トップページ > 初期臨床研修について > 初期研修プログラム - 各診療科等別 研修例 > 麻酔科・疼痛治療科

初期研修プログラム

各診療科等別 研修例

選択科目部門

麻酔科疼痛治療科
定員(同時期に受け入れ可能な人数)

2名

指導体制

臨床研修指導医:7人

指導医数:8人

専門医数:16人

研修期間

4~8週間
気道確保手技の習熟には8週間の研修期間が望ましい

研修内容および方法・手技

指導医の責任の下に、手術症例を指導担当医師がマンツーマン指導する。
個々人の到達度、希望進路等に応じて技術指導をする。
週2回のカンファランスに参加して、麻酔関連の最新の知見を学ぶ。

麻酔関連技能:麻酔の実施(全身麻酔・脊髄クモ膜下麻酔)
      :血管確保(末梢静脈路・中心静脈カテーテル・動脈カニューラ)
      :モニタリング(エコー・単誘導脳波・各種循環モニター等)

研修到達目標

1ヶ月:通常器具を用いた気道確保・一般的な血管確保・基本的なモニタリング・合併症のない患者の全身麻酔管理
2ヶ月:特殊器具を用いた気道確保・中心静脈カテーテル留置経験・脊髄クモ膜下麻酔の実施

研修スケジュール
  午前 午後
手術室 手術室
カンファランス
手術室 手術室
カンファランス
手術室
手術室
手術室 手術室
手術室 手術室
お問い合わせ先

担当:大沼 隆史
TEL:058-230-6404
HP:https://hosp.gifu-u.ac.jp/masui/


岐阜大学医学部附属病院 地域医療医学センター MEDC 内視鏡 東海キャリアPro