トップページ > センター紹介 > センター長あいさつ

センター長あいさつ

 医師となって最初に経験する初期臨床研修の2年間は、医師として最も大きく成長し、どのような医師になるかという将来を決めるとても重要な期間です。豊かな人間性と社会性、プロフェショナリズム、科学的な思考と判断力を養うことで、医師にもっとも大切な「患者を全人的に診る能力」を身につけます。岐阜大学医学部附属病院の卒後臨床研修プログラムは、「人間性豊かな医師の育成」をキャッチフレーズに、理想の医師になるための第一歩を安心して踏み出せるよう全力で研修医をサポートします。
 岐阜県で唯一の大学病院である岐阜大学医学部附属病院は、岐阜県医療の「最後の砦」として難治・重症・救急患者を中心に高度医療で対応する専門性の高い特定機能病院です。本院の卒後臨床研修プログラムは選択の自由度が高いのが特徴で、希望に沿って柔軟にプログラムを構成できます。それを生かして初期臨床研修修了後の専門医研修制度までを見据えて、希望する専門医取得を最終目標とした一貫した初期臨床研修を実践しています。一方、プライマリ・ケアにも重点を置き、救急外来研修や総合臨床教育研修を必須化しているほか、協力型研修病院と本院での研修を1年ずつ行う「たすき掛けコース」も用意しています。問診や身体診察を重視し、病態を把握して診断に必要な検査を選択し、臨床推論を行って適切に診断・治療をしてゆく過程を十分に研修できます。
 各研修医の希望と臨床レベルに見合った研修ができるよう、きめ細やかな指導医体制とフィードバックシステムを構築しています。当院の指導医は、豊富な知識・経験と優れた技能をもつ専門医であるとともに、研修医の良き相談役です。十分な広さと設備が整った研修医室、内視鏡外科手術トレーニングセンターや症例検討会などを開催できるWebカンファレンス室などを併設する医師育成推進センター、大学病院ならではの大きな図書館、専任の事務職員の常駐、無料の研修医宿舎など、研修する環境は非常に整っています。さらに、2018年度から研修手当も少しですがアップしました。
 医療は人と人との繋がりによって相互に補完・助け合いながら成り立っています。心が通う良好な医師・患者関係の構築は勿論ですが、医療スタッフとのコミュニケーション力や協調性もチーム医療を適切に行う上で欠かせないものです。基本的技能の習得に加え、こうした医師としての素養を身に付けることは最初の初期臨床研修が肝心で、それは生涯に亘って財産になるものです。当院は、医師と看護師・薬剤師・技師を始め多職種との連携が良好で、合同カンファレンスも頻繁に開催され、チーム医療の研修もできます。
 岐阜県民から信頼されている当院で医師としてのキャリアをスタートし、将来は総合力のある人間性豊かな専門医を目指してもらいたいと思います。当院の研修医教育に熱心で実績のある多彩なスタッフが、皆さんの当院での研修を心からお待ちしています。


岐阜大学医学部附属病院 地域医療医学センター MEDC 内視鏡 東海キャリアPro