トップページ > 中央診療施設等一覧 > 新生児集中治療部

新生児集中治療部

 岐阜県における新生児集中治療用病床の確保のために平成24年4月に岐阜大学医学部附属病院に,新生児集中治療部が開設されました。これまでの新生児室4床から新生児集中治療病床(NICU)6床,新生児回復期病床(GCU)6床の計12床に増床し,新たな体制でのスタートを切りました。
 岐阜県総合医療センターにある総合周産期母子医療センターや,岐阜県内の地域周産期母子医療センターとの連携を円滑にすすめ,機能分担を行うことで岐阜県の新生児医療の充実を図ります。当院新生児集中治療部は,早産・低出生体重児の医療に加えて,先天性遺伝性疾患,染色体異常症,胎芽病,胎児病,先天性免疫不全症,先天代謝性疾患などの診断および治療などの高度先進医療を担う予定です。
 早産・低出生体重児の医療に加えて,まだ対応が十分でない出生前や新生児期の診断や治療の難しい病気をもった赤ちゃんの早期の診断法の確立と治療の開発を行います。これにより地域に貢献し,世界に発信するNICUを目指します。

岐阜大学新生児集中治療部の5つの特徴

赤ちゃんに優しい保育環境

 赤ちゃんに優しい保育環境のために,胎内環境に近い明るさや,音などに配慮した保育環境に心掛けます。また,早産で小さく生まれた赤ちゃんにとって分娩室から処置室,保育室への移動は大きな負担になりますが,分娩室の隣に新生児集中治療室(NICU)があり,移動がスムーズにできると共に,処置台がそのまま保育器に変わる可変式の保育器を導入し,処置・移動に伴う負担軽減を図ります。採血やレントゲン検査なども小さな赤ちゃんには負担になりますが,微量の血液で検査できる検査装置や,赤ちゃんの体を移動せずにレントゲン撮影できる保育器を導入して,赤ちゃんの負担の軽減に努めます。

赤ちゃんの肺に優しい呼吸サポート

 長期間にわたる人工呼吸に伴う肺へのダメージを最小限に抑えるため,高頻度振動換気機能を持つ最新型の呼吸器や,気管内にチューブを入れなくても赤ちゃんの呼吸を補助できる経鼻式持続陽圧換気装置を積極的に利用して,赤ちゃんの肺に優しい呼吸管理をおこないます。

先天奇形や先天代謝異常症,先天性免疫不全症などの迅速な診断を行う高度な検査装置の導入

 現行の染色体検査や遺伝子検査法では診断が困難な遺伝病,遺伝子病,染色体異常症,胎芽病,胎児病,免疫不全症,代謝性疾患などについてCGHアレイなどの特殊検査を行い,原因検索を進めて早期に診断を行うことで,ひいては新規治療開発につなげることを目指しています。

後遺症を防ぐ脳低温療法の導入

 出生時に仮死状態で生まれた赤ちゃんは,酸素不足の影響で脳に障害を受けます。中等度以上の仮死状態で生まれた赤ちゃんに脳低温療法を行うと神経学的な後遺症を防ぎ,予後を改善できることが知られています。当院では新たに新生児の脳低温療法に対応可能な冷却システムと脳活動の異常をリアルタイムで検出することが可能な持続脳波モニタリング装置や近赤外線分光測定装置などを導入して,後遺症なく退院できることを目指しております。

新生児医療を担う人材の育成

 当院は,日本周産期・新生児医学会認定専門医研修施設(補完研修施設)として新生児を専門に診察する医師の育成施設としての役割を担っています。医学生や看護学生に,命の誕生の場面を体験し,それをサポートする新生児医療に触れる機会を設けて学んで頂くことで,新生児医療への理解を深めていただき,ひいては新生児医療を担う医師や看護師,助産師などのコメディカルの育成を図ります。


ページの先頭へ戻る