腫瘍外科(第二外科)後期臨床プログラム(はじめに)

トップページ > 腫瘍外科(第二外科)後期臨床プログラム(はじめに)

はじめに

この20年間,わが国の死亡原因は「がん」がトップであり,今では10人のうち3人が「がん」で死亡する時代です。「がん」はいまや国民病と言っても過言ではありません。ようやく国としても癌対策基本法などの制定がなされ、我が国でも癌に対しての治療と研究は国家的プロジェクトとなりました。私たち腫瘍外科教室では、食道癌・胃癌・大腸癌・肝臓癌・膵臓癌などの消化器癌のみならず、近年発生率も上昇し、治療も多様化した乳腺疾患を中心とした、癌治療・研究・専門分野です。私たちは癌に対する手術技術をトップレベルのものとすべく研鑽を重ねているだけでなく、抗癌剤を中心とした化学療法の専門的知識を有しており、新たな癌治療を臨床試験として全国展開しています。緩和ケアもその中で重要な分野で、Surgical Oncologist(腫瘍外科医)として切り離せない分野であることは言うまでもありません。

癌拠点病院である岐阜大学病院で、癌治療と先進的な癌研究を新たなエビデンスとして、岐阜から世界へ発信することが私たちの夢であります。さらに,生命に関わる頻度が高い疾患として忘れてならないのが「急性腹症」です。外科医でなければ,初期診療における重症度や緊急度の判断はできず,実際の治療(手術)にも手を出せません。当院では,高次救命治療センターとも連携しながら,消化器領域の救急患者を診療しています。近年急激に増え続ける消化器癌・乳癌の基本的治療はいまだ外科的切除です。外科医としてのアート(手術手技)を磨くのみならず、切除不能・再発癌症例に対して後は知らないと言う外科医でありたくないと思っています。患者さんやその御家族から「大学病院に来てよかった」と言ってもらえることが私たちの喜びであります。

さあ若い先生方、癌治療と癌研究を一緒に極めようではありませんか。
迷っている君、熱い情熱と元気な君、お待ちしています。