業績(平成29年度)

トップページ >  業績 >  平成29年度

論文(英文)

Preoperative neoadjuvant chemotherapy using nanoparticle albumin-bound paclitaxel followed by epirubicin and cyclophosphamide for operable breast cancer: a multicenter phase II trial.
Futamura M, et al.: Breast Cancer 24(4):615-623, 2017
The technical outcomes of delta-shaped anastomosis in laparoscopic distal gastrectomy: a single-center safety and feasibility study.
Matsuhashi N, et al.: Surgical Endoscopy 31(3):1257-1263, 2017
Evaluation of treatment for rectal neuroendocrine tumors sized under 20 mm in comparison with the WHO 2010 guidelines.
Matsuhashi N, et al.: Molecular and Clinical Oncology 7(3):476-480, 2017
Safety and feasibility of laparoscopic intersphincteric resection for a lower rectal tumor.
Matsuhashi N, et al.: Oncology Letters 14(4):4142-4150, 2017
Laparoscopic Technique and Safety Experience with Barbed Suture Closure in Permanent Stoma through the Abdominal Wall Route.
Matsuhashi N, et al: Clinics in Oncology (2)1350, 2017
Malignant Peritoneal Mesothelioma with Production of G-CSF: Case Report and Review of the Literature.
Matsuhashi N, et al.: Annals of Pharmacology and Pharmaceutics 2(25)1131
The diagnosis of a metastatic breast tumor from ovarian cancer by the succession of a p53 mutation: a case report.
Mori R, et al.: World Journal of Surgical Oncology 15(1):117, 2017
5FU resistance caused by reduced fluoro-deoxyuridine monophosphate and its reversal using deoxyuridine.
Mori R, et al.: Oncology Letters 14(3):3162-3168, 2017
KIF11 Is Required for Spheroid Formation by Oesophageal and Colorectal Cancer Cells.
Imai T, et al.: Anticancer Research 37(1):47-56, 2017
Overexpression of KIFC1 and its association with spheroid formation in esophageal squamous cell carcinoma.
Imai T, et al.: Pathology Research and Practice 213(11):1388-1393, 2017
Downregulation of ARID1A, a component of the SWI/SNF chromatin remodeling complex, in breast cancer.
Takao C, et al.: Journal of Cancer 8(1):1-8, 2017

論文・著書(邦文)

Ⅳ期胃癌に対するConversion手術の治療戦略
吉田和弘、他:Cancer Review 1:21-24, 2017
Conversion Surgeryの定義・特性・意義
吉田和弘、他:臨床外科 72(10):1166-1170, 2017
朝日新聞デジタル「がん治療総論.第55回日本癌治療学会学術集会【市民公開講座 「それぞれの癌」と共に、「それぞれの生」を生きる】」
吉田和弘:2017年12月26日
朝日新聞デジタル「ミニ討論.第55回日本癌治療学会学術集会【市民公開講座 「それぞれの癌」と共に、「それぞれの生」を生きる】第1部 それぞれの癌を支える」
吉田和弘:2017年12月26日
中部経済新聞「研究現場発 進化するがん治療の個別化 3面」
吉田和弘:2017年12月26日
第Ⅲ章 副作用症状別プロのコツ 7. 神経・感覚器 4. 末梢神経障害―抗がん剤の減量・休薬も含め、早期からの予防・対応が重要―.
二村 学:乳がん薬物療法副作用マネジメント プロのコツ 株式会社日本メジカルビュー社, 227-231, 2017
岐阜新聞「特集 岐阜の医療を考える 10月は乳がん月間 検診で早期発見・早期受診・早期治療を.27面 」
二村 学:2017年10月13日
平成28年度 第24回日本外科学会生涯教育セミナー(中部地区) 胃癌 4.高齢者に対する化学療法の考え方
山口和也、他:日本外科学会雑誌 118(2):236-238,2017
conversion therapyの意義とconversionによる治癒切除後の治療.考える胃癌化学療法
山口和也、他:胃癌化学療法の要点と盲点 文光堂, 139-145, 2017
誌上ディベート 切除可能大腸癌肝転移の治療方針 術前化学療法の立場から
松橋延壽、他:消化器外科 40(6):953-972,2017
今さら聞けない研究倫理指針のポイント
松橋延壽、他:臨床外科 72(12):1358-1363, 2017
がん転移学(下)-がん転移のメカニズムと治療戦略:その基礎と臨床- Ⅴ.再発転移抑制のための周術期治療 5.胃癌
松橋延壽、他:日本臨牀 75 (増刊号9):32-40, 2017
ぷち助探検隊と巡る消化器の旅!新人ナースのための消化器外科の解剖生理+疾患イラストブック 胃
棚橋利行、他:消化器外科NURSING 22(5):382-391,2017
潰瘍性大腸炎に対し結腸全摘術後9年目に肛門管扁平上皮癌を発症し予後不良であった1例.
田尻下敏弘、他:癌と化学療法 44(12):1629-1631, 2017
クローン病に合併した前立腺浸潤を伴う痔瘻癌の1例
浅井竜一、他:手術 71(7):1115-1119, 2017
食道癌術後難治性吻合部狭窄に対しradial incision and cutting method (RIC法)を用いて改善した1例
平田伸也、他:手術 71(3):307-321, 2017
薬剤性皮膚炎と鑑別困難であった大腸癌皮膚転移の1例
平田伸也、他:日本消化器外科学会雑誌 50(9):762-767, 2017

発表(国際学会)

2017 Annual Meeting of Taiwan Surgical Association (TSA) in conjunction with the Surgical Oncology Session of Chinese Oncology Society (COS) Perspectives on the Development of Surgical Oncology Specialty (2017.3.18, Taipei, Taiwan)
Kazuhiro Yoshida:Education and socialist system for digestive organ surgeons in Japan: The role of surgical oncologist in the new era.
KSELS 2017 The 40th Annual Meeting of the Korean Society of Endoscopic and Laparoscopic Surgeons (2018.4.14-15, Busan, Korea)
Kazuhiro Yoshida:【Plenary Symposium for Accreditation of laparoscopic surgeon】Japanese Experience of Qualification of a Laparoscopic Surgeon.
Kazuhiro Yoshida:【Symposium 2】How can gastric cancer surgery be standardized?
12th International Gastric Cancer Congress (IGCC) (2018.4.20-23, Beijing, China)
Kazuhiro Yoshida【Symposium 19】Diffuse Gastric Cancer. (Moderator)
Kazuhiro Yoshida:【Luncheon Seminar 6】The Classification of Stage Ⅳ Gastric Cancer, Japanese Approach.
