診療科等別プログラム

総合内科

総合診療部では、1)内科専門医コース,2)総合診療医コース,3)大学院コースの3つが選択できます。

内科専門医/総合診療医コース

大学病院でのすべての内科領域のローテーションを基本とし、卒後4年目での内科認定医を、卒後7年目で内科専門医を取得することを目指すものです。主に病院内科医を目指す研修医にお勧めするプログラムです。
修業年限は4年ですが、以下の2つのパターンがあります。

A. 大学病院でのローテーションを最初の2年で行い、残りの2年を地域の中核病院の内科で内科全般を経験するパターン

B. 大学病院でのローテーションを4年間行うパターン

  • 卒後3年目 大学病院内科領域ローテーション
  • 卒後4年目 大学病院内科領域ローテーション
  • 卒後5年目 A.中核病院での内科研修 B.大学病院内科領域ローテーション
  • 卒後6年目 A.中核病院での内科研修 B.大学病院内科領域ローテーション

大学病院でのローテーションは,1)消化器・血液内科,2)循環器・呼吸器・腎臓内科,3)糖尿病・内分泌・膠原病内科,4)神経内科・老年病科,5)総 合診療部で行い、それぞれの領域の研修期間は、それまでの研修達成度と各自の希望を考慮して決定します。また、大学病院での研修期間中に放射線科や高次救 命治療センターでも研修することが可能です。なお、Aのパターンの中核病院での内科研修は、基本的に内科学会認定教育病院で行います。また、中核病院での 内科研修の後に大学病院で内科領域のローテーションを行うことも可能です。
内科での研修が比較的長期間あるため、A・Bいずれのパターンを選んでも、内科全般にわたる知識と技能の習得が可能です。また、内科認定医試験や専門医試 験では、大学病院や内科学会認定教育病院での研修実績と、すべての内科領域の症例サマリーを均等に要求されるため、このプログラムはそれに準拠して作成さ れています。
研修カリキュラムは、「内科関連専門医研修カリキュラム(専門医認定制度協議会内科関連専門委員会編)」に沿って行います。
到達目標は、内科疾患全般に通じる知識と、対応できる技能を修得し、卒後4年目で内科認定医を、卒後7年目で内科専門医を取得することです。

家庭医/開業医コース

大学病院でのすべての内科領域のローテーションに加え、総合診療で必要な小児科,産婦人科,整形外科,耳鼻咽喉科,皮膚科,放射線科,精神科のうちの 4~6科のローテーションを行い、4年目での内科認定医を、5年目でプライマリ・ケア専門医を、7年目で内科専門医を取得することを目指すものです。主に 内科での開業を目指す研修医や僻地医療に従事したい研修医にお勧めするプログラムです。
修業年限は4年ですが、最初の3年を大学病院での内科領域をはじめとするローテーションに当て、最後の1年を大学病院の総合診療部か、地域の中核病院で内 科全般の研修を行います。最初の3年のローテーションを行う診療科やその研修期間は、それまでの研修達成度と各自の希望を考慮して決定します。内科全般だ けでなく、家庭医や開業医として必要な家庭医療やプライマリ・ケアにも研修範囲を広げたプログラムです。

  • 卒後3年目 大学病院ローテーション
  • 卒後4年目 大学病院ローテーション
  • 卒後5年目 大学病院ローテーション
  • 卒後6年目 A.中核病院での内科研修 B.大学病院総合診療部

研修カリキュラムは、「内科関連専門医研修カリキュラム(専門医認定制度協議会内科関連専門委員会編)」に沿って行います。
到達目標は、プライマリ・ケア領域全般に通じる知識と技能を修得し、卒後4年目で内科認定医を、卒後5年目でプライマリ・ケア専門医,もしくは卒後7年目で内科専門医を取得することです。

大学院コース

大学院という研究組織に在籍して、4年間主として医学研究に従事し、臨床は総合診療部病棟で内科全般の研修を行うというものです。卒後6年で医学博士が取得でき、さらに卒後7年目で内科専門医の取得も可能です。臨床的医学研究者を目指す研修医にお勧めするプログラムです。

  • 卒後3年目 大学病院総合診療部での研修+大学院
  • 卒後4年目 大学病院総合診療部での研修+大学院
  • 卒後5年目 大学病院総合診療部での研修+大学院
  • 卒後6年目 大学病院総合診療部での研修+大学院

4年間、内科認定医取得を目指して、大学病院で、できるだけ多くの症例を経験してもらいます。そして、夜間大学院に入学し、研究を開始します。卒後4年目以降は、週1階近郊の病院の内科外来での診療と、総合診療部で内科専門医取得に必要な入院患者の主治医業務を行う他は、主として研究に時間を割いて取り組みます。現在、予定している研究課題は以下のとおりです。

  1. 脂肪組織の病態生理と生活習慣病との関連
  2. 血小板の活性化と動脈硬化
  3. 長寿関連因子に関する疫学研究

岐阜大学医学部附属病院 地域医療医学センター MEDC 内視鏡 東海キャリアPro