝子診療部主催) (平成28年11月20日, 岐阜)
二村学:注目され始めた遺伝性乳がん.
第7回済生会一般外科・消化器外科研究会 (平成28年11月25日, 東京)
吉田和弘:【特別講演】上部消化器がん治療の新戦略.
National Cancer Center, Korea (平成28年12月2日, Seoul, Korea)
Kazuhiro Yoshida:【Invited Lecture】Current topic of upper GI cancer treatment.
第1回がんセミナー(日本生命保険相互会社岐阜支社主催) (平成28年12月3日, 岐阜)
高橋孝夫:大腸がんなんて怖くない~ここまで進んだ大腸がん治療~.
大腸がん治療研究会in諏訪 (平成28年12月14日, 諏訪)
松橋延壽:大腸癌治療における最近の話題~岐阜大学の取り組みも含めて~.
GI Cancer Sminar in TOKYO (平成28年12月17日, 東京)
高橋孝夫:RAS野生型進行再発大腸癌に対する1次治療における抗EGFR抗体薬の役割