Kazuhiro Yoshida:【Symposium 19】Surgical Approach of Diffuse Gastric Cancer - Japanese Experience.
Toshiyuki Tanahashi,:Short and long-term outcomes of laparoscopic total gastrectomy in our department.
Jin Takano:The technical outcomes of delta-shaped anastomosis in laparoscopic distal gastrectomy (LDG).
IASGO Continuing Medical Education: Advanced Post-Graduate Course in Yokohama 2017 (2018.6.7, Yokohama, Japan)
Kazuhiro Yoshida:Upper GI 1: Recent topics in surgical treatment for locally advanced gastric cancer. (Chair)
Kazuhiro Yoshida:Surgical treatment for adenocarcinoma of GEJ.
24th Asia Pacific Cancer Conference (2018.6.22-24日, Seoul, Korea)
Kazuhiro Yoshida:Joint Symposium with Asian Clinical Oncology Society (ACOS). (Chair)
Kazuhiro Yoshida:【FACO International Collaboration Study -Present and Future-】Milestone of FACO and update of international retrospective cohort study of conversion therapy for stage IV gastric cancer (CONVO-GI)-1.
The 2nd International Conference on Cancer Precision Medicine (2018.11.1-3, Tianjin, China)
Kazuhiro Yoshida:Clinical application of genomic sequencing toward precision medicine in gastric cancer.
2nd Indian Cancer Congress (2018.11.8-12, Bengaluru, India)
Kazuhiro Yoshida:【FARO Symposium】Surgical treatment of the GEJ adenocarcinoma-What is your treatment option?
Kazuhiro Yoshida:【Panelist】Case Capsules in Carcinoma Stomach.
Kazuhiro Yoshida:【IASO Master Video Session】Extended 2F Oesophagectomy.
5th International Conference of FACO (2018.11.10, Seoul, Korea)
Yoshihisa Tokumaru:Ectopic expression of miR-143 induces cell growth suppression and alteration of chemosensitivity in breast cancer cells.

発表(全国)

第13回日本消化管学会総会学術集会 (平成29年2月17-19日, 名古屋)
吉田和弘:一般演題 オーラルセッション25 胃 腫瘍  (司会)
田中善宏:食道癌ESD後に胸腔鏡下食道切除術を追加した治療成績.
高野仁:食道原発悪性黒色腫の2例.
第34回日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会総会 (平成29年2月17-18日, 名古屋)
松橋延壽:口演8 管理困難Ⅱ (座長)
松橋延壽、高橋孝夫、末次智成、高野仁、浅井竜一、松原仁美、石川りえ、吉田和弘:カバーリングストーマ閉鎖に向けたチーム医療のあり方.
末次智成:結腸皮膚瘻に対して局所陰圧閉鎖療法およびHMB/Arg/Gln配合飲料が有効であった1例.
末次智成:coltic cancer 術後経過中の残存結腸に潰瘍性大腸炎再燃による瘻孔形成をきたした1例.
第32回日本静脈経腸栄養学会学術集会 (平成29年2月23-24日, 岡山)
田中善宏一:般演題(口演)33 基礎研究 (座長)
田中善宏:食道癌と栄養管理
田中善宏:3剤併用レジメン食道癌化学療法と血清フェリチン値との関係.
第89回日本胃癌学会総会 (平成29年3月8-10日, 広島)
Kazuhiro Yoshida:【Educational Lecture 1】Immune checkpoint inhibitor for gastric cancer. (Chair)
Kazuhiro Yoshida:【Workshop 2】Laparoscopic surgery. (Chair)
Kazuya Yamaguchi, Kazuhiro Yoshida, Shinji Osada, Takao Takahashi, Nobuhisa Matsuhashi, Yoshihiro Tanaka, Hisashi Imai, Satoshi Matsui, Toshiyuki Tanahashi:【Symposium 1】International retrospective cohort study of conversion therapy for stage IV gastric cancer.
棚橋利行:一般演題 ポスター 症例報告7 (座長)
棚橋利行:80歳以上高齢者におけるS-1術後補助化学療法について.
棚橋利行:当科における食道胃接合部癌への手術治療戦略.
森龍太郎:FdUMPの解毒による5FU耐性とデオキシウリジンによる耐性解除.
今井健晴:好酸球増多が併存したラッセル小体胃炎の一例.
今井健晴:胃癌におけるKIF23の発現・機能解析.
今井健晴:KIF11は腸型胃癌において高発現している.
櫻谷卓司:胃癌におけるARID1Aの発現に関する臨床病理学的検討.
佐野仁哉:胃切除術における術後ドレーン留置の意義についての検討.(発表)
浅井竜一:適応拡大病変に対するESD施行後の追加外科切除にて漿膜面への露出とリンパ節転移を認めた1切除例.
平田伸也:進行胃癌に対する当科でのRamucirumabの使用経験.
高野仁:腹腔鏡下幽門側胃切除術におけるデルタ吻合についての検討
水谷千佳:科での進行・再発胃癌に対するCapeOX療法の使用経験.
第50回制癌剤適応研究会 (平成29年3月17日, 徳島)
二村 学:【シンポジウム3】ナノ粒子アルブミン結合パクリタキセル(アブラキサン)の抗腫瘍効果とSPARC発現の関係―特に乳癌術前化学療法前向き臨床試験における検証―.
松橋延壽:大腸癌個別化治療にむけた1stライン抗EGFR抗体薬の役割.
松井 聡:術前にmodified FOLFIRINOXを施行後R0切除し得た進行膵癌の1例.
棚橋利行:進行再発胃癌に対するPaclitaxel+Ramucirumab療法の経験.
前田健一:大腸癌細胞におけるintelectin-1とTMEM207の相互作用について.
杉山太郎:化学療法が奏功した食道神経内分泌腫瘍の1例.
田尻下敏弘:胃癌におけるk-sam遺伝子の意義とその治療対象としての検討.
鷹尾千佳:乳癌におけるARID1A発現異常と予後との関連性.
末次智成:集学的治療が奏効した原発不明癌と診断された左後腹膜腫瘍の1例.
第117回日本外科学会定期学術集会 (平成29年4月27-29日, 横浜)
吉田和弘:【セッション 考える外科学 5】H.pylori 陰性時代の胃癌の動向と治療を考える.(司会)
吉田和弘:【ランチョンセミナー 3】胃癌治療の新たな幕開け.
二村学、森光華澄、森龍太郎、浅野好美、荒川博文、吉田和弘:p53下流遺伝子Mieapの乳腺腫瘍における役割について.
山口和也:ポスターセッション(170)胃‐集学的治療‐4.
松橋延壽:下部消化管手術教育における私の工夫―腹腔鏡手術から学ぶ―.
