診療科等別プログラム

第一外科

専門医コース

外科での厚生労働省が医療に関する広告が可能となった医師等の専門性に関する資格名としての専門医は下記に示されますように2段階に分かれています。

外科専門医→心臓血管外科専門医,呼吸器外科専門医,消化器外科専門医,小児外科専門医

当第一外科(高度先進外科学分野)では、外科専門医に認定された後に、心臓血管外科,呼吸器外科,消化器外科の3分野に関して、その専門医認定が得られるようなプログラムを準備しています。

1) 外科専門医認定について

外科医を志す医師は、外科専門医として認定されることが必須となります。当高度先進外科学分野の関連施設のほとんどの医師が外科専門医に認定されています。

社団法人 日本外科学会ホームページ

修練開始後満4年以上経た段階
→予備試験(筆記試験)が受験できます。
→修練開始のためには日本外科学会入会、インターネットによる症例登録開始が必要です。最短での専門医取得をめざされる方は研修医1年目での入会をおすすめします。

予備試験に合格後、修練開始後満5年以上経て、規定の修練をすべて経験した段階
→ 認定試験(面接試験)が受験できます。
認定試験合格後,外科専門医として認定されます。(有効期間:5年)

修練概要
(1)修練実績
修練実施計画に則り、本会指定施設または関連施設において、以下の手術を行っていること。
最低手術経験数 350例  
術者として 120例  
消化管及び腹部内臓 50例
乳腺 10例
呼吸器 10例
心臓・大血管 10例
末梢血管 10例
頭頸部・体表・内分泌外科 10例
小児外科 10例
各臓器の外傷 10例
鏡視下手術 10例

→当科では心臓血管外科、呼吸器外科、消化器外科の3部門が共存しており、症例数も豊富であるため、入局後3年間で上記の症例数は十分に経験できます。
また、関連病院もすべて本会指定施設または関連施設(指定施設群)に登録されていますので、4年目以降どこの関連病院にいっても対象症例に登録できます。

(2)業績
筆頭者として、適当と認められた学術集会または学術刊行物に、研究発表または論文発表をしていること。
→当科では入局直後より全国学会への発表が可能であるため、業績不足になることはほとんどありません。

2) 心臓血管外科専門医,呼吸器外科専門医,消化器外科専門医について

当第一外科(高度先進外科学分野)では、外科の心臓血管外科,呼吸器外科,消化器外科の3分野に関して、専門医認定を得られるプログラムを準備しています。

心臓血管外科専門医認定

全国の1,911名の心臓血管外科専門医のうち当第一外科(高度先進外科学分野)の関連施設における21名の医師が認定されています。(2007年3月現在)

心臓血管外科専門医認定機構ホームページから

(申請資格)
  1. 日本国の医師免許証を有すること。
  2. 日本外科学会認定医,あるいは外科専門医または外科専門医筆記試験合格者であること。
  3. 卒後修練期間7年以上を有すること。
  4. 認定修練施設において3年以上の修練期間を有すること。
  5. 修練期間中に別に定める手術経験を有すること。(心臓血管外科専門医認定のための臨床経験評価方式)
  6. 心臓血管外科学に関する別に定める一定の業績(学会発表,論文発表)および研修実績(学会参加)を有すること。(申請に必要な業績と研修実績)
  7. 日本胸部外科学会,日本心臓血管外科学会,日本血管外科学会のうちの少なくとも 2 学会の会員であり、3年以上の会員歴を有すること。
  8. 主たる認定修練施設の指導責任者からの申請者の評価を含めた推薦状を添付すること。推薦状には指導責任者の自筆署名と署名日を付けること。

呼吸器外科専門医認定

全国の1,231名の呼吸器外科専門医のうち当第一外科(高度先進外科学分野)の関連施設において5名の医師が認定されています(2007年5月現在)。

呼吸器外科専門医認定機構ホームページから

(申請資格)
  1. 日本国の医師免許を有すること。
  2. 外科専門医あるいは日本外科学会認定医であること。
  3. 卒後修練期間7年以上を有すること。
  4. 認定修練施設において3年以上の修練期間を有すること。
  5. 修練期間中に別に定める手術経験を有すること。
  6. 呼吸器外科学に関する別に定める一定の業績(学会発表,論文発表)および研修業績(学会参加)を有すること。
  7. 日本胸部外科学会および日本呼吸器外科学会の会員であり,3年以上の会員歴を有すること。

