業績(平成26年度)

トップページ > 業績 > 平成26年度

論文(英文)

Possible involvement of tumor-producing VEGF-A in the recruitment of lymphatic endothelial progenitor cells from bone marrow.
Masahiro Tawada, et al.: Oncology Report 32:2359-2364, 2014
Surgical Indications for Multiple and Synchronous Liver Metastases from Colorectal Cancer.
Shinji Osada, et al.: Hepato-Gastroenterology 61:722-726, 2014
A case report on efficacy of Abound for anti-EGFR antibody-associated skin disorder in metastatic colon cancer.
Nobuhisa Matsuhashi, et al.: World Journal of Surgical Oncology 12:35, 2014
ページメニューへ戻る

論文(邦文)

下部直腸癌における側方リンパ節郭清 「化学放射線療法」の立場から
高橋孝夫、他:  臨床外科 69(2):164-169, 2014
抗EGFR 抗体薬による皮膚障害と対策 ―栄養補助食品を用いた新しい試み―
松橋延壽、他:  臨床腫瘍プラクティス 10(3):386-392, 2014
外来化学療法におけるチーム医療―大腸癌治療を中心に―
高橋孝夫、他:  消化器外科 37(3):305-313, 2014 3月
胃癌、大腸癌開腹手術後の静脈血栓塞栓症予防におけるエノキサパリンの有効性・安全性および静脈血栓塞栓症発症予測因子の検討
田中善宏、他:  日本外科系連合会誌 39(1):1-8, 2014 2月
胃の術前術後ケア
奥村直樹、他:  消化器外科 NURSING 19(4):337-345, 2014
山口和也、他:  臨床外科 69(4):432-440, 2014 4月
胃癌 ―高齢者の胃癌治療―
奥村直樹、他:  消化器外科 37(9):1409-1415, 2014 8月
1.消化器系 縫合不全(上部消化管)
田中善宏、他:  臨床外科 69(11):212-215, 2014 10月
3.胃に特有の術前術後ケア
棚橋利行、他:  消化器外科 NURSING 19(11):1081-1085, 2014 11月
手術記録の書き方 Ⅱ胃・十二指腸の手術(3)食道・胃接合部の手術
山口和也、吉田和弘 : 消化器外科 37(5):601-606, 2014 4月
大腸疾患NOW 2014 
3.Stage IV大腸癌の治療方針 6)原発巣および遠隔転移巣切除後の補助療法
高橋孝夫、吉田和弘 : 株式会社日本メディカルセンター、76-83、2014
Annual Review 消化器2014 HER2陽性胃がんの診断と治療
奥村直樹、山口和也、吉田和弘 : 中外医学社、292-296、2014
ガイドラインに沿った大腸がん化学療法の要点と盲点
3)一時治療としてFOLFOX+Cmab/Pmab療法を行う症例とは? 二次治療をどうする?
高橋孝夫、吉田和弘 : 文光堂、156-164、2014
オンコロジークリニカルガイド消化器癌化学療法 改訂4版 タキサン
山口和也、吉田和弘、田中善宏 : 南山堂、34-39
オンコロジストはこう治療している 大腸癌診療と化学療法
5. 大腸がん化学療法に関するQ&A
高橋孝夫、吉田和弘 : ヴァンメディカル社、225,226,237,250-251  
Stage Iva膵癌の治療安全性と予後向上を目指した術前化学放射線療法 
膵癌治療up-to-date 2015
佐々木義之、長田真二、松井聡、今井寿、吉田和弘 : 医学図書出版、267-273、2014
CLINIC magazine
Interview 抗EGFR抗体による皮膚障害とその対策 ざ瘡様皮疹などの症状改善を目指す―栄養補助食品『アバンド』による栄養療法―
松橋延壽 : ドラッグマガジン 16-18, 2014  
病院の実力~岐阜編83 大腸がん
高橋孝夫 : 読売新聞 平成26年
ページメニューへ戻る

発表(全国)