田中善宏:【シンポジウム 2】進行食道癌に対する3剤併用レジメン投与後手術の治療成績.
今井寿:単発大腸癌肝転移における開腹手術と腹腔鏡下手術の治療成績の比較.
棚橋利行:当科における腹腔鏡下胃全摘術の短期成績.
森龍太郎:Nucleotidaseによる5FU耐性.
前田健一:大腸癌におけるTMEM207とintelectin-1の相互関係について.
平田伸也:食道癌亜全胃再建の実際.
第38回癌免疫外科研究会 (平成29年5月25-26日, 倉敷)
吉田和弘:【教育講演(モーニングセミナー)】患者さんを見据えた全人的膵癌治療:低酸素環境とHedgehog signal(司会)
二村 学:乳癌術前化学療法PerSeUS-BC-01における臨床効果と腫瘍浸潤リンパ球(TIL)との関連.
田島ジェシー雄:胃癌大腸癌におけるGlycoprotein nonmetastatic BのEGFRとのcross talkと転移への関与の可能性.
徳丸剛久:乳癌におけるmiR-143とKRAS遺伝子を標的としての細胞増殖抑制効果についての検討.
松本圭太:Crohn病に合併した痔瘻癌術後に小腸皮膚瘻を併発した一例.
末次智成:Nivolumabの使用によりリウマチ性多発筋痛症を発症した直腸悪性黒色腫術後再発の1例.
第54回九州外科学会(平成29年5月26-27日, 熊本)
吉田和弘:【ランチョンセミナー5】上部消化器がん治療の新戦略.
第26回日本癌病態治療研究会 (平成29年6月1-2日, 横浜)
山口和也、棚橋利行、松井聡、今井寿、田中善宏、松橋延壽、高橋孝夫、長田真二、吉田和弘:【ワークショップ1】 StageIV 胃癌のカテゴリー分類から導かれる Conversion surgery の位置付け.
森龍太郎:deoxyuridine による 5FU 耐性解除.
浅野好美:抗ソマトスタチン関連細胞表面分子に対する近赤外線、光免疫療法のための基礎的研究.
第53回日本肝臓学会総会 (平成29年6月8-9日, 広島)
田中善宏:【ランチョンセミナー6】がん治療における静脈血栓症のリスクマネジメント.
第29回日本肝胆膵外科学会学術集会・第6回アジア太平洋肝胆膵学会 (平成29年6月7-10日, 横浜)
Shinji Osada:Novel reconstruction method after pancreatoduodenectomy.
Hisashi Imai:Surgical and oncological outcomes after hepatectomy for colorectal liver metastasis in patients with autologous blood transfusion: a single-institute retrospective analysis.
Satoshi Matsui:The Relationship between Pancreatic Fistula after Distal Pancreatectomy and Leukocytosis caused by Splenectomy.
Chika Mizutani:Locally advanced pancreatic cancer successfully R0 resected after modified FOLFIRINOX neoadjuvant chemotherapy (a case report).
第71回日本食道学会学術集会 (平成29年6月15-16日, 軽井沢)
吉田和弘:一般演題 ポスター76(座長)
田中善宏:当科での食道同時性重複癌の治療成績.
田中善宏:3剤併用レジメンを駆使した当科での食道癌治療ストラテジー.
杉山太郎:食道癌術後に発症した門脈ガス血症の2例.
櫻谷卓司:食道癌治療を安全に行うために.
田島ジェシー雄:当科での食道癌再発例の治療成績.
高野仁:縫合不全率0%台を目指して-当科での食道癌術後吻合方法-.
第21回日本がん分子標的治療学会学術集会 (平成29年6月14-16日, 福岡)
田尻下敏弘:胃癌細胞株におけるDDX6によるHER2、FGFR2の翻訳制御.
徳丸剛久、田尻下敏弘、杉戸信彦、倉永祐希、篠原悠、赤尾幸博:乳癌における合成miR-143の細胞増殖抑制効果と抗癌剤感受性の検討.
第39回日本癌局所療法研究会 (平成29年6月23日, 京都)
櫻谷卓司:化学療法が奏効した食道神経内分泌腫瘍の1例.
佐野仁哉:集学的治療としてconversion therapyを施行し治癒切除に至ったStageⅣ 胃癌の1例.
浅野好美:Paclitaxel+Bevacizumab(PTX+BV)療法後に乳房切除を行った局所進行乳癌の3例.
田尻下敏弘:潰瘍性大腸炎・結腸亜全摘術後9年目に肛門管扁平上皮癌を発症し予後不良であった1例.
高野仁:TAS-102とBevacizumab併用療法で病勢コントロールを得ている切除不能再発結腸癌の1例.
水谷千佳:術前にmodified FOLFIRINOXを施行後R0切除し得た進行膵癌の1例.
第42回日本外科系連合学会学術集会 (平成29年6月28-30日, 徳島)
吉田和弘:【ワークショップ4】多施設共同研究を進めるためのチームネットワーク.(座長)
松橋延壽、高橋孝夫、松本圭太、末次智成、棚橋利行、松井聡、今井寿、田中善宏、山口和也、吉田和弘:【ビデオセッション2】直腸癌骨盤再発に対する経会陰アプローチの工夫(合併症を減らすために).
田中善宏:【シンポジウム2】食道癌治療を安全に行うための工夫.
森龍太郎:術前化学療法としてDose-danse AC→dose-dense paclitaxel療法を行った2例.
第25回日本乳癌学会学術総会 (平成29年7月13-15日, 福岡)
二村 学:若年乳癌患者の妊孕性温存に対する地方都市での試み-岐阜モデルGPOFsの検証と当院での取り組み-.
森光華澄:当院における術前化学療法と術後化学療法の治療効果の比較検討.
森龍太郎:骨転移のみの転移性乳癌の転帰.
浅野好美:乳癌間質低酸素状態におけるNotch system活性化メカニズムの検討.
第48回日本膵臓学会大会 (平成29年7月14-15日, 京都)
長田真二:【ワークショップ2】膵炎と膵癌の病態解明を目指した基礎研究.
第72回日本消化器外科学会総会 (平成29年7月20-22日, 金沢)
吉田和弘:要望演題20 消化器疾患に関する最新の基礎研究・橋渡し研究 6.(座長)
吉田和弘:【特別企画1】本邦における胃癌に対する腹腔鏡下手術成績に関する後ろ向き調査研究.
吉田和弘:【ランチョンセミナー5】消化器癌治療の新たな展開.
山口和也:リニアステイプラーによる完全鏡視下胃切除術の再建の定型化.
