トップページ > センター紹介 > 臨床実習・初期臨床研修支援部門

臨床実習・初期臨床研修支援部門

臨床実習・初期臨床研修支援部門長あいさつ

医師となって最初に行う初期臨床研修の2年間は、医師として最も大きく成長する重要な期間です。岐阜県で唯一の大学病院である岐阜大学医学部附属病院では、それぞれの研修医の希望を尊重するとともに、研修医個人のその時の能力に見合った研修ができるようきめ細やかな指導医体制とフィードバックシステムを構築しています。数多くの症例を経験することや技能を磨くことも大切ですが、初期臨床研修中は医療面接や身体診察を重視し、単に病名を想起したり取り敢えずの検査を一通り行ったりするのではなく、その病態をまず考えることから診断に必要な検査を選択し、その結果から適切に診断をして治療をしてゆく過程をしっかり研修して欲しいと思います。
医療は人と人との繋がりによって相互に補完・助け合いながら成り立っています。心が通う良好な医師・患者関係の構築は勿論ですが、医療スタッフとのコミュニケーション力や協調性もチーム医療を適切に行う上で欠かせないものです。基本的技能の習得に加え、こうした医師としての素養を身に付けることは最初の初期臨床研修が肝心で、それは生涯に亘って大切になるものです。教育にも実績のある多彩なスタッフが多数在籍し、岐阜県民から信頼されている当院で医師としてのキャリアをスタートして、将来は総合力のある人間性豊かな専門医を目指してもらいたいと思います。


岐阜大学医学部附属病院 地域医療医学センター MEDC 内視鏡 東海キャリアPro