研究・業績

臨床研究や基礎研究など、様々な視点を生かしながら、
明日の臨床に役立つことを願って研究活動をしています。

2014年業績

著書

1.杉山陽子,飯田宏樹.川真田樹人編

脊髄くも膜下硬膜外併用麻酔と脊髄くも膜下鎮痛単独,麻酔科医のための周術期疼痛管理
225-233,中山書店(東京),2014

2. 飯田宏樹.土肥修司,澄川耕二編

痛みの基礎,TEXT麻酔・蘇生学
469-488,南山堂(東京),2014

3. 飯田宏樹.土肥修司,澄川耕二編

ペインクリニックの対象疾患,TEXT麻酔・蘇生学
489-499,南山堂(東京),2014

4. 南公人.飯原弘二編

局所麻酔のかけ方,脳神経外科の基本手技
18-20,文光堂(東京),2014

5. 田辺久美子,飯田宏樹.花岡一雄編

局所麻酔薬へのアドレナリン添加の意義,小外科手術のための局所麻酔
161-170,克誠堂出版(東京),2014

6. 南公人,吉谷健司,大西佳彦.内野博之編

AVM,もやもや病患者の麻酔管理(成人),神経麻酔Q&A
151-155,総合医学社(東京),2014

7. 飯田宏樹.内野博之編

下垂体腫瘍摘出術,神経麻酔Q&A
208-213,総合医学社(東京),2014

8. 飯田宏樹,山口忍.川真田樹人編

SSRI,5.痛み診断キーポイント
183-184,文光堂( 東京),2014

9. 飯田宏樹.川真田樹人編

SNRI,5.痛み診断キーポイント
185,文光堂(東京),2014

10. 山口忍,飯田宏樹.稲田英一,上村裕一,土田英昭,村川雅洋編

痛みの評価,麻酔科研修ノート改訂第2版
469-470,診断と治療社(東京),2014

11. 堤久美子,飯田宏樹.川口昌彦、中瀬裕之編

Wake-up test, 術中神経モニタリングバイブル-術後神経合併症予防のための実践的手法とその解釈-
232-235,羊土社(東京),2014

12. 飯田宏樹.小山司,樋口輝彦編

麻酔科学から見た疼痛へのアプローチ-現状のオーバービュー-,デュロキセチンのすべて
232-238,先端医学社(東京),2014

13. 山口忍,飯田宏樹.梅澤俊彦編

薬物療法,あなたも名医!患者さんを苦しめる慢性痛にアタック!
152-163,日本医事新報社(東京),2014

14. 山本拓巳, 飯田宏樹. 澄川耕二編

体液・血糖管理: 高齢者の周術期管理
154-165, 克誠堂出版 (東京), 2014

15. 熊澤昌彦, 飯田宏樹. 澄川耕二編

体温管理: 高齢者の周術期管理
166-174, 克誠堂出版 (東京), 2014

論文

1. Zhang L, Tanabe K, Yanagidate F, Kawasaki Y, Chen G, Dohi S, Iida H

Different effects of local anesthetics on extracellular signal-regulated kinase phosphorylation in rat dorsal horn neurons
Eur J Pharmacol. 2014; 734: 132-136

2. Iida M, Tanabe K, Osam K, Iida H

Differential effects of intravenous anesthetics on PDGF-BB-Induced vascular smooth muscle cell migration
Cell Physiol Biochem. 2014; 33: 1827-1837.

3. Iwata C, Abe A, Nakamura N, Morita H

Hypergravity exposure for 14 days increases the effects of propofol in rats
Anesth Analge. 2014; 118: 125-131.

4. Tanabe K, Matsushima-Nishiwaki R, Kozawa O, Iida H

Dexmedetomidine suppresses interleukin-1β-induced interleukin-6 synthesis in rat glial cells
Int J Mol Med. 2014; 34: 1023-1038.

5. Iida Y, Doi T, Matsushima-Nishiwaki R, Tokuda H, Ogura S, Kozawa O, Iida H.

(-)-Epigallocatechin gallate selectively inhibits adenosine diphosphate‑stimulated human platelet activation: suppression of heat shock protein 27 phosphorylation via p38 mitogen‑activated protein kinase.
Mol Med Rep. 2014; 10: 1383-1388.

