トップページ > 初期臨床研修について > 初期研修プログラム - 各診療科等別 研修例 > 泌尿器科

初期研修プログラム

各診療科等別 研修例

外科部門

泌尿器科
定員(同時期に受け入れ可能な人数)

2名

指導体制

臨床研修指導医:3人
研修医は2~3名の常勤医師で構成される診療チームに配属されて診療にあたる。
それぞれのチームは専門性を持って診療にあたる。
一定期間でローテート可能。

指導医
日本泌尿器科学会指導医:4人
日本透析医学会指導医:1人

専門医
日本泌尿器科学会専門医:11人
泌尿器腹腔技術認定医:7人
日本臨床腎移植学会腎移植認定医:1人
日本透析医学会専門医:1人
日本がん治療認定医機構がん治療認定医:4人
日本移植学会認定医:3人
Robo-Doc Pilot国際B級:1人
Robo-Doc Pilot国内B級:1人
日本内分泌学会内分泌代謝科(泌尿器科)専門医:1人

研修期間

4週間以上が望ましい。

研修内容および方法・手技

病棟
診療チームの患者 約5~6名の主治医として病棟業務に従事
外来
新患の予診
手術
診療チームの患者の手術に参加。他のチームの手術にも参加可能。
回診、カンファレンス
週2回。

研修到達目標

日本泌尿器科学会より示された泌尿器科専門医研修マニュアルの到達目標に準拠する。
ただし研修期間および診療チームの専門性を考慮する。

研修スケジュール
  午前 午後
手術 手術
病棟診察
外来 外来/病棟診察
病棟回診、抄読会
手術・検査 病棟診察
医局会
症例検討会、手術
手術
症例検討会
病棟回診 病棟診察
お問い合わせ先

担当:飯沼 光司
TEL:058-230-6338
E-mail:urojim7@gifu-u.ac.jp
HP:http://www.med.gifu-u.ac.jp/gifuuro/


岐阜大学医学部附属病院 地域医療医学センター MEDC 内視鏡 東海キャリアPro