高橋孝夫:一般演題(ミニオーラル)大腸 大腸癌転移・再発1(座長)
高橋孝夫:局所進行下部直腸癌に対する化学放射線療法による局所制御を含めた治療効果と肛門機能に関する検討.
松橋延壽:【ランチョンセミナー2】大腸癌治療における腫瘍縮小の意義を考える~ESMO Consensus Guidelineを参考に~.
松橋延壽:当科における腹腔鏡下横行結腸切除術の手術手技(脾彎曲近傍腫瘍).
田中善宏:【ランチョンセミナー9】がん患者におけるVTEリスクマネジメント~病態・診断~/がん患者におけるVTEリスクマネジメント~予防・治療~.
田中善宏:3剤レジメンを用いた進行食道癌への治療戦略.
今井 寿:肝細胞癌手術における自己血貯血の利点と欠点.
松井 聡:尾側膵切除後合併症と膵摘後白血球増多との関連性.
棚橋利行:当科での腹腔鏡下幽門側胃切除術におけるデルタ吻合の実際と成績.
森龍太郎:FdUMPの濃度に注目した5FU耐性メカニズムの解析.
前田健一:肝細胞癌におけるc-MET発現と臨床病理学的特徴.
杉山太郎:化学療法が奏効した食道神経内分泌細胞癌と扁平上皮癌混合型腫瘍の1例.
櫻谷卓司:食道癌化学療法中の血清フェリチン値は奏効度を反映する.
田島ジェシー雄:消化管癌におけるGlycoprotein nonmetastatic B(GPNMB)のEGFRとのcross talkと転移への関与.
松本圭太:膵管癒合不全に発生した膵管内乳頭粘液性腺癌(IPMC)の1例.
末次智成:当院における早期大腸癌内視鏡的粘膜下層剥離術(EDS)治療後の外科的追加切除に関する検討.
第15回日本臨床腫瘍学会学術集会 (平成29年7月27-29日, 神戸)
Kazuhiro Yoshida:【International Symposium 10】How can we manage the international gap in development of chemotherapy for gastric cancer? (Chair)
第76回日本癌学会学術総会 (平成29年9月28-30日, 横浜)
浅野好美:LRP1B細胞内領域の核移行がもたらす乳癌進行メカニズム.
田尻下敏弘:がん関連RNAヘリケースDDX6のerbb2陽性胃癌における役割.
徳丸剛久:乳癌細胞におけるmiR-143の細胞増殖抑制と化学療法感受性の変化についての検討.
浅井竜一:KIF23は食道癌・大腸癌細胞におけるスフェロイド形成に必要である.
JDDW2017 第25回日本消化器関連学会週間 (平成29年10月12-15日, 福岡)
吉田和弘:【会長講演】先知先哲に学ぶ技術の継承と発展.
山口和也:デジタルポスターセッション13 胃 症例報告(悪性)1.(座長)
山口和也、棚橋利行、吉田和弘:【パネルディスカッション6】 Conversion therapyの適応を考慮したStageⅣ胃癌のカテゴリー分類.
高橋孝夫:デジタルポスターセッション122 大腸(症例報告(悪性))1.(座長)
高橋孝夫:【ブレックファーストセミナー16】術後癒着防止を意識した腹腔鏡下大腸手術の工夫.
松橋延壽:デジタルポスターセッション98 小腸 症例報告(良性)2.(座長)
Nobuhisa Matsuhashi:【International Session (Symposium) 8】Oncologic and anal function outcomes of laparoscopic intersphincteric resection for very low rectal tumor.
田中善宏:デジタルポスターセッション202 その他 症例報告(悪性)1.(座長)
田中善宏:【ブレックファーストセミナー11】悪性腫瘍と血栓症 ―私共のすべきこと―.
田中善宏:3剤併用食道癌術前化学療法の奏効率への影響因子の検討.
今井 寿:デジタルポスターセッション192 胆道 症例報告(良性).(座長)
今井 寿:肝細胞癌手術における肝切除断端距離が再発、生存に与える影響.
松井 聡:尾側膵切除後の断端液体貯留の特徴.
杉山太郎:胃癌におけるmiR-133bによるWarburg効果の破綻.
櫻谷卓司:当科における食道癌集学的治療.
佐野仁哉:胃切除術後ドレーン留置の有効性についての検討.
田尻下敏弘:DDX6による胃癌細胞株におけるHER2,FGFR2の翻訳制御.
松本圭太:T1a直腸癌に対してEMR根治術施行後、局所再発した1例.
末次智成:当科における胃癌・大腸癌腹腔鏡下同時切除術の短期および長期成績.
第55回日本癌治療学会学術集会 (平成29年10月20-22日, 横浜)
吉田和弘:【特別企画3】 ASCO/ESMO/JSCO Joint Symposium-Cancer Control in Accordance with the Lifestyle-. (司会)
吉田和弘:学術セミナー41.(司会)
吉田和弘:【国際シンポジウム】 FACO/JSCO Joint Symposium - FACO Clinical Trialsand Future Challenges in Development of Precision Medicine. Stage Ⅳ胃癌における、FACOでの最初の臨床試験、CONVO-GC1.
吉田和弘:【市民公開講座 「それぞれの癌」と共に、「それぞれの生」を生きる】第1部 それぞれの癌を支える:がん治療総論.
吉田和弘:【市民公開講座 「それぞれの癌」と共に、「それぞれの生」を生きる】ミニ討論.
二村学:【ワークショップ13】 「それぞれの癌」難治性癌に対する治療戦略 ~乳腺~.(座長)
二村 学:GPNMB, a key factor of drug resistance in breast and gastrointestinal cancers.
山口和也:【シンポジウム8 】胃癌腹膜播種に対するConversion therapy.
高橋孝夫:デジタルポスター22 大腸 患者サポート.(座長)
高橋孝夫:L-OHPを含む化学療法を受けた女性大腸癌症例 におけるパロノセトロンの制吐評.
松橋延壽:【ワークショップ15】FOLFOX療法に起因する末梢神経症状に対するプレガバリンの有効性および安全性の検討.
田中善宏:Triplet レジメンと進行食道がん.
松井 聡:開腹所見で切除不能であった膵癌と術前診断との不整合性に関する検討.
棚橋利行:当科での胃癌術後補助化学療法の現状.
森龍太郎:ヌクレオチド代謝に着目した5FU耐性メカニズムの解明.
前田健一:StageIV胃癌のConversion therapy後の無再燃生存症例.
田島ジェシー雄:当科における転移性大腸癌に対する抗EGFR抗体を中心とした個別化治療の治療戦略.
今井健晴:StageIV胃癌のConversion therapy後の化学療法の意義.