6. Kageyama Y, Doi T, Matsushima-Nishiwaki R, Iida Y, Akamatsu S, Kondo A, Kuroyanagi G, Yamamoto N, Mizutani J, Otsuka T, Tokuda H, Iida H, Kozawa O, Ogura S.

Involvement of Rac in thromboxane A2-induced human platelet activation: regulation of sCD40 ligand release and PGDF-AB secretion.
Mol Med Rep. 2014; 10: 107-112.

7. Minami E, Ito S, Sugiura T, Fujita Y, Sasano H, Sobue K.

Markedly elevated procalcitonin in early postoperative period in pediatric open heart surgery: a prospective cohort study.
J Intensive Care. 2014; 2: 38

8. 長瀬清,後藤紀久,村瀬妙子

全身麻酔を受けた消化器外科成人手術患者の術後経口経管栄養摂取開始と日常生活自立度回復を停滞させる因子の検討
手術医学 2014; 35: 260-266

9. 南悦子,川島沙織,加藤妙,伊藤恭史,森島徹朗,伊藤彰師,祖父江和哉

超音波ガイド下腹横筋膜面ブロックの腹部大動脈瘤に対する人工血管置換術後鎮痛方法としての有用性
麻酔 2014; 63: 1089-1092

10. 飯田宏樹,松本茂美

術後痛とリハビリテーション
MB Med Reha 2014; 177: 39-45

11. 垂石智重子,上松友希,酢谷朋子,高田基志,鈴木照

ソフトドリンクケトーシスにより心停止をした1例
日集中医誌 2014; 21: 39-42

12. 山口忍, 吉村文貴, 松本茂美, 竹中元康, 飯田宏樹.

脊髄神経に関する神経ブロック.
日臨麻会誌. 2014; 34: 938-946.

13. 福岡尚和, 上田恭平, 堤久美子, 飯田宏樹.

基礎からはじめる運動誘発電位モニタリング-脳外科, 脊椎・脊髄外科手術-.
日臨麻会誌. 2014; 34: 875-884.

その他

1. 山本拓巳.熊田恵介

中心静脈カテーテル(CVC)研修会に参加して
83:72,生体支援センターニュース,2014

2.飯田宏樹

Front Line
18:38-39,Anet ,2014

3. 長瀬清,平田哲,木村青史,南正人,吉中平次

全国国立大学病院手術部会議.国立大学病院における手術部運営委員会の現状について
35:181-187,手術医学,2014

4. 加藤真有美,飯田宏樹.ハワードS.スミス編

オピオイド鎮痛薬を用いた治療の最適化,21世紀のオピオイド治療
43-67,メディカル・サイエンス・インターナショナル(東京)2014
(文献抄訳)

学会発表 - 国内学会

1. 大畠博人,山東みな実,菊池俊介,山内裕子,宮本真紀,河村三千香,太田宗一郎,上田宣夫

開心術既往患者の術中・術後管理に難渋した1症例
症例検討会(岐阜)1月25日,2014

2. 増江達彦

新生児・乳児の気管挿管のコツ-画像紹介-
症例検討会(岐阜)1月25日,2014

3. 高田基志

慢性血栓塞栓性肺高血圧症に対する肺動脈血栓内膜摘除術の周術期管理
症例検討会(岐阜)1月25日,2014

4. 山本拓巳

岐阜大学附属病院における経口補水食の取り組みについて
症例検討会(岐阜)1月25日,2014

5. 大崎友宏,高田基志,酢谷朋子,垂石智重子,上松友希,鈴木照,三ツ本直弘

当院における喉頭浮腫対策としての抜管前ステロイド投与の現状分析
第41回日本集中治療医学会学術集会(京都)2月27日,2014

6. 南公人,吉谷健司,稲富佑弦,大西佳彦

胸部傍脊椎ブロックの胸腹部大動脈置換術後呼吸機能に及ぼす影響
第41回日本集中治療医学会学術集会(京都)2月28日,2014

7. 菊地俊介,高野仁,大畠博人,上田宣夫,太田宗一郎,飯田宏樹,熊田恵介

Meduri法に準じたステロイド投与が有効であった食道癌術後ARDSの1症例
第41回日本集中治療医学会学術集会(京都)2月28日,2014

8. 田辺久美子,飯田宏樹

Dexmedetomidineのinterleukin-1βによるグリア細胞からのinterleukin-6遊離抑制
第18回日本神経麻酔・集中治療研究会(沖縄)4月19日,2014

