トップページ > トピックス一覧

トピックス

第26回 岐阜の若手外科医を育てる会

更新日 2017.10.29

第26回 岐阜の若手外科医を育てる会として、第5回次世代岐阜内視鏡外科Labセミナーを開催しました。

今回で5回目となりました毎年恒例の次世代岐阜内視鏡外科Labセミナーをジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社の主催により、2018年10月28、29日と川崎で行いました。

コース責任者 岐阜大学腫瘍外科 吉田和弘教授

コースコーディネーター 岐阜大学腫瘍外科 棚橋利行

今回は岐阜大学腫瘍外科同門の若手医師ならびに研修医の先生が計11名参加してくれました。

今回テーマは腹腔鏡下幽門側胃切除術(LDG)とし、まず初日は座学として、内視鏡外科技術認定医である岐阜市民病院の奥村直樹先生から実際に行っているLDGのビデオを見せていただき、手技の注意点やコツなどを発表してもらいました。またビデオクリニックは村上記念病院の太和田昌宏先生とがん研有明病院の安福至先生が発表してくれました。多くの先生と現在実際に悩んでいるポイントや手術手技やこだわりなど活発なディスカッションができました。

名称未設定.jpg
司会の山口先生
名称未設定.jpg 名称未設定.jpg
講義 奥村先生 ビデオクリニック乾杯の挨拶 長尾先生
名称未設定.jpg 名称未設定.jpg
ビデオクリニック演者 太和田先生 ビデオクリニック演者 安福先生
名称未設定.jpg
教授よりコメント
名称未設定.jpg
ビデオクリニック 風景
名称未設定.jpg
集合写真

またその後、懇親会も行い盛り上がりました。

名称未設定.jpg 名称未設定.jpg

2日目はブタを用いた内視鏡セミナーを行いました (東京サイエンスセンター)。

名称未設定.jpg

技術認定医の講師の先生の指導のもとに、LDGデルタ吻合まで全員が経験することができました。時間に余裕のあったテーブルでは胃全摘術食道空腸再建や胆摘、直腸切除なども経験することができました。すべての参加者が術者もしくは助手を行える、非常に有意義な時間を過ごすことができました。

名称未設定.jpg
名称未設定.jpg
名称未設定.jpg

非常に貴重な体験を経験することができ、ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社の関係者方々ならびに吉田教授はじめ同門の先生方に感謝いたします。

文責 棚橋利行

岐阜の
若手外科医を
育てる会

岐阜の
若手外科医を
育てる会

TEL:058-262-7711
FAX:058-265-0051