第80回大腸癌研究会 (平成26年1月24日 東京 )
・ 松橋延壽、他: 進行直腸癌における当科の新たな取り組み(PerSeUS-RC01)
第29回日本静脈経腸栄養学会学術集会 (平成26年2月28日 横浜 )
・ 田中善宏 : 一般演題ポスター59、座長 
第47回制癌剤適応研究会 (平成26年3月7日 名古屋 )
・ 二村学、他: 【シンポジウム1-2】岐阜県における医師主導臨床研究グループ(PerSeUS)の現状と今後の展望
・ 福田賢也、他: EMT発現機構におけるTGF-β、HGFのシグナル伝達経路の相違
第86回日本胃癌学会総会 (平成26年3月21日~22日 横浜 )
・ 山口和也 : 【スポンサードシンポジウム】HER2 陽性胃がんの治療実態~HER2 検査とトラスツズマブ治療の最適化
・ 山口和也、他: 腹腔鏡下胃切除術の手術成績と予後
・ 奥村直樹、他: 当科におけるCY1PO胃癌症例の検討
・ 棚橋利行、他: 80歳以上高齢者における胃癌術後補助化学療法の検討
第114回日本外科学会定期学術集会 (平成26年4月3日~5日 京都 )
・ 奥村直樹、他: 高度進行胃癌に対するDCS療法の治療成績
・ 佐々木義之、他: 膵頭十二指腸切除術後膵ろうは他合併症の誘発因子になりうるか
・ 田中香織、他: 乳頭状胆管内腫瘍発生におけるFibroblast Growth Factor 10 (FGF10)/ERK シグナルの関与
・ 櫻谷卓司、他: 膵体尾部切除術後膵液瘻に関する検討
・ 山口和也 : ポスターセッション(59) 胃 集学的治療-3、司会
・ 二村学、他: 乳癌における血清GPNMB測定の臨床的意義
・ 高橋孝夫、他: 局所進行直腸癌に対するFOLFOX療法を用いた術前化学放射線療法の検討
・ 森川あけみ、他: 乳癌におけるARIDIA の発現についての検討
・ 八幡和憲、他: 当科における進行食道癌患者に対する栄養療法とその評価
・ 山田敦子、他: 切除不能肝腫瘍に対する凍結治療の有用性についての臨床・基礎的検討
・ 兼松昌子、他: Glycoprotein Nonmetastatic B (GPNMB) の発現と乳癌 subtype の検討
・ 福田賢也、他: HGFによるEMT発現機構メカニズム
・ 二村学 : 一般演題(62) 乳腺 基礎、司会
・ 長田真二 : 研修医の発表セッション(4) 肝臓・胆道、司会
・ 長田真二、他: 膵癌術後早期経過から予後についての予測因子
・ 高橋孝夫 : 【ランチョンセミナー32】大腸癌術後補助化学療法の適切な選択と副作用対策
・ 田中善宏、他: N4食道癌に対する治療 Strategy―3剤併用化学療法と手術―
・ 棚橋利行、他: 80歳以上高齢者における胃癌手術症例に対する術後補助化学療法の現状
第35回癌免疫外科研究会 (平成26年5月22日~23日 大阪 )
・ 長田真二、他: 癌免疫療法臨床応用への評価
・ 櫻谷卓司、他: 抗TMEM207抗体による胃印環細胞癌進行抑制の試み
・ 兼松昌子、他: 膵線維化の評価指標と癌進展とのかかわりについて
・ 森川あけみ、他: クロマチン再構成因子、ARID1A発現低下による乳癌でのCXCL8(IL-8)発現亢進
・ 長田真二 : 一般演題(ポスター)2「症例報告1」、司会
・ 福田賢也、他: HGFによるEMT状態での抗癌剤の影響
・ 杉山太郎、他: 肝細胞癌の発育における血管新生因子
第26回日本肝胆膵外科学会学術集会 (平成26年6月11日~13日 和歌山 )
・ 長田真二、他: 転移性肝がんの治療方針
・ 八幡和憲、他: 術後合併症を減らすための膵吻合の工夫
・ 長田真二 : ポスターセッション46 転移性肝癌3、司会
・ 杉山太郎、他: 膵頭十二指腸切除周術期の胆道ドレナージの意義と問題
・ 今井寿、他: 肝切除術後胆汁漏症例の検討
・ 森川あけみ、他: 高齢者への膵頭十二指腸切除術
・ 山田敦子、他: 進行肝腫瘍に対する凍結治療の基礎的検討
・ 田島ジェシー雄、他: 当科における膵頭十二指腸切除術合併症の検討
・ 田中香織、他: Fibroblast Growth Factor 10(FGF10)/ERKシグナルを介した乳頭状胆管内腫瘍の発生