9. 竹中元康,飯田宏樹,田辺久美子

座位によるの脳神経外科手術に対する麻酔科の現状と課題
第18回日本神経麻酔・集中治療研究会(沖縄)4月19日,2014

10. 山口忍,吉村文貴,松本茂美,竹中元康,飯田宏樹

肩甲上神経パルス高周波法が有効であった人工肩関節置換後慢性肩関節痛の一例
東海・北陸ペインクリニック学会第25回東海地方会(名古屋)5月10日,2014

11. 吉村文貴,山口忍,松本茂美,竹中元康,飯田宏樹

トリガーポイント注射における局所麻酔薬製剤の注入時痛の検討
東海・北陸ペインクリニック学会第25回東海地方会(名古屋)5月10日,2014

12. 鬼頭和裕,田辺久美子,飯田宏樹

手術中のクロール濃度の変化と高クロール血症が術後に及ぼす影響の検討
日本麻酔科学会第61回学術集会(横浜)5月15日,2014

13.横田愛,田中温子,飯沼宏和,榊原いづみ,増江達彦,笠松雅之

小児予定全身麻酔患者における術前経口補水液(OS-1ゼリーとアルジネードウォータ)の検討
日本麻酔科学会第61回学術集会(横浜)5月15日,2014

14. 大畠博人,宮本真紀,河村三千香,太田宗一郎,上田宣夫

術前絶飲食時間および手術開始時間の違いが血液ガスデータに与えた影響
日本麻酔科学会第61回学術集会(横浜)5月15日,2014

15. 長瀬清,竹中元康,飯田宏樹

過去10年間の全身麻酔手術症例の周術期臨床指標の可視化と予後に及ぼす因子の検討
日本麻酔科学会第61回学術集会(横浜)5月16日,2014

16. 吉村文貴,堤久美子,山口忍,杉山陽子,竹中元康,飯田宏樹

Pittsburgh Sleep Quality Indexを用いた帯状疱疹関連痛患者における睡眠障害の評価
日本麻酔科学会第61回学術集会(横浜)5月16日,2014

