トップページ > 初期臨床研修について > 研修医の声 - 2012年採用

研修医の声

2012年採用

A 先生

私が岐阜大学を選んだ理由はほとんど勢いです。学生時代は病院見学に行き、どこに行くのが自分の将来的に一番いいのか悩みました。しかし医師として働いたことのないのに将来を想像し決めることはできませんでした。実際マッチングの最終締めきり前日まで他の病院を第一希望にしていましたし、たすき先の高山赤十字病院は行ったことのない病院でしたが、全て勢いで決めました。現在その選択をしたことに全く後悔はありません。むしろこの選択をしてよかったと思っています。
市中病院、大学病院それぞれいいところ、悪いところはありますので、自分が何をやりたいか目的をもってしっかり取り組めば、どこで研修しても大きな問題はないと思います。大学病院でも積極的ならば、手技も患者もたくさん経験できます。
私も学生時代は、外科・救急志望でしたが、働きだしてから興味をもつ分野がかわり、3年目以降は内科を専攻していく予定です。
働きだしてから進路が大きくかわる人も多くいますので、マッチングのときは広い視野をもって選ぶことが大切だと思います。研修プログラムに自由度の高い岐大での研修は、多くの学生にとってお勧めできると思います。

H 先生

私は、出身は岐阜ですが、大学自体は関東の私立を卒業しました。
学生時代から心臓に興味があり、循環器内科もしくは心臓外科に進みたいと考えていました。他の大学の当該科はどのような雰囲気なのだろうか気になり、岐阜大学を見学に訪れました。
そこで循環器内科に大学の先輩が見えたこと、他大学出身の先生方も分け隔てなく楽しそうに仕事されている姿を見たこと、岐大のプログラムは自由度が高く私のように進路を早期に決めている者には、2年目の最大11ヶ月間を専門医取得の期間にすることができるという魅力があること。などで、岐阜大学病院を選びました。
先端医療を学びながら、学会発表の機会・資格試験の受験機会を与えていただけるので、自身のスキル向上も可能だと考えています。

S 先生

大学病院で良かったことは、やはり指導医の多さです。どの先生も知識が豊富で教育熱心です。いろいろな経験談・市中病院の話も聞けます。また、将来を考える上でロールモデルとなる先生も沢山いらっしゃり、日々の研修の刺激になっています。他病院の研修医の方と比べて担当患者さんの人数が少なかったり、救急の経験が少なく焦ったりすることもありますが、一人一人の患者さんについてじっくり問診・診察をし、勉強したりプレゼンをするといった基本的なことをしっかりできるのが大学の魅力だと思います。希望すれば様々な病院を経験することもでき、また比較することでより広い視野が持てると思います。ぜひ岐大病院で研修してください!

K 先生

生まれは岐阜県ですが、出身は本州最北端の医学部です。研修病院を選ぶにあたって大学病院はプログラムの自由度が高く、外部の病院での研修も可能ということが魅力でした。
今のところの私のカリキュラムは以下の通りです。もともとは二年間大学で研修する予定でしたが現在はひととおり内科を研修させてもらい、二年目からは地域医療枠を含め外部の病院も回らせていただきたいと考えています。

●K先生のスケジュール予定

臨床に関してはどのような病態なのかじっくりと考え、指導医から多くのフィードバックを受けられることが魅力の一つだと考えています。文面の関係で今考えられるメリットについては書ききれませんが、研修先に大学病院を選べばわかってもらえるのではないかと信じています。是非一緒に研修しましょう!


岐阜大学医学部附属病院 地域医療医学センター MEDC 内視鏡 東海キャリアPro