岐阜大学医学部附属病院がんセンター

トップへ戻る

文字表示

部門紹介

がんゲノム診療部門

トップ > 部門紹介 > がんゲノム診療部門

がんゲノム医療とは、がん患者さんの遺伝子情報を100種類以上の遺伝子を一度に調べることができる装置を用いてがんゲノム解析を行い、がん細胞の遺伝子異常を調べて分析することで、個々にそれぞれ適した治験薬情報を提供する次世代のがん医療です。
 当院は、厚生労働省より「がんゲノム医療連携病院」に指定され、今後はがんゲノム医療中核病院と連携して、がんゲノム医療を積極的に行っていきます。