各診療科等別 研修例

内科部門

CCU
定員(同時期に受け入れ可能な人数)

2名まで(基本的には1名、経験症例や手技の機会が減ってしまうため)

指導体制

指導医数:3人

専門医数:2人

研修期間

4週間以上が望ましいが、2週間でも受け入れ可能です。

研修内容および方法・手技

重症循環器救急患者を担当医と共に診察し、処置、治療を行なう
心電図100例以上の判読をし、その対処を学ぶ
救急領域(ER、集中治療室ベッドサイド)の診察、心エコー実習をしつつ、全身管理を学ぶ
スワンガンツカテーテル、IABP、PCPSの見学や急変時のACLS対応の実践
モーニングカンファレンスでのCCU症例提示
(2年目以降)ドクターヘリ体験実習(フライトドクター指導の下、病院前処置、初期対応を学ぶ)

研修到達目標

CCUチームの一員として循環器救急疾患患者を全人的に治療しつつ、全身管理を理解する

1ヶ月:循環器救急患者の重症度診断と治療を理解する。
2ヶ月:上記に加えて、指導医のもと、検査処置に参加する。
3ヶ月:上記に加えて、治療計画をたてる。

研修スケジュール

あくまで一例です。救急症例により変更あります。

  午前 午後
カンファレンス
感染症カンファレンス
ドクターヘリ実習
カンファレンス
CCU病棟回診処置
ER対応
CCU病棟
院内勉強会抄読会
カンファレンス
CCU病棟回診処置
心エコー
心電図判読検討会
カンファレンス
教授回診
心臓カテーテル検査
カンファレンス
CCU病棟回診処置
ER対応
1週間振り返り課題確認
お問い合わせ先

臨床講師 坪内 俊之
TEL:058-230-7017
E-mail:hiroakiu@gifu-u.ac.jp


岐阜大学医学部附属病院 地域医療医学センター MEDC 内視鏡 東海キャリアPro