末次智成:当科におけるCapeOXを術後補助化学療法として施行した大腸癌症例の治療成績.
多和田翔:術前肝動脈塞栓療法が肝細胞癌手術に及ぼす影響.
坂野慎哉:食道癌手術時亜全胃再建の方法.
村瀬佑介;TAS-102+Bevacizumab併用療法が脳転移を伴った切除不能再発大腸癌に有効であった1例.
第47回胃外科・術後障害研究会 (平成29年11月3-4日, 横浜)
吉田和弘:【ワークショップ 2-2】胃内視鏡外科手術における私の工夫(Video).(司会)
棚橋利行:【パネルディスカッション2-2】80歳以上高齢胃癌患者に対して腹腔鏡下胃切除術は有用か?
今井健晴:幽門側胃切除術Roux-en-Y法再建後にY脚閉塞を来した1例.
第72回日本大腸肛門病学会学術集会 (平成29年11月10-11日, 福岡)
高橋孝夫:当科における炎症性腸疾患に合併した大腸癌の治療成績.
松橋延壽:切除不能・再発大腸癌における1stライン抗体薬治療戦略.
第28回日本消化器癌発生学会 (平成29年11月17-18日, 熊本)
吉田和弘:【シンポジウム4】消化器癌における腫瘍免疫と治療への応用.(司会)
吉田和弘:【イブニングセミナー】胃癌における周術期治療の新戦略.(演者)
高橋孝夫:ポスター11 大腸3(司会)
松橋延壽:ポスター10 大腸2(司会)
松橋延壽:術前化学療法後における肝転移巣の病理組織学的検討.
前田健一:結腸直腸癌におけるARID1Aの発現に関する臨床病理学的検討.
杉山太郎:胃癌におけるmiR-133bによるWarburg効果の制御.
櫻谷卓司:クロマチン再構成因子、ARID1Aの発現異常による胃癌発生メカニズムの解析.
田尻下敏弘:胃癌細胞株におけるRNAヘリケースDDX6によるHER2、FGFR2の翻訳制御.
徳丸剛久:直腸NETの評価と治療方針.
村瀬佑介:Crohn病発症から18年を経て痔瘻癌を併発した1例.
第79回日本臨床外科学会総会(平成29年11月23-25日, 東京)
吉田和弘:【総会特別企画5】Gastrointestinal Surgery Innovation.(司会)
吉田和弘:【学術セミナー24】進行・再発大腸癌 2次化学療法に対する治療戦略.(司会)
二村 学:一般口演 乳腺・悪性疾患1.(座長)
山口和也:【ワークショップ18】 胃癌Conversion surgery.(司会)
山口和也:一般示説 胃16.(座長)
山口和也:【ワークショップ18】StageIV胃癌のカテゴリー分類からみたConversion therapyの位置付け.
高橋孝夫:【ワークショップ16】根治切除不能再発胃癌、大腸癌の手術.(司会)
高橋孝夫:【ワークショップ16】根治切除不能・困難な大腸癌におけるconversion surgery.
松橋延壽:一般示説 大腸3.(座長)
松橋延壽:腹腔鏡でこそメリットがある!脾彎曲授動における手術手技の工夫.
田中善宏:【パネルディスカッション2】食道癌に対する3剤併用レジメンは有効か.
松井 聡:尾側膵切除後一過性脾摘後白血球増多と術後合併症の関連性.
棚橋利行:【パネルディスカッション8】当科でのpStage III胃癌への術後補助化学療法.
田島ジェシー雄:当科における閉塞性大腸癌に対する術前ステント留置の短期成績の検討.
多和田翔:自己免疫性膵炎に合併した巨大真性嚢胞の一切除例.
坂野慎哉:術前化学療法により組織学的完全奏功を得た食道胃接合部癌の1例.
村瀬佑介:3科合同hybrid型手術によって肛門温存可能であったPagetoid spreadを伴う肛門管癌の1例.
第30回日本バイオセラピィ学会学術集会総会 (平成29年11月30日-12月1日, 岐阜)
吉田和弘:【会長講演】がん免疫療法の温故知新.(座長)
松橋延壽:一般演題 効果予測因子.(座長)
松橋延壽:切除不能・再発大腸癌1次治療抗EGFR抗体薬併用療法において腫瘍マーカー推移はpredict makerとして有用か?
田島ジェシー雄:【ワークショップ】消化管癌におけるGlycoprotein non-metastatic BのEGFRとの相互作用とその臨床的意義.
浅野好美:【ワークショップ】抗ソマトスタチン関連細胞表面分子に対する近赤外線、光免疫療法のための基礎的研究.
田尻下敏弘:【ワークショップ】胃癌におけるRNA-helicase DDXによるHER2,FGFR2の発現亢進.
徳丸剛久:乳癌における合成miR-143の細胞増殖抑制効果と抗癌剤に対する感受性の変化.
鷹尾千佳:【ワークショップ】乳癌におけるARID1A発現異常と予後との関連性.
第30回日本内視鏡外科学会総会 (平成29年12月7-9日, 京都)
吉田和弘:【パネルディスカッション】食道胃接合部癌に対する内視鏡外科手術.(司会)
吉田和弘:【Educational Lecture 11】低侵襲手術とオンコロジーの融合による胃癌治療の新世界.(司会)
山口和也:サージカルフォーラム 胃・十二指腸良性.(司会)
山口和也:pT2以深胃癌に対する腹腔鏡下胃切除術の治療成績.
高橋孝夫:腹腔鏡下大腸癌手術における術後癒着防止の工夫.
松橋延壽:ePoster 大腸良性16.(司会)
松橋延壽:当科における腹腔鏡下低位前方切除術の短期成績.
今井 寿:ePoster 肝臓6(司会)
今井 寿:腹腔鏡下肝切除術における開腹移行症例・術後合併症症例の検討.
棚橋利行:腹腔鏡下胃切除術における視野展開の工夫.
今井健晴:同時性多発十二指腸腫瘍に対して腹腔鏡・内視鏡合同手術(LECS)を施行した1例.
末次智成:胃癌・大腸癌腹腔鏡下同時切除術を施行した8例の検討.
多和田翔: 腹腔鏡下肝腎同時手術の1例.

発表(地方会・研究会)

第86回大腸癌研究会 (平成29年1月20日, 盛岡)
高橋孝夫:【アフタヌーンセミナー】治療目的に応じた大腸がん治療戦略―ESMO Consensus Guideline を参考に―.
松橋延壽:直腸腫瘍に対する会陰アプローチ手術.
第21回愛知内視鏡外科研究会 (平成29年2月18日, 名古屋)
松橋延壽:安全な切離・吻合を意識した腹腔鏡下直腸間膜全切除術(TME/TSME)の手術手技.
