トップページ > 初期臨床研修について > 初期研修プログラム - 各診療科等別 研修例 > 心臓血管外科・呼吸器外科

初期研修プログラム

各診療科等別 研修例

外科部門

心臓血管外科・呼吸器外科
定員(同時期に受け入れ可能な人数)

3名程度

指導体制

臨床研修指導医:10人
研修医は3~5名の医師で構成される診療チームに配属される。
心臓血管、呼吸器のチームに所属して診療にあたるが、一定期間でローテート可能である。

指導医数:4人

専門医数:9人

研修期間

4週間以上が望ましい。
将来本科を希望する場合は3ヶ月以上が望ましい。

研修内容および方法・手技

病棟の患者のチーム指導医とともに担当医となり病棟業務に従事。
外来の新患の診察(予診)を担当。
他科合同カンファレンスに参加。
術前プレゼンテーション準備を指導医とともに行う。
週2回、症例検討会に参加し、担当患者を症例提示する。
週1回、総回診に参加。

研修到達目標

1ヶ月:医療面接、身体診察法、臨床検査解析、術前術後管理、外科基本的手技
2ヶ月:上記に加えて、症例プレゼンテーション、evidence収集と治療法の検討、病棟での創管理、縫合結紮等術者
3ヶ月:上記に加えて、開腹閉腹術者、手術助手、簡単な手術術者

研修スケジュール
  午前 午後
病棟症例検討会
外来、病棟
病棟
手術 手術
研究報告
外来、病棟、手術
病棟、手術
病棟症例検討会
総回診
病棟
手術 手術
お問い合わせ先

HP:http://www1.gifu-u.ac.jp/~ichigeka/


岐阜大学医学部附属病院 地域医療医学センター MEDC 内視鏡 東海キャリアPro