教室紹介

岐阜県内を中心に、地域に根ざした医療、次世代を担う人材育成、
臨床研究や基礎研究を通じて周術期医療の質向上を目指します。

医局員募集

岐阜大学医学部附属病院麻酔科疼痛治療科では、東海地区を中心として増え続ける麻酔科医の需要に対応するために新しい医局員を随時募集しています。2年間の初期研修終了後の先生、後期研修医の先生はもちろん、他の施設の麻酔科や他科で研修された先生、すでに十分な経験をつまれている先生も大歓迎です。

当院は近年手術件数が急速に増大しており、様々なリスクを持った手術患者の増大や医療の高度化に伴う専門性の高い疾患の手術も増大してきています。これら環境の変化により、今後麻酔科医の必要性は益々増えることが予想されます。また、ペインクリニックを中心とした疼痛領域においてもその歴史は古く東海地区でも有数の実績を誇っています。重症患者管理など集中治療分野においても重要は多く、関連施設などを含め活躍の場が皆さんを待っています。

当科は医局員の人数もそれほど多くなくまた女性医師の数も多いのですが、出身大学の違いや男性女性の別なく全医局員で支え合い・刺激しあいながら日々の臨床を通じて知識・技術の研鑚に努めています。学会発表も積極的に参加するようにしており、ASA(米国麻酔学会)、日本麻酔科学会、日本臨床麻酔学会、日本ペインクリニック学会、日本緩和医療学会、日本集中治療学会などをはじめとした各種学会等で発表しています。

それぞれの方が自分の求める医師像を追求しながら、日々、臨床業務に従事しています。その雰囲気は明るく、年齢による垣根も低く、教授を中心として日頃の疑問点なども皆で一緒に考え対処しています。