トップページ > 看護部紹介 > あいさつ

あいさつ

看護部長あいさつ

 岐阜大学医学部附属病院は、特定機能病院、地域の中核病院として、地域住民の皆様に高度で質の高い医療を提供することを使命として運営しております。また、教育・研究機関として、地域の関係機関の医療・看護水準の向上にも貢献していく活動をしております。
 看護師は、看護部理念である「思いやりのある看護の実践」を実現するために、患者様との関わりにおいて、安全で質の高い看護サービスの提供に日々努力しております。当院では、患者様が病気を受け入れられ、治療において少しでも苦痛が和らぐよう、チーム医療を推進しています。そのなかで、看護部は、個々の看護師が科学的根拠のある優れた看護実践とコーディネーター役割がとれるよう人材育成しています。他のメディカルスタッフと協働し、また、ワーク・ライフ・バランスを推進し、ワークキャリアとライフキャリアの相互作用を活かし、仕事にやりがいと誇りを感じられる職場づくりを目指しています。

副看護部長あいさつ

 総務担当の主な役割は、「就業規則に則った勤務体制や労務管理の改善に努める」「看護職員の能力に応じた人員配置を行い、専門職としての成長を促す」ことです。また病院として、病床の効果的な運用を図るための「空床病床管理責任者」としての役割も担っています。
 当院は、結婚や出産後も働き続けられる環境が整備されています。また突然の病欠や業務量の変化にも、出向サポート体制が整えられています。一人ひとりの看護師が生き生きと、誇りややりがい感を持って仕事が継続できるように、サポートしていきます。一緒に「思いやりのある看護」を届けていきましょう。

 看護業務とは、看護師が主体となり、「何を」「どのように」すべきかを提示することです。現場では、いつも一人の患者に良い看護を提供することに留まらず、「看護」を管理的な視点(公平に良い状態に保つよう処理)から捉えた様式や方法を検討していきます。看護提供のための道具やケアの方法、勤務者の配置や協働方法等の看護提供方式などが該当します。看護師に負担が少なく患者及びご家族にとって良い看護の提供ができるよう縁の下の力持ちとして現場を支えています。リーダー役割を取るにつれて、看護業務の考え方がとても重要となります。その判断基準は常に看護倫理に基づくことから、学生時代から多様な人の考え方に触れる機会を多く持っておくと良い資質を持てると思います。

 看護部では、急性期医療に対応する力を段階的に養えるよう、実践的な研修を多く取り入れています。院内では様々なセミナーや研修会が開催されており、学習する機会に恵まれています。さらに、平成26年度からはeラーニングを導入しました。教育担当者の集合教育も行い、職場内教育の質の向上に努めています。また、「新入職者支援看護師」が部署に出向き、看護実践や精神面のサポートをする体制を整えています。集合研修、eラーニング、職場内教育などを効果的に組み合わせ、より良い教育ができるように努めています。

 看護部は「思いやりのある看護の実践」を理念に掲げ、看護必要度、一般病棟7:1看護師配置を維持、さらに超急性期患者の看護へと安全で質の高い看護サービスの提供、病院経営への参画が求められています。そこで、看護にやりがいや質を求め、学び続ける看護師が集まり、看護の質を高める循環を生み出すことが大切だと考えています。経営企画担当では看護の質のデーター管理、効率化を考え、看護職員が安心して誇りを持って働き続けられる職場となることを目指しています。