トップページ > 初期臨床研修について > 初期研修プログラム - 各診療科等別 研修例 > 地域医療医学センター

初期研修プログラム

各診療科等別 研修例

地域医療部門

地域医療医学センター

地域医療医学センターでは従来、ただ単に研修病院の外での医療(保健所、健診センター、血液センターなど)を経験する必須の「地域医療研修」を見直し、平成19年から地域医療医学センター地域医療研修をスタートさせ、すでに630名以上が本研修を修了しています。

地域の中核拠点病院+連携する診療所ユニット等を選択し、患者さんの動線で地域の医療現場全体を使って、診療所におけるプライマリケアから、拠点病院での先進医療まで幅広く研修することができます。

岐阜県内の様々な施設が独自の魅力的なプログラムを提供しており、大学病院では経験できない、地域ならではの医療を皆さんの希望に応じて地域医療医学センター担当医師がコーデイネートします。

地域医療医学センター地域医療研修が可能な施設

県立下呂温泉病院
市立恵那病院
市立美濃病院
飛騨市民病院
郡上市民病院
鷲見病院
下呂市立金山病院
県北西部地域医療センター国保和良診療所
総合在宅医療クリニック


岐阜大学医学部附属病院 地域医療医学センター MEDC 内視鏡 東海キャリアPro