岐阜大学医学部附属病院がんセンター

トップへ戻る

    文字表示

がん治療について

子宮がん

トップ > がん治療について > 子宮がん

子宮がんとは

子宮に発生するがんを総称して子宮がんといいます。子宮はわずか5~6cmほどの小さな臓器ですが、発生部位によって子宮頸がんと子宮体がんと分類されます。子宮下部の管状の部分に生じるがんを子宮頸がん、子宮上部の袋状の部分に生じるがんを子宮体がんといいます。子宮体がんのなかで最も多いのは子宮内膜にできる子宮内膜がんです。
子宮頸がんと子宮体がんは、発生場所は近いですが、その原因や治療法などは全く異なります。子宮がんのうち、7割を子宮頸癌が占めます。

子宮がんの写真
子宮がん

子宮頸癌

1.子宮頸癌とその原因

子宮頸部は膣側(外頸部)を扁平上皮、子宮側(内頸部)を円柱上皮という2種類の上皮で覆われています。子宮頸癌の多くは扁平上皮から発生した扁平上皮癌ですが近年内頸部の円柱上皮から発生した腺癌が増加傾向にあります。発症は40歳前後が多いですが、最近は若年化が問題となっており、20代、30代の若い女性にも増えてきています。子宮頸癌の原因はヒトパピローマウイルス(HPV)の感染によるものと考えられています。HPVは性行為により感染するウイルスで半数以上の女性は生涯に一度は感染するといわれています。しかし、たとえ感染しても90%の人は2年以内に自分の免疫の力でウイルスが排除されますが、10%の人は長期的に持続感染してしまい、癌の前段階である異形細胞が増殖します。これが異形成と呼ばれる段階です。子宮頸癌はがんの前段階である異形成から数年の期間を経て子宮頸部の表面だけにがんがある上皮内癌を経て、浸潤癌へ進行していくといわれています。

2.子宮頸癌の検査診断

初期の子宮頸癌や異形成にはほとんど自覚症状がなく、進行するにつれて不正出血や性交時出血、下腹部痛などを自覚します。そのため初期の子宮頸癌や異形成を早期発見するために子宮がん検診がおこなわれています。残念ながら日本の受診率は欧米と比べるととても低いのが現状です。出血などの症状がなくても20歳を過ぎたら、2年に1回の検診を受けることが勧められています。検診ではまず、スクリーニング検査として子宮頸部を綿棒などでこすり、顕微鏡でがん細胞あるいは異形成細胞を検出します。この検査では高い精度で異常の有無を判定することができますが、最近ではヒトパピローマウイルスの検出も併用することで検診の間隔を延ばしたり、さらに高い精度で判別しようとする試みもされています。また、以前は日母分類によって結果をⅠ~Ⅴの5段階にわけて判定してましたが、最近はベセスタ分類という方式での判定にかわりました。英語表記であり、分類も10種類と多くなったため、ややわかりにくいですが、以下の表のようにNILMであれば異常なしであり、その他の項目に関しても精密検査の方針が作成されています。精密検査にはコルポスコピーと呼ばれる検査や組織検査、CTやMRIなどの画像検査がおこなわれます。

結果 略語 推定される
病理診断
従来の
クラス
分類
運用
1)陰性 NILM 非腫瘍性所見、
炎症
I、II 異常なし:定期検査
2)意義不明な
異型扁平
上皮細胞
ASC-US 軽度扁平上皮内
病変疑い
II-IIIa 要精密検査
【1】HPV検査による判定が望ましい
陰性:1年後に細胞診、
HPV併用検査
陽性:コルポ、生検
【2】HPV検査非施行
6ヶ月以内細胞診検査
3)HSILを除外
できない異型
扁平上皮細胞
ASC-H 高度扁平上皮内
病変疑い
IIIa、
IIIb
要精密検査:コルポ、生検
4)軽度扁平
上皮内病変
LSIL HPV感染
軽度異形成
IIIa
5)高度扁平
上皮内病変
HSIL 中等度異形成
高度異形成
上皮内癌
IIIa
IIIb
IV
6)扁平上皮癌 SCC 扁平上皮癌 V
7)異型腺細胞 AGC 腺異型
または
腺癌疑い

