岐阜大学医学部附属病院がんセンター

トップへ戻る

    文字表示

部門紹介

緩和ケア部門

トップ > 部門紹介 > 緩和ケア部門

急性期病院である当院においては、終末期や臨死期に限らず早期がん患者にも対応しています。また、症状緩和をより短期間に図り、在宅療養につなぐ短期緩和医療にも重点を置くことを目指します。これらの医療を円滑に遂行するためには、医師・看護師・薬剤師・栄養士からなる緩和医療チーム(コアチーム)と、各診療部門より推薦のあったスタッフや看護師から成るサポートチームで構成されたメンバーの協力を得て身体症状、精神症状のある患者及びその家族に対する緩和医療を積極的に行っています。

緩和医療チーム

緩和ケアとは

緩和ケアとは、生命を脅かす疾患による問題に直面する患者とその家族に対して、痛みやその他の身体的、心理的、社会的な問題、さらにスピリチュアル(宗教的、哲学的なこころや精神、霊魂、魂)な問題を早期に発見し、的確な評価と処置を行うことによって、 苦痛を予防したり和らげることで、クオリティ・オブ・ライフ(以下QOL:人生の質、生活の質)を改善する行為である、と定義されています。(世界保健機構(WHO)2002年)

すなわち緩和医療とは、生命を脅かす疾患の患者やその家族にたいして、現在の治療の目的を認識し、予後の見通しをたて、患者が現在何に困っているかの見極めをおこない、その苦痛を緩和することにより、患者や家族の現在のQOLを最大限まで高めることを目標とする医療行為といえます。

急性期病院である当院においては、終末期や臨死期に限らず早期がん患者にも対応しています。また、症状緩和をより短期間にはかり在宅療養につないだりする短期緩和医療にも重点を置く事を目指します。対象は患者と患者を支える人で、患者の死亡後も必要に応じて継続されています。これらの医療を円滑に遂行するためには、医師・看護師・薬剤師・栄養士からなる緩和医療チーム(コアチーム)と、各診療部門より推薦のあったスタッフや看護師から成るサポートチームで構成されたメンバーの協力を得て身体症状、精神症状のある患者及びその家族に対する緩和医療を積極的に行っています。

実際の手順としては、緩和医療チームは、主治医による身体・精神症状のコントロールの必要性及び患者の要望に応じての依頼を受け、それぞれの専門性を生かし患者へ治療や種々のケアを含むサポートを行っています。週1回の緩和医療チームカンファランスを開催し、現状・問題点・解決策などを話し合い必要に応じてチーム以外の専門家の応援を依頼します.さらには、必要に応じて病棟でのケースカンファランスを開催し、より良い医療が提供できるように努めます。

また、患者の状態によっては、当院のような急性期病院ではなく緩和ケア病棟を有する病院やホスピスで過ごすほうがより患者の満足が得られる場合があり、このような場合は十分な話し合いのもと主治医、医療連携センターと連携してより良い医療・看護等が提供できるよう対応しています。さらには、かかりつけ医とともに当院内外で連携し共同診察を積極的に行い、早い段階からの緩和医療の導入をはかり、退院後も協力・連携を保ち緩和医療を行うよう努めています。

相談一覧(FAQ)

Q1.がんになると、どのようなことが起きるのでしょうか?

A1. 痛み(がん患者さんの70%にみられます)、倦怠感などのさまざまな身体的症状と、不安・いらだち・孤独などの精神的な苦痛、「死」への恐怖・生きる意味に対する問い・自責の念などの精神的症状が起きてきます。 痛み以外の身体症状としては食欲低下・嘔気・腹満感・呼吸苦・咳・しゃっくり・排尿障害・身体のむくみなどがあります。 緩和ケアとは、がん患者さんの苦痛を取りのぞき、患者さんとご家族にとって、自分らしい生活を送れるようにするための医療です。緩和ケアは、がん治療の初期段階から、がん治療と一緒に受ける医療であり、苦痛を伴う症状を緩和すれば、がんの治療に取り組むのに負担が減ります。

Q2.痛みに対して麻薬を使うと中毒になりませんか?副作用はどんなことがありますか?

A2. 痛みのコントロールでは、しばしば「医療用麻薬」が使われます.医療用麻薬は、がんの痛みにとても有効な薬です。使う量に上限がないので、痛みが強くなれば、それにあわせて薬を増やすことができます。しかし、麻薬中毒のイメージから、医療用麻薬を敬遠され、痛みを我慢して過ごしている方も少なくありません。医療用麻薬は、痛みがある状態で使用すればほとんど中毒になりません。副作用に関しても、嘔気・嘔吐・便秘・眠気・譫妄・呼吸抑制などがありますが、いろいろな薬や対処法があり、対応できるようになっています。また、医療用麻薬の種類も増えてきておりそれぞれの患者さんの痛みに応じた対応方法ができるようになっています。

Q3.緩和ケアはどのようにしたら受けられますか?

A3. 緩和ケアについて聞いてみたい、ケアを受けてみたいと考えられたら主治医・担当看護師などにご相談ください。緩和ケアチームのメンバーが患者及び家族の皆様と一緒に症状の軽減に努めます。いつの時点からでも始められますので遠慮なく相談してください。

緩和ケア外来

診療科 麻酔科疼痛治療科
医師名 杉山 陽子、山口 忍
診察時間 毎週金曜日  14:00~16:00
受診方法 紹介状(診療情報提供書)をお持ちになった初診患者さん、
もしくは当院他科紹介の患者さん

緩和ケアセンター

平成25年度がん診療連携拠点病院機能強化事業(厚生労働省)により、チーム医療や外来を含めた診療の質の向上を目指し、緩和ケアの提供体制について院内組織基盤の強化を図るため、都道府県がん診療連携拠点病院に「緩和ケアセンター」を整備することが求められ、平成25年度に当院に設置しました。

岐阜県がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会

厚生労働省「がん対策推進基本計画」(平成19年6月)では、がん診療に従事するすべての医師が緩和ケアに関する基本的な知識、技術を身につけることを重点目標としており、さらに「がん診療連携拠点病院の整備について」(平成20年3月1日付健発 030101号健康局長通知)では、がん診療連携拠点病院の指定要件とて、「プログラム」に準拠した「緩和ケア研修会」を定期的に実施することが明示されており、毎年開催しています。

在宅緩和ケア地域連携症例検討会