17. 中西真有美,松本茂美,長瀬清,山口忍,竹中元康,飯田宏樹

主な神経ブロックにおけるバイタルサイン変動の違いの検討
日本麻酔科学会第61回学術集会(横浜)5月16日,2014

18. 南公人,吉谷健司,大西佳彦

人工心肺の使用の有無が冠動脈バイパス術後患者QOLに与える影響の検討
日本麻酔科学会第61回学術集会(横浜)5月17日,2014

19. 大崎友宏,鈴木照,高田基志,酢谷朋子,垂石智恵子,上松友希

開胸肺手術における腸管膜牽引症候群様症状の発生頻度
日本麻酔科学会第61回学術集会(横浜)5月17日,2014

20. 竹中元康,植木啓文,刈谷三月,山口忍,飯田宏樹

大学病院でのがん医療における緩和医療に関する医療者の意識調査
第19回日本緩和医療学会学術大会(神戸)6月21日,2014

21. 福岡尚和,飯田宏樹

側弯症手術中のwake-up testにおける吸入麻酔薬の有用性
第20回日本脳神経モニタリング学会(東京)7月12日,2014

22.堤久美子,山口忍,松本茂美,吉村文貴,杉山陽子,竹中元康,飯田宏樹

遷延した開腹術後痛に超音波ガイド下腹横筋膜面ブロックが有効であった1例
日本ペインクリニック学会第48回大会(東京)7月25日,2014

23. 吉村文貴,松本茂美,堤久美子,山口忍,竹中元康,飯田宏樹

ワルファリンとデュロキセチンの併用によりPT-INRの延長を来たした3症例
日本ペインクリニック学会第48回大会(東京)7月26日,2014

24. 西村温子,杉山陽子,山本拓巳,竹中元康,飯田宏樹

帝王切開術におけるモルヒネのくも膜下投与と硬膜外投与の後方視的検討
日本麻酔科学会東海・北陸支部第12回学術集会(金沢)9月13日,2014

25. 岩倉亜里沙,山田裕子,飯田美紀,田辺久美子,竹中元康,飯田宏樹

硬膜外カテーテル遺残が疑われた黄色靱帯の石灰化症例
日本麻酔科学会東海・北陸支部第12回学術集会(金沢)9月13日,2014

26. 林慶州,熊澤昌彦,田辺久美子,竹中元康,飯田宏樹

過去の手術中に自律神経異常反射をきたした既往をもつ慢性期高位脊髄損傷症例の麻酔経験
日本麻酔科学会東海・北陸支部第12回学術集会(金沢)9月13日,2014

27. 位田優,榊原いづみ,横田愛,中村好美,笠松雅之

妊娠中の非産科手術-当院での23例の検討
日本麻酔科学会東海・北陸支部第12回学術集会(金沢)9月13日,2014

28. 菊地俊介,大畠博人,上田宣夫,三東みな実,宮本真紀,太田宗一郎

頚椎前方固定術後の経時的なファイバースコープによる気道評価の有用性
日本麻酔科学会東海・北陸支部第12回学術集会(金沢)9月13日,2014

29. 上田恭平,福岡尚和,田辺久美子,竹中元康,飯田宏樹

ロクロニウムの拮抗にスガマデクスを用いて良好な筋弛緩のコントロールから得られた球脊髄性筋萎縮症合併患者の麻酔経験
日本麻酔科学会東海・北陸支部第12回学術集会(金沢)9月13日,2014

30. 飯沼宏和,横田愛,中村好美,笠松雅之,伊原正幸

気管挿管後のカプノグラフの波形から、ソーダライムが麻酔器にセットされていなかったことが判明した一例
日本麻酔科学会東海・北陸支部第12回学術集会(金沢)9月13日,2014

31. 位田優,榊原いづみ,横田愛,中村好美,笠松雅之

妊娠中の非産科手術-当院での23例の検討
日本麻酔科学会東海・北陸支部第12回学術集会(金沢)9月13日,2014

32. 飯田美紀,阪田耕治,福岡尚和,山本拓巳,飯田宏樹

Off-pumpからon-pumpへconversionした単独冠動脈バイパス術の検討
日本心臓血管麻酔学会第19回学術大会(大阪)9月20日,2014

33. 南公人,杉山陽子,阪田耕治,飯田宏樹

ステントグラフト内挿術後Acute kidney injury発症のRisk factorの検討
日本心臓血管麻酔学会第19回学術大会(大阪)9月20日,2014

