診療科等別プログラム

第二内科 プログラム例

循環器内科 卒後臨床~専門医研修システム
卒後1年目 卒後初期臨床研修(必須)
卒後2年目
卒後3年目 腎臓・循環・呼吸・高次救命治療を中心とした内科全般の研修1)
卒後4年目 腎臓内科初期研修2)・内科認定医取得 大学院
国内/海外留学
卒後5年目 腎臓内科専門研修3)・腎臓専門医取得 大学院
国内/海外留学
卒後6年目 大学病院/関連病院   大学院
国内/海外留学
卒後7年目 大学院
国内/海外留学
卒後8年目  
卒後9年目 大学病院/関連病院
卒後10年目  
  1. 第2内科(循環器内科、呼吸器内科、腎臓内科)、高次救命救急部での研修。複数選択すること。
  2. 入院患者を中心に呼吸器内科医として基本的な診療技術、検査手技、治療法の研修
  3. 2)を更に発展させて応用が可能な技術、知識とする他、呼吸器疾患の外来診療を行い、自らの診療レベルを検証させ、研修で不足している領域を補うと共に将来にわたる臨床研究への動機づけを行う。
特徴
  1. ARDS等の急性期呼吸不全患者に対する侵襲的・非侵襲的呼吸管理
  2. 気管支鏡検査(Cアームによる透視システム・IVR-CTを用いたCTガイド下気管支鏡、気管支エコー検査)、治療法として気管支ステント、レーザー治療、気管支空内照射
  3. CTガイド下肺生検や局所麻酔下胸空鏡検査の高度先進医療
  4. 豊富な症例数(新規肺癌患者年間約150人、気管支鏡検査年間約300例)
呼吸器内科 卒後臨床~専門医研修
卒後1年目 卒後初期臨床研修(必須)
卒後2年目
卒後3年目 腎臓・循環・呼吸・高次救命治療を中心とした内科全般の研修1)
卒後4年目 腎臓内科初期研修2)・内科認定医取得 大学院
国内/海外留学
卒後5年目 腎臓内科専門研修3)・腎臓専門医取得 大学院
国内/海外留学
卒後6年目 大学病院/関連病院   大学院
国内/海外留学
卒後7年目 大学院
国内/海外留学
卒後8年目  
卒後9年目 大学病院/関連病院
卒後10年目  
  1. 第2内科(循環器内科、呼吸器内科、腎臓内科)、高次救命救急部での研修。複数選択すること。
  2. 心カテ、心エコー、心筋シンチの各グループを4ヶ月ずつ研修する。
  3. 心カテ、心エコー、心筋シンチのいずれかのグループに属し、専門性を高める。
特徴
  1. 循環器内科専用の最新のカテ室が2室(フィリップスII-biplane,シーメンスflat panel biplane)
  2. カルトシステムなど国内最高・最新の解析治療システム
  3. 国内初の完全電子化カルテシステムに対応した循環器サーバーシステム
  4. 豊富な症例数(冠動脈造影年間1200件、冠動脈形成術220件、アブレーション90件)
腎臓内科 卒後臨床~専門医研修システム
卒後1年目 卒後初期臨床研修(必須)
卒後2年目
卒後3年目 腎臓・循環・呼吸・高次救命治療を中心とした内科全般の研修1)
卒後4年目 腎臓内科初期研修2)・内科認定医取得 大学院
国内/海外留学
卒後5年目 腎臓内科専門研修3)・腎臓専門医取得 大学院
国内/海外留学
卒後6年目 大学病院/関連病院   大学院
国内/海外留学
卒後7年目 大学院
国内/海外留学
卒後8年目  
卒後9年目 大学病院/関連病院
卒後10年目  
  1. 第2内科(循環器内科、呼吸器内科、腎臓内科)、高次救命救急部での研修。複数選択すること。
  2. 腎生検・画像診断・治療の選択についての研修
  3. 透析導入・シャント手術・CAPDの導入(CAPD手術)について研修

岐阜大学医学部附属病院 地域医療医学センター MEDC 内視鏡 東海キャリアPro