トップページ > 初期臨床研修について > 初期研修プログラム - 各診療科等別 研修例 > 整形外科

初期研修プログラム

各診療科等別 研修例

外科部門

整形外科
定員(同時期に受け入れ可能な人数)

3名

指導体制

臨床研修指導医:4人
脊椎、関節、腫瘍、手・神経の各専門診療班の指導医のもとで、主治医として主に入院診療の研修を行う。
各班チーフ及び担当医が担当患者ごとに個別に指導する。

指導医数:14人

専門医数:15人

研修期間

4週間以上。
8週以上が望ましい。

研修内容および方法・手技

病棟患者約5人の主治医となり、病棟業務に従事。
教授外来、専門外来の陪席、予診などを担当。
カンファレンスに参加(週4回)、プレゼンテーション能力をつける。

研修到達目標

各診療班の代表的疾患に対する診察、手術術式、適応、術後管理、リハビリテーションについて習得する。

1ヶ月:頚椎症、腰部脊椎管狭窄症、人工股関節置換術、人工膝関節置換術など
2ヶ月:良性骨軟部腫瘍、手指腱末梢神経障害、側弯症、肩腱板損傷など
3ヶ月:悪性骨軟部腫瘍、複合組織移植、人工関節再置換術、骨切り手術など

研修スケジュール
  午前 午後
カンファレンス
教授回診
手術
手術
病棟診察
外来診察 病棟診察
カンファレンス
手術、レジデント抄読会
手術
病棟診察
カンファレンス、抄読会
病棟診察
病棟診察
手術 手術
病棟診察
お問い合わせ先

担当:医局長 野澤 聡
TEL:058-230-6333(医局) PHS7123
E-mail: snozawa@gifu-u.ac.jp


岐阜大学医学部附属病院 地域医療医学センター MEDC 内視鏡 東海キャリアPro