・ 兼松昌子、他: 胆嚢癌膵転移の1例
・ 久野真史、他: 術前診断が困難であった肝限局性結節性過形成の1例
・ 館正仁、他: 胆管内発育を伴う大腸癌肝転移の2例
・ 櫻谷卓司、他: 膵体尾部切除術の膵液?に対する指標
・ 佐々木義之、他: 局所進行膵癌の予後向上を目指した術前放射線化学療法
・ 福田賢也、他: 大腸癌肝転移のメカニズム~HGFシグナル経路を中心に~
日本消化器病学会東海支部第120回例会 (平成26年6月14日 岐阜 )
・ 松井聡、他: von Recklinghousen病に合併した十二指腸カルチノイドの1切除例
・ 田中秀治、他: 潰瘍性大腸炎に対する結腸亜全摘後の回腸嚢へ浸潤を来たし、予後不良であった肛門管扁平上皮癌の1例
・ 森川あけみ、他: 脾摘先行にてPrimary systemic therapy を施行した肝硬変合併炎症性乳癌の1例
・ 後藤亜也奈、他: レゴラフェニブが有効であった、イマチニブ・スニチニブ耐性再発GIST腫瘍の1切除例
・ 山田敦子、他: NACによる腎不全に血液透析を躊躇する必要はない
・ 深田真宏、他: 食道癌術前化学療法中の鼻注栄養Tubeが残胃をつらぬき腹膜炎となった一例
・ 長田真二 : シンポジウム1 肝胆膵疾患における診断・治療のup to date、司会
第39回日本外科系連合学会学術集会 (平成26年6月20日 東京 )
・ 松橋延壽、他: 当科における単孔式腹腔鏡下虫垂切除術の取り組み
第68回日本食道学会学術集会 (平成26年7月3日 東京 )
・ 田中善宏、他: 食道癌に対するDGS療法
・ 田中善宏、他: 食道癌に対するBiweekly DCF療法
・ 棚橋利行、他: Siewert 分類別にみた手術治療戦略
・ 山田敦子、他: 当科における縫合不全を減らす吻合法―安全かつQOLを保つ再建方法―
第81回大腸癌研究会 (平成26年7月4日 名古屋 )
・ 松橋延壽、他: 当科における高齢者(80歳以上)大腸癌治療戦略~栄養面の観点から~
第22回日本乳癌学会学術総会 (平成26年7月10日~11日 大阪 )
・ 森川あけみ、他: 乳癌におけるARID1Aの発現以上の予後因子としての検討
・ 二村学、他: 【厳選口演4】乳癌におけるGPNMBのバイオマーカーとしての臨床的意義
・ 名和正人、他: 乳癌原発巣と転移・再発巣間におけるER/PgR/HER2の変化
第45回日本膵臓学会大会 (平成26年7月11日~12日 福岡 )
・ 佐々木義之、他: 【要望演題(口演)】膵頭十二指腸切除術後gradeB/C膵ろうの予測因子
・ 八幡和憲、他: 【Mini PanCAN Session3】当科における膵頭十二指腸切除後の再建法の工夫
・ 長田真二、他: 【要望演題(口演)】膵線維化の新しい評価機構
・ 櫻谷卓司、他: 膵体尾部切除術の膵液?に対する検討
・ 田島ジェシー雄、他: 膵頭十二指腸切除術後合併症発現の早期予測因子
・ 館正仁、他: 高齢者に対する膵頭十二指腸切除術の安全性
第69回日本消化器外科学会総会 (平成26年7月16日~18日 福島 )
・ 山口和也、他: 腹腔鏡下胃切除術におけるリンパ節郭清の術野展開のポイント
・ 森川あけみ、他: 高齢者に対する膵頭十二指腸切除術の安全性
・ 山田敦子、他: 進行食道癌に対する3剤併用レジメンによる術前化学療法前後のSUVと組織学的治療効果との関係
・ 田島ジェシー雄、他: 膵頭十二指腸切除術後合併症発現の早期予測因子
・ 市川賢吾、他: 大腸癌イレウスに対する術前大腸ステント挿入の有用性
・ 奥村直樹、他: 進行再発胃癌におけるHER2検査の検討
・ 松橋延壽、他: RV12-5定型化による腹腔鏡下内括約筋切除術(ISR)の更なる成績向上のための工夫
・ 高橋孝夫、他: 進行再発大腸癌に対するAdjuvant surgery例の治療成績
・ 福田賢也、他: 大腸癌肝転移におけるHGF,TGF-βによるEMT発現機構メカニズムの相違
・ 館正仁、他: 胃癌術後7年後に出現した、肝転移と鑑別を要した肝血管筋脂肪腫の1例
・ 田中善宏、他: 【シンポジウム8】食道癌と栄養
・ 長田真二、他: 進行肝腫瘍に対する免疫療法
