トップページ > 看護部教育 > 新人看護師教育

新人看護師教育

当看護部での新人看護師教育は、看護部教育理念・教育方針に従い、新人看護師教育の3本の柱である「新人看護職員研修ガイドライン」、「キャリア開発ラダー」、「社会人基礎力育成」に基づいた教育を実施しています。教育委員会が企画する集合研修、eラーニングを用いた学習、所属部署での教育を行います。

看護部新人看護師教育体制

所属部署での新人看護師教育体制

各部署では新人看護師指導者である「実地指導者」・「新人担当看護師」・「新人担当副看護師長」が中心となって教育を行ない、「新入職者支援看護師」「教育担当看護師長」が横断的な支援を行います。さらに、<岐大式>パートナーシップ・ナーシングシステムを導入していることから、看護師全員が新人看護師の教育に携わります。

教育担当者による横断的支援

教育専任看護師長

看護職員の教育ニーズを把握し、皆の実践力が向上するための教育方法を検討しています。研修受講中や現場での職員の様子、生の声、アンケート結果、会議などを通して、集合及び現場教育を評価しています。

新入職者支援看護師

新入職者の皆さんが少しでも早く職場に適応できるよう、配属部署に出向き、部署の新人看護師教育担当者とともに看護実践の指導や支援を行ないます。
また、看護実践のみならず、皆さんの悩みや疑問にも対応します。悩みは一人で抱えず、是非相談してください。

新人看護師教育の3本柱

新入職者の教育は以下の3つの柱を基に行っています。