34.増江達彦, 中村好美, 横田愛, 榊原いづみ, 下中浩之, 飯田宏樹

乳児にたいしてのエアウェイスコープを用いた気管挿管の所要時間:挿入法の違いによる比較
第20回日本小児麻酔学会
(札幌) 9月22日, 2014

35. 大畠博人

術前経口補水療法は手術開始時の血液ガスデータに影響を与えたか?
第36回日本手術医学会総会 (札幌) 9月26日, 2014

36. 山東みな実,山下実華,河村三千香,大畠博人,太田宗一郎

抜管後に声帯観察を行うことで安全に気道管理を行えた脊髄小脳変性症の2例
日本臨床麻酔学会第34回大会(東京)11月1日,2014

37. 村井千里,福岡尚和,田辺久美子,竹中元康,飯田宏樹

抜管後に喘鳴と呼吸困難をきたした後頭蓋窩脳腫瘍手術患者
日本臨床麻酔学会第34回大会(東京)11月1日,2014

38. 阪田耕治,熊澤昌彦,田辺久美子,竹中元康,飯田宏樹

腹部人工血管置換術後に発症したTRALIの1例
日本臨床麻酔学会第34回大会(東京)11月1日,2014

39. 鬼頭和裕,田辺久美子,飯田宏樹

手術中の心拍変動を解析した褐色細胞腫の一例
日本臨床麻酔学会第34回大会(東京)11月1日,2014

40. 榊原いづみ,横田愛,中村好美,笠松雅之

プロポフォール麻酔後の痙攣発作症例
日本臨床麻酔学会第34回大会(東京)11月1日,2014

41. 山田忠則,粕谷由子

真性多血症患者の麻酔管理の経験
日本臨床麻酔学会第34回大会(東京)11月3日,2014

42. 山内裕子,宮本真紀,大畠博人,太田宗一郎

睡眠時無呼吸症候群合併症の重症筋無力患者において抜管後に気道閉塞を生じた1症例
日本臨床麻酔学会第34回大会(東京)11月3日,2014

43. 美濃部麻由,宮本真紀,大畠博人,太田宗一郎

左胸腔内巨大腫瘍が低血糖発症の原因と考えられた患者の腫瘍および左肺全摘術の麻酔経験
日本臨床麻酔学会第34回大会(東京)11月3日,2014

44. 村井千里,福岡尚和,田辺久美子,竹中元康,飯田宏樹

抜管後に喘鳴と呼吸困難をきたした後頭蓋窩脳腫瘍手術患者
第72回岐阜臨床神経集談会(岐阜)11月20日,2014

45. 榊原いづみ

HLA抗体陽性の血小板減少症を合併した帝王切開症例
日本産科麻酔科学会第118回学術集会(東京) 11月23日, 2014

学会発表 - 国際学会

1.Takenaka M, Iida H, Yoshimura N, Yamaguchi S, Matsumoto S

Effectiveness of facet rhizotomy for patients with low back pain resistant induced by spinal fusion surgery or osteoporotic vertebral compression fracture
2nd Asian congress on pain
(Taipai) March 29, 2014

2. Iida M, Tanabe K, Iida H

Inhibitory effect of propofol or midazolam on PDGF-BB-induced vascular smooth muscle cell migration
Euroanaesthesia 2014
(Stockholm) June 1, 2014

3. Yoshimura N, Iida H, Yamaguchi S, Sugiyama Y, Takenaka M

Administration of pregabalin for the treatment of post-thoracotomy pain: a randomized study
American Soceity of Anesthesiologists 2014 Annual Meeting
(New Orleans) October 12, 2014

4. Takada M, Ohsaki T, Uematsu Y, Taruishi C, Sudani T, Suzuki A, Iida H

Dexamethasone can NOT prevent the mesenteric traction syndrome, but it may modify the hemodynamic instability.
American Soceity of Anesthesiologists 2014 Annual Meeting
(New Orleans) October 13, 2014

シンポジウム・ランチョンセミナー・パネルディスカッション等

1. 飯田宏樹

遷延性術後痛の対策-薬物療法のtherapeutic windowを考える-
第43回日本慢性疼痛学会
(横浜)2月21日,2014

2. 飯田宏樹

症例検討~先生ならどう治療されますか?
朝日医学・医療セミナー運動器疼痛治療の戦略
(名古屋)5月10日,2014

3. 飯田宏樹

麻酔科医(日本麻酔科学会)はペインクリニックにどう関わるべきか
日本麻酔科学会第61回学術集会
(横浜)5月17日,2014

4. 松本茂美,堤久美子,吉村文貴,山口忍,杉山陽子,竹中元康,飯田宏樹

岐阜大学における痛み治療戦略日本ペインクリニック学会第48回大会
(東京)7月25日,2014

5. 山口忍,堤久美子,吉村文貴,杉山陽子,松本茂美,竹中元康,飯田宏樹

ペインクリニックにおける侵襲的治療:高周波熱凝固法
日本ペインクリニック学会第48回大会(東京)7月25日,2014

6. 吉村文貴,山口忍,杉山陽子,松本茂美,竹中元康,飯田宏樹

開胸後術後痛患者の診療
日本ペインクリニック学会第48回大会
(東京)7月25日,2014

7. 飯田宏樹

遷延性術後痛のtherapeutic windowを考える-開胸術後痛を中心に-
第67回日本胸部外科学会定期学術集会
(福岡)9月30日,2014

講演

1. 飯田宏樹

慢性痛の保存的治療の方向性~集学的治療の意義~
第7回大阪痛みの治療セミナー
(大阪)1月18日,2014

2. 飯田宏樹

慢性痛の保存的治療の方向-集学的治療の意義-
奈良痛みの治療セミナー
(奈良)3月1日,2014

3. 竹中元康

がんの疼痛管理.第7回比較腫瘍学シンポジウム
(岐阜)3月8日,2014

4. 飯田宏樹

オピオイドの適応を考える-痛みの慢性化を防ぐための工夫-
岐阜県臨床整形外科医研修講演会
(岐阜)3月8日,2014

5. 大畠博人

岐阜市民病院でのデスフルランの使用状況.スープレンフォーラムin岐阜
(岐阜)3月15日,2014

6. 福岡尚和

デスフルランと術中運動誘発電位.スープレンフォーラムin岐阜
(岐阜)3月15日,2014

7. 熊澤昌彦

手術における輸液の使い方
㈱大塚製薬工場岐阜出張所勉強会
(岐阜)3月19日,2014

8. 山東みな実. 脊髄くも膜下麻酔(腰椎麻酔).