消化器外科専門医認定

全国の3,696名の消化器外科専門医のうち当第一外科(高度先進外科学分野)の関連施設において27名の医師が認定されています(2007年8月現在)。

消化器外科学会ホームページから

(申請資格)
  1. 日本国の医師免許を有すること。
  2. 日本外科学会認定医又は外科専門医であること。
  3. 継続3年以上本会会員であること。(平成16年12月31日までに入会し、申請時現在引き続き在籍していること)
  4. 臨床研修終了後、指定修練施設において所定の修練カリキュラムに従い、通算5年間以上の修練を行っていること。(平成16年からの医師免許取得者に適用)
    ただし、平成15年までの医師免許取得者は、医師免許取得後7年間以上修練し、その内5年間以上は指定修練施設において所定のカリキュラムに従い修練を行っていること。(本年は平成12年迄の医師免許取得者に適用)
  5. 所定の診療経験を有すること。専門医修練カリキュラムI(新)に示された手術については、指定修練施設における修練期間中に手術難易度・到達度別必須症例および必須主要手術の術者としての規定例数を含む450例以上の経験を必要とする。
  6. 所定の業績を有すること。消化器外科に関する筆頭者としての研究発表を6件以上(論文3編を含む)とし、対象となる業績は、「本会評議員審査のた めの業績基準」に定められた「医学雑誌」及び「学会の学術集会(総会・大会:地方会は除く)」に発表されたもので、資格認定委員会が判定する。
  7. 所定の研修実績を有すること。申請までの期間に本会総会に1回以上及び本会教育集会の全6領域に出席し、総会は参加証によって証明できるものとする。

上記の基準からもわかりますように、2年間の臨床研修を終わられた研修医の皆様は、その後3年間は外科専門認定のための修練を、大学病院または関連施設にて行っていただきます。
さらにその後2年の研修で各分野の専門医の認定を受けることができ、おおよそ7年で専門医コースを終了することとなります。

つまり、まとめると各種専門医を現在の制度で最短で取得するには、

1年目 日本外科学会入会→症例のインターネットによる登録開始
2年目  
3年目 入局
日本胸部外科学会、日本心臓血管外科学会、日本血管外科学会
日本呼吸器外科学会入会
日本消化器外科学会入会
4年目  
5年目 日本外科学会専門医予備試験(筆記試験)
6年目 日本外科学会専門医本試験(面接試験)
7年目  
8年目 各種専門医試

日本胸部外科学会、日本心臓血管外科学会、日本血管外科学会、日本呼吸器外科学会入会、日本消化器外科学会については現在の規則では最低3年以上の 入会歴あれば、受験可能なので、5年目の入会でも可能ですが、学会発表、論文掲載のために、3年目にだいたいの外科医が入会します。

総合診療医コース

将来の開業を考えたり、家を継いだりすることをお考えの医師のためのコースです。
当第一外科(高度先進外科学分野)は、最低限、外科専門医認定を受けられるような臨床経験をしていただくことを前提としております。従いまして、専門医コースの外科専門医認定のための3年間の研修プログラムを想定しています。

大学院コース

当第一外科(高度先進外科学分野)で医学博士号の取得を希望される医師は、大学院に入学して頂くことを前提にしています。従って、学位希望医師は下記の大学院コースのどちらかを選択することとなります。

1)大学院入学コース

大学院に入学し、大学で4年間の研究および臨床経験を積みながら、医学博士号を取得します。個別に相談を受けます。

2)社会人大学院生コース

大学病院もしくは関連病院で専門医の臨床経験を積みながら、研究テーマを大学教員と議論し、研究を進めていくコースです。もちろん研究テーマにより、大学病院医員として研究を進めることも可能です。

<参考> 第一外科専門医等取得者数一覧

  指導医 専門医 認定医
外科学会 2 7 7
胸部外科学会 1 3
循環器 2
消化器外科学会 1 1
心臓血管外科 4
呼吸器外科 2

岐阜大学医学部附属病院 地域医療医学センター MEDC 内視鏡 東海キャリアPro