トップページ > 初期臨床研修について > 初期研修プログラム - 各診療科等別 研修例 > 高次救命治療センター

初期研修プログラム

各診療科等別 研修例

救急部門

高次救命治療センター
定員(同時期に受け入れ可能な人数)

3~4名

指導体制

臨床研修指導医:17人
救急専門医:20人(内科指導医3人)
救急指導医:5人
救急専従医師:33人

研修期間

概ね3ヶ月以上

研修内容および方法・手技

・救急外来での軽症者初期診療
様々な救急外来受診者への対応を行う
(問診、触診などの診察から、鑑別診断、検査計画まで)
・救急車受け入れ対応
外傷初期治療が一人で開始できるまで繰り返し実施
・Dr Heri 体験
(初期研修2年目医師は搭乗実習あり)
・集中治療の経験(計画立案・処置など)
重症外傷・脳卒中・心筋梗塞・重症感染症などへの対応を経験
・透析関連
血液浄化計画の立案、仕組みの理解
・感染関連
感染評価・抗生剤投与などの治療計画

研修到達目標

外傷初期治療実践、内因性疾患・外傷などの集中治療体験、血液浄化体験など。
気管切開、CV処置などの準備、処置を術者/助手として施行。
学会参加・発表。

研修スケジュール
午前 午後  
カンファレンス
処置
救急外来
学生への講義
(課題1)
手術手伝い
第一週は面談にて目標設定施行
救急外来中心に、初期治療体験
カンファレンス
処置
救急外来
救急外来 救急外来中心に、初期治療体験
カンファレンス
処置
救急外来
救急外来 救急外来中心に、初期治療体験
カンファレンス
回診
処置
学生への講義
(課題2)
救急外来
救急外来中心に、初期治療体験
カンファレンス
処置
手術手伝い
学生への講義
(課題3)
救急外来
救急外来中心に、初期治療体験
お問い合わせ先

准教授 吉田 隆浩
TEL:058-230-6448(救急災害医学講座)
HP:https://www1.gifu-u.ac.jp/~qqa/


岐阜大学医学部附属病院 地域医療医学センター MEDC 内視鏡 東海キャリアPro