第49回胃病態機能研究会 (平成29年2月18-19日, 名古屋)
水谷千佳:当科におけるRamucirumabの使用経験.
第293回東海外科学会 (平成29年4月16日, 名古屋)
高橋孝夫:大腸3.(座長)
松本圭太:T1a直腸癌に対してEMR根治術施行後にリンパ節再発した1例.
水谷千佳:巨大膵粘液性嚢胞腫瘍の1例.
末次智成:直腸悪性黒色腫に対して腹腔鏡下腹会陰式直腸切断術を施行した1例.
第11回岐阜手術手技研究会 (平成29年5月12日, 岐阜)
田中善宏:食道癌切除後再建を安全に行うために.
第71回手術手技研究会 (平成29年5月26-27日, 名古屋)
松橋延壽:【サージカルフォーラム12】直腸癌骨盤再発に対するアプローチの工夫(開腹困難症例に対して).
田中善宏:【サージカルフォーラム23】食道癌・亜全胃再建のコツ.
今井 寿:【サージカルフォーラム13】術中脾動脈塞栓術を先行し脾臓摘出術を施行した1症例.
第228回岐阜外科集談会 (平成29年6月17日, 岐阜)
今井健晴:一般演題(座長)
坂野慎哉:ほぼ左肺のみで生活していた進行食道癌の1例.(発表)
日本消化器病学会中国支部第25回教育講演会 (平成29年6月18日, 広島)
吉田和弘:Stage IV胃癌の病態とconversion therapyの意義.
日本消化器病学会東海支部第126回例会 (平成29年6月24日, 岐阜)
吉田和弘:教育講演1(司会)
高野 仁:直腸GISTに対して経会陰的に切除しえた1例.
水谷千佳:肝細胞癌手術における術前自己血貯血の適応と問題点.
松本圭太:当院における大腸癌ESD後の外科的追加切除に関する検討.
第87回大腸癌研究会 (平成29年7月7日, 三重)
吉田和弘:【ランチョンセミナー4】(座長)
松橋延壽:当科における腹腔鏡下低位前方切除術の変遷と現状.
KGPS―第7回京都岐阜小児外科カンファレンス― (平成29年7月7日, 岐阜)
吉田和弘:特別講演(座長)
第24回外科侵襲とサイトカイン研究会 (平成29年7月7日, 新潟)
今井健晴:小腸穿孔性腹膜炎の手術後の敗血症治療中にGCAP療法が著効したクローン病患者の治療経験.
第44回日本膵切研究会 (平成29年8月25-26日, 横浜)
多和田翔:アプローチ方法を工夫した巨大膵嚢胞性疾患の2切除例.
第14回日本乳癌学会中部地方会 (平成29年9月9-10日, 飯田)
二村学:【モーニングセミナー2】アブラキサン、使ってみると結構"いいね!"―新たなるタキサンの可能性について―.
浅野好美:【パネリスト】AYA世代の乳癌治療.
北澤 舞:乳腺原発低分化型血管肉腫の1例.
第22回岐阜乳腺セミナー (平成29年9月15日, 岐阜)
吉田和弘:【特別講演】転移性乳癌治療の考え方.(座長)
第5回日本静脈経腸栄養学会関東甲信越支部学術集会 (平成29年10月8日, 東京)
田中善宏:【ランチョンセミナー】治療効果を最大限引き出すために~いかに栄養療法を受け入れてもらうか~.(発表)
第294回東海外科学会 (平成29年10月15日, 三重)
村瀬佑介:Crohn発症病から18年を経た前立腺浸潤を伴う痔瘻癌の1治験例.
坂野慎哉:Meckel憩室茎捻転の1例.
北澤 舞:転移巣にて抗HER2陽転化を認め、抗HER2療法が奏功した転移性乳癌の1例.
第16回岐阜膵臓外科研究会 (平成29年11月1日, 岐阜)
吉田和弘:(司会)
第229回岐阜外科集談会 (平成29年11月4日, 岐阜)
吉田和弘:【共催セッション】特別講演(司会)
北澤 舞:転移巣にて抗HER2陽転化を認め、抗HER2療法が奏功した転移性乳癌の1例.
第124回東海食道疾患症例検討会 (平成29年11月10日, 名古屋)
坂野慎哉:食道癌術後に突然呼吸困難を来した症例、その理由は・・・.
日本消化器病学会東海支部第127回例会 第38回教育講演会 (平成29年11月11日, 名古屋)
吉田和弘:【ランチョンセミナー2】胃癌薬物療法の新展開.(司会)
第20回日本救急医学会中部地方会 総会・学術集会(平成29年11月18日,高山)
今井健晴:クローン病による小腸穿孔性腹膜炎の手術後の敗血症治療にGCAP療法が著効した1例.
坂野慎哉:絞扼性イレウスとの鑑別に苦慮したMeckel憩室茎捻転の1例
第9回膵臓内視鏡外科研究会・第11回肝臓内視鏡外科研究会 (平成29年12月6日, 京都)
今井 寿:当科における腹腔鏡下肝切除術の手術成績と今後の課題.
多和田翔:肝胆膵外科医と上部消化管外科医とで行う腹腔鏡下尾側膵切除術の導入.
第7回東海乳癌化学療法研究会 (平成29年12月21日, 名古屋)
二村学:チームで取り組むがん化学療法副作用対策について ―アブラキサンを用いた臨床研究を中心として―.

講演会

41st Nagasaki Digestive Organ Cancer Chemotherapy (平成29年1月7日, 長崎)
吉田和弘:上部消化器癌治療のup to date.
中外eセミナー (平成29年1月23日, 名古屋)
二村学:Luminal HER2乳癌の現状と今後.
胃がん患者・家族のための公開講座 もっと知ってほしい胃がんのこと 2017 in 岐阜 (平成29年1月28日, 岐阜)
吉田和弘:Q&Aトークセッション ~希望をもって胃がん治療を受けるために~.(座長)
吉田和弘:こうすれば治る、胃癌治療の最前線~さらなる生存率の延長を目指して~.
田中善宏:Q&Aトークセッション ~希望をもって胃がん治療を受けるために~.(パネリスト)
田中善宏:治療効果を最大限引き出すために~栄養はあなたのそばで支えてくれます~.
第5回次世代の臨床外科医のための特別セミナー (平成29年1月29日, 東京)
吉田和弘:外科医が知っておくべき、癌治療における最近の分子標的薬・免疫剤の進歩.