III

要精密検査: コルポ、生検、頚管および
内膜細胞診または組織診
8)上皮内腺癌 AIS 上皮内腺癌 IV
9)腺癌 Adenocarcinoma 腺癌 V
10)その他の
悪性腫瘍
Other malig その他の
悪性腫瘍
V 要精密検査:病変検索
表2:ベセスダ分類(扁平上皮系)
精密検査

コルポスコピー(コルポ)

子宮の入り口部分を観察するための拡大鏡です。酢酸を塗布することによって白色に変化したり、赤い点状にみえたりする異常な部分を観察し、狙いをつけて生検鉗子と呼ばれる道具を使って生検します。とれた組織を顕微鏡で確認し、これにより異形成や上皮内癌、あるいは浸潤癌の診断をします。

精密検査によって浸潤癌と診断された場合、進行期を確認します。進行期は癌の進み具合によってⅠ~Ⅳまでの4つの進行期に分類されます。進行期によっておこなう治療方法が検討、選択されます。

I期 癌が子宮頸部に限局するもの(体部浸潤の有無は考慮しない)。
IA期 組織学的にのみ診断できる浸潤癌。肉眼的に明らかな病巣はたとえ表層浸潤であってもIB期とする。 
IA1期 間質浸潤の深さが3mm以内で、広がりが7mm をこえないもの。
IA2期 間質浸潤の深さが3mmをこえるが5mm 以内で、広がりが7mm をこえないもの。
IB期 臨床的に明らかな病巣が子宮頸部に限局するもの、または臨床的に明らかではないがIA期をこえるもの。
IB1期 病巣が4cm以内のもの。
IB2期 病巣が4cmをこえるもの。
II期 癌が頸部をこえて広がっているが、骨盤壁または腟壁下1/3には達していないもの。 
IIA期 腟壁浸潤が認められるが、子宮傍組織浸潤は認められないもの。
ⅡA1期 病巣が4cm以下のもの
ⅡA2期 病巣が4cmをこえるもの
IIB期 子宮傍組織浸潤の認められるもの。
III期 癌浸潤が骨盤壁にまで達するもの、または、腟壁浸潤が下1/3に達するもの。
IIIA期 腟壁浸潤は下1/3に達するが、子宮傍組織浸潤は骨盤壁にまでは達していないもの。
IIIB期 子宮傍組織浸潤が骨盤壁にまで達しているもの。または、明らかな水腎症や無機能腎を認めるもの。 
IV期 癌が小骨盤腔をこえて広がるか、膀胱、直腸の粘膜を侵すもの。 
IVa期 膀胱、直腸の粘膜への浸潤があるもの。 
IVb期 小骨盤腔をこえて広がるもの。 
表3:子宮頸癌臨床進行期分類 (日本産科婦人科学会2011 年,FIGO 2008 年)

3.子宮頸癌の治療と予後

子宮頸癌の治療方法は手術療法、放射線療法、化学療法(抗がん剤)の3つを単独もしくは組み合わせておこないます。異形成や上皮内癌、進行期ⅠA1期までで、今後妊娠、出産などを望む場合は子宮を残す方法として子宮頸部のレーザー治療や円錐切除という子宮頸部を部分的に摘出する手術をおこないます。子宮温存希望のない上皮内癌や進行期ⅠA1期のごく初期の癌に対しては子宮のみの摘出が検討されます。進行期ⅠA2期以上の進行した癌に対しては広汎子宮全摘といった子宮に加え、膣の一部や周辺組織、靱帯、リンパ節を広範囲に切除する必要があります。また、最近ではⅠB1期の一部までの浸潤癌で強い子宮温存希望のある場合において子宮頸部広汎摘出術も行われております。進行期Ⅲ期以上の非常に進行した癌においては通常放射線もしくは抗がん剤の点滴も組み合わせた同時化学放射線療法が選択されます。癌が他の臓器に転移している場合や再発した場合には抗がん剤による化学療法をおこなうこともあります。子宮頸癌はごく初期のがんであれば子宮を残す治療でも治療成績はきわめて良好です。また、進行期Ⅰ期の場合でも5年生存率は約90%と比較的治療成績は良好ですが、進行するに従ってⅡ期で約70%、Ⅲ期約40%、Ⅳ期約15%と治療成績は悪くなっていきますので検診による早期発見、早期治療が大切です。