・ 杉山太郎、他: 膵頭十二指腸切除周術期におけるドレーン管理
・ 八幡和憲、他: 膵頭十二指腸切除術の膵切離・吻合法における工夫
・ 今井寿、他: 当院における十二指腸癌手術症例の検討
・ 櫻谷卓司、他: 膵体尾部切除術膵液?に対する対応の指標
・ 棚橋利行、他: 80歳以上高齢者における胃癌術後補助化学療法の現状
・ 佐々木義之、他: 膵頭十二指腸切除後Grade C 膵ろうの早期予測と適切な対応について
・ 長田真二 : ミニオーラル168:消化器全般:急性腹症3、座長
第41回日本膵切研究会 (平成26年8月23日 東京 )
・ 佐々木義之、他: 進行膵癌に対する放射線化学療法後の膵頭十二指腸切除術の評価
第52回日本癌治療学会学術集会 (平成26年8月28日~30日 横浜 )
・ 二村学、他: PET/CTを用いた乳癌腋窩リンパ節転移評価‐転移の質的診断について‐
・ 長田真二、他: 膵線維化から評価した膵機能、癌進展について
・ 奥村直樹、他: Stage IV 胃癌におけるDCS療法の治療成績~1次治療でのDoubletとTripletの比較検討~
・ 今井寿、他: 十二指腸 Gastrointestinal stromal tumor の臨床病理学的特徴
・ 森光華澄、他: USによる3Dボリュームデータを用いた乳癌化学療法での効果判定に関する検討
・ 棚橋利行、他: 当科における食道胃接合部癌の手術治療戦略
・ 山田敦子、他: 当科でのDCF/DGSを使用した食道癌NAC手術症例の再発後の治療成績
・ 山口和也、他: Stage IV 胃癌に対する化学療法奏功後手術のタイミングの検討
・ 高橋孝夫、他: 切除不能進行再発大腸癌に対するS-1/Oxaliplatin (SOX) +bevacizumab 療法の使用経験
・ 名和正人、他: HER2陽性進行再発乳癌に対するエリブリン/トラスツズマブ併用療法の検討
・ 佐々木義之、他: 大腸癌肝転移に対する術前化学療法;術しいの変化に関する検討
・ 福田賢也、他: HGFにより誘導されたEMT状態での抗癌剤効果の検討
・ 市川賢吾、他: 術前 mFOLFOX6+Cetuximab療法にて病理学的CRが得られた横行結腸癌の1例
・ 二村学 : 口演76 乳腺バイオマーカー3、司会
・ 松橋延壽、他: 当院における直腸 Neuroendocrine tumor (NET) に対する治療症例の検討
・ 田中善宏、他: 化学療法時に粘膜障害がおこるリスク因子の抽出
・ 森川あけみ、他: 乳癌でのオートファジー関連分子,beclin-1発現異常と予後との関連
・ 兼松昌子、他: 
・ 久野真史、他: 肛門部Paget病の放射線治療寛解後に発症した直腸内分泌細胞癌の一例
第73回日本癌学会学術総会 (平成26年9月26日~27日 横浜 )
・ 田中香織、他: FGF10 induces intraductal neoplasm of bile duct via activating ERK1/2 signaling pathway. ERKシグナルを介したFGF10による胆管内腫瘍病変の発生
・ 福田賢也、他: The effect of chemotherapeutic drug in the progress of EMT (Epitherial-Mesencymal Transition). HGFによるEMT状態での抗癌剤効果
・ 森川あけみ、他: Beclin-1 expression in breast cancer. 浸潤性乳管癌におけるbecline-1発現異常と予後との関連
・ 二村学、他: Clinical significance of GPNMB in breast cancer. 乳癌におけるGPNMBの臨床的意義
第6回膵臓内視鏡外科研究会 (平成26年10月1日 盛岡 )
・ 佐々木義之、他: 当科における導入時の腹腔鏡下膵体尾部切除術に関する検討
第27回日本内視鏡外科学会総会 (平成26年10月2日~4日 盛岡 )
・ 山口和也、他: 【パネルディスカッション10】腹腔鏡下幽門側胃切除術における術野展開の定型化
・ 松橋延壽、他: 技術認定医(大腸)を取得するために先ず何をすべきか
