トップページ > 診療科目一覧 > 整形外科

整形外科

科長 教授 秋山治彦
Haruhiko Akiyamai
整形外科とは,人体の支持,運動器疾患を取り扱う領域で,頚から下の内臓を除いた範囲すべてを扱います。骨、軟骨、筋、靭帯、神経の専門家です。取り扱う疾患は多く、小児および成人の骨・関節疾患、脊椎脊髄疾患、骨・軟部腫瘍、骨・関節感染症、骨系統疾患、リウマチ性疾患、手の外科、末梢神経障害、交通・労働災害等による外傷、スポーツ外傷と障害、骨粗鬆症、リハビリテーションなどが含まれます。代表的な症状としては、腰痛、肩こり、関節痛、四肢のしびれや麻痺、歩行障害、四肢・脊椎の変形などです。そういった症状のある場合には,整形外科の受診を勧めます。

主な疾患

変形性股関節症

加齢などにより関節軟骨がすり減り、関節が変形・破壊される病気です。症状は股関節痛・可動域制限・歩行障害等です。我が国では臼蓋形成不全や先天性股関節脱臼等が原因で起こる二次性股関節症がほとんどで、女性に多く発生します。 治療は、薬やリハビリ等の保存的治療と手術的治療に分かれますが、当科では、保存的治療に抵抗する患者さんに対する手術を主に行っています。手術は病気の程度(病期)や年齢・活動性等により異なります。病期が軽度で若年の方では、できる限り自分の関節を温存する手術を選択し、股関節の状態に応じて臼蓋回転骨切り術・臼蓋形成術・大腿骨骨切り術を行っています。病期が進行し関節温存が困難な場合には、人工股関節置換術を行います。人工関節は除痛効果に優れ、早期社会復帰も可能ですが、将来再置換術(入れ替え)が必要になることがあります。当科では、その様な患者さんの再置換術にも対応しています。

頚髄症

頚部脊髄症(頚髄症)は、頚椎の老化、後縦靱帯骨化症、椎間板ヘルニアなどが原因で脊髄が圧迫され手足が麻痺する頻度の高い脊椎脊髄疾患です。手足のしびれ・疼痛、歩行困難、肩こり・頚部痛、排尿困難、書字困難などの症状を呈します。 診断は、レントゲン、MRI、CTなどの画像所見と運動感覚障害を示す診察所見を合わせて行います。一般的に薬、注射、リハビリテーションなどの保存的治療がまず試みられます。数ヶ月の保存的治療にて改善しない場合や麻痺が進行し日常生活に支障が出ている場合には、手術的治療が行われます。手術の時期が遅れると脊髄に治らない傷が生じ、腰椎の疾患(椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、すべり症)に比較しより大きな後遺症を残すことになるため、頚髄症における手術時期の決定は重要です。 頚髄症に対する手術は、大きく前方手術(前方固定術)と後方手術(椎弓形成術)に分けられます。病変の部位、骨の配列、年齢などから適切な術式を選び行っています。

骨肉腫

骨肉腫は原発性悪性骨腫瘍のうち最も多く、10 代に好発します。長い骨の端に好発し、特に大腿骨遠位と脛骨近位の膝周辺に多く生じます。レントゲン像で、特徴的な像を呈します。MRI、骨シンチ、血管造影、血液などの検査で、詳細を調べます。 肉腫の予後を左右する最も重要な因子は骨外転移です。特に肺に転移しやすいことを理解しておく必要があります。治療はまず術前化学療法を徹底的に行い、可能な限り腫瘍を縮小させ、かつ肺転移巣の出現をおさえます。これにより、切断術を極力避け、患肢を可能な限り温存しています。 患肢を温存する方法には、人工物を用いる方法 ( 人工関節など ) 、自家骨や同種骨の移植やパスツール処理骨 ( 腫瘍部をいったん切除し、60 度程度の温熱処理を行う ) を利用する方法、骨延長術などがあります。

手の疾患

手の外科は上肢全体の疾患を対象としています。上肢の外科とも呼ばれますが、歴史的に手の外科という名称が定着してます。ご存知のように人は他の動物よりも特に手の機能が発達しているのが特徴であり、'手'という大切な器官を扱う専門分野です。 上肢の機能的、美容的な問題をすべて扱います。扱う組織としては骨関節のみならず、神経、筋、皮膚、血管すべてを対象としています。外傷はもちろんのこと、変形、痛み、しびれ、動きがわるい、などの先天的、後天的疾患もすべて診断、治療します。 治療手技としては切断肢指再接着など顕微鏡を使った微小手術に習熟していることから、遊離皮弁移植、自家遊離複合組織移植などの移植手技を用いた再建手術を上肢に限らず、下肢、体幹にも行っています。 内視鏡手術も普及しており、肘関節、手関節はもちろん指関節も内視鏡を用いた治療を行います。最近では若い女性にも多い手関節部のガングリオンも内視鏡下に治療を行なっています。

診療日等



ページの先頭へ戻る