トップページ > 診療科目一覧 > 歯科口腔外科

歯科口腔外科

科長 教授 柴田敏之
Shibata Toshiyuki
歯科・口腔外科は、歯・顎(アゴ)・口腔(口の中)に生じる様々な疾患を対象とした治療を行っています。
例えば、口腔に生じる悪性腫瘍(舌がん・歯肉・口腔底がんなど)の治療、咬み合せ(受け口など)の外科的治療、従来は有効な治療法のなかった口腔乾燥症やヒリヒリ感に悩んでみえる方の治療、組織培養による顎骨・口腔粘膜の再生治療に取り組んでいます。これらの活動を通じて、より質の高い口腔医療を快適に提供し、すこやかな口腔に貢献したいと考えています。

主な疾患

口腔癌(口腔がん)

口腔がんの主なものは癌腫で、その中でも扁平上皮癌が大多数を占めます。症状としては、口の中の傷、しこりや痛みが特徴的です。口の中の場所としては、舌、歯茎、頬粘膜(頬・口唇の内側)、口腔底(舌と下の歯茎の間)、口蓋(上の顎の舌が当たる部分)などが主です。治療は放射線治療、抗癌剤治療、外科的治療(手術)があり、一人一人の患者さんに合った方法を選択しています。また、手術による機能障害や審美障害を減じるために、より自由度の高い遊離組織再建(別の場所から生きたままの組織を持ってきて血管をつなぐ)・インプラント義歯も先進医療として行っています。

顎変形症

アゴの骨の変形を伴った噛み合わせの異常を示す疾患で、通常の歯並びを治す治療(歯科矯正治療)だけでは、良い噛み合わせが得られない場合に口腔内での手術により治療を行います。下顎前突(受け口)、上顎前突、小下顎症などが対象となります。この治療・手術は健康保険の範疇で行われ、基本的な手技がほぼ完成した治療法です。

口腔乾燥症(ドライマウス)

これまで効果的な治療法のなかった口腔乾燥症に対し、シェーグレン症候群も考慮した系統的な検査・診断を行い、その原因を究明した上で、各種内服薬(塩酸セビメリン製剤等)、含嗽剤、口腔保湿剤、人工唾液、漢方薬等を組み合わせた系統的な治療とその結果判定を行っています。また、口腔乾燥症に起因すると思われる舌痛症や味覚障害の治療も併せて行っており、ともに良い結果を得ています。

インプラント

インプラント治療とは、歯の抜けたところにインプラント(人工歯根)を埋め込み、それを土台に人工の歯をとりつける方法です。埋め込まれたインプラントは、骨と結合してしっかりと固定されるので、噛んだ感覚、外観も天然の歯とほとんど変わりません。しかし、この治療を行うためには、植立部位の歯槽骨の状態評価とあらかじめの準備が非常に重要です。当科ではインプラントにかかわる先進医療を導入し、骨移植、全身管理等の必要な方への対応にも努力を傾注しています。

診療日等



ページの先頭へ戻る