トップページ > 診療科目一覧 > 消化器外科

消化器外科


消化器外科 科長 教授 吉田和弘
Yoshida Kazuhiro
「消化器」は、食べものを消化・吸収する臓器で、胃腸や肝臓などがあります。「消化器外科」は、消化器の病気を手術で治療するところで、食道外科・胃外科・大腸外科・肝臓外科などがあります。岐阜大学病院の消化器外科は、それぞれの分野に専門の外科医がそろっており、がんの手術が多いのが特徴です。がん検診や健康診断のほかに地域の診療所や総合病院の検査で発見された消化器がんの治療を行っています。一人ひとりの患者さんに最善を尽くすため、事前のカンファレンスで真剣に議論しながら、治療方針や手術術式を決めています。かかりつけ医や紹介医との連携を大切にしていますので、紹介状を持参していただければ、安心して治療が受けられます。

主な疾患

食道がん

飲酒と喫煙に関係あるのが「食道がん」です。食道の粘膜がただれて硬く狭くなるので、熱いものを飲んだときに「しみる感じ」、硬いものを食べたときに「つかえる感じ」があります。治療は手術・抗がん剤・放射線があり、患者さんの状態や病気の状態を考慮して決めます。手術は頸部・胸部・腹部の3か所を切り、手術後は集中治療室 (ICU) で人工呼吸器をつけて管理する大がかりな手術です。最近は、内視鏡で切除できる早期がんが増えています。

胃がん

日本人に最も多いのが「胃がん」です。手術はがんのある場所や大きさによって異なり、胃の3分の2を切除する「胃切除」と、胃の全部を摘出する「胃全摘」があります。半数が早期がんで、小さなきずで手術する「腹腔鏡手術」、手術をせずに切除する「内視鏡治療」があります。腹腔鏡手術は「患者さんにやさしい手術」とも言われ、手術後の痛みが軽い・回復が早い・入院期間が短い・社会復帰が早いなどのメリットがあり、患者さんに好評です。

肝臓がん

ウイルスと関係あるのが「肝臓がん」です。B型とC型の肝炎ウイルスがあり、慢性肝炎や肝硬変が進むと肝臓がんになります。治療には手術・焼灼 (RFA ・ MCT) ・凍結・肝動脈塞栓・アルコール注入などがあり、肝臓の状態や病気の状態を見て選択します。手術はがんがある領域の肝臓を切除します。肝臓がんは症状がないので、肝炎ウイルス陽性の人(キャリアー)は、定期的な検査(血液検査・超音波検査・CT検査)を受けるように勧められています。

診療日等



ページの先頭へ戻る