岐阜腫瘍外科ミーティング (平成29年2月2日, 岐阜)
吉田和弘:基調講演 がんと血栓症 -重要性を増すOnco-cardiologyと静脈血栓塞栓症治療―. (座長)
高橋孝夫:ディスカッション(総合司会)
松橋延壽:結腸癌腹膜播種再発切除後にoxaliplatin reintroductionした1例.
Meet the Expert in Gifu (平成29年2月3日, 岐阜)
吉田和弘:(司会)
松橋延壽:大腸癌術後補助化学療法の変遷.
大腸癌治療のパラダイムシフト~患者さん毎の最適な治療ゴールを考える~ (平成29年2月4日, 東京)
高橋孝夫:ディスカッションセッション① 切除の可能性を最大限に考慮した治療ゴールの決定について考える.(パネリスト)
第9回岐阜DIF研究会 (平成29年2月24日, 岐阜)
吉田和弘:【Special Lecture Ⅱ】 (座長)
VTE Joint Forum (平成29年3月13日, 東京)
田中善宏:悪性腫瘍患者における静脈血栓症のリスクマネジメント.
Radiology UpDate in Gifu (平成29年3月17日, 岐阜)
吉田和弘:【特別講演Ⅱ】 (座長)
第7回岐阜ストーマリハビリテーション講習会 (平成29年3月18-19日, 岐阜)
高橋孝夫:直腸がん手術の実際.
松橋延壽:ストーマリハビリテーション概論.
がん最適医療推進セミナーin岐阜 (平成29年3月22日, 岐阜)
吉田和弘:【特別講演】 (座長)
第3回K-CaNP (平成29年3月29日, 熊本)
田中善宏:患者さんに受け入れられるためにはどうしたらよいか?
がん治療と栄養療法 メディカルセミナーin岐阜 (平成29年3月30日, 岐阜)
田中善宏:がん治療と栄養管理.
Breast Cancer Conference in Gifu (平成29年4月14日, 岐阜)
二村学:【Session2】演題発表&討議(フロアでのディスカッション)(司会)
森龍太郎:局所進行乳癌にたいしてBevacizumab+Paclitaxel療法を行った3例.
Meet the Expert on Colorectal Cancer (平成29年4月15日, 吹田)
高橋孝夫:グループディスカッション ―大腸癌薬物治療ついて考える― 外科の観点から.(司会)
三岐乳がん薬物療法サミット (平成29年4月21日, 四日市)
二村学:【パネルディスカッション】実例に学ぶホルモン耐性の克服.(座長)
日本医師会生涯教育講座木曜サロン (平成29年4月27日, 桑名)
高橋孝夫:大腸癌治療:一次から後方lineまで.
第4回がんセミナー (平成29年5月13日, 岐阜)
田中善宏:がんにならないために、なっても治るために―がんと栄養のこと―.
Colorectal Cancer Small meeting in Gifu (平成29年5月18日, 岐阜)
吉田和弘:【Session 1】レクチャー(司会)
高橋孝夫:【Session 2】使用経験報告.(司会)
松橋延壽:FOLFOXIRI+Bevacizumabの使用経験.
Colon Cancer Academy (平成29年5月19日, 厚木)
高橋孝夫:「大腸癌化学療法における抗EGFR抗体薬のメリット」~外科医の視点から~.
リコモジュリンASPECT実践研修 (平成29年5月22日, 岐阜)
棚橋利行:(演者)
Scientific Exchange Meeting (平成29年5月26日, 岐阜)
二村学:Latest clinical update 1(司会)
GASTRIC CANCER FORUM IN GIFU (平成29年6月9日, 岐阜)
二村学:Latest clinical update 1(司会)
GASTRIC CANCER FORUM IN GIFU (平成29年6月9日, 岐阜)
吉田和弘:【特別講演】(座長)
山口和也:(講演) (座長)
田中善宏:上部消化器癌治療における栄養療法の重要性.
棚橋利行:胃がん化学療法の変遷について.
The 25th Sendai Oncologist Salon (平成29年6月16日, 仙台)
吉田和弘:上部消化器癌治療のup to date
平成29年度岐阜薬科大学 薬剤師生涯教育講座 (平成29年6月17日, 岐阜)
二村学:乳がんをいかにコントロールし治癒せしめるか ~飽くなき乳腺外科医の挑戦~.
あけぼの岐阜 岐阜大学医学部勉強会 (平成29年6月25日, 岐阜)
二村学:がんと遺伝子.
森龍太郎:乳がんの治療について.
岐阜薬科大学講義 (平成29年6月26日, 岐阜)
吉田和弘:薬物治療学Ⅲ
社内講演会(旭化成ファーマ株式会社 岐阜営業所) (平成29年6月26日, 岐阜)
田中善宏:講演
2017大腸手術手技勉強会~Video CAMPS~ (平成29年7月1日, 名古屋)
高橋孝夫:講演3 腹腔鏡下S状結腸切除~技術認定取得のポイント~.(司会)
高橋孝夫:Video Conference「腹腔鏡下大腸切除術、更なる手術手技向上を目指して~上級(技術認定取得者)編~」.(コメンテイター)
平成29年度第2回癌治療戦略検討会(拡大キャンサーボードミーティング) (平成29年7月3日, 岐阜)
二村 学:頭蓋骨転移による脳神経症状で発症した乳癌症例.
Cancer VTE Forum in Sakurayama (平成29年7月4日, 名古屋)
田中善宏:がん治療における静脈血栓症のリスクマネジメント.
静脈血栓塞栓症フォーラム~予防・診断・治療のマネジメント~ (平成29年7月5日,岐阜)
田中善宏:悪性腫瘍患者における静脈血栓症のリスクマネジメント.
TAIHO Colorectal Cancer Forum In NAGOYA (平成29年7月8日, 名古屋)
松橋延壽:総合討論(コメンテイター)
松橋延壽:大腸癌 後方ライン治療の成績向上のために.
第10回呉国際医療フォーラム (平成29年7月14日, 広島)
吉田和弘:上部消化器癌治療におけるチームオンコロジーの実践.
次世代の大腸がん治療セミナー (平成29年7月15日, 名古屋)
高橋孝夫:基調講演(座長)
松橋延壽:抗EGFR抗体薬を使用し著効した1例.
周術期セミナーin Fukuoka (平成29年7月15日, 福岡)
田中善宏:外科・麻酔の協力による術後を見据えた循環管理.
第10回ストーマケア研修会(岐阜県社会適応訓練事業) (平成29年7月17日, 岐阜)
高橋孝夫:お腹の手術を受けた人が気をつけるべきこと.
Gifu Cancer -VTE Management Forum (平成29年7月27日, 岐阜)
吉田和弘:【特別講演】(座長)
田中善宏:誰でもできるVTEの診断法.
