岐阜大学医学部附属病院がんセンター

トップへ戻る

文字表示

部門紹介

放射線治療部門

トップ > 部門紹介 > 放射線治療部門

当院では、高精度放射線治療装置ノバリスTxを配置し、ミリ単位で正確な定位照射が可能でIMRTにも対応し精密な照射を行っています。放射線治療は、放射線腫瘍医といわれる常勤放射線治療専門医が診察し、様々な検査情報をもとに患者さんの体力や病気の進み具合に合わせ照射方法を決めていきます。照射は、放射線治療専門技師が行っており、また放射線治療専任看護師が常勤しており患者さんには安心して放射線治療を受けていただいております。

放射線治療とは

放射線治療は手術による外科療法、抗がん剤による化学療法と並ぶがん治療の3本柱のひとつで、放射線で主に腫瘍の遺伝子(DNA)にダメージを与え細胞分裂を止める作用などにより腫瘍を治します。放射線療法には体の外から放射線を照射する外部照射と、放射線を出す小さな線源を病巣付近に入れて体の中から照射する密封小線源照射(ブラッキー治療)、同位元素を内用する非密封小線源治療(RI療法)があります。手術をすれば、身体の形や機能、美容が損なわれるような場合でも、放射線療法では切らずにがんを治療することが可能です。また、体への負担が少ないので御高齢の方、合併症があって手術が受けられない方でも治療できることが多く体にやさしい治療法です。

当院の放射線治療は放射線治療専門の放射線腫瘍医が患者さんを診察し、様々な画像検査、血液検査などの情報をもとに患者さんの体力や病気の進み具合に合わせて最もよい治療方法を決めます。放射線治療と手術を併用する場合、抗がん剤と併用する場合、放射線治療だけの場合などがあり、それぞれの治療に関して各部門と緊密な連携のもとに治療にあたっています。

また、放射線の照射は、放射線治療専門技師が行います。放射線治療技師は放射線腫瘍医によって決定された治療方針に従って、病気の部分だけ放射線を様々な照射方法、技術で確実に照射します。がん病巣に高線量を集中させる方法は、コンピュータの進歩とともに著しく進歩しました。原発巣だけを多方向から正確にねらい打ちする定位放射線治療、照射野内の放射線の強度を変化(変調)させて照射を行なう強度変調放射線治療(IMRT)などの高精度照射技術を用いて、合併症を増やすことなく高線量照射が可能となっております。

早期前立腺がんに対しては、平成16年よりヨウ素125を用いた永久挿入組織内照射が東海地方ではいち早く開始され、泌尿器科腫瘍医とともに対応しております。最新の放射線治療では合併症の頻度はかなり低くなっています。総じて放射線治療は治療後もQOLを高く保つことが可能な体にやさしい治療です。

機器の紹介

(1)直線加速装置リニアック2台
  (高精度放射線治療統合システム「Novalis Tx」1台)
(2)イリジウム高線量率小線源治療装置1台
(3)前立腺組織内照射用ヨード125刺入装置1台
(4)16列ヘリカル治療計画専用CT1台
(5)3次元治療計画装置7台

(1)直線加速装置リニアック2台

高エネルギーX線・電子線を用い、放射線による治療を行う装置です。

◆高精度放射線治療統合システム「Novalis Tx」1台

ブレインラボ(独)とバリアンメディカルシステムズ(米)
6MV・10MVのVARIAN 社リニアックでDual X線エネルギー対応
最新型放射線治療装置で画像誘導(IGRT)を用い、また 6軸Robotic couchによる精密な位置補正で治療時間の短縮、 定位放射線用マイクロマルチリーフは2.5mmで照射野は、22x40cmにまで拡がり、より大きな腫瘍のピンポイントな治療が 可能になると同時に、適応部位も拡大、痛みを伴わないフレームレスでの治療など、患者さんにやさしい多様な治療方法の選択 (定位照射、IMRT(強度変調照射)など)が可能です。

Novalis Tx1の写真1
Novalis Tx2の写真2
Novalis Txの写真1
Novalis Tx
頭頚部定位照射の写真2
頭頚部定位照射
体幹部定位照射の写真1
体幹部定位照射
前立腺癌に対するIMRT
前立腺癌に対するIMRT

◆VARIAN CLINAC 21EXリニアック1台

高エネルギーX線(6MV・10MV)・電子線照射が可能

(2)イリジウム高線量率小線源治療装置(マイクロセレクトロンHDR)1台

192Irを装備した体内照射装置

婦人科疾患及び、食道や気管支等、体内から照射に使用する遠隔照射が可能です。

マイクロセレクトロンHDの写真
マイクロセレクトロンHD
(3)前立腺組織内照射用ヨード125刺入装置1台

バリアンメディカルシステムズ(米)
バリシード(前立腺癌密封小線源治療計画装置)
放射線を放出するヨード125(I-125)を封入した小さなカプセル(小線源)を、前立腺の中に直接刺入して前立腺がんを治療する方法です。
また線源を保管する部屋や、放射線治療患者専用の放射線遮蔽能力を有する専用病室も備えております。(病院9階RI病室)

前立腺に対する小線源治療の写真1
前立腺に対する小線源治療
バリシード
(前立腺癌密封小線源装置)の写真2
バリシード(前立腺癌密封小線源装置)

放射線品質管理

がん診療連携拠点病院を対象とする国立がん研究センター「放射線治療機器の出力測定支援プログラム」を利用し、第三者評価機関・公益財団法人医用原子力技術研究振興財団が実施する郵送測定による「治療用照射装置(X線)の出力線量測定」を受けています。平成24年度より継続的に第三者評価を受けており、正しい線量が出力されている測定結果を得ています。