4.子宮頸癌ワクチン

平成21年12月より日本でも子宮頸癌の原因であるヒトパピローマウイルスの感染を予防するワクチンの接種が可能となりました。接種は6ヶ月で3回の注射が必要となります。このワクチンは世界中で使用されており、長期間の効果も実証されておりますが、近年我が国では重篤な副反応が報告され2014年7月現在、積極的な接種推奨が中止されています。一刻も早い原因の解明と対策が待たれております。

子宮体がん

1.子宮体がんとその原因

子宮体がんは最近我が国で増加傾向にあるがんの一つです。その多くは月経をおこす子宮内膜から発生する子宮内膜癌です。出産経験がない、肥満、月経不順など卵巣から分泌される卵胞ホルモンの値が高く、持続的な刺激で発生するといわれています。また、比較的高齢者に多くみられるタイプでは癌関連遺伝子の関与も指摘されています。

2.子宮体がんの検査診断

最も多い自覚症状は不正出血です。まず行われる検査と しては子宮の内部に細い棒状の器具を挿入して細胞を採取する子宮内膜細胞診があります。ただし、子宮の内部なので盲目的に細胞をとるため、精度としては子宮頸癌の細胞診に比べるとやや悪く、また、痛みや出血を伴うことからすべての女性に対して検診としては勧められていません。細胞診で疑わしい場合はさらにさじ状の器具を使って子宮内部の組織を採取する検査を行うこともあります。また、超音波検査で子宮内膜の厚さをはかることなども行われます。 子宮頸癌と同様に進行の程度を調べるためにCTやMRIなどの画像検査がおこなわれることもあります。子宮体がんの進行期は子宮頸癌と違い、手術の摘出標本から最終的に決まります。進行期は以下のように決まっています。

Ⅰ期 癌が子宮体部に限局するもの
ⅠA期 癌が子宮筋層1/2未満のもの
ⅠB期 癌が子宮筋層1/2以上のもの
Ⅱ期 癌が頸部間質に浸潤するが、子宮をこえていないもの
Ⅲ期 癌が子宮外に広がるが、小骨盤腔をこえていないもの、または所属リンパ節へ広がるもの
ⅢA期 子宮漿膜ならびに/あるいは付属器を侵すもの
ⅢB期 腟ならびに/あるいは子宮傍結合織へ広がるもの
ⅢC1期 骨盤リンパ節転移陽性のもの
ⅢC2期 骨盤リンパ節への転移の有無にかかわらず,傍大動脈リンパ節転移陽性のもの
IV期 癌が小骨盤腔をこえているか、明らかに膀胱ならびに/あるいは腸粘膜を侵すもの、ならびに/あるいは遠隔転移のあるもの
IVA期 膀胱ならびに/あるいは腸粘膜浸潤のあるもの
IVB期 腹腔内ならびに/あるいは鼠径リンパ節転移を含む遠隔転移のあるもの

※顕管腺浸潤のみはⅡ期ではなくI期とする。

表4:子宮体癌手術進行期分類(日産婦 2011、FIGO2008)

3.子宮体がんの治療と予後

子宮体がんの治療の主体は手術です。基本的には子宮、卵巣、卵管、リンパ節をとるのが一般的です。手術の標本から再発する危険因子を検討し、再発の危険が高い場合、手術後に抗がん剤による化学療法や放射線療法などがおこなわれます。ごく初期で一定の条件がそろっており、強い子宮温存希望がある場合、ホルモン療法が行われることもありますが、再発、再燃率が高いので注意が必要です。Ⅰ期のように子宮にとどまっている場合であれば治療成績は約90%と良好ですが、子宮頸癌と同様に進行するに従って治療成績は悪くなりますので症状があれば早めの婦人科受診が大切です。