トップページ > 診療科目一覧 > 放射線治療

放射線治療

科長 教授 松尾 政之
MATSUO Masayukii
放射線治療は、がん治療の3本柱の1つであり、最近の技術革新とともに進歩し治療効果が高く、また全身の負担が少なく副作用もかなり減っています。当院は岐阜県唯一の日本放射線腫瘍学会(JASTRO)認定施設であり放射線治療専門医が診察し,様々な画像検査,血液検査などの情報をもとに患者さんの体力や病気の進み具合に合わせて最もよい放射線治療方法を決めています.放射線治療と手術を併用する場合,抗がん剤と併用する場合,放射線治療だけの場合などがあり,それぞれの治療に関して各診療科、各部門と緊密な連携のもとに治療にあたっています.平成21年12月から大学病院としては本邦初となる最新鋭高精度治療装置ノバリスTxが導入され、高精度放射線治療に対応、他の病院では対応困難である照射を県内外の病院から依頼いただき治療しております。

主な疾患および診療内容

当院の放射線治療は全ての悪性腫瘍が対象です。また一部放射線治療が有効な良性腫瘍も対象としております。治療目的は根治的治療から術前治療、術後治療、そして緩和治療まで、様々な目的で行われます。

3次元照射

当院では全ての治療に対し治療計画専用CTおよび3次元治療計画装置にもとづき多分割コリメータを使用して(3次元原体照射)正常組織への照射線量を減らし、腫瘍へ照射を行っています。

画像誘導放射線治療(IGRT)

画像情報をもとに、治療患者さんの位置誤差を補正しながら、正確に治療をおこなう技術です。当院では、ノバリスTxが導入され治療寝台上にて2次元、3次元画像が取得でき、治療計画時と治療時の体位のずれを認識し、1mm以内の誤差で照射できます。これにより、正確な放射線治療が可能となっています。

定位放射線照射

腫瘍に対し、高精度で放射線治を集中してあてる治療法です。(ピンポイント照射)病変には高線量を、周囲の組織は限りなく照射線量を減じることで高い腫瘍の制御が可能です。当院では脳腫瘍をはじめとする頭蓋内病変、頭頸部腫瘍から体幹部での肺癌、肺腫瘍を中心とし治療を行っており副作用が少なく良好な局所制御が報告しています。特にノバリスTxでの照射は短時間でかつ低侵襲であり外来通院照射ができるようになっています。

強度変調放射線治療(IMRT)

腫瘍の形状に合わせ放射線の強さを段階的に変化、正常組織の被ばく線量をより低減できる放射線治療法です。特に前立腺癌を中心に治療を開始しています。その他、頭頸部がん、脳腫瘍が主な対象となります。

高線量率小線源照射(RALS)

岐阜県下唯一腔内照射、組織内照射可能施設とし対応してきており、特に子宮頸癌における根治放射線治療においては必要な治療であり、院内もとより県内の他施設からも治療依頼を受けています。

ヨード125シード永久刺入法

東海地方ではいち早く照射が開始され、前立腺癌の低、中リスク群を中心に、泌尿器科の連携のもと治療にあたり良好な治療成績を報告していいます。また最適な照射方法の検討、高リスク群への適応などの検討を行っています。

非密封小線源治療(RI内用療法)

多発性の骨転移の疼痛緩和に効果があるストロンチウム-89(メタストロン)放射線内用療法剤を外部照射が困難な患者さんに対応しています。

診療日等


ページの先頭へ戻る