トップページ > 初期臨床研修について > 初期研修プログラム - 各診療科等別 研修例 > 新生児集中治療部 NICU

初期研修プログラム

各診療科等別 研修例

選択科目部門

新生児集中治療部 NICU
定員(同時期に受け入れ可能な人数)

同時期に1名

指導体制

臨床研修指導医:NICUに1名、小児科に4名
研修医は数名の小児科専門医を含む診療チームに配属され、診療にあたる。

指導医数:19名(NICUに6名)

専門医数:日本小児科専門医 19名、臨床遺伝学専門医(2名)、アレルギー学会専門医(3名)、日本小児神経学会専門医(5名)、日本血液学会専門医(2名)、日本癌治療認定医(1名)等

研修期間

2週間以上が望ましい。

研修内容および方法・手技

NICU病棟入院中の患者のうち、5名前後の主治医となり、病棟業務に参加する。
小児科病棟カンファレンス(毎朝)、教授総回診(週1回)、臨床カンファレンス(週1回)、小児科抄読会(週1回)等に参加する。
新生児蘇生法(NCPR)を習得する。
産科合同周産期カンファレンス等に参加する。

研修到達目標

日本小児科学会が提唱している「初期臨床研修における小児科研修の3ヶ月を基本として」 をもとにNICUに関連した目標設定項目の習得に務める。
2週間:新生児の診察法、検査について学び、分娩に立ち会い必要な新生児蘇生法について学び習得する。

研修スケジュール
  午前 午後
病棟回診 病棟回診
病棟回診 病棟回診
病棟回診 教授回診、1ヶ月検診、症例検討会、抄読会
病棟回診 病棟回診、分娩立会い
病棟回診 病棟回診、退院検討会
お問い合わせ先

担当:副部長 講師 川本 典夫
TEL:058-230-6386
E-mail:ohnishih@gifu-u.ac.jp


岐阜大学医学部附属病院 地域医療医学センター MEDC 内視鏡 東海キャリアPro