・ 高橋孝夫 : 一般演題32 大腸・肛門悪性 成績、司会
・ 高橋孝夫、他: 当科における腹腔鏡下ISRの手術手技の定型化と短期治療成績
・ 棚橋利行、他: 【ワークショップ26】80歳以上高齢者早期胃癌患者に対する腹腔鏡下胃切除術の短期成績
・ 山口和也 : 一般演題146 胃 導入・トレーニング、司会
・ 奥村直樹、他: 当科における腹腔鏡下噴門側胃切除術における再建の工夫
第9回膵癌術前治療研究会 (平成26年10月18日 鹿児島 )
・ 佐々木義之、他: 局所進行膵癌の予後向上と安全性をめざした術前放射線化学療法
JDDW2014 第12回消化器外科学会大会 (平成26年10月25日~26日 神戸 )
・ 山口和也 : ワークショップ11 症例検討:食道、胃、アンサーパッド
・ 長田真二 : ポスターセッション 肝2、座長
第69回日本大腸肛門病学会学術集会 (平成26年11月7日~8日 横浜 )
・ 高橋孝夫、他: 当科におけるCovering ileostomy の造設法と閉鎖法の標準化
・ 松橋延壽、他: 抗EGFR抗体薬投与に伴い発現する副作用である皮膚障害に対するアバンドTMの有効性について
第25回日本消化器癌発生学会総会・第8回国際消化器癌発生会議
(平成26年11月13日~14日 福岡 )
・ 櫻谷卓司、他: 抗TMEM207抗体による胃印環細胞癌進行抑制の試み
・ 杉山太郎、他: 胃癌における Warburg 効果関連 miRNA
・ 福田賢也、他: 大腸癌肝転移におけるHGFによるEMT発現と抗癌剤の効果
・ 高橋孝夫 : ポスター11/臨床研究(2)、コメンテーター
第76回日本臨床外科学会総会 (平成26年11月20日~22日 郡山 )
・ 山口和也、他: 超音波凝固切開創地を中心とした開腹・鏡視下胃切除術の術野展開
・ 田中善宏、他: 進行食道癌に対するBiweekly DCF療法/DGS療法
・ 佐々木義之、他: 局所進行膵癌の予後向上と安全性をめざした術前放射線化学療法
・ 棚橋利行、他: Stage IV胃癌に対する化学療法奏効後外科的治療の検討
・ 田中秀治、他: 孤立性脾転移再発をきたした左鼠径部濾胞性リンパ腫の1例
・ 田島ジェシー雄、他: 当科における肝切除後胆汁漏の検討
・ 長田真二、他: 膵機能、癌進展に対する線維化の影響
・ 田中善宏、他: 縫合不全率1%達成を目指して-当科での食道癌手術吻合方法―
・ 松井聡、他: いわゆる非B 非C肝細胞癌の肝切除症例における検討
・ 杉山太郎、他: 正常肝から発生した肝腫瘍の特徴
・ 山田敦子、他: 進行食道癌術後再発に対する化学療法にてCRを得られている2例
・ 櫻谷卓司、他: 肝切除後の高ビリルビン血症に関する検討
・ 福田賢也、他: 高齢者原発性肝腫瘍に対する外科治療
・ 後藤亜也奈、他: 3剤併用レジメンが奏効した原発不明癌の1例
・ 高橋孝夫、他: 当科における下部直腸腫瘍に対する腹腔鏡下内括約筋切除の治療成績
・ 奥村直樹、他: 当科における腹腔鏡下胃全摘術後の再建法
・ 松橋延壽、他: 当科における腹腔鏡下直腸癌手術における定型化と工夫
・ 深田真宏、他: 乳癌術後再発に対する放射線化学療法後9年目に発症した2次性食道扁平上皮癌の一例
・ 山口和也 : 腹腔鏡下胃全摘術後の再建法 合併症回避と定型化に向けて3、座長 
・ 二村学 : 一般示説 乳腺:悪性12、座長
第27回日本バイオセラピィ学会学術集会総会 (平成26年12月4日~5日 大阪 )
・ 福田賢也、他: EMT発現機構へのHGFの関与とEMT誘導時の抗がん剤感受性に関する検討
・ 長田真二、他: 【ワークショップ4】 膵癌進展に関する微小環境
日本消化器病学会東海支部第121回例会 (平成26年12月6日 名古屋 )
・ 田中秀治、他: 当科における20mm以下の直腸Neuroendocrine tumorに対する治療症例の検討
・ 深田真宏、他: ステロイド長期投与患者に発症した腹横筋断裂による腹壁ヘルニアの1例
・ 山口和也 : シンポジウム1 上部消化管の新しい低侵襲治療の展開、司会
・ 田中善宏 : 食道①、司会
ページメニューへ戻る

