各診療科等別 研修例

選択科目部門

病理部
定員(同時期に受け入れ可能な人数)

2名

指導体制

臨床研修指導医:1人
病理業務(切り出し、検鏡、診断)を、上級指導医が一対一で指導する。

指導医数:5人

専門医数:8人

研修期間

4週間以上が望ましい。

研修内容および方法・手技

生検、手術材料の切り出し、検鏡、診断に従事する。
剖検施行の際は、希望によりこれへの参加を優先する。
カンファランス(部内、院内)に参加(月8回以上)し、症例呈示も行う。

研修到達目標

生検例:50例以上/月
手術例:10例以上/月
剖検:できれば1例以上/月
カンファランスでの症例提示:2例以上。

研修スケジュール
  午前 午後
朝ミーティング
切り出し、検鏡
診断
検鏡、診断
院内カンファ参加
朝ミーティング
切り出し、検鏡
診断
検鏡、診断
ESD切り出し
院内カンファ参加
朝ミーティング
病理症例検討会
切り出し
検鏡、診断
細胞診勉強会
朝ミーティング
切り出し、検鏡
診断
検鏡、診断
課題検討
朝ミーティング
切り出し、検鏡
診断
検鏡、診断
課題検討
お問い合わせ先

担当:副部長 宮崎 龍彦
TEL:058-230-7244
E-mail:tats_m@gifu-u.ac.jp


岐阜大学医学部附属病院 地域医療医学センター MEDC 内視鏡 東海キャリアPro