トップページ > センター紹介 > センター長あいさつ

センター長あいさつ

 みなさんが理想とする医師はどんな医師ですか?優しい医師、患者から信頼される医師、全身を診られる医師、難しい手術ができる医師・・・。岐阜大学の卒後臨床研修プログラムは、理想の医師に近づくための大切な第一歩(初期臨床研修の2年間)を全力でサポートします。
 岐阜県医療の中心、特に重症・難治症例に対する「最後の砦」として機能する岐阜大学病院は、複雑な病態・疾病が関与した患者を診療する機会が多い病院です。本院の研修は、1人1人患者を丁寧に診察し、病態を探求し、治療に当たる姿勢・知識・技能・思考を身につけることを目標としています。豊かな人間性、社会性、プロフェショナリズム、科学的思考力、判断力を養うことで、医師にもっとも大切な「患者を全人的に診る能力(総合的臨床能力、鑑別診断能力、全身管理能力)」を身につけます。これらの総合力は、将来優れた専門医をめざす上で大切な礎となります。
 岐阜大学病院のスタッフは、豊富な知識・経験と優れた技能をもつ専門家集団です。医師、看護師・薬剤師・技師を始め多職種の連携が良好にとれ、チーム医療を推進しています。
 高次救命治療センター、がんセンター等の中央診療部門も充実し、豊富かつ多様な症例を経験することができます。真摯にそして積極的に学ぶ研修医にとって、本院の研修で得られる沢山のものは、将来にむけた大切な「財産」になるでしょう。多くの指導者(メンター)が、ステップアップへ導いてくれる場を提供します。
 岐阜大学の初期研修プログラムの特徴は、多様な研修医の方々のニーズに応じて自分で「最高のコース」を作り上げることができることです。
 自主性をもって研修に臨むことでモチベーションを持ち、有意義な研修が可能となります。さらに初期研修のうちから、将来の進路をめざし専門後期研修につながる研修を開始することもできます。今後展開される「新・専門医制度」の研修へのスムーズな連携が可能です。
 またコースによっては、県内各地域の病院との間で「たすき掛け研修」も可能です。将来様々な地域で活躍したいという希望をもつ方が、岐阜大学病院の研修を受けながら、初期研修時から地域医療を学びかつ病院との繋がりを持てることが、本プログラムの魅力です。
 将来、みなさんが理想とする医師をめざす上で、岐阜大学の卒後臨床研修プログラムは最適です。当院で活き活きと研修するみなさんに会える日を楽しみにしています。


岐阜大学医学部附属病院 地域医療医学センター MEDC 内視鏡 東海キャリアPro