教室紹介

岐阜県内を中心に、地域に根ざした医療、次世代を担う人材育成、
臨床研究や基礎研究を通じて周術期医療の質向上を目指します。

概要・沿革

岐阜大学医学部麻酔学教室は昭和45年2月に開講した。まだ、麻酔の果たす役割もよく理解されない時代に初代教授として慶應義塾大学から山本道雄教授を迎え、麻酔学教室は創設期の苦労とともに、医療の質の向上への期待の時代が始まった。その後医局員・関連病院も徐々に増加し、医局の基礎ができた。平成2年に二代目として、筑波大学(札幌医科大学卒)から土肥修司教授が赴任した。講座名を「麻酔・蘇生学」と改め、活発な教育、研究、診療活動が開始され、多くの業績が築かれた。平成16年に岐阜大学医学部と医学部附属病院の完全移転にともない、講座名を「麻酔疼痛制御学」、診療科名を「麻酔科・疼痛治療科」に変更し、教室の方向性を明確にした。そして、平成22年に初めて母校出身の飯田宏樹教授が誕生し、関連病院との連携をより一層強くして、より多くの成果が実ることが期待され新たな出発を迎えた。

歴代教授

初代教授 山本 道雄(1970年2月~1990年3月)
第2代教授 土肥 修司(1990年4月~2010年3月)
第3代教授 飯田 宏樹(2010年5月~)