診療科等別プログラム

第一内科

第一内科の後期臨床研修は、①専門医コース,②大学院コースの2つが選択できます。
また、臨床の分野で専門医を取得した後に大学院へ進むことも可能ですし、大学院在籍中に専門医を取得することも可能です。いずれにせよ、第一内科では、大学病院にて消化器疾患,血液疾患を中心に多くの症例を経験,関連病院にて上記に加えて呼吸器内科、神経内科、あるいはその他内科全般の疾患を経験して頂きます。また、大学院進学の有無によらず、希望者は基礎研究、臨床研究を行い、医学博士の取得を目指すことも可能です。

専門医コース

内科系の専門医には、第一に日本内科学会の認定内科医および認定内科専門医があります。内科全体を対象とした認定医・専門医を取得することは、以後の細分化した専門分野を目指す上でも、広い視野、知識、技術を身につけることになり、極めて重要な資格となります。内科を専攻することが決まり次第、なるべく早期に日本内科学会に入会することが必要です。

1 日本内科学会認定内科医・専門医の取得

まず、日本内科学会の会員である必要があります。そして、次のa,b,c,dのいずれかに該当する内科研修歴を有し、内科全般の研修を終了した者に認定内科医の受験資格が与えられ、主治医として担当した内科全領域の症例に関する病歴要約などを提出の後、筆記試験を受験します。最短で卒後3年(4年目に受験)で、認定内科医の資格取得が可能です。

  1. 日本内科学会が認定した教育病院での研修3年以上、または本会が認定した教育病院での研修2年以上に本会が認定した教育関連病院での研修を加えた年数が3年以上あること
  2. 日本内科学会が認定した教育病院で1年以上研修を行ってから内科臨床大学院に進んだ場合は、計3年以上の研修歴があること
  3. 大学医学部卒業後直ぐ内科臨床大学院に進んだ場合は、3年以上の研修歴があること
  4. 日本内科学会が認定した教育関連病院での研修が5年以上あること

試験に合格しますと日本内科学会認定内科医の資格が得られます。本資格を取得後に各種専門領域の専門医や認定内科専門医を受験することになります。
既に初期研修を終え、ある程度の症例をこなされた先生が対象となる後期臨床研修ですが、第一内科では、主として消化器疾患や血液疾患を通して内科全般の疾患を経験して頂き、上記の日本内科学会認定内科医・専門医あるいは次に述べる各専門分野の専門医を取得できるように研修して頂けます。
日本内科学会認定内科専門医の受験資格などに関しましては、日本内科学会のホームページなどをご参照頂ければ幸いです。最短で卒後5年(6年目に受験)で、認定内科専門医の資格取得が可能です。

2 消化器内科,血液内科,臨床腫瘍学の各種専門医取得

第一内科は、主として消化器内科と血液内科を担当しておりますが、消化器内科を専攻しようとする場合は、認定内科医を取得の後、それぞれ指定される研修を行い、日本消化器病学会認定医・専門医,日本消化器内視鏡学会専門医,日本肝臓学会認定医・専門医などを取得することになります。血液内科を専攻したい場合は、認定内科医を取得の後、一定期間の研修を行い、日本血液学会の専門医を取得することになります。また、消化器内科でも血液内科でも、癌を専門にしようとするものは、臨床腫瘍学会の専門医を目指すことになります。それぞれ指定される研修とは、その分野によって若干の違いはありますが、各学会の指定する研修教育病院で2~3年の研修を受け、一定数の症例をこなし、いくつかの学会発表や論文などの業績を得れば、受験資格が得られます。

第一内科にて取得が可能な認定医・専門医(多く医局員が取得しているもの)
  • 日本内科学会認定医・認定内科専門医
  • 日本消化器病学会専門医
  • 日本消化器内視鏡学会専門医
  • 日本肝臓学会専門医
  • 日本血液学会専門医
  • 日本臨床腫瘍学会専門医
  • 日本神経学会専門医
  • 日本呼吸器学会専門医
  • 日本呼吸器内視鏡学会専門医
  • 日本感染症学会専門医

その他、関連病院での経験により、さまざまな専門医の取得も可能です。
なお、各専門分野の受験資格に内科認定医は必要ですが、必ずしも認定内科専門医は必須ではありません。また、一人で5つ以上の専門医を取得している者もおります。
各種専門医を取得後あるいは取得のための研修期間中であっても、大学院に入学し学位取得のための研究をすることも可能です。この場合、次に述べるような研究中心の大学院コースのみらず、夜間大学院生として入学から卒業まで臨床に携わりながら研究するという方法もあります。

大学院コース

臨床のみならず,研究にも興味がある場合や早期に医学博士号を取得したい場合に大学院コースを選択します。

例1:卒後3年目に大学院に入学する場合(研究中心希望の者)
卒後1~2年目:卒後初期臨床研修
卒後3年目~6年目(大学院1年生~4年生)
岐阜大学大学院医学研究科の大学院生として大学内にて研究活動に従事。ただし、臨床の各種検査、カンファレンスなどには参加可能。また、この間に日本内科学会認定内科医取得も可能。
大学院修了(医学博士取得)
研究を継続するか、留学するか、臨床分野の専門医として活動するか、それぞれの希望にて進路はさまざまです。
人生の中のある一定期間、大学院で徹底的に基礎的研究に没頭し、論理的な考え方を学ぶことは、後に臨床に戻った際にもその経験は生かされ、医師として飛躍する大きな糧になるものと思われます。
例2:卒後3年目に大学院に入学する場合(臨床研修も継続希望の者)
卒後1~2年目:卒後初期臨床研修
卒後3年目:大学院入学
大学院1年生、夜間大学院として昼間は関連病院にて専門医取得のため臨床の研修。同時に研究のための準備期間として研究カンファレンスなどに参加し、文献研究などを行う。
卒後5年目~7年目(大学院2年生~4年生)
岐阜大学大学院医学研究科の院生として大学内にて研究活動に従事。
ただし,臨床の各種検査、カンファレンスなどには参加。
この間に日本内科学会認定内科医取得、また引き続き認定内科専門医および各種学会の専門医も取得。
大学院修了(医学博士取得)
研究を継続するか、留学するか、臨床分野の専門医として活動するか、それぞれの希望にて進路はさまざまです。

第一内科は、岐阜県内外に数多くの関連病院を有し、同門の先生の数も大変に多い大きな組織です。医療技術の習得のみならず、多くの先生方と交流を持つ機会に恵まれ、そこで獲得した人間関係、社交性は、生涯にわたり医療を続けていく際の大きな力、支えになります。
第一内科は、皆様の入局を心よりお待ち申し上げます。


岐阜大学医学部附属病院 地域医療医学センター MEDC 内視鏡 東海キャリアPro