トップページ > 診療科目一覧 > 形成外科

形成外科

 講師 加藤久和
Katou Hisakazu
日本に形成外科が登場してから既に半世紀以上を過ぎているにもかかわらず、一般の皆様には、なじみの薄い診療科だと思います。実際に診療している形成外科医でも、その診療内容を一言で言い表すことは困難です。形成外科は眼科、耳鼻科などの身体の部位や臓器別の診療科ではありません。
形成外科は主として、機能回復と生活の質の向上を目的とする専門外科です。形成外科には大別して二つの専門領域があります。一つは、「再建外科」であり、もう一つは、「美容外科」です。再建外科は「生まれつきの、またはけがや癌などで変形したり失われた体の表面や骨の異常を、機能の回復のみならず形も正常に近い状態に再建し、生活の質の向上に貢献する」専門領域です。また、「美容外科」は、客観的には病気と認められない細微な形態変化を外科的に修復して、生活の満足度を向上させる専門分野と言えます。
保険診療の対象となるのは、このうち「再建外科」で、現在「美容外科」の診療は行っていません。

主な疾患

 具体的にどんな疾患やけがを扱うのかを、日本形成外科学会専門医を取得するため経験・習得しなければいけない疾患で紹介すると理解しやすいので、それを利用させていただきます。

新鮮外傷、新鮮熱傷

顔面骨骨折および顔面軟部組織損傷

唇裂・口蓋裂

手、足の先天異常、外傷

その他の先天異常

陥没乳頭、臍突出症・臍ヘルニア、漏斗胸、先天性眼瞼下垂、小耳症など

母斑、血管腫、良性腫瘍

悪性腫瘍およびそれに関連する再建

頭頸部癌の再建、乳房再建

瘢痕、瘢痕拘縮、肥厚性瘢痕、ケロイド

褥瘡、難治性潰瘍

美容外科

その他

顔面神経麻痺、老人性眼瞼下垂、陥入爪

診療日等



ページの先頭へ戻る