第1回岐阜市民病院麻酔科周術期セミナー
(岐阜) 4月10日, 2014

9. 飯田宏樹

慢性痛の保存的治療の方向性-集学的治療の意義-
痛みの治療セミナー
(富山)4月11日,2014

10. 飯田宏樹

慢性痛の保存的治療の方向性-オピオイド使用の功罪を含めて-
愛知県整形外科医会教育研修講演会
(名古屋)4月12日,2014

11. 松波紀行

慢性疼痛治療の実際―痛みとの共生―
羽島郡メディカルセミナー(岐阜) 4月18日2014

12. 飯田宏樹

オピオイドの適応を考える-痛みの慢性化を防ぐための工夫
第17回ペインカンファランス北海道
(札幌)6月14日,2014

13. 阪田耕治

中心静脈穿刺およびカテーテル留置について
平成26年度第2回岐阜大学病院研修医セミナー
(岐阜)6月16日,2014

14. 大畠博人

血管穿刺についてー静脈留置カテーテルの理解ー
第2回岐阜市民病院麻酔科周術期セミナー
(岐阜) 6月25日, 2014

15. 赤松繁

集中治療におけるDICの病態と治療―凝固と炎症のクロストークから重症患者の治療を考える-
岐阜集中治療カンファレンス
(岐阜)6月27日,2014

16. 飯田宏樹

遷延性術後痛の対策-予防・治療のtherapeutic window-を考える
山梨県周術期管理研究会
(中央)6月28日,2014

17. 杉山陽子

周産期の麻酔管理~帝王切開術を中心に~
平成26年度岐阜産科婦人科研究会~腫瘍~
(岐阜)7月12日,2014

18. 宮本真紀

安全な中心静脈カテーテル留置と管理
第3回岐阜市民病院麻酔科周術期セミナー
(岐阜) 8月4日, 2014

19. 飯田宏樹

慢性疼痛における当院の治療戦略と医療安全~脊椎疾患における神経ブロックの有用性と薬物療法の役割~
第4回岐阜県慢性疼痛講演会
(岐阜)9月6日,2014

20. 宮本真紀

女医をどのように生かしますか?~麻酔科女医として生きていく工夫と努力~
岐阜県医師会女性医師等就労継続支援講演会
(岐阜)9月7日,2014

21. 山本拓巳

麻酔とアナフィラキシー
研修医のための岐阜麻酔セミナー
(岐阜)9月11日,2014

22. 竹中元康

乳癌検診における疼痛管理~緩和ケア医の視点から
第15回よこはま乳癌シンポジウム
(横浜)9月20日,2014

23. 竹中元康

疼痛管理困難症例
第4回岐阜キャンサーペイン研究会
(岐阜)9月26日,2014

24. 飯田宏樹

オピオイドの適応を考える-痛みの慢性化を防ぐための工夫-
第4回Pain Management Forum in 三重
(津)11月6日,2014

25. 飯田宏樹

痛みをとるということ-麻薬使用の功罪を含めて-.さんいんバイタルサインセミナー
(米子)11月8日,2014

26. 飯田宏樹

講演:遷延性術後痛のtherapeutic windowを考える
リリカWebシンポジウム
(岐阜)11月21日,2014

座長

1.飯田宏樹

第17回岐阜周術期循環管理研究会
(2014年1月25日,岐阜,特別講演「ICUでの心不全、頻脈性不整脈に対する治療」,座長)

2. 飯田宏樹

岐阜周術期輸液療法講演会
(2014月2月15日,岐阜,特別講「侵襲時のHESその光と影」,座長)

3. 赤松繁

スープレンフォーラムin岐阜
(2014年3月15日,岐阜,一般演題,座長)