発表(地方)

大腸癌治療を考える会2014 (平成26年2月5日 名古屋 )
・ 高橋孝夫 : Panitumumabへの期待~1st lineにおける使用経験から~、司会
乳癌Overview Map Meeting 2014 (平成26年2月16日 東京 )
・ 二村学 : 閉経前:TAM耐性閉経前乳癌におけるfluvestrant vs. fluvestrant + everolimus vs. exemestane + everolimus 閉経後:NSAI 耐性閉経後乳がんにおけるeverolimus 継続療法および exemestane と fluvestrantの交換療法、コメンテーター
・ 、他: 
大腸癌治療ガイドライン講座―ガイドライン改訂特別番組― (平成26年4月18日 岐阜 )
・ 高橋孝夫 : Mini Lecture 当科における直腸癌に対するロボット支援手術の現況、司会
第9回岐阜手術手技研究会~胃癌における胃切除術~ (平成26年4月19日 岐阜 )
・ 山口和也 : 一般演題
第287回東海外科学会  (平成26年4月29日 名古屋 )
・ 櫻谷卓司、他: biliary intraepithelial neoplasia (BillN-1) の1切除例
・ 久野真史、他: 【若手奨励賞】結腸癌術後補助化学療法中(UFT/LV) に劇症型1型糖尿病を発症した1例
・ 杉山太郎、他: 単孔式腹腔鏡手術で行っためっける憩室出血の2例
第57回関西胸部外科学会学術集会 (平成26年6月20日 大阪 )
・ 田中善宏、他: 食道癌に対する化学療法―DCF・DGS療法―
岐阜膵癌化学療法研究会 (平成26年6月20日 岐阜 )
・ 長田真二 : 症例報告 特別講演、座長
Chugai Breast Cancer Symposium in Nagoya (平成26年7月5日 名古屋 )
・ 二村学 : 一般演題、座長
第31回東海大腸外科治療研究会 (平成26年7月11日 名古屋 )
・ 松橋延壽 : 当科の腹腔鏡下内括約筋切除術(ISR)における工夫(会陰操作含め)
第7回ストーマケア研修会 (平成26年7月21日 岐阜 )
・ 高橋孝夫  : 顧問医あいさつ、挨拶
東海乳癌バイオサイエンス2014 (平成26年9月12日 名古屋 )
・ 森川あけみ、他: 乳癌におけるARIDIA発現についての検討
第11回日本乳癌学会中部地方会 (平成26年9月13日 岐阜 )
・ 二村学、他: PET/CTを用いた乳癌腋窩リンパ節転移評価に関する検討
・ 名和正人、他: Bevacizumab にて脳浮腫が著明に改善した乳癌脳転移症例の1例
・ 森龍太郎、他: 卵巣癌乳房転移の1例
乳がん講演会 乳がん最新治療と乳房再建 (平成26年9月28日 岐阜 )
・ 二村学 : 質疑応答・パネルディスカッション、司会
第288回東海外科学会 (平成26年10月19日 三重 )
・ 松井聡、他: 特異な画像所見を呈した肝腫瘍の1例
・ 田中秀治、他: 直腸神経鞘腫に対して腹腔鏡下低位前方切除術を施行した1例
・ 深田真宏、他: 腹腔鏡にて治癒した閉鎖孔ヘルニアの1例
第22回岐阜乳腺疾患カンファレンス (平成26年10月31日 岐阜 )
・ 森龍太郎 : 【パネルディスカッション】実際の症例から学ぶ~妊孕性を考慮した乳癌治療
・ 二村学 : 【パネルディスカッション】実際の症例から学ぶ~妊孕性を考慮した乳癌治療、司会
第32回東海大腸外科治療研究会 (平成26年11月14日 名古屋 )
・ 松橋延壽 : 肥満症例に対する腹腔鏡下大腸手術の工夫
監査同行 (平成26年11月27日 熊本 )
・ 二村学 : SOLE試験参加施設の監査 同行(熊本大学)
JBCRG-M04(BOOSTER)東海エリア登録促進の会 (平成26年11月28日 名古屋 )
・ 二村学 : 臨床研究への参加意義とは、議事
第223回岐阜外科集談会 (平成26年11月29日 岐阜 )
・ 廣瀬仁士、他: 胃癌・結腸癌術後の食道癌に対しSalvage surgeryを施行した1例
・ 田中香織 : 一般演題、座長
第21回外科侵襲とサイトカイン研究会 (平成26年12月13日 徳島 )
・ 松井聡、他: 肝切除後に発症した劇症型 Aeromanas hydrophila 敗血症の1例
・ 福田賢也、他: 大腸癌肝転移のHGFによるEMT発現と抗がん剤感受性に関する検討
ページメニューへ戻る

