トップページ > 中央診療施設等一覧 > 光学医療診療部

光学医療診療部

業務内容

光学医療診療部は、内視鏡に関する医療全般を担当しますが、現在のところ消化器領域と呼吸器領域が中心です。
消化器領域では、上部・下部消化管、胆道・膵臓領域の内視鏡検査・治療を行っています。
なおレントゲン施設を必要とする検査・治療には放射線部を利用します。通常内視鏡検査に加えて、超音波内視鏡検査、早期癌に対する粘膜切除術、内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)、悪性狭窄に対するステント留置術、食道静脈瘤に対する硬化療法、結紮療法、また胆膵領域では総胆管結石などの内視鏡治療を積極的に行っています。また呼吸器領域においては肺癌を中心とした内視鏡診断・治療を行っています。


ページの先頭へ戻る