トップページ > 初期臨床研修について > 初期研修プログラム - 各診療科等別 研修例 > 総合内科

初期研修プログラム

各診療科等別 研修例

内科部門

総合内科(総合診療部)
定員(同時期に受け入れ可能な人数)

2名まで

指導体制

臨床研修指導医:5人
基本的に研修医には指導医が1対1で指導をおこなう
医療面接から診断・治療まで、外来・病棟を通じて一貫した研修を目標とします。

指導医数:2人
内科指導医:1名、糖尿病指導医:2名、内分泌指導医2名、リウマチ指導医:2名

専門医数:5人
総合内科専門医:4名、糖尿病専門医:3名、リウマチ専門医:3名、内分泌専門医:2名

研修期間

4週間以上が望ましい

研修内容および方法・手技

・担当医として、病棟患者2~4名を受け持つ
・症例検討会で担当患者のプレゼンテーションをおこなう
・医療面接・身体診察や基本的検査手技を学ぶ
・指導医のバックアップのもとに、初診外来を担当する

研修到達目標

総合内科医として診断に必要な技術を学ぶ。つまり、問診から問題点を抽出してプロブレムリストを立て、身体所見から必要な検査を選択し,検査手技(エコー,GIF、CF、腰椎穿刺)を学ぶ。診断確定後、迅速に治療選択をおこなう。

1ヶ月:病棟患者の受け持ちとプロブレムリストに基づいたカルテ記載
2ヶ月:初診外来・午後の救急患者の担当
3ヶ月:学会、研究会等での症例プレゼンテーションの準備と実践

研修スケジュール
  午前 午後
外来
病棟
病棟
外来
病棟
教授回診
抄読会
外来
病棟
病棟
病棟カンファレンス
内視鏡 内視鏡
外来
病棟
病棟
お問い合わせ先

医局長:森 一郎
TEL:058-230-6632(医局)
E-mail:sogo@gifu-u.ac.jp
HP:http://www1.gifu-u.ac.jp/~gemed/


岐阜大学医学部附属病院 地域医療医学センター MEDC 内視鏡 東海キャリアPro