4. 飯田宏樹

スープレンフォーラムin岐阜
(2014年3月15日,岐阜,特別講演「鳥取大学におけるデスフルランの活用」,座長)

5. 飯田宏樹

第3回岐阜運動器疾患の疼痛を考える会
(2014年4月26日,岐阜,特別講演「運動器慢性痛の薬物療法~オピオイドをどう活用すべきか?~」,座長)

6. 山口忍

東海・北陸ペインクリニック学会第25回東海地方会
(2014年5月10日,名古屋,一般演題,座長)

7. 飯田宏樹

日本麻酔科学会第61回学術集会
(2014年5月15日,横浜,招請講演「抗凝固療法と区域麻酔」,座長)

8. 飯田宏樹

日本麻酔科学会第61回学術集会
(2014年5月16日,横浜,招待講演「小児中枢神経疾患の脳波モニタリング」,座長)

9. 福岡尚和

日本麻酔科学会第61回学術集会
(2014年5月16日,横浜,「術中脊髄機能モニタリング」,コメンテータ)

10.飯田宏樹

第36回日本疼痛学会
(2014年6月20日,大阪,イブニングセミナー「脳とこころはどのように痛みを捉えているか~神経疼痛学に向けて」,座長)

11. 赤松繁

第22回日本集中治療医学会東海北陸地方会総会・学術集会
(2014年6月14日,愛知,「人工呼吸管理の基礎」,座長)

12. 飯田宏樹

第20回日本脳神経モニタリング学会
(2014年7月12日,東京,特別講演「脊髄脊椎モニタリングの実際とその適正化に向けて」,座長)

13. 松波紀行

第48回日本ペインクリニック学会市民公開講座
(2014年7月24日, 東京, 講演「がん」とどう付き合いますか?」, 座長)

14. 竹中元康

日本ペインクリニック学会第48回大会
(2014年7月25日,東京,一般演題「三叉神経痛・舌咽神経痛」,座長)

15. 飯田宏樹

日本ペインクリニック学会第48回大会
(2014年7月26日,東京,ランチョンセミナー「オピオイドの特徴をいかしたがんの痛みからの解放」,座長)

16. 竹中元康

第17回岐阜緩和医療研究会
(2014年7月31日,岐阜,特別講演「子供が体験する家族との死別~祖父母、両親、そしてきょうだいとの別れ~」,座長)

17.竹中元康

第15回緩和ケア・プラクティス
(2014年8月7日,岐阜,特別講演「家族のケア:家族の持つ『内なる力』を支援する」,座長)

18. 福岡尚和

研修医のための岐阜麻酔セミナー
(2014年9月11日,岐阜,講演,座長)

19. 飯田宏樹

日本麻酔科学会東海・北陸支部第12回学術集会
(2014年9月13日,金沢,優秀演題,座長)

20. 竹中元康

日本麻酔科学会東海・北陸支部第12回学術集会
(2014年9月13日,金沢,一般演題「硬膜外麻酔」,座長)

21.田辺久美子

日本麻酔科学会東海・北陸支部第12回学術集会
(2014年9月13日,金沢,一般演題「麻酔合併症」,座長)

22. 杉山陽子

日本麻酔科学会東海・北陸支部第12回学術集会
2014年9月13日, 金沢, 一般演題「 疼痛管理」, 座長)

23. 増江達彦

日本小児麻酔学会第20回大会
2014年9月22日, 札幌, 一般演題「 麻酔法1」, 座長)

24. 竹中元康

第4回岐阜キャンサーペイン研究会
(2014年9月26日,岐阜,講演「突出痛とフェンタニル速放性製剤」座長)

25.飯田宏樹

第3回GIFU Neuromuscular Meeting
(2014年10月25日,岐阜,講演「適正な筋弛緩マネージメントと手術環境の向上」座長)

26. 飯田宏樹

日本臨床麻酔学会第34回大会
(2014年11月1日,東京,一般演題「中枢・末梢神経疾患1」座長)

27. 飯田宏樹

痛みとこころフォーラム
(2014年11月7日,岐阜,講演「脳とこころはどのように痛みを捉えているか~痛みの治療を改めて考える~」座長)

28. 飯田宏樹

日本蘇生学会第33回大会
(2014年12月5日,浜松,一般演題「麻酔管理」座長)