発表(国際)

2nd St Gallen EORTC Gastrointestinal Cancer Conference 
(2014.3.6 St. Gallen, Switzerland )
・ S. Osada, et al.: Novel strategies for advanced pancreas cancer
・ S. Osada, et al.: Therapeutic effect of immune reaction due to cryoablation.
The 11th International Conference of the ACOS  (2014.5.2 Taipei, Taiwan )
・ Nobuhisa Matsuhashi, et al.: Evaluation of Treatment for Rectal Neuroendocrine Tumor (NET).
・ Naoki Okumura, et al.: Treatment Results with S-1 Based Chemotherapy Combined with Adjuvant Surgery for Stage IV Gastric Cancer.
・ Akemi Morikawa, et al.: 【Merit Award 受賞】Beclin-1 Expresion in Breast Cancer.
・ Kazunori Yawata, et al.: The Synergistic Effect of Vandetanib with 5-FU for Gastric Cancer Cells.
・ Masako Kanematsu, et al.: The Role of GPNMB in Breast Cancer.
・ Kenya Fukuta, et al.: Growth inhibitory Effect by Chemotherapeutic Drug in the Progress of EMT (Epitherial-Messencymal Transition).
・ Kaori Tanaka, et al.: Apparent Diffusion Coefficient Values As a New Parameter of Pancreatic Fibrosis.
・ Takuji Sakuratani, et al.: Pathobiological Property of TMRM207 in Gastric Signet-Ring Cell Carcinoma; Effect of Anti-TMEM207 Antibody on Gastric Signet-Ring Cell Carcinoma.
The Scientific Meeting of the Japan-Hungary-Poland Surgical Society 
(2014.10.17-18 Tokyo, Japan )
・ Manabu Futamura, et al.: Role of GPNMB in breast cancer.
・ Toshiyuki Tanahashi, et al.: Study of adjuvant chemotherapy after gastrectomy in the patients aged over 80.
・ Nobuhisa Matsuhashi, et al.: Evaluation of treatment for rectal neuroendocrine tumor (NET) comparing the World Health Organization 2010 classification.
The 9th International symposium on cancer research and therapy 
(2014.11.1 Tokyo, Japan )
・ Manabu Futamura : Clinical significance of GPNMB in patients with breast cancer.
ページメニューへ戻る