第5回北海道消化器癌カンファレンス (平成29年7月28日, 札幌)
吉田和弘:上部消化器癌の治療の潮流. 治療の潮流.
第9回九州がん診療シンポジウム (平成29年8月5日, 福岡)
吉田和弘:【Session4 胃癌】胃癌治療の最前線.
第1回四国CRCチーム医療セミナー (平成29年8月5日, 高松)
松橋延壽:大腸癌治療における腫瘍縮小の意義.
岐阜周術期乳癌学術講演会 (平成29年8月25日, 岐阜)
二村学:dose dence chemotherapy 症例報告.(座長)
森龍太郎:dose dense chemotherapy 症例報告.
Gastric Cancer Cutting Edge in Gifu (平成29年8月30日, 岐阜)
吉田和弘:(座長)
大腸癌治療セミナー (平成29年9月1日, 久留米)
高橋孝夫:大腸癌に対する分子標的薬での治療.
静脈血栓塞栓症カンファランス (平成29年9月1日, 愛知)
田中善宏:静脈血栓塞栓症の最新の治療戦略.
平成29年度岐阜薬科大学 薬剤師生涯教育講座 (平成29年9月2日, 岐阜)
松橋延壽:新たな時代に突入する大腸癌化学療法 ~チーム医療のあり方(医薬中心)~.
第2弾健康講座 (平成29年9月9日, 岐阜)
吉田和弘:ここまできた!胃がん治療の最前線.
岐阜サルコーマカンファランス (平成29年9月14日, 岐阜)
二村学:ハラヴェンの適正使用について.
第22回岐阜乳腺セミナー (平成29年9月15日, 岐阜)
吉田和弘:【特別講演】転移性乳癌治療の考え方.(座長)
大腸癌化学療法勉強会 in Hiroshima (平成29年9月15日, 広島)
松橋延壽:大腸癌 後方line治療の成績向上のために.
第49回日本臨床分子形態学会総会学術集会市民公開講座 (平成29年9月15-16日, 岐阜)
二村学:乳がんの診断と治療の最新情報.
第22回外科癌化学療法研究会 (平成29年9月22日, 名古屋)
吉田和弘:特別講演2 上部消化器癌のチームオンコロジー.
二村学:Surgical Oncologistとして思うこと ―乳癌は治るのか?―.
岐阜大学市民講座『ここまできた、がん治療の最前線』 (平成29年9月24日, 岐阜)
二村学:ここまで進んだ乳がん治療、どう戦うか?
山口和也:胃がんに対する低侵襲手術と集学的治療.
第52回神奈川胃癌治療研究会 (平成29年9月30日, 神奈川)
吉田和弘:Session3【特別講演】胃癌治療の新戦略.
平成29年度がん予防啓発事業 (平成29年10月2日, 岐阜)
田中善宏:がんという病気を知ろう.
胃癌承認記念講演会 (平成29年10月7日, 東京)
吉田和弘:【Session 1】FEATURE OF CANCER IMMUNOTHERAPY. (座長)
Avastin&Xeloda 10th Anniversary Seminar in Gifu (平成29年10月27日, 岐阜)
吉田和弘:【特別講演】 (座長)
松橋延壽:大腸癌術後補助化学療法.
JSFP-Oncofertility Consortium JAPAN meeting 2017 (平成29年11月3日, 岐阜)
二村学:「地域におけるがん・生殖医療連携の現状と課題」ワークショップ‐現状と課題.
第26回富山県NST研究会 (平成29年11月4日, 富山)
田中善宏:経口栄養剤にできること・そして摂取してもらうには.
Gifu Breast Cancer Conference (平成29年11月10日, 岐阜)
二村学:(ファシリテーター)
浜松内視鏡手術セミナー (平成29年11月14日, 浜松)
高橋孝夫:【特別講演】
Ichinomiya Digestive Seminar (平成29年11月15日, 一宮)
田中善宏:静脈血栓塞栓症の最新の治療戦略.
三重県厚生農業協同組合連合会鈴鹿中央総合病院 地域病診連携学術講演会 (平成29年11月16日, 三重)
高橋孝夫:大腸癌治療における最新の話題.
Kagoshima Gastric Cancer Seminar (平成29年11月18日, 鹿児島)
吉田和弘:胃癌治療の最前線.
リリーインターネット講演会 (平成29年11月20日, 岐阜)
吉田和弘:大腸癌化学療法の治療戦略.(司会)
松橋延壽:大腸癌化学療法の治療戦略.
日本生命 がんセミナー (平成29年11月22日, 岐阜)
吉田和弘:ここまですすんだ食道癌・胃癌治療の最前線.
Meet The Expert on Breast Cancer (平成29年11月24日, 相模原)
二村学:乳癌は治るのか? -乳癌根治に向けた岐阜大学での取り組み-
CRCC-Fukuoka ザルトラップR発売記念講演会 (平成29年11月25日, 福岡)
高橋孝夫:進行再発大腸癌治療アルゴリズムについて.(ディスカッサント)
社内講演会(旭化成ファーマ株式会社 岐阜営業所) (平成29年11月27日, 岐阜)
松橋延壽:岐阜大学医学部付属病院における下部消化管(大腸癌)外科疾患と凝固異常.
TAIHO Gastric Cancer Forum in NAGOYA(平成29年11月28日, 名古屋)
吉田和弘:【Session 2】(座長)
熊本胃がん免疫治療研究会 (平成29年11月30日, 熊本)
吉田和弘:【特別講演】胃癌治療の新戦略.
第153回郡上市医師会臨床懇話会 (平成29年11月30日, 岐阜)
田中善宏:静脈血栓塞栓症の最近の話題 ~災害時対応から担当患者マネジメントまで~.
TAKEDA 大腸癌研究講演会 (平成29年12月1日, 長岡)
高橋孝夫:RAS野生型進行再発大腸癌に対する1次治療における抗EGFR抗体薬の役割 ~外科医の視点から~.
大腸癌のパラダイムシフト (平成29年12月9日, 千葉)
高橋孝夫:【パネルディスカッション】腫瘍縮小によりConversionを狙える症例に対する治療戦略.(プレゼンター)
TSEP -Team building seminar for esophageal professionals- 研究会 (平成29年12月16日, 東京)
田中善宏:(司会)
第7回東海乳癌化学療法研究会 (平成29年12月21日, 名古屋)
二村学:チームで取り組むがん化学療法副作用対策について -アブラキサンを用いた臨床研究を中心として-.
Colorectal Cancer Specialist Conference (平成29年12月22日, 名古屋)
高橋孝夫:大腸癌2nd-lineに対する分子標的薬の選択 BBP以外を考える.