発表(研究会)

岐阜大学附属病院勉強会 (平成26年2月9日 岐阜 )
・ 名和正人 : 乳がん術後のフォローアップ
・ 二村学  : 乳がんの性質を考えた治療
第9回岐阜手術手技研究会 (平成26年4月19日 岐阜 )
・ 棚橋利行 : 腹腔鏡下幽門側胃切除術における膵上緑リンパ節郭清手技とデルタ吻合
第20回岐阜Breast Cancer Meeting (平成26年7月4日 岐阜 )
・ 名和正人  : 当院でのトラスツズマブエムタンシンの臨床経験
第87回岐阜県膵・胆道研究会 (平成26年9月20日 岐阜 )
・ 佐々木義之 : 症例提示
・ 松井聡 : 症例提示
ページメニューへ戻る

講演

Breast Cancer Meeting in Gifu (平成26年1月21日 岐阜 )
・二村学 : 乳がんホルモン剤の臨床研究に対する取り組みについて
大腸がん化学療法フォーラム (平成26年1月31日 広島 )
・高橋孝夫 : 進行再発大腸癌における治療戦略―Advant Surgeryを含めた最新のエビデンスを踏まえて―
がん化学療法の栄養支持療法を考える会 (平成26年2月19日 名古屋 )
・田中善宏  : 積極的栄養管理は食道癌治療に何をもたらすか
浅井化成ファーマ社内講演会 (平成26年2月21日 岐阜 )
・松橋延壽 : 大腸癌の病態と薬物治療
第23回岐阜県医師会勤務医部会学術研修会 (平成26年3月6日 岐阜 )
・高橋孝夫  : ここまで進歩した大腸癌化学療法―治癒を目指して―
岐阜婦人科癌化学療法セミナー (平成26年3月7日 岐阜 )
・松橋延壽  : 当院での大腸癌におけるベバシズマブの臨床経験
大腸癌のフロントラインを考える(第2報)  (平成26年3月7日 名古屋 )
・高橋孝夫  : 進行再発大腸癌における治療戦略―Advant Surgeryを含めた最新のエビデンスを踏まえて―
大腸癌治療懇話会~内房大腸癌カンファランス~ (平成26年3月12日 千葉 )
・高橋孝夫  : 進行再発大腸癌に対する治療戦略―Adjuvant Surgeryを含めた最新のエビデンスを踏まえて―
北陸大腸癌Expert Meeting 2014 (平成26年3月14日 金沢 )
・高橋孝夫  : 進行・再発大腸癌治療のup to date -Adjuvant Surgeryと経口抗癌剤を用いた化学療法-
第4回岐阜ストーマリハビリテーション講習会 (平成26年3月20日 岐阜 )
・高橋孝夫 : ストーマリハビリテーション概論
・松橋延壽 : 直腸がん手術の実際
広島大腸癌症例検討会~抗EGFR抗体薬による個別化治療 (平成26年3月29日 広島 )
・高橋孝夫 : 進行再発大腸癌に対する治療戦略―Adjuvant Surgery を含めた最新のエビデンスを踏まえて―
岐阜分子標的薬スチバーガ錠 講演会 (平成26年5月23日 岐阜 )
・松橋延壽 : 4次治療以降にも奏功したStageIV大腸癌の1例
・棚橋利行 : スチバーガが有効であったグリベック・スーテント耐性再発GIST腫瘍の1切除例
マンモグラフィ読影研修会 (平成26年5月24日 岐阜 )
・二村学 : 乳がん・診断から治療へ あなたの撮影・読影が患者を救う!
第1回Gifuクリティカルケア看護情報研究会 (平成26年6月5日 岐阜 )
・田中善宏 : クリティカルケア看護に必要な癌治療と栄養管理
NST学術講演会 (平成26年6月12日 愛知 )
・田中善宏 : がん治療における栄養管理の重要性
第92回市民公開講座 (平成26年6月15日 岐阜 )
・山口和也 : ここまできた腹腔鏡外科治療
・田中善宏 : 消化器がん治療と栄養
・松橋延壽 : 大腸がんは治るのか
・高橋孝夫 : ここまで進化した、おなかの病気の診断と治療、司会
第23回東三河外科治療懇談会 (平成26年6月19日 豊橋 )
・高橋孝夫 : 進行再発大腸癌に対する治療戦略―Adjuvant Surgeryを含めた最新のエビデンスを踏まえて―
第21回臨床と栄養を考える会 (平成26年6月28日 浜松 )
・田中善宏 : がん患者における栄養管理の重要性
旭化成ファーマ社内講演会 (平成26年6月30日 岐阜 )
・二村学 : 乳がんの病態と薬物治療
第20回岐阜Breast Cancer Meeting (平成26年7月4日 岐阜 )
・二村学 : 乳がん治療における心の評価とその対応
第5回岡山大腸がん治療セミナー (平成26年7月11日 岡山 )
・高橋孝夫 : 外科医の視点から考える大腸癌治療戦略~Adjuvant Surgeryの実践~
2014年度 内藤記念くすり博物館企画展「がん」 (平成26年7月19日 岐阜 )
・高橋孝夫 : 大腸がん治療の最前線
市民公開講座がんの外来治療 (平成26年8月23日 岐阜 )
・高橋孝夫 : 大腸がんと外来治療
岐阜産科婦人科研究会プログラム (平成26年8月30日 岐阜 )
・二村学 : 乳癌の最近の話題 -産婦人科医と乳腺外科医の連携を含めて-
武田薬品工業社内勉強会 大腸がん治療について (平成26年9月5日 岐阜 )
・松橋延壽 : 大腸がん治療についての最近の知見
EXPERT 東海・北陸地区 Open Conference (平成26年9月8日 名古屋 )
・高橋孝夫 : 症例報告
GSUセミナー (平成26年9月12日~13日 神戸 )
・高橋孝夫 : 大腸切除 コツとピットフォール
・松橋延壽 : 動物実習について〈解剖説明〉
Colon cancer advance seminar (平成26年9月19日 東京 )
・高橋孝夫 : 外科医の視点から考える大腸癌治療戦略~Adjuvant Surgeryの実践~
大腸癌治療 Expert Meeting 2014 (平成26年10月8日 岐阜 )
・高橋孝夫 : 6月ASCO、9月ESMO注目演題等について紹介
・松橋延壽 : フロントラインにおける分子標的剤の使い分け Cmab使用症例
第2回山陰大腸癌治療セミナー (平成26年10月10日 米子 )
・高橋孝夫 : 外科医の視点から考える大腸癌治療戦略~Adjuvant Surgeryの実践~
県民公開講座 大丈夫ここまで進んだ乳がん治療 (平成26年10月11日 岐阜 )
・二村学 : 乳がん手術の歴史をひも解く、「過去、現在、そして未来へ」
東海オンコロジー入門セミナー (平成26年10月12日 岐阜 )
・二村学 : 乳がん
第三回倉敷大腸癌化学療法セミナー (平成26年10月17日 倉敷 )
・高橋孝夫 : 外科医の視点から考える大腸癌治療戦略~Adjuvant Surgeryの実践~
WJ CRC治療フォーラム (平成26年10月18日 神戸 )
・高橋孝夫 : 当院におけるスチバーガ錠の使用経験について.
平成26年度「健康サポート薬剤師」養成研修会 (平成26年10月19日 岐阜 )
・高橋孝夫 : 「コミュニケーション」について
アボットジャパンWebセミナー (平成26年10月20日 )
・松橋延壽 : 大腸癌における抗EGFR抗体薬の皮膚障害に対する新たな試み
第4回 Translational Research Conference (平成26年11月6日 岐阜 )
・二村学 : Role of GPNMB in breast cancers
・森光華澄 : 乳癌関連演題(要確認
平成26年度「健康サポート薬剤師」養成研修会  (平成26年11月9日 岐阜)
・高橋孝夫 : 「がん治療におけるコミュニケーション」について
<ベクティビックス発売4周年記念講演会>治癒切除不能・進行再発大腸癌における個別化治療を考える (平成26年11月15日 福岡 )
・高橋孝夫 : 外科医の視点から考える大腸癌治療戦略―抗EGFR抗体薬をどのように使用するか?―
第4回消化器癌化学療法若手勉強会 (平成26年11月28日 静岡 )
・高橋孝夫 : 外科医の視点から考える大腸がん治療戦略~